利他行とは?

先日はお坊様からのアドバイス頂き、ありがとうございました!

そのアドバイスに、利他行をするようにとありましたが、具体的に利他行とはどのようなことをしていけばよろしいのでしょうか?

仏教
有り難し 15
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

鳳林寺

光禪

利行にもよおさるるなり

こんにちは

 曹洞宗のお経「修証義」の中に「(困っている様子を目にすると)利行にもよおさるるなり」という言葉が出てきます。
 「もよおさるる」とは(例えは悪いですが)おしっこがしたい時「尿意をもよおす」などと言いますよね。その「もよおす」です。

 おしっこはしないと体に悪いです。だからおしっこをします。でも「しないと体に悪いから」と思っておしっこをする人はいません。もよおすからするのです。

 よい行いも同じです。もよおしたらする、それだけです。

 あまり「よい行いをしなくては」と構えず、正しく清らかな心をもっていつも笑顔で周囲に目を配っていれば、自然と利行(=利他行)に体が動きます。

6ヶ月前

❝和顔愛語(わげんあいご)❞を心がけましょう。

小生の回答が不十分だったようですね・・・。すみませんでした。
「利他行」を具体的に言うと《無財の七施(むざいのしちせ)》というものがあります。お金が無くてもできる7つの「利他行」です。ネットで検索してみて下さい。
その中の2つに当たる❝和顔愛語❞というものがあります。あるお経の中に、阿弥陀仏がご修行中、常に心掛けていたことが❝和顔愛語❞だった、と書かれています。《優しい笑顔と思いやりのある言葉》という意味です。何でもないようですが、結構難しいですよ・・・(笑)。
とにかく「利他行」をそんなに難しく考えなくてもいいです。要は、他人様に「利益(りやく)」を与える行い=他人様が喜んでくれるように行動する、という事です。無理なさらずに、できる範囲でいいのです。合掌

6ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ