hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きていくことが恐いです

回答数回答 4
有り難し有り難し 364

はじめまして。
どうか相談させてください。

一昨年、私は中国内モンゴル自治区にある大学に留学のため行きました。大学からの入学許可をもらいビザを取り、問題なく入国しました。
ところが現地で居留許可を申請する段階になって、手続きの方法を学校側が把握しておらず、私はビザがあるにも関わらず不法滞在になりました。

学校の留学担当者に、入国してから1ヵ月以内に許可申請をしないといけないことになっている、1ヵ月を過ぎているが問題はないのか、何度も言いましたが、問題ないという返事しかしませんでした。
役所では、学校側の落ち度なので、今後の滞在は許可する、罰金は本来1万元だけれども3000元にするなど配慮してくれました。
当の留学担当者は、こんな決まりがあるとは知らなかった、と言っていました。

さらにその後、大学からビザの再取得が必要と言われ、日本に帰国しました。
しかし約束とは異なり、ビザに必要な書類を学校が送ってくることはありませんでした。

中国にいた一年間、したい勉強はできず、ひたすらいくつもの役所に行く毎日でした。不法滞在が決定したときは、取調室で拘束椅子に座らされました。

私は衰弱しました。
日本に戻ってからうつ病を発症しました。急に日本に戻ったため、充分な就職の準備もできず、本望ではないアルバイトをしていますが、生活は苦しくなるばかりです。

人を信用することができなくなりました。
もっと正確に言うと、理性は信用していいと言っているのに、一方では、また騙される、裏切られると言う気持ちが出てくるのです。その葛藤が苦しいのです。
このまま生活苦と不信と不安の中で生きていくことは、恐怖です。毎日、毎日この恐怖に押し潰されそうになります。
どうやったら乗り越えられるでしょうか。

追伸
内モンゴルで見たチベット仏教のお寺、タルチョーやハダグはとても美しかったです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

それでも人生にYESと言おう

ナチスの ユダヤ人収容所から奇跡の生還を遂げたV,フランクル博士の著作の題名がたしか『それでも人生にイエスと言おう』だったと記憶します。

究極の、といえばこれ以上に極限状態にあったユダヤ人収容所にあってもなお、希望を持ち続けた人が生存することができたとフランクル博士は言います。

思えば私もずいぶんと騙されてきました。私たち夫婦の紹介者で仲人をお願いした夫妻がしてきたことは嘘をつき続けることでした。宗教家だから、などという「常識」はまったく通用しない人たちです。落ち込むことは今も多いですが、「この世に差別があるのは当たり前だ」そうです。つまり不条理がまかり通るということですね。

そんなバカな、と私は思うので、少しでもその不条理に自他が苦しむことがないように私ができる範囲で差別や不条理に苦しまなくてすむようにしていきたいと思っています。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

あなたはまだまだチャレンジ出来る。

大変な思いをされましたね。
あちらの対応が杜撰だったのでしょうが、文化圏が違いますから日本のようにはいきません。
お気の毒としか言いようがありません。

でも、あなたを不信にさせてしまったのは、あなたが今いる日本でしょうか?
日本の大学の人たちが、あなたを今のようにしてしまったのでしょうか?

ご存じの通り、日本企業の多くが中国から撤退するご時世、何があってもおかしくはありません。
何を志して留学されたのかは解りませんが、日本に帰ってきてからの対応は、あなたがあちらで受けた対応と同じでしたか?
それとも、もっとひどい対応をされたのでしょうか?

それはたぶん違ったはずです。

あなたが帰って来た時の日本の人たちは「ひどい目に遭ったね」とあなたをねぎらってくれませんでしたか?

あちらでひどい目に遭っていたあなたの為に、八方手を尽くしてくれたのではないのですか?

そんな日本で育ったからこそ、留学してまで何かを手に入れようとすることが出来たのではありませんか?

大変失礼ですが、文章を読んでいると、あなたは留学を途中で放棄させられたことのせいにして、自分の中に逃げ込んでいるように思えてなりません。

あなたの志したものはモンゴルでないと手に入りませんか?
日本では無理なのでしょうか?
単身で留学した時の情熱を、他へは傾けられませんか?

いくらその時のことを振り返ってみても、もうその時に戻ることは出来ません。

あなたは一生アルバイト生活を送るつもりなどないはずです。

あなたが何かで自分を奮い立たせない限り、今の状態からは抜け出せないのではないですか?

過去はもうありません。
その時のあなただって、もうここにはいないはずです。

一歩でも前に進むためには、あなた自身が足を踏み出さないと状況は変わりません。

いつまでも自分の殻に閉じこもって嘆いている場合ではないのではありませんか?

弱気になってはいけません。

隣と足並みを揃えて人並みの生活に甘んじる人が多い中、単身留学してまで何かを志したあなたです。
そんなあなたに自分でフタをしてはいけません。

あなたにはチャレンジする力があったはずです。
さあ、もう一度元気を振り絞って、自分の人生にチャレンジしてみて下さい。

あなたにはまだまだ可能性がたくさん秘められているはずです。

あなたの可能性を信じていますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


心配なんてどこにもない

chichigさま

大変な経験をされましたね。とても怖い思いをされたのでしょう。

人を信じられない。とのこと、確かにその過去の経験では、裏切られたような思いになったのかもしれません。しかし、そうなってしまったことには理由があったわけですよね。

そして、あなたは、今しっかり生きていますよね。理想と違うのかもしれませんが、生きています。堂々としていいのではないですか。

何と比較していられるのかはわかりませんが、今やるべきことに気持ちを向けてやっていれば何か開けてきますよ。

先のことは心配すればきりがない。それなら心配しないほうがいいでしょ。

今あなたがいる目の前の景色に心配なんてありません。机、テレビ、ペン、灯、どれをとっても心配なんてついてないでしょ。あなたが付け加えているのです。ですから付け加えないのもあなたしかできない。

しっかり今を生きることが自信になり、過去を振り返ることなく、先を心配ぜず、堂々と生きることになるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

信じるに値するものを信じる 

怖かったでしょうね。安心してください。もう無事に帰って来れました。
知人の知人はある国境近くで射殺されてしまいました。
そういう争い、抗争、防衛、恐怖、自らの防衛意識に過剰に病んでいる状態にある国家、人間たちは、自分をもまるために皆必死です。
彼らは本当は助けを求めています。
正しい情報を求めています。
政治という大きな利害に左右される世界の情報ではなく、人間として幸せに生きるための正しい情報を。
そういう恐怖心に蝕まれ病んでしまっているが故に、人を警戒し、危害も加えます。
ですが、攻撃面が先に映るので、対する相手方も攻撃態勢に入ります。
自分たちをも守るのが必死だからなのです。
その心理をどうか理解してあげてください。
中国、韓国、北朝鮮をはじめとするさまざまな警戒態勢にある国の病巣を取り除くのが国家の薬師、医師たる政治であり、平和運動、平和活動、宗教活動です。
ところが、そういう活動自体を封じられている中国などの国家は、安全とは言えません。
だからこそ、そこで必要となってくるのは、政治活動を超えた、政治をも変え得る政治以外の、人間の精神の医療行為です。音楽、娯楽、シェア、支援、真の宗教性、幸せ拡散活動などが仏教徒の持つべき武器です。
そういう世界づくりをしていくことが、国境を超えてみんなの恐怖心を取り除く行為であると思います。
皆でそういう意識を高めて、争いの恐怖で縛られている人たちが解放される世界づくりが始まるように一人一人が、改革、改善の志を高めるように祈りを捧げましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。
幸いにも今しなければならないことは、はっきりしています。
時間がかかるとは思いますが、するべきことをして、前を向けるようになれればと思います。

藤岡様
ご回答ありがとうございます。
“夜と霧“ のフランクル博士ですね。

〈わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。
では、この人間とはなにものか。
人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。
人間とは、ガス室を発明した存在だ。
しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りのことばを口にする存在でもあるのだ〉

先にご回答くださった僧侶の方のお言葉とも合わせてよくよく考えて見れば、私に足りなかったものは、覚悟ではないかと思えてきました。
未来に向かっていく覚悟です。

私は内モンゴルに、モリンホール(日本語では馬頭琴、モンゴルの伝統楽器です)の勉強で行きました。
日本人はおろか、ほとんど外国人がいないところへ、モリンホールだけを持って飛び出して行く、私は元来そのような無鉄砲な者です。
そのため、今のような元気を失った状況とギャップがありすぎて、戸惑い、ついていけなくなっています。

しかし私はアウシュヴィッツに収容されているわけではないのですよね。

まだまだ薄氷の上を歩いているようなものですが、覚悟しようと思います。

小原様
温かい励ましをありがとうございます。
まだまだやれる、他に情熱を向ける、、、
きっとできると思います。
いや、やらなきゃいけない、そう自然に思えてきました。
雑草のように、何度踏まれても上を向きます。

丹下様
ご回答ありがとうございます。
広く深い愛情に感銘を受けました。
分かり合えないから武器を持って戦うのでは、いつまで経っても何も解決しないですね。

「生きるのが辛い」問答一覧

働いて苦しむだけの人生が辛い

 四月に就職、社員寮で暮らしています。平日は5時に起きて20時前後に帰宅、金土日は就職以降うまく行っていない彼氏にギクシャクした時間を使う生活です。  職場の人間関係も今のところどうにかなっていて、仕事も肉体労働で今も辛いですが入社時よりは慣れと成長を感じています。一人暮らしは家族に負担をかける後ろめたさが無くなり快適でホームシックと無縁ですし近所トラブルもありません。給料は安いですが自炊等で節約して多少(20万くらい)貯金できたので飢え死にすることはないでしょう。頻度は減りましたが友人との交流もあります。趣味の時間も毎日2-3時間無理やり捻出しています。  一般的な新卒が直面しそうな大抵の悩みは自分の力で解決済みです。しかし今後のことを考えると辛くて仕方ありません。普段は考えず目前の仕事、家事に没頭しますが今後の問題は何も解決していないため気を緩めた瞬間に迫ってきます。  ゲイの将来なんて若くなくなったら孤独か差別しかない碌なもんじゃないので考えたくないです、今の彼氏と長く続いたとしても年齢差のため彼氏が先に死んでから孤独死でしょう。(そもそも彼氏とは私が働きだしてから今まで許容できた様々な相違点を許容する余裕がなくなりギクシャクしています。)それに会社の先輩方からの結婚圧が嫌です。  これから仕事に慣れてくると長時間残業、土日片方潰れて実質週6勤務、お客さんに怒られる日々が待っていることが分かりきっているのも気が重いです。給料が安い問題点が残業代で解決しそうのは皮肉ですが。  趣味は色々あるのですが(ゲームとか)どれも最近心から楽しむのが難しく、平日は特に趣味が無理やり気力面を保つためのものになりつつあります。趣味に時間を割くより8-10時間寝た方が仕事中の身体の調子だけは断然良くなるのが非常に腹立たしいです。  仕事も生活上の問題もとにかくやらなければならないことは全て対処します。怠けも逃げもしません。ただ、やらなければならないことをひたすら対処していった果てが苦しみと絶望だけというのは何なのでしょうか?  私よりずっと困難な状況にいる人が世の中にはウジャウジャいることは理解しているので普段は口にしませんが、延々と苦しみ続けることにウンザリしています。最終的に絶望して終わるために苦しみ続ける日々の繰り返しをなぜ続けないといけないのですか?

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

生きているのが辛いです。

生きているのが辛いです。 そう言っているうちは大丈夫とも言いますが、 毎日重い気持ちを抱えまま、 たぶんこのまま辛いままなのだと思います。 子供の頃から、 阿呆なことばかりやってきました。 小さな動物を痛めつけ、 誰かに意地悪をしては やり返されて痛い思いをし、 騙して、笑って、 自分の生き方すら自分で決められず、 自分を痛めつけても変われず、 自分の親すら好きになれず、 他人も受け入れられず、 未だに弱い者に八つ当たりをし、 それらが悪い事だと 分かっていながらやめられず、 自分の感情が爆発するたび、 後悔して、痛みがまた増える。 生まれてこの方、 仲良くできたのは痛みだけでした。 幸せに笑う裏で心を削り、 いつも異常な自分をひたすら隠して、 知らぬうちに疲れていく。 疲れが爆発すればボロが出て、 また痛みが増える。 痛みも慣れると言いますが、 慣れれば慣れるほど、 異常になる自分が怖い。 大切な存在がありながら、 異常者の自分と比べてしまい、 心が地の底に落ちるのです。 今度こそ大丈夫。 と、天まで舞い上がっては、 またダメだった。 と、地の底まで落とされる。 泣いて笑っての繰り返し。 それが人生というものでしょうか? 普通の人ならばそうでしょう。 ですが異常者は異常のまんま。 普通のそれとは違うのです。 痛みと仲良しこよしで、 めまぐるしく上がり下がりを繰り返す。 毎日生きれば生きるほど、 普通の型にはまれず、 型からはみ出た部分は千切れます。 千切れておさらばかと思いきや、 ふとした隙に異常に戻っている。 千切れるたびに痛いのに、 たぶんこの先ずっと普通にはなれないまんま。 痛みをかかえ生きてゆき、 自分の気持ちすら、 騙して、笑って、 いつも自分のことすらわからないまんま、 痛みが増えるたび、 抱える記憶も重くなる。 今日も舞い上がって、 落とされて、 千切れて、 なんと、まぁ、愉快な事でしょう。 けれど、私の異常さで迷惑をかければ、 実際の被害も洒落にならない。 これ以上重くならないうちに、 やはり死んでしまおうかと思いますが、 死後に起きるだろう家族のいざこざや、 しがらみ、 トラブル、 それらを考えると死ねないまんま。 生きるのが辛いまんま。 (読みにくい長文でごめんなさい。)

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

生きることが苦しいです

先日もご相談させていただきました。 再び失礼いたします。 先日はアドバイスをありがとうございました。少し心がラクになりました。 その後一週間の間に、カウンセラーをはじめ多くの方に多角的なご意見を頂戴し、心配に及ばないということ、今は気にしないことが良いということ、さまざまアドバイス頂き先週よりかは多少落ち着いてきています。 しかし、時折不安は再燃し何も手につかなくなります。嫌な想像ばかりしてしまいます。過去のいじめの記憶と重なってより辛くなります。 論理的に殆ど問題ない(何も起きることはない)であろうことはわかっているのにも関わらず、どこかそこを疑ってしまい、「もし」「仮に」とありもしないであろうことを想像してはそれに恐怖し、不安に苛まされます。 頭でアドバイスを受け入れようにも、どこかついていかないところがあるのです。 そして、そんな自分に嫌気がさしてきます。自己嫌悪も入り、負のループに入ってしまいます。 生きることが苦しい、そうも感じます。 また、このこと(あくまで心を病んでいるという程度の伝え方ですが)を打ち明けた方からの心温かいことばに申し訳無さを感じてしまいます。素直に感謝したいのに、どこか申し訳ない気持ちが上回ってしまいます。 どこか今の自分は「自分の状況を受け入れる」「周りの状況を受け入れる」「相手の言葉を受け取る」「相手の厚意を受け取る」そういったことが冷静にできなくなっているように感じます。心のキャパシティが以前よりも狭くなっているかのようです。 どうすればこの状況を打開できるでしょうか。なんとか以前のように落ち着いて暮らしていきたいです。ゆったりした心で過ごしたいです。 拙い文章、乱文で大変恐縮ですが、ぜひアドバイスをいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

生きているのが辛いです

初めて相談させて頂きます。 過去のトラウマで、生きているのが辛いです。 トラウマは、幼少期の親からの虐待です。 母は、私が幼い頃から、叩く、殴る、蹴る、物を投げる、引きずる、口を押さえつける、首を絞めるなどしてきました。 暴言も多く、育て方を間違えた、産まなきゃよかった、死ね、などと言われました。 父はほとんど味方をしてくれず、母と一緒に私を怒鳴り、外に締め出し、母が怒るのはお前のせいだ土下座しろと言いました。 私は大人2人に反抗できず逃げ場がなくて泣くことしか出来ませんでした。怒った後に、ごめんね大好きなんだよと言うので、怒らせた自分が悪いんだ、と思っていましたが、ある時怒った母が包丁を持って殺してやると向かってきたのを見て、親がおかしいこと、自分の存在価値の無さを知りました。 自分に自信が全く持てなくなり、友達に容姿や成績を褒められても、私がそんなこと言ってもらえるわけがないと心の中で否定してしまいます。 愛情も信じられず、異性に好きと言われても、いつか捨てられる、嫌いになられると恐怖で逃げてしまいます。 親友は普通の家庭で育っているので、相談してトラウマを与えてしまうのが怖くて話せません。 現在親は当時のことなど覚えていない様で、虐待のニュースを見て、なんでこんな人が親になれるの?と言いました。 今でもトラウマで苦しんでいる私は、それを見て殴りかかりたい衝動に駆られました。 そして、親の具合が悪いとき、そのまま死んでしまえばいいのにと思ってしまいます。 私はそんな自分が大嫌いです。親と同じ血が流れてることにも吐き気がします。そしてその親に生かされている自分に消えてほしいです。 結婚願望もあり、子供も欲しいのに、こんな私が幸せになれるのか、子供にも親の遺伝子が受け継がれるのかと思うと将来にも失望しかありません。 幸せそうな家族や、愛情を受けて育ってきた友達を見ると自分が惨めで涙が止まりません。 私が過去を忘れられないのが悪いのでしょうか。死にたいというより、生きているのがどうしても苦しくて辛いです。 長く拙い文章で本当に申し訳ありません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

生きづらい

こんにちは。やまだと申します。 生きる事が辛くなってしまい 消えたいと思う毎日ですが自殺をする勇気はありません また相談できる人もいません 家族で信頼していた父は亡くなっており 母は宗教関係の問題からもともと信用できません 姉も居ますが嫁いでおり、疎遠です お付き合いしている方がいますが、 普段優しい方なのですが私の弱気な発言や辛いの言葉にはあまり反応してくれません 友人は数人居ますが結婚し子供が生まれてから大変そうで相談はできません。 なぜ死にたくなっているか経緯を説明すると 今年結婚するつもりで茨城に転居しました ですが後から相手の借金が返済するまで結婚は延期となりました。 でも相手の方は私を大切にしてくれていますし 優しい人です。 ですが今年の春、転居後に発病したメニエール病に関してはあまり反応してくれません。 転居前の私はとりあえず努力が取り柄の人間でした。 分からないことは調べたり、先輩や上司に聞いたりして分からないながらも勉強して率先して仕事に取り組んでいました 賃金も安く、俗に言うブラック企業でしたが人に恵まれ充実した毎日でした。 転居後は同じような仕事を選びました。 業務は簡単で以前より責任もありません 賃金も高いですし、人も良い人ばかりです ただ1人だけ直属の先輩だけがどうしても合いません。毎日理解に苦しむ発言。理不尽に責められ、業務の説明もあまりしてくれません。 毎日毎日ストレスが溜まります 疲れ果てて帰っても、ご飯を作って洗濯をして家事を一通りして寝たら朝です。 朝は持病のメニエールの症状がよく出るため薬を飲んで辛くとも仕事に行く。 毎日なんのために生きてるのでしょう? 毎朝辛くても薬を飲みながら我慢をする毎日です 以前は楽しめる趣味もありましたが今は全く楽しいと思えなくなってしまいました。 心が死んだような感覚です。 私の精神が弱いからこんな事でへこたれてしまうんでしょうか? 心を強く持つにはどうしたらいいんでしょうか? ※文章が上手くまとまらず申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺