hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんの結婚

回答数回答 9
有り難し有り難し 191

こんにちは。以前に質問したふゆじたくです。
ふと思いましたが、僧侶の方々は結婚したら結婚指輪はするのでしょうか?また、結婚式の時に指輪の交換の儀式があるのでしょうか?

それ以前に婚約指輪も渡されますか?
最後にこれはお答え出来たら…
プロポーズは何かお釈迦さまなどの言葉に基づいて言われるのですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 9件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

親鸞聖人も妻帯されていましたから、

結婚指輪がそういう話のきっかけになるよう、あえて外さないようにしています。

その頃はお寺から離れての生活だったので、双方の家族のみの食事会だけでした。親鸞聖人つながりで、京都市東山の将軍塚でシンプルに「結婚してください」とプロポーズし、11/28に婚姻届を提出しました。

ちなみにその日は親鸞聖人の御命日で、毎年「報恩講」という盛大な御法事が勤められます。あえてその日に結婚することで、結婚記念日を忘れることは絶対にありません。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

ふゆじたくさんへ。

ふゆじたくさん。
こんにちは。

中学生の時に父に「なぜ、結婚指輪をしないのか」
と聞いたことを思い出して投稿させて頂きます。

私「どうして、お父さんは結婚指輪をしないの?
お母さんだけしていて、お父さんがしてなかったらお母さんかわいそう。」
(当時の私には母だけが父を思っているように感じたのです。)

父「お父さんはね、お葬式に行くこともあるしお参りに行くこともある。そこで出会う人の多くは連れ添った人を亡くされた人だから、そんな場所で結婚指輪をはめているのは嫌なんだ。」

ただ、私も将来結婚するご縁があれば、婚約指輪も結婚指輪も欲しいと思います。
つけるか、つけないかは別にして「ずっとこの人と人生を歩む」という決心のように
思えるので。

{{count}}
有り難し
おきもち


皆さまより経験も少ない私ですが、お育て頂けたらなと思っております。

双方が納得のいく 素敵な式を

お坊さんの結婚ですか? 。。。そうですね〜 皆様それぞれ みたいですよ(私の回りは)。

私の場合は、式は、純白のウエディングドレスを着たくて、人前式で みんなの前で 愛を誓うみたいな式にしました。もちろん、婚約指輪も、結婚指輪の交換もしましたよ。プロポーズはなんだったかな?無かったかも(笑)

仏前結婚式もありますし、素敵ですね〜

お寺によっていろいろかと思います。しきたりがあるところもあるでしょうが、双方が納得のいく 素敵な式をされていますよ(*^^*)

法務中は、装飾品は身につけていません。結婚指輪も。

{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

釈尊もキリストもあなたも女性から生まれた。

①結婚したら結婚指輪はするか?
→お釈迦様もダルマさんも、最澄さん、空海さん、法然さん、親鸞さん、日蓮さん、栄西さん、道元さん、一遍さんもキリストさまもみーんな、母親、女性から誕生され、私自身も両親の結婚という有り難い縁によってこの世に命を授かった訳ですから、結婚は素晴らしいことです。
そういう理由から法務中でもつけていることもあります。ですが、
「出家の立場上、僧堂内では時計や金属、装飾品を身につけない」
という伝統的な考えから、業界ルールに合わせ、時と場合によっては外すこともあります。

②結婚式の時に指輪の交換の儀式があるか?
→仏前結婚式では指輪の交換はもちろん、数珠の授与があります。この数珠は寿珠、と記します。夫婦・家族はは和、環、輪の心です。

③それ以前に婚約指輪も渡されますか?
→私の場合には素晴らしい伴侶との出逢いがあり、逃がさないためにも?先に渡しました。
リングは絆、永遠の愛、如意輪にもなり、首輪にもなります。

④プロポーズは何かお釈迦さまなどの言葉に基づいて言われるのですか?
→仏前結婚式では誓約文という御釈迦様の教えに遵守するお誓いの言葉があります。お互いを尊重し合うという誓約です。日々反省。

⑤プロポーズの言葉は?
→ヒャー(照)
毎日口にする言葉が…すべて愛のささやき、プロポーズです。
それはもう和尚の専門職、プロ・ボーズですから。(逃)
ふゆじたくさんに、春じたくのあたたかな風が吹いて来られますよう(祈)

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

結婚式の時、人の気持ちを大切にする事が分かりました

ふゆじたくさん、こんにちは。私は結婚するまで上記のような僧侶たちのような考えでした。
 今の連れ合いと交際して、3,4年目くらいに結婚を誓いました。その時に言われたことが「私はお寺戸と結婚するわけでなく、あなたと結婚するのだから。」と言われ、彼女が望む結婚式をしようとしました。しかし、親や周囲の僧侶は伝統や儀式を重んじる発言しかしません。もちろん大事なこともありますが・・・。最終的には仏前結婚式はしました。その時に数珠の交換もしました。披露宴は結婚式プランナーの人がお寺の娘さん(ホントたまたま、御縁ですね)というこもあり、こちらの気持ちを理解してくれて、指輪の交換を行いました。
 今はお寺と離れて暮らしています。事情は多々ありますが、私は伝統を重んじる前に人の気持ちを大切に出来る僧侶になろうと思います。
 伝統を重んじる意地や面子は最初のうちはいろいろ言われますが2か月経つと言われなくなり、逆に興味を示され、味方もついてくる。私の批判する人は他の人から別のところで批判され。何か世の人は良くわからん。どんな気持ちで生活しているのでしょうか。思いやりより得体のしれない魔物でも住んでいるのでしょうか。3年たった今は「こんなものか。」として過ごしています。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

ふゆじたくさん、こんにちは。既婚者として、4つの質問、順番におこたえいたします。

Q.結婚したら、結婚指輪をするのか
はい、普段はしています。普段着(作務着=甚平のような服)に指輪をしています。左手薬指に。
「だれかからの見た目の印象&自分の好き嫌い&ふたりで相談」で選びました。プラチナの丸いタイプ。ミル打ちは100円玉みたいでしたし、ゴールドは好きでなく・・・。

Q.結婚式のとき、指輪交換の儀式があるのか?
臨済宗では、聞いたことがありません。寿珠交換の儀(数珠ですが、おめでたいので“寿”数です)があります。
することとしては同じです。数珠(指輪)を渡し合うのです。
指輪を戒師さまにくうじていただく・・ことはする場合もあります(「くうじる」とは、お香をたいた煙にくゆらせる行為、その意味は清めだったり、捧げることだったり、念じることだったり・・)。

Q.それ以前に婚約指輪を渡すのか?
用意しない場合、ケースバイケースではめていない場合もあるようです。信念を持って指輪はしないとか(仏教ととしてクリスマスはやらん!的な・・)。
私は衣のときは指輪をしていません。自分のなかのイメージで、です。

Q.プロポーズは何かお釈迦さまなどの言葉に基づいて言われるのか?
とくにありません。

絆という字をキズナとよむか、ホダシとよむか・・・人によって違います。
陽岳寺での仏式結婚式では、新しい夫婦の縁起の誕生を「良き変わりゆく姿」としてお祝いします。
また、仏法僧という三つの宝をよりどころにして生きていくことをすすめます。
三宝に帰依することの意味は、これからの二人にとって、良き師を慕い、良き教えを敬い、良き友を尊ぶことです。
結婚の象徴として指輪をたもつ。仏法僧を敬い生きていくことの象徴として寿珠をたもつ。宣言をする。

いろいろな意味があるようですね。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

お坊さんも普通の人間

私も以前は普通の在家でした。
皆さんと同じ感覚です。
やはりお坊さんは偉いのかな?特殊なのかな?
と思っていました。
坊さんになって変わった部分も有りますが、
基本普通の人たちと何も変わりまりません。
ですので結婚するとき、結婚したからと言っても
普通の人たちと同じ感覚です。
特にプロポーズも普通です。(してないかもしれないし・・)

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

仏前結婚式における啓白文・誓いの言葉・戒師示訓・回向

ふゆじたく様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

少しご質問とズレますが、拙生の際の啓白文・誓いの言葉・戒師示訓・回向を下記引用致しますので、仏前結婚式がどのようなものかこの機会にご参照して頂けましたら。

啓白文
恭しく大恩教主釈迦牟尼仏、当山本尊○○如来、尽十方一切の三宝に謹みて白す。本日よき日を選び、新郎○○、新婦○○、妙縁すでに熟して、結婚の契りを結ばんとし、心身を浄め、御前に詣で、三宝の威徳を仰ぎ、仏天の冥護を請い奉る。ここに両人ともに敬愛の誠を致して、子孫の繁栄につくし、永に苦楽を共にして、仏法興隆につとめ、進んで自利利他、円満具足を成就し、以て人類福祉の向上に資せんことを。願わくば、大慈の導きを垂れて、その志しを遂げしめ、大悲の恵みに依りて、その願いを果たさしめんことを。

誓いの言葉
いま、ここに、私たちは御仏の照覧を仰ぎ、先祖の御霊の御前に於いて、婚姻の式を挙げることができました。この恵まれた幸せを終生忘れることなく、常に御仏を仰ぎ奉り、身と心を清らかに保ち、互いに力を合わせて、四弘の誓願に精進し、以て人の道を全うすることをお誓い致します。

戒師示訓
本日ここに、本師なる釈迦牟尼仏の御前において誓いも新たに、婚姻の儀めでたく整いました事、誠に喜びに堪えません。新郎○○君には、良き伴侶を得られ、人生の新段階に進まれることは、是れ御仏の大恩と父母社会の恩恵と、君が誠実の賜であります。願わくば初心忘れず一段と精進を重ねられんことを。新婦○○さんには、信頼すべき夫君を得られ、新生活を開かれることは是れ清純なる心の招くところであります。宜しく父母慈愛の訓えを活かし、明るい家庭を築かれんことを。両人ともに、生涯向上の心と感謝の念を宝とされ、何事につけても相助け相いたわりあって、美しく正しく勇気をもって進まれんことを希望致します。

回向
仰ぎ惟れば三宝ことごとく証知を賜り給え。上来、摩訶般若波羅蜜多心経を諷誦す。集むる所の功徳をもって、本師釈迦牟尼仏、真如実際に回向し、無上仏果菩提を荘厳し奉る。伏して願わくば、上は四恩に報い、下は三有を資け、法界の群生は同しく種智を円かにせんことを。更に冀くば、○○家、○○家、両家家門興隆、子孫繁栄、諸縁吉利ならんことを。十方三世一切の諸仏、諸尊菩薩摩訶薩、摩訶般若波羅蜜。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

ふゆじたく様へ

>僧侶の方々は結婚したら結婚指輪はするのでしょうか?

夫々ですが、密教行者たる者は祈祷中.読経中は此れ等装身具は外す事が決まりですから、此れをしておりません。
私の場合は、常にしておりませんよ。

>結婚式の時に指輪の交換の儀式があるのでしょうか?

仏前結婚式の場合は、指輪交換の儀式をする場合も有りますが、殆どが御念珠交換の其れと成ります。

>婚約指輪も渡されますか?

夫々でしょう。
私は、渡しして居りません。そのかわり、お数珠(腕輪念珠)を渡しましたよ。

>プロポーズは何かお釈迦さまなどの言葉に基づいて言われるのですか?

はてさて…如何でしたかねぇ〜
と、お答えを濁しておきましょう(^_☆)

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

彼氏(僧侶)に突然振られた

約一年、結婚を見据えてお付き合いをしていた10歳上の彼(職業・僧侶)に突然振られてしまいました。 中距離恋愛で、月に1-2度会っていました。 喧嘩をしたことがなく、いつも仲良く穏やかに付き合っていたと思います。実家に連れて行ってもらったり、お友達にも紹介していただいていました。 二ヶ月程前にも突然別れ話のような話をされたことがあり、その理由は曖昧なもので「うちはお寺で、コミュニケーションが大事で…。言葉遣いが…。親が仲悪くそんな関係にはなりたく無くて…。父親が…。」とかなんとか言われました。 ただ、この時はやっぱり好きだから別れたくないと言われ、「この話は忘れて。ごめん」と言われました。 それから振られるまでは結婚を意識した発言もありました。 そして今月になり、また突然別れ話をされました。前日まで仲良く、いつも通りに過ごしていたのでびっくりでした。 理由はまた曖昧なものでした。 コロコロ意見が代わり、今回もきちんとした理由がわかりませんでした。が、「今回はやっぱり無しとか言わない」と言われたので別れを受け入れました。最後、彼は泣いていました。 振られた原因が分からずずっと悩んでいましたが、前回言われた事や数回お会いしたお義父さんの態度からして、お義父さんは私のことが気に入って無くて、それでなのかなと思っています。 実家に連れて行ってもらったときは緊張してしまうことはありました。 しかし二十数年間、色んな人とお付き合いをし、社会に出てからもコミュニケーションの仕方を指摘されたことはありません。 でも冷静になって何度考えても、それ(お義父さんの件)以外の理由が見つからないのです。 お寺は、一般家庭から嫁げないのでしょうか(彼の両親は寺出身)。歳の差があったらダメなのでしょうか。副住職(子)は住職(親)の言うことが絶対なのでしょうか。お互いを尊敬できる、相性の良い関係より、住職(親)が考える寺嫁像の方が大事なのでしょうか。 どうしたら解決できるか等の話し合いもなく振られ、自分の何がダメだったのかもわからず、毎日鬱々としており、辛いです。 どのように過ごしたら前を向けますか。 参考になるかわからないですが…寺の規模は大きくも小さくも無かったです。 住職も副住職も副業はしていませんでした。 私はごく普通の一般家庭出身です。

有り難し有り難し 34
回答数回答 2

お坊さんと出会いたいです

はじめまして。 29歳、浄土真宗のお寺の長女です。 ここ数年我が家では後継者の話題になることが多いのですが、私は今の仕事を続けたいと思っているので、自分自身が僧侶として働くことは難しいと思っています。 私が結婚して、夫となる方がお坊さん、またはお坊さん志望で継いでもらえたら嬉しいのですが…一般的な婚活に何度か参加しましたが、この話題を切り出すタイミングが難しく、うまくいってもお寺のこと言うと振り出しに戻ってしまいました。 職業で結婚相手を選ぶなんて!と周りに言われたこともあり、「お寺を継いでくれる人と結婚したい」や「お坊さんやお坊さん志望の方と結婚したい」とも言いづらくなってしまいました。 ですがお寺を継いでもらえるとしても、それだけですぐ結婚するのではなく、時間を設けてお相手の方とはきちんと向き合って一緒に幸せになれるように私の方から努力していきたいと思っています。 独身のお坊さん、またはお坊さん志望の方とはどこで出会えるのでしょうか。 紹介などしてもらえる場はあるのでしょうか?(お寺の婚活サイトにも登録しましたが、養子に入りたい方は人数がとても少なかったです。) よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

お坊さんとの交際・結婚について

こんにちは。 現在、私は知人の紹介で出会ったお坊さん(40代)に交際を申し込み、返事保留の状態となっています。 これから私はどうすれば良いのかアドバイスをいただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。 交際を申し込んだ際、相手の方からは、 ・次にお付き合いする人と結婚したい ・結婚したら両親と一緒にお寺に住み、働いてもらうことになる ・子どもが産まれたらその子を跡継ぎにしなければならない といった話を聞いております。 私の交際についての考えや結婚観をお話しいたしますと、 ・良い縁があればお付き合いしたい ・何歳までに結婚したいという希望はなく、お付き合いしていく中で結婚を考えたい ・義理の両親との同居を考えたことがなかった ・子どもは授かれば産みたいが、何人産みたい等の具体的な考えはない ・生まれた子どもは男の子でも女の子でも大事にしたい このように、この歳になっても漠然とした考えしか持っておりません。 幼稚でお恥ずかしい限りです。 相手の方が心配するのもよくわかりました。 子どものことを考えますと、今すぐ妊娠しても必ず高齢出産になります。 男の子が生まれるまで産み続ける(かどうかはわかりませんが)となると、そこから逆算しても、結婚を急がなければなりません。 理屈だけで考えると、考えれば考えるほど、相手の方を幸せにできるのは私ではないように思うのです。 では何もせず諦めてしまうのかと考えると、それはそれでとても悲しいです。 …では私は何をすれば良いのでしょうか? そして今一つ、私も覚悟が決められないのは、相手の方が私のことをどう思っているのかがわからないということです。 ・私から問い詰める形ではなく、相手の方から「好きだ」と言ってほしい(私にとってこれが大前提のように思います。) ・結婚の時期や子どもの人数等も話し合って決めたい …そもそも「好きだ」と言ってもらえず返事保留になったのは、私にそこまで魅力を感じていないからではないかとも考えます。 お坊さんに恋をするとは夢にも思っていませんでした。 大変長くなってしまい、申し訳ございませんが、身動きが取れずにおります。 アドバイス等いただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

この気持ちは諦めるほか無いのでしょうか

私は訳あってシングルマザーですが、 今は8歳年下の真言宗のお坊さんと数ヶ月前からお付き合いさせて頂いています。 出会いは宗教は全く関係のない、趣味の場でした。 彼はこの春から就職で600kmほど離れた土地に移住しました。 元々お寺の息子さんで後を継ぐため大学在学中に休学し、高野山で修行も済ませており、後々はおうちを継がれると言うことで伺っております。 遠距離恋愛となって数週間、電話やLINEで会話をする日々ですがやはりさみしく、彼も慣れない土地、新しい仕事で悩みやイラつきもあるのでしょう…先日喧嘩になってしまいました。 もとより、私がバツイチ子持ちである事を理由に両親には紹介できないと言われてはいたのですが、彼のことが好きでしたので、それでも一緒に居れるならとお付き合いをしていただくことになりました。 先日の電話で、同期や移住先の方達にも秘密にすると言われ、なぜそこまで隠されないといけないのかと悲しみと怒りを覚えました。 個人的にバツイチ子持ちが悪いとは全く思ってないが、家族は違う、どこから家族の耳に入るかわからない、大切に思っているけどバレてしまうのが怖い、と。 その言い合いの果て「個人としての自分はあってないようなもので、家族への依存というより寺の存在が大きい」というような事を仰っており、わたしには理解が及ばず戸惑っています。 恋愛にのめり込むまいとわざとそっけないような態度をとっているようにも見えます。 将来のことを考えられないから、愛情を伝えるのは私のことを騙しているようで気が引ける、と落ち込んだ様子で伝えられたこともあります。 それでも彼のことが好きで一緒にいれば、元気をもらえるので、できることなら離れたく無いのですが、彼のことを考えたときに、やはり離れた方がいいのだろうか、とも思います。 兎にも角にも悔しく、さみしく。 仏教とは寺とは個人としての人生を奪ってしまえるほどのものなのか、と真言宗に嫉妬しております。 私は無知な俗世の人間ですが真言宗の家系の人間です。 今まで仏壇に手を合わせお経を唱えたり、現代では信仰心の厚い方だと思っておりました。 仏教とは迷い苦しむ人たちの拠り所、救いではないのですか。 まさかこんな形で仏教に裏切られるとは思ってもみませんでした。 この気持ちはどうしたらいいのでしょうか。 苦しいです。 ご教授いただければ幸いです。

有り難し有り難し 33
回答数回答 1

お寺の服装について

私は今、お坊さんと真剣にお付き合いさせて頂いています。 彼の家がお寺で、遊びに行った事もあり、その際に私の見た目が派手だと言われました。 明るめの茶髪で、よくミニスカートにタイツなど履いてお邪魔していました。 彼のご両親から髪の色や服装について、もっと落ち着いた髪色で地味な服を着なさいと言われ、私は凄く嫌な気持ちになりました。 洋服が好きで、彼の前ですしオシャレもしたいし、まだ彼女という立場から、見た目全部をお寺に合わせなくても、いいんじゃないかと思っています。 「お檀家さんの目もあるし、お檀家さんから攻撃されないように、なるべく言われることを少なくしなさい」 「将来お寺に入るときに、その住職さんにもこの2人なら任せられるとアピールしなきゃいけないから、今のうちに誰に見られてもいいようにしなさい」 ご両親の言うことも分かりますが、どうも自分の中で納得できないのです。 後でも先でも、やらなければならない事は承知しているのですが、自分らしさを抑えて、好きでもない服を着ることに抵抗があるのです… これはワガママなのでしょうか? どうしたら気持ちを落ち着かせて、前向きになれるのでしょうか?

有り難し有り難し 42
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る