お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

人と比べたがるのをやめたいです。

私は、専門学校に通っていて、現在就職活動をしているものです。
私の周りの友人は皆、就職先が決まりなつやすみを謳歌しています。別に怠けていたわけでもなく、就職活動をしているのに私はなかなか内定がいただけず、このまま学生最後の夏休みが終わろうとしています。
皆にできて、自分にできないはずが無いと、考えれば考える程、しんどく思ってしまいます。
そして、友人を妬ましくも思ってしまい、そう思う度に、友人は私以上に努力したから、内定をいただいた…私はただの努力不足と考えるようにしていますが、そう考えれば考えるほど自信を失ってしまいます。
私のように周りと比べたがる人は、どの様な考え方をすることで、この苦しみから逃れられるのでしょうか。

有り難し 14
回答 3

質問投稿日: 2015年8月12日 12:03

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自分の大根を生きる

あなたがダイコンだとしたら白いッスわ。
太いッスわ。
ですが、ニンジンやトマトみたく赤くはなれない。
スイカみたいに丸くもなれない。
メロンみたく甘さは無い。
だけどニンジンやゴボウやメロンは側に合わないし、おでんにも不向きです。
あなたのダイコンの白さ、辛さ、染まりやすさは力なのです。
他の野菜には真似したくてもできないのです。
だから、ニンジンを欲するところはニンジンを採用する。
トマトを必要としているところはトマトを採用します。
あなたは大根ですから、大根を必要としている所を見つけることです。
そうすればこの世には比較は無く、絶対しかないという事を悟るでしょう。

4年前
回答僧

願誉浄史

別のことを考える

周囲と比べてしまうことは良くない癖であり、その癖が自分にあることは理解されてるんですね。
しかし、その癖は簡単には消せませんよね。
だったら対処療法としては、できるだけ他人との比較について考えない、他人との比較を考える時間を短くし、頻度も減らすことです。
そのことを考えてる時間は苦しいんだから、苦しむ時間と回数を減らすのです。
妄想雑念という台風が来たとき、台風にさらされっぱなしにするより、できるだけ早く雨戸を閉めて台風から守るほうがよいのです。
具体的には、別のことを考える、ということです。
瞑想や念仏でもよいし、就職のための勉強をするのでもいいし。

4年前
回答僧

慈眼

今のあなたに目を向ける

努力をしたから受かる、しないから受からないというのは、根拠のないあなたの妄想です。
ひとはひとであり、あなたではありません。
他人事を勝手に自分に取り込んでいます。だから悩むのです。比べるのではなく自分の有り様を見てください。人が受かった。それはそれ。そのままを受け入れます。

焦る必要なんてない。人の評価なんて関係ない。大切なことは、あなたが今の有り様に目を向け、生きていること。そこに向き合っていることです。

広い視野で物事を捉えてください。

4年前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうごさいます。
しかし、考える回数や時間を減らすのは、相当の訓練が必要そうですね(汗)
頑張ってみます。

「他人・周りと自分を比べてしまう」問答一覧

「他人・周りと自分を比べてしまう」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ