お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

仏道に学んだ暮らしとは

 こんばんわ。このサイトに出会い自分のモヤモヤの正体がわかり、心もち変わりつつあります。相談にお返事いただいた皆さまのおかげです。ありがとうございます。
 私は日記をつけたり、メモしたり物を取りおいたりして暮らしてきました。
 しかし、目の前のこと、見たこと、聞いたことに暮らしていくということは、不要なものは、不要。暮らしやすくしていくことが見えてきました。
 この考えで合っていますか?
私はこの際、きちんと暮らしから直していきたいのでどうか教えてください。

有り難し 8
回答 3

質問投稿日: 2015年8月31日 23:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

崇興寺

釈心誓

お経を読む

お経はお釈迦様の直説です。
お釈迦様のお言葉をまず読みましょう。
でなければ、仏教に学ぶことはできません。

どのお経を読めばいいのか。
それは宗派によって大きく違います。
どのお経でも足掛かりにはなると思いますが『仏説○○経』と、頭に仏説とついているものを読むことをオススメします

仏説とは、仏様が説かれたという意味です。
お経には、論や釈など菩薩や僧侶がまとめたものも多いです。
もちろんそれも大切ですが、まずは仏様が説かれたものを読んでみましょう。

偽経も多いですが、それもまた一興かと思います。
何事も一歩から始まりますから、是非仏道を歩んでみて下さい。

最後に...
何よりも仏様に手を合わせる生活が大切だと思います。
信仰のないところに仏教はありません。

2年8ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

仏教は特別な生き方ではない

仏教的生活、というとなんだか、今の生活の別にそのような生活が存在しているように感じてしまうかもしれませんが、今の生活のありよう、そのものが仏道であります。

ご自分をじっくり研究して生活してください。

2年8ヶ月前
回答僧

願誉浄史

悩み苦しみの原因は煩悩だと意識する

悩み苦しみを制御したり消したりするのが仏教です。
悩み苦しみの原因は煩悩なので、煩悩を制御したり消したりする。
欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩に気づくだけでもかなり効果的だと思います。
あとは、慈悲喜捨の四無量心を育ててください。

2年8ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ