お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

嫉妬で自爆しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

表題のとおりですが、主に恋愛関係等では、相手の状況や実際のところを把握する前に、思い込みで嫉妬して爆発して相手に怒りを向けて、苦しくなって自分から距離を置いたり一方的に去ったりして、いつも関係を自分から壊してしまいます。

先日も、SNSで相手の男性ががモデルのように美しい女性と仲良くやり取りをしているのを見てしまい、
「あなたは本当はスレンダーで髪が長い美人が好きなんでしょう?私のように脚が短くて髪が短いブスなんかよりもずっとね。」
「私の投稿は無視する癖に、他の女の子には優しいんだね。」
と怒りをぶつけてしまいました。

相手の男性からは
「それは君が勝手にそう思っているだけで、僕は何も変わっていない。問題は僕の中にあるのではなく、君の心の中にある」
と言われてしまい、それは全くその通りだと思うのですが、これでもう相手からは見放されたという事で、自分から去って行ったほうがいいのかと思っています。

自分の周りの同年代で、こんな事で恋愛関係を破綻させるような人は他にいないと思います。嫉妬しなくなるには、自分に自信を持つことと正当な自己評価をする事だと思いますが、いつも些細な事で苦しくなって自分を破滅に導いてしまいます。

このままでは自分は一生ひとりだと思います。
毎日が苦しくて仕方ありません。身勝手な悩みだとは思いますが、アドバイスいただけましたら幸いです。

有り難し 33
回答 4

質問投稿日: 2015年7月29日 11:14

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自分で答えを出すほかない

(._.)ネガティブな事をブーブ―言っている間に実際にそのスレンダー・ロングヘアな女性に彼をかっさらわれてしまわないことです。
あなたが嫉妬をしていることで発している本心のメッセージは
「そんな女より私の方を向いて!私の方を愛してほしい!」ということでしょう。
あなたが好きなその彼を全ての女性が好むわけではありません。
全ての男性が誰でもスレンダー・ロングヘア女性を好むわけでもありません。
もし見た目だけで選ぶような男性だったら、今後付き合っていく価値はありません。
あなたはその嫉妬の対象の女性よりも、彼のハートをガッチリつかんでいく必要があります。
憎しみ、嫉妬、愚痴、文句、攻撃、疑いを表現することは愛情の表現ではありません。
仮に愛ゆえに出てくる感情であるとしても、それをアウトプットすることは彼にはLOVEとして受け止めてもらえない可能性は高いです。
素直に、嫉妬している、と心情を正直に伝え、自分の弱さをそのまま見せ、彼を愛している事を伝えることです。
その方が彼から行為を持たれる可能性は高いと思います。
ぶっちゃけ選ぶのは彼です。
ですが彼から選ばれるように努力する事は出来るはずです。
その為の努力は、嫉妬にエネルギーを費やすことではなく、愛情表現にエネルギーを注ぐことです。
嫉妬は、不安、疑い、自己否定、劣等感、妄想を生み出します。
その疑いをなくす為にも彼に直接真意を問い、あなたの中の疑いを直接晴らすほかありません。
恋愛においての嫉妬の本質は、実際に無いことを自分の中で想像をふくらまして不安な状態になることです。
それは相手を所有しようとする心から生まれます。
人は自分のものにはなりません。
元々誰のものでもない相手を自分のものとしようとすることが、実際にそうでないために、嫉妬となるのです。嫉妬はコンプレックスを伴います。
仮にその思いに駆られても、それは妄想です。
自分の目の前に起こっていないことを妄想しているに他なりません。
嫉妬の本質は臆測です。
嫉妬に打ち克つには、現在の彼とリアルの実生活で共に過ごすことしかありません。

2年9ヶ月前

プライドが嫉妬をつくる

嫉妬心は、自信がないから出るのではありません。
正当な自己評価も、基準が曖昧ならばあまり関係ありあせん。

むしろ逆。
自信こそが嫉妬心を生みます。
いや、自身というよりもプライドという言い方の方がしっくりくるかもしれません。

嫉妬とは、自分のプライドが傷つけられた時に起こる感情です。

プライドの高い人は、すぐに相手の欠点を探そうとしてしまいます。
もし自分に自信がない人ならば、嫉妬する前に自己嫌悪を生んで落ち込んでしまいます。

現実には何もないと彼から返事をもらっても、尚、嫉妬するというのであれば、あなたが彼をどういう風に愛していたのか、もう一度考えてみて下さい。

あなたが彼の返事を聞いて、もう見放されたとすぐに答えを出してしまったのも、もしかしたら、彼のことを考えたのではなく、自分のプライドが傷つけられた事が尾を引いていたからではないですか?

相手のプライド認めることは必要かもしれません。
でも、自分のプライドを認めさせようとしてしまうと、それは単なる利害関係になってしまいます。

プライドを度外視した、相手自身を認められるからこそ愛であり、あなた自身を認めてもらえた時に愛されていると感じることが出来るのです。

相手もあなたと同じ一個の人格。
恋愛の相手は、あなたを着飾る洋服でもアクセサリーでもありませんよ。

2年9ヶ月前
回答僧

願誉浄史

誰も自分の所有物ではない

自己評価を高めるのも大事かもしれませんが、逆に、自分の評価をゼロにするのがよいのです。
つまり、あなたの所有物になってくれる他人なんかがそもそもいない、と諦めることです。
「両思い」なんて幻です。
片思いと片思いの矢印が、たまたま向き合っているだけです。
誰しも、理想の異性はいるでしょう。俳優やアイドルなど、憧れの異性はいるでしょう。
でも、理想の相手とつきあうのはまず無理で、互いに妥協してつきあってるのです。
彼氏の理想の美女に、彼氏は相手されない。あなたぐらいしかつきあってくれる女性がいない間は、あなたがつきあえるのです。
それでよいではありませんか。
彼氏の恋心を所有物にして独占しようと思うことは、彼氏の人権を無視するエゴです。

2年9ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

自分を押し付けず見返りを期待しない愛を

あなたがお気付きの通り、恋愛の時、相手を見るときは、嫉妬や妄想に自分の生活を狂わされてしまうことが多くあります。

目の前に存在する相手の真実と、妄想どちらが大切かあなたはお分かりでしょう。想像妄想、嫉妬は全て嘘だと思ってください。

お相手が目の前にいるということが何より大切。そして、無償の愛情を注ぐことです。相手にこうなってもらいたい。こうしてほしいという気持ちは、自分の押し付けです。

別の存在として、大切にできれば自然と良い関係が築けるとおもいますよ。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答いただき、ありがとうございます。
その後、彼とは別の事が原因でお別れすることになりましたが、自分の傲慢さや身勝手さを知ることができ、大変感謝しております。

関連する問答
このページの先頭へ