hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

難民問題の解決についてどう思いますか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

先日ニュースでも話題にりましたが、シリア難民の3歳の男の子が溺死した件を見て涙しました。

自分にも小さい子供がいますが、多くの子供が何不自由なく育っている日本と、住むところもない多くの難民の子供。

難民の数は年々増加の一途だそうですが、全て大人のエゴの結果です。

どうすれば解決できるのだろう?と思いましたが、なかなか妙案もありません。ご意見いただければ幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

日本に今、生きている仏教の力が必要なのかもしれない

これは、とても重大な問題です。私たちが住む日本でもエゴの中で成立していることがたくさんあります。
まずは、日本をどうにかしなければ、外国にまで影響させることは難しいように思います。
悩める人が多くいる日本。
極端なことを言えば、国中みんなで坐禅をすれば、みんなが救われるのではないかと思います。坐禅を学び実践することで、幸せな生活ができるのだと思います。

国を挙げて仏教を実践できればいいのになあといつも思っています。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

戦争は人類の普遍的な問題

お釈迦さまの例え話に「大地と小地の教え」というものがあります。目の前に広がるこの世界、地平線の向こうまで続く大きなこの世界が大地です。それに対して手のひらに乗せられるだけの量の砂が小地です。人間は、どうあがいてもこの小地でしか生きられないという話なのですが、この小地…実は大地と繋がっているのですよ。

それはそうでしょう?私たちはこの世界に影響され、影響を与えながら生きています。私たちは一人一人の人間ですが、この世界に繋がっていて、世界そのものでもあるのです。
戦争という巨大なベクトルはお釈迦さまでも止めることはできませんでした。母国へ進軍する隣国を説得し、3度まで止めたのですが、4度目は止められず、母国は滅びました…お釈迦さまでさえ出来なかったのですから、まして私にとってはもっと手の平の外の世界なのだろうと思っています。

でも、それでも何とかしたいですよね。だから私はこの手の平が外の世界と繋がっていると信じて、自分の手の届く範囲のことを精一杯しようと思っています。そして、余裕のある時は下のリンクの団体を通じて支援させていただいています。(シリアは活動範囲に入っていません)
http://sva.or.jp/activity/

こうして些細なことでも行動に移すと、自分自身の気持ちが晴れます。それは私の勝手な行いですが、現状として私が「させていただきたい」立場でしか無いことを忘れてはいけないとも考えています。戦争というのは単純化すると相手の要求の突っぱね合いであり、存在の突っぱね合いですね。その突っぱね合いの解決方法を考えるのに「大人のエゴ」でバッサリ突っぱねてしまうのは「ん?」と感じてしまいます。エゴの中にエゴを生んでないでしょうか?

私にはまだ言葉も話せない子供がいます。その子を見ながら、「連中はこんな子供の首を取って、サッカーボールの代わりにして遊びやがったのか」と思うとはらわたが煮えくり返る思いがします。でも、そのはらわた煮えくり返る思いのぶつけ合いが戦争であり、誰もが無意識に持っているエゴが戦争の根本です。

skayactive07さま、相手が間違っていると誰もが思っているのですよ。そしておそらく実際に、お互いにみーんな間違(エゴ)っているのです。私も含めて。そのエゴを止められるのは自分だけ。他人のエゴを止めようとするから連鎖するのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

仏教がひろまること

シリアなど中東問題は、歴史的、政治的なところにも問題がありますね。イギリスがいい加減に国境線を引いた、イスラエルの問題などなど、不勉強でよくわかりませんが、そんなことで苦しんでいる方々が気の毒に思われてきます。

私は政治家でも政治学者でもなく坊さんなので、私の立場で紛争について考えたなら、仏教が世界に広まっていくことだと思います。ちょうど今、私たちの宗派、浄土真宗本願寺派(西本願寺)の世界仏教婦人大会の模様を動画で見ていたところでした。同大会はカナダのカルガリーで五月に開催されました。その席上、非常に多角的に世界のなかの浄土真宗について論じられています。そのなかでいわゆるインディアン(カナダではファーストネーションという)のクローシュー博士の講演に興味をそそられています。

https://www.youtube.com/watch?v=R0DMXShPCkk

たいへん下手な通訳ですが、要はネイティブの人たちのものの見方と仏教に根底的な共通点がみられるという内容です。その共通点は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教という世界で支配的な一神教と対極をなす、すべてのいのちは平等、自然の支配者は存在しない、すべての存在が尊い等です。

仏教は平和な教えだから好き、という白人は多いと思います。教えのなかに支配被支配という考え方がないからです。だから、坊さんという立場でも、そうでなく客観的にも仏教が広まることが難民問題を少しでも和らげる力になるといえます。

ところでマザー・テレサだったと思いますが、世界には多く貧困にあえいでいる人がいる。あなたのやっていることは焼け石に水を注いでいるにすぎないではないかと揶揄されたそうです。すると、マザーは、そうかもしれないが私は私の目の前にいるこの人に奉仕するとお答えになったそうです。

追伸 急を要する問題なのに時間のかかる本質論みたいなことを申しました。現状では仏教より、ローマ法王庁ほかキリスト教系の組織の方がより即効性のある取り組みをなさっていると思います。何かすぐしていきたいとお考えなら、ローマ法王庁の日本における出先機関にお問い合わせになっては如何でしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

円通寺
邦元さん

了教寺
藤岡俊彦さん

コメントありがとうございます。

確かに日本にも様々な問題があるし、シリアの問題はおっしゃるようにアラビアのロレンスの時代に大国の権益で国分けされ、その後も冷戦の武器実験場になり、もうメチャクチャだったわけです。

座禅でもして冷静に物事を考えれば、今やっていることが間違えているということは誰にでも分かりそうな気がしますが、やはり基礎教育を受けていない人たちもたくさんいるし、そう簡単にはいかないのかなあ?と思ったりもします。

難しい問題ですね。とりあえずシリアに行くわけにもいかないので、募金をして少しで難民の方の生活を支援したいと思います。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

人の悪意の怖さ

再び相談させていただきます。 プロフィールの方を参照していただけると嬉しいです。 ネットには普段口にするのも憚られるような誹謗中傷や悪口で溢れています。私自身、現実でいままで人を傷つけたことがありますし、その後悔に囚われることも多く、悪口や虐めの愚かさは理解しているつもりです。(開き直るつもりは全くございません) 最近、世の中でいじめやハラスメントが大きく問題になり、色々な人が声を上げている中、そのように声をあげている人でさえも、アスリートの方々や自分とは異なる意見の方に対し、誹謗中傷や人格否定のような言葉を投げかけていることに恐怖を感じます。みんな、誰もが傷つかない世界を望んでいるはずです。なのに、どうしてこんな事が起こってしまうのでしょうか。そのような誹謗中傷を見かけると、あたかも自分が言われているような心地がして、受け取った人はどのように思うのだろうかと考えてしまい、悲しくなります。どういう気持ちで書き込んでいるのか、それを後悔したりすることはないのかと思います。 悪口の愚かさは体感しましたし、悪意のない世界への実現に貢献したいとも考えています。ですが、このままだといじめやハラスメントは無くなることはないと思います。 人を傷つけたこともある私が、このようなことを考えるなんて烏滸がましいとは思います。ですが、恐怖と疑問が絶えません。よかったらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

人々に絶望することが多くなりました

初投稿です。よろしくお願いします。 質問といいますか、愚痴に近い内容になりますが、少々お付き合い下さい。 最近、人々に絶望することが多くなりました。世間に対し、あなた方は過去から、歴史から何を学んだんだ、同じことを繰り返してばかりじゃないか、はやる気持ちを一旦落ち着かせて思慮の深いよりよい選択をなぜ取らないんだ、と訴えたくなることがよくあります。 例えば、ネットでの誹謗中傷です。誹謗中傷の内容は感情的・感覚的に発言するものが多く、思慮に欠けますし、そもそも自分の不平不満を述べるのであれば、わざわざ人を傷つけるような言葉を使う必要はないでしょう。人を傷つけてストレスを発散しているのでしょうが、私にはそのような方法でストレス解消することに理解できません。 もちろん、誹謗中傷を行う人はごく少数の者であり、その他大勢の人間は誹謗中傷などしない、とも考えられます。しかし、誹謗中傷を行う者に目を向けると、その多くはどこにでもいるようなごく普通の一般人で、必ずしも社会になじめない人格破綻者が行うとは限らないと思いますし、そのようなことが書かれた記事も目にしたことがあります。 思えば、周囲の人間を見渡すと、親切な方(だと私が思う人)でも、ネットで暴言を吐かないにしても、それは社会的に見て正しい言動なのかと疑問に感じることがあります。例えば、偏見を生む発言を繰り返す人、多角的な視点は皆無で、自己やその周囲の人間のことしか考えていない人、目先の快楽のことばかり情熱を燃やす人などなど。そのくせ犯罪者など、反社会的行動を行った者に対しては烈火のごとく怒り狂い、執拗なまでに石を投げ続けますが、しかし、刑罰法規に触れないものの、結構悪質なことをたくさんやっている方があなた方の中でもずいぶん多いじゃないか、過去に人にはあまり言えない悪行をした人も多いのではないか、と思うことがままあります。 私は、国のため、国民のためになるよう、長い時間をかけて勉学に努めて参りましたが、最近、世間に対してそのように考えることが多くなり、勉強に身が入りません。25mプールに墨汁を一滴垂らすがごとく、私の行いで世間はそれほど変わらないでしょうし、私自身の無力さに失望しているためです。考えを改める必要があると思いますが、お坊様から見て、何かお言葉を頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

病気だったら何をしてもいいのですか?

 いつもお世話になっております。恐い表題で申し訳ございません。 そう言う私も発達障害を持っております。  先日の質問の中の一文で、 「認知症と見られるおばあさんにカートを蹴られ、思わず怖くて騒いだら 散々車内で罵られた」と申し上げました。  私の家に入ってくれている訪問看護師に事の詳細を伝えたところ(40代で 看護師になり、精神科一筋20年)、 「認知症だね。ご病気だから、仕方ないよ。彼女にとっては、 『そこにあるものが邪魔だったから蹴った』くらいの気持ちだよ。」 とのこと。  それから私は自分の気持ちを落ち着けるためにも、認知症について たくさん勉強しました。なんでも、今回のケースは「周辺症状」の一部で 、周囲に配慮ができなくなったり、攻撃的になるというものだそうです。  私も自身の体験から色々考え、恐怖や不安の延長で怒りが湧いてくる こともあるのでおばあさんもそういうことかな…と思ってみたりも しました。(認知症は不安や妄想も発現するからです)  ですが、それでいいのでしょうか?人様に乱暴したり、ものを壊しても (今回は運良く私に怪我はなく、カートも壊れませんでしたが)病気や障害 だから、で済むのですか?  知的障害の人にストーカーされかけたこともあります。人生で3度ほど。  そういった乱暴者のせいで、私たち障害者全体のイメージが悪くなる と私は思っています。 「生きづらさは、あんたたちのせいでもあるんだよ!乱暴者!」 と言いたいほどです。もっとも看護師さんは、 「世の中の人たちはそこまで極端な考えは持たない」と言ってくれますが…  何度、警察の方の手を借りたかわかりません。申し訳ないです。ちなみに、 最近のお巡りさん・刑事さんは障害福祉も勉強なさっているとか。  お布施にとお茶を買って持って伺ったほどです。ですが、 「警察官は受け取れないんだ。ごめんね。でもありがとう」 と仰って納めてくださいませんでした。  愚痴になってしまいましたが、ご意見賜れましたら幸いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る