お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

賃貸マンションの霊臭?

二年前に 今のマンションに越してきました。ここ半年位から たばこ臭(私は禁煙者)やら汗臭い様な 篭った悪臭に 悩まされています。原因不明の悪臭は 私に付きまとう様に ついてくる事があります。
しかし 外では臭わないので 精神や鼻が原因ではないと思います。
なんだか気持ちが悪いので どうするべきか相談したしだいです。

運命・見えない力
有り難し 28
回答 3

質問投稿日: 2015年7月25日 16:53

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お線香 を 焚いてみては?

テーマ曲 筋肉少女帯「日本インド化計画」
https://www.youtube.com/watch?v=nwcGuHEBz_k
カレーの食べ過ぎでカレー臭を放つカレー大好き人間、カレー宗ライス派の丹下と申します。
修行道場では3カ月に一回、部署のお引っ越し「転役転寮」があります。
3,4年もすると職務によっては個人部屋が与えられます。
前任の居住者のオイニーが大変にかぐわしい方ですと、オイニーが壁にまで浸みこんでいるものです。ヒー
人間多かれ少なかれ自分では気づかないものですが皆、独特のオイニーを持っているものです。ですが人間のオイニーというのはみな頂いたお命さまによって成り立つ「かほり」といえます。自分のものではないオフィシャルなオイニーですから、個人のオイニーとして考えずに、天地から頂いたオイニーであると捉えましょう。
よって、お香をたくことをお勧めします。
お香や香水は人間の体臭と和合することでより一層妙香を放つものです。
単独で「いとくさし」なオイニーでも、オフィシャルな第三者の香りをちょっと加えることでフェロモン化現象によって「いとくさし」から、妙香である「ナイス・オイニー」に変わるのです。
長期の海外生活から帰ってくると二ポンは、大豆、ショーユのオイニーがするそうです。
我々は無自覚ですがSOYなオイニーを放っているそうです。
もし先住者のオイニーが高貴な「かほり」を放ってらっしゃるならば、お香をたいて臭いを香りに転じてナイス・オイニーに導いてください。
古代インドでも、雨期には精舎にこもって生活をしていた時、お香をたいてナイス・オイニー化していたといいます。
香水は人間の皮脂や汗と和合してより一層芳しくなるといいます。
香りの学問から学べば、現在、きな臭い「いとくさし」なアヤシい日本も、対立相手にこちらオイニーを塗りたくるのではなく、ちょっとしたオフィシャルな働きかけでものすごくよい関係「ナイス・オイニー」に転じられるはずです。
そのお部屋も、ちょっとした働きかけで大きく変わると思います。
ここ最近のCMはやたらとオイニーを気にさせるものばかりですからちょっとオイニーに神経質、過敏になっているのかもしれません。
21世紀は共存の時代。華道、香道のように、より映える和合、化合を学ぶ良い機会にしましょう。
※オイニー = ニオイ

3年2ヶ月前

管理人さんに相談を

半年くらい前からとのこと。

ご心配の霊のたぐいではないと思います。

もしかしたら、マンションの構造上の問題かもしれません。
排気ダクトなどが他の部屋と繋がっていると、他の部屋からのにおいがダクトを通じて入ってくることもあります。
同じ階にどなたか引っ越してこられたとか、ペットを飼い始めたとか、タバコを吸い始めたとかいうことが原因の場合もあります。

どちらにしても、マンションの管理人さんに相談をすることが一番です。

その上で、何か問題があるなら解決してもらいましょう。

どこからともなく臭ってくるタバコのような汗臭いような臭い!?

これは絶体違うと思いますが・・・

私も、シャワーを浴びても服を着替えても、どこから臭うんだろうかとしばらく悩んだ事があります。
犯人は、首の後ろから来る加齢臭でした。(T_T)

そんなことはありませんよね・・・。
ごめんなさい、失礼しました。

3年2ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

早く原因が見つかるといいですね

マイアミキャットさま

お部屋のにおいが気になるとのこと。
確かに苦手な臭いってありますよね。何のにおいかは分かりませんが、気になるなら管理をされている方に相談するとか、お部屋のクリーニングをする業者の方に相談されたらどうでしょう。
もしかするとマンションを建てたときに使われた材料の中で、マイアミキャットさまにあわないモノがあったのかもしれませんね。

3年2ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ