hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

難民問題の解決についてどう思いますか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 35

先日ニュースでも話題にりましたが、シリア難民の3歳の男の子が溺死した件を見て涙しました。

自分にも小さい子供がいますが、多くの子供が何不自由なく育っている日本と、住むところもない多くの難民の子供。

難民の数は年々増加の一途だそうですが、全て大人のエゴの結果です。

どうすれば解決できるのだろう?と思いましたが、なかなか妙案もありません。ご意見いただければ幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

日本に今、生きている仏教の力が必要なのかもしれない

これは、とても重大な問題です。私たちが住む日本でもエゴの中で成立していることがたくさんあります。
まずは、日本をどうにかしなければ、外国にまで影響させることは難しいように思います。
悩める人が多くいる日本。
極端なことを言えば、国中みんなで坐禅をすれば、みんなが救われるのではないかと思います。坐禅を学び実践することで、幸せな生活ができるのだと思います。

国を挙げて仏教を実践できればいいのになあといつも思っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


戦争は人類の普遍的な問題

お釈迦さまの例え話に「大地と小地の教え」というものがあります。目の前に広がるこの世界、地平線の向こうまで続く大きなこの世界が大地です。それに対して手のひらに乗せられるだけの量の砂が小地です。人間は、どうあがいてもこの小地でしか生きられないという話なのですが、この小地…実は大地と繋がっているのですよ。

それはそうでしょう?私たちはこの世界に影響され、影響を与えながら生きています。私たちは一人一人の人間ですが、この世界に繋がっていて、世界そのものでもあるのです。
戦争という巨大なベクトルはお釈迦さまでも止めることはできませんでした。母国へ進軍する隣国を説得し、3度まで止めたのですが、4度目は止められず、母国は滅びました…お釈迦さまでさえ出来なかったのですから、まして私にとってはもっと手の平の外の世界なのだろうと思っています。

でも、それでも何とかしたいですよね。だから私はこの手の平が外の世界と繋がっていると信じて、自分の手の届く範囲のことを精一杯しようと思っています。そして、余裕のある時は下のリンクの団体を通じて支援させていただいています。(シリアは活動範囲に入っていません)
http://sva.or.jp/activity/

こうして些細なことでも行動に移すと、自分自身の気持ちが晴れます。それは私の勝手な行いですが、現状として私が「させていただきたい」立場でしか無いことを忘れてはいけないとも考えています。戦争というのは単純化すると相手の要求の突っぱね合いであり、存在の突っぱね合いですね。その突っぱね合いの解決方法を考えるのに「大人のエゴ」でバッサリ突っぱねてしまうのは「ん?」と感じてしまいます。エゴの中にエゴを生んでないでしょうか?

私にはまだ言葉も話せない子供がいます。その子を見ながら、「連中はこんな子供の首を取って、サッカーボールの代わりにして遊びやがったのか」と思うとはらわたが煮えくり返る思いがします。でも、そのはらわた煮えくり返る思いのぶつけ合いが戦争であり、誰もが無意識に持っているエゴが戦争の根本です。

skayactive07さま、相手が間違っていると誰もが思っているのですよ。そしておそらく実際に、お互いにみーんな間違(エゴ)っているのです。私も含めて。そのエゴを止められるのは自分だけ。他人のエゴを止めようとするから連鎖するのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

仏教がひろまること

シリアなど中東問題は、歴史的、政治的なところにも問題がありますね。イギリスがいい加減に国境線を引いた、イスラエルの問題などなど、不勉強でよくわかりませんが、そんなことで苦しんでいる方々が気の毒に思われてきます。

私は政治家でも政治学者でもなく坊さんなので、私の立場で紛争について考えたなら、仏教が世界に広まっていくことだと思います。ちょうど今、私たちの宗派、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の世界仏教婦人大会の模様を動画で見ていたところでした。同大会はカナダのカルガリーで五月に開催されました。その席上、非常に多角的に世界のなかの浄土真宗について論じられています。そのなかでいわゆるインディアン(カナダではファーストネーションという)のクローシュー博士の講演に興味をそそられています。

https://www.youtube.com/watch?v=R0DMXShPCkk

たいへん下手な通訳ですが、要はネイティブの人たちのものの見方と仏教に根底的な共通点がみられるという内容です。その共通点は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教という世界で支配的な一神教と対極をなす、すべてのいのちは平等、自然の支配者は存在しない、すべての存在が尊い等です。

仏教は平和な教えだから好き、という白人は多いと思います。教えのなかに支配被支配という考え方がないからです。だから、坊さんという立場でも、そうでなく客観的にも仏教が広まることが難民問題を少しでも和らげる力になるといえます。

ところでマザー・テレサだったと思いますが、世界には多く貧困にあえいでいる人がいる。あなたのやっていることは焼け石に水を注いでいるにすぎないではないかと揶揄されたそうです。すると、マザーは、そうかもしれないが私は私の目の前にいるこの人に奉仕するとお答えになったそうです。

追伸 急を要する問題なのに時間のかかる本質論みたいなことを申しました。現状では仏教より、ローマ法王庁ほかキリスト教系の組織の方がより即効性のある取り組みをなさっていると思います。何かすぐしていきたいとお考えなら、ローマ法王庁の日本における出先機関にお問い合わせになっては如何でしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

円通寺
邦元さん

了教寺
藤岡俊彦さん

コメントありがとうございます。

確かに日本にも様々な問題があるし、シリアの問題はおっしゃるようにアラビアのロレンスの時代に大国の権益で国分けされ、その後も冷戦の武器実験場になり、もうメチャクチャだったわけです。

座禅でもして冷静に物事を考えれば、今やっていることが間違えているということは誰にでも分かりそうな気がしますが、やはり基礎教育を受けていない人たちもたくさんいるし、そう簡単にはいかないのかなあ?と思ったりもします。

難しい問題ですね。とりあえずシリアに行くわけにもいかないので、募金をして少しで難民の方の生活を支援したいと思います。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

犯罪者はいつまでも犯罪者なのでしょうか?

芸能人や有名人が事件を起こし大きなニュースとなり新聞に載ったりニュースで報道されたりすることが度々あります。謹慎処分を受けたり引退したりする方もみえれば、一生懸命乗り越えて再復帰された方も大勢みえると思います。当時はあんなに大きなニュースになり大きく取り上げられた方でも月日が経ち世の中の人々の記憶からは薄れ、「そういえばそんな事件あったな」と思い出すことも皆さん多々あると思います。私自身が起こした事件もいつの日か周りの皆の記憶から薄れてくれるようなそんな日が訪れるのでしょうか?今の私は人目が気になり、私を知っている人と出会うのが怖く帽子やマスクを付け、うつ向いて下を見ながら出歩いています。誰かに出会ったらどういう顔をすればいいのか、そんな心配ばかりしています。今まで住んでいた所からそんなに遠くにいるわけではなく、私のことを知っている人にばったりと出会ってしまうそんな可能性はいつもあります。する気はありませんが、整形でも出来たらいいのにな、なんて思ったりもします。知り合いに会い白い目で見られ何も話しかけられず避けられる、そんな辛い思いをしたらまた絶望に落ち悲しい思いするのが怖いです。全てを失い自信もない状態で、これ以上傷つきたくありません。いつの日か帽子をとって前を向いて歩くことができる日が来るのでしょうか?いつまでも皆の記憶に犯罪者としての記憶が残り続けていくようなそんな気がして仕方ありません。うつ向いて歩かず、早く帽子を脱いで前を向いて歩きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

女子高生コンクリート殺人事件犯人への罰

以前、女子高生コンクリート詰め殺人事件という悲惨な事件がありました。 この事件を知り私は、本当にこの事件の犯人が許せず『司法は少年法で犯人たちを庇ったが、神仏は必ず彼らを罰してくれるはずだ』『因果応報があるのなら、この犯人たちは地獄に落ちるだろう』と願いました。 しかし、事件から数十年経過し、数年前、この事件の犯人がまた別の事件で逮捕されたそうです。 聞けば犯人の一部には妻や子供もいて、しかも『俺は人を殺したことあるんだぞ』と、件のコンクリート詰め殺人事件の話をネタに別の人を脅して再逮捕されたそうですね。 これを聞いて、私は絶望しました。 全く反省していないどころか、むしろあの事件のことを新しい犯罪を犯すためのネタにしていたなんてあり得ないです。 コンクリート詰め殺人事件の被害者の女の子は何の落ち度もないのに凄惨な殺され方をされ未来を断たれたのにも関わらず、犯人には家庭もありのうのうと生きています。さらに反省せず再犯を犯してます。 神仏は彼らを罰してくれないのでしょうか? それから、インターネットを見る限り多くの人たちが犯人に怒りを感じ、掲示板に『死ね』などと発言していましたが、犯人たちは一向に元気です。よく『言葉には言霊の力がある』と言われますが、あれだけ恨まれ『死ね』と言われているにも関わらず『言霊の力』は彼らに届いていないのではないか、と思いました。 『言霊の力』だけでなく『生霊』や『念の力』に対しても疑いを感じはじめました。あれだけの人が怒りを感じているのだから誰か一人くらい『生霊』や『念』を無意識にでも意識的にでも飛ばしていてもおかしくないはずなのに、犯人はのうのうとしているみたいだからです。 これでは、犯人に殺された被害者が浮かばれません。 神仏の罰はないのでしょうか。因果応報はないのでしょうか。言霊の力や念の力、生霊なども全部存在しないのでしょうか。

有り難し有り難し 53
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る