hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

親の死について

回答数回答 6
有り難し有り難し 217

お願い致します。
私の母が一週間前から入院しており
意識不明の状態が続いています。

私は一人っ子で母とは仲良しなので
母にもしもの事があったらと考えると
胸が張り裂けそうになります。
毎日眠れず食事も喉を通りません。

毎日病院に行き母に話しかけたり
手をさすったりしています。
いつかは親と別れる日が来ることは
わかってはいるんですが、、、
乗り越えていける自信が無いです。

どのようにすれば乗り越えられるのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

最後のおくりもの

みかんさんはじめまして。
お気持ちお察しいたします。

>どのようにすれば乗り越えられるのでしょうか。

との事ですが、「死」という厳しくつらい現実を目の当たりにした時、
その乗り越え方は人それぞれ…。

平安時代の歌人、和泉式部は、それはそれは可愛がっていた愛娘を病で亡くしました。
我が子の死を受け取ることが出来ずに数年の絶望の真っ只中にいました。
そんな時、ご縁があり仏法に出遇い、考え方が変わりました。
そして詠んだ歌です。

『夢の世に あだにはかなき身を知れと 教えて帰る子は知識なり』

夢のようなはかない身を、お母さんも生きているのですよ…と気づかせてくれた我が娘は、まさに知識(仏さま)であった…。
という意味です。
我が子が自らの身をもって、自らのいのちをもって、仏法に出遇わせてくれた、と、我が子の死に意味を見出していきました。

アニメ一休さんで知られる室町時代の臨済宗、一休禅師は、親が死に、子供が死に、そして孫が死んでいくことは、めでたいことである、とおっしゃっています。
孫が先に死に、そして子供が死に、そして最後に親が死んでいくことのつらさを表しています。

そして文末にリンクを貼っておりますが、
岐阜県にお住まいでした平野恵子さんという方は、残していく子供達に対し、

「死は親から子への最後のおくりもの」

という言葉を残され41歳で往生されました。

りんごさんのお母様が、
自らの身をもってりんごさんに示そうとしてくださる「死」という現実、
ぜひりんごさんの糧(かて)としていただきたいなと願っております。

最後に、長くなりましたが、
りんごさんが悲しみ、苦しみ、絶望の真っ只中にいる姿より、
りんごさんが、生き生きと、それぞれの分野で、輝いている姿を
お母様もきっと願われているんじゃないでしょうか?

仲良しのお母様のために、一人娘としてりんごさん、ぜひしあわせになってくださいね。

平野恵子さんのお手紙
http://www.kouseiji.com/blog/?p=1186

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


一緒に居られる今の瞬間を大切に

出会えばわかれる。生まれれば死ぬ。それは当たり前のことであり、頭でわかっているようで、分からない。わたしたちは、そうしたことに悩まされます。
お釈迦さまもそうでした。

別れというのは悲しいことだと思います。ですが、今は生きておられるのであれば、まずはその先を心配する時間はもったいないので、思う存分お母さんにためにできることをしてあげることでしょう。それしかありません。一緒に居ることだけでも、体を擦ることでもできることをすればいい。

別れが来たらまたその時にその時のありようがあるだけです。

先を心配し、悲しい顔を見せたらお母様がかわいそうでしょ。生きておられる今の瞬間を大切にしてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

2回目の人生を楽しんでくださいと祈ります

はじめまして、一妙寺の赤澤と申します。お気持ちお察し申し上げます。

私の母は4年前に旅立ちました、別れがとてもつらかったです。ですが今は供養をすることで納得しています。母の身に宿る魂を向こうの世界にきちんとお返ししなくてはならないという摂理に、賛同するからです。

日進月歩の医学ですが、古くなった細胞を若返らせることはできません。あのまま治療を続けて延命しても人の手を借りないと、食事や排泄ができない人生しか待っていません。母はそのことを望まないと思ったときに、別れを決心することができました。

そして今はこう思います。
この光り輝く新時代に新しい赤ちゃんとして生まれ変わって、今度は別の仕事に就いて、別の人と結婚して、2回目の人生を楽しんでくださいと。

私は母の生まれかわりに会えることを、心待ちにしております。ご参考になればと思い回答させていただきました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


サラリーマン家庭で育った私が作った小さなお寺。目指すは「アットホームテンプ...

時間が解決してくれるかも

全人類の大半が、親と死に別れています。
そして、ほとんどの人は、その苦しみを乗り越えています。
あなただけが乗り越えられないはずはない、と思ってください。
すぐには難しいかもしれませんが、時間とともに乗り越えられるはずです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

まず、祈る。 声かけは一方的であっていいです。

あなたがお母さんに働きかけて、お母さんが返事をしなくとも、
お母さんに、そっと優しく声かけしてみてください。
それが、あなた自身を一番救う方法です。
大好きだという事を声に出して優しく伝えてあげてください。
延命十句観音経を唱えてあげてください。
「観世音 南無仏 与仏有因 与仏有縁 仏法僧縁
 常楽我浄 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心」

よみかた
かんぜーおん なーむーぶつ よーぶつ うーいん よーぶつ うーえん
ぶっぽうそうえん じょうらくがじょう ちょうねん かんぜーおん
ぼーねん かんぜーおん ねんねん じゅーしんきー
ねんねん ふーりーしん

マラソンを終えた直後、意識不明になられお母さまがすぐそばでこの延命十句観音経をずーっと唱えてくださったら生還されたというある立派なお坊さまがいます。

延命を祈り 孝行(こうぎょう)を尽くしてください。
私も、無事の生還を祈ります。

観世音 南無佛 与佛有因 与佛有縁 仏法僧縁
浄楽我浄 朝念觀世音 暮念觀世音 念念従心起 念念不離心

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。 非通知は...

母上の病名が分かりませんが

母上の病名が分かりませんので、必ずしもよいご紹介にはならないかもしれませんが、私の知り合いが、がん患者遺族の会の代表をなさっています。

http://kirarakai.exblog.jp/

メールや携帯の番号も上記に書いてあります。この会はがん患者のみを対象にしていますが、代表者は、上智大学グリーフケア研究所で学んでおられるので、適切な組織または個人とあなたをつないでくれることでしょう。

代表者は大変信頼できる方です。お寺の出身でお寺さんではありませんが、仏教を深く学んでおられます。ご主人ががんで亡くなったことをきっかけにして活動をなさっていますので、まずはこの方に電話またはメールで連絡を取ってみてください。藤岡俊彦から聞いたとおっしゃってくださっても結構です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

藤岡俊彦様
早々にご回答いただきまして
ありがとうございます。

母の病名は肺ガンで抗がん剤治療中でしたが突然心不全で倒れました。

ご紹介いただいた方に連絡させて
いただきます。
ありがとうございました。

願誉浄史様
早々にご回答いただきまして
ありがとうございます。

いつかは乗り越えられるように
日々自分の人生を歩んでゆきたいと
思います。

ありがとうございました。

釋俊道様
ご回答いただきまして
ありがとうございました。
「死は親から子への最後のおくりもの」素敵な言葉ですね。

母はいつも私のことを心配してました。まだ意識が戻らずにいる母に
「心配しないで」と言いたいと思います。母が安心できるような幸せな人生になるよう前を向いて歩んででゆこう
と思います。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

将来を約束した彼の死について

1月末に結婚を前提にお付き合いをしていた彼が亡くなりました。 心筋梗塞での突然死でした。 彼は数ヶ月前にも心筋梗塞をおこし、その時は私が一緒に居たので呼ばなくても良いと言われながらも救急車を呼び、即手術して一命を取り留めました。 心臓の3分の1が壊死してしまい機能不全になりましたが術後の経過もよく日常生活に戻りました。 私はシングルマザーで高校生の娘と暮らしており、病気した彼と生活を共にはなかなか出来ませんでした。 亡くなった日も2時間前まで会っており、何気ないふたりの時間を過ごし、娘の待つ家に帰りました。 その2時間後くらいに彼から電話が入り、なんかおかしい…と。 救急車呼ぼうか?との問に、まだ大丈夫やから○○すぐ来て!!と。 急いで用意して8分後に折り返し電話。 もう繋がらなかった。 かけながら彼の家に行き2階に上がると向こう向きに倒れてて血色も既に悪くて… 電話があって駆けつけたのが15分後くらいだと思います。 問いかけにも返事はなく119に電話。 動揺しており息をしてるのか心臓が動いて居るのかの質問もわからず言われるかまままに心臓マッサージを行いました。 すぐに救急車が来ましたが既に亡くなってた状態の様でした。 搬送先の病院で蘇生を続けてくれましたが心臓が戻ることはありませんでした。 亡くなって2ヶ月たちます。 だけど全く彼の居ない生活を受け入れられず、どんな気持ちで彼は亡くなったのだろう…と。一緒に暮らしていなかったことを後悔したり、子供と仕事と恋愛とで疲れ果てて喧嘩もしてたり…と彼の病気を悪化させてしまったのは私じゃないかと。 色々な気持ちがおこります。 助けられなかったこと悔やみます。 家族の同意もあり今でも家に行きたい時には行かせてもらい手を合わせています。 次は百ヶ日法要。 気持ちが落ち着いていくと思ってるましたが日に日に寂しさ悔しさ辛さ不安が大きくなってます。 彼は生前全力で私を愛してくれてました。 一緒に居る時は不満もあり喧嘩もしたりとこんなに四六時中彼の事を思うことは無かったのに… ひどいですよね〜 今になって彼からのたくさんの愛を改めて感じ守られてたなぁとつくづく感じる日々です。 なかなか死を受けいれられません。 私はこの先どの様に生きていけばよいでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

祖母が亡くなりました。

こんばんは。 実は先日、階を分けてですが、同じ家で暮らしていた大好きだった祖母が亡くなりました。 去年に入ってから体調不良が続いていた祖母が病院に行き検査を受けたところ、子宮癌だったそうで、9月に手術と入院をして癌を摘出する事はできました。けど11月に肺への転移が発覚し、抗がん剤治療の勧めを受けた祖母ですが、拒み私たちは祖母の意志を渋々でしたが受け入れました。 私の祖母の家系は癌家系で、祖母は祖母の姉弟や両親を癌で亡くしました。近くで看取ってきた分抗がん剤治療や病院に対する疑念などが拭いきれなかったようでした。 ここからが私の悩みです。 亡くなった祖母は肺への転移が見つかってからは呼吸が苦しそうだったり、最終的に骨に転移した時は痛がっていたりしました。 亡くなった今、祖母は痛みや苦しみから解放されたと思っています。 それを私は良かったね。もう苦しくないね。と思っているのですが、やはりこれは不謹慎なのでしょうか…? ここ2、3年前から私は気付かなかったけど祖母は認知症が始まっていたようで、癌が発覚した後には私も気付くほどでした。 きっと自分でも不安だったのではないかと、お医者様は抗がん剤治療をすれば余命は1年程延びると言っていて私も祖母と例え一年でも長くいれるのなら受けてほしいと最初は思っていました。 ただ日々過ごす中、苦しそうに呼吸したり痛いと蹲ったりする祖母を見ていたら、このまま認知症が進んで誰が誰かも忘れてしまうなら、いっそ楽になった方が誰も傷つかないのかな。と思いました。 祖母は生前自身の家族に早く迎えに来てくれと口癖のように言っていて、それは遺される側からしたらとても寂しい言葉でしたが、祖母は49日を過ぎたら会いたい人達に会えますか? 会えるなら、私が祖母に会えない寂しさなんてどうでもいいのです。もしかしたら、私が寿命を迎えた時にまた会えるかもしれないから。 祖母は検体登録をしていて、お葬式をあげることもできないし遺骨が納骨されるのは2、3年後になるらしいのですが、祖母はちゃんと家族の元へ帰れるのでしょうか… 天国へ行けるのでしょうか。 疑問ばかりで申し訳ありません…

有り難し有り難し 25
回答数回答 3

82歳の母の急逝を受け止められません

はじめまして。 先日、母が亡くなりました。 元気だったのに、誤嚥による肺炎で、入院からわずか5日目でした。 点滴を受けるため大事を取っての入院という心持ちでいたのに、具合が急に悪くなったと電話を受け今夜が山だと言われ、昨今のコロナ禍により病院にも入れないと言われました。 結局、母が暮らす街に入った途端、病院からかなり悪いので病院に来てくださいとの電話。駆けつけると、既に亡くなった後でした。 母一人子一人、あれだけ苦労して育ててくれた母なのに、最後に声を掛けることも手を握ることもできませんでした。 せめてもの救いは、とても安らかな眠ったような顔だったことだけです。 私は子もなせず、母に孫を抱かせることもできませんでした。 ありがとうを伝える時間も、ごめんねと言う時間もありませんでした。 私自身が病気の治療中で高リスク者ということもあり、また高齢の母に万一にもコロナをうつさないよう、正月すら帰省しませんでした。 そうまでして感染リスクを減らしたのに、コロナ禍の中で病院にも入れず、対面できたのは冷たくなり始めた母とでした。 何度も会いに行くべきだった。もっと電話をするべきだった。色々と話をするべきだった。 地元に帰って、母と一緒に暮らせば良かった。 母はきっと生を全うして楽になっているのだと思います。だから私がメソメソと引き留めてはいけないとわかっています。 でも、私を一番愛してくれて、唯一の絶対的な味方だった母がもういないことに耐えられません。 こんな悲しみや喪失感が無くなる日は来るのでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

落ち着く言葉を知りたい

妹を約5年前に亡くしました 交通事故でした それからと言うもの、メンタルがすごく弱くなりちょっとしたストレスで夜寝れなかったり寝れても夜中に目が覚めて、ソワソワして不安な気持ちになり寝れなくなります。 前はこんなことなかったのに、ほんとにビックリするほど弱くなって、ショックです...これくらいのことで弱くなってはこれから先、生きていけない!とほんとに思います。 もしまた身内がなくなったら...私は壊れてしまう気がして不安で仕方ありません 妹がなくなって1回心療内科に行きましたが「妹さんが亡くなって、そういう症状が出るのは自然なことです」と言われ、ほんとに辛いときはこの薬を飲んで、お守りかわりと思ってと言われ薬を貰いましたが何かあったら薬があると言う安心感からか薬は飲みませんでした。 あれから5年近くたち、子供や仕事のことなどいろいろあります。 その度に自分が壊れそうになる不安感が出るのはかなり心配で穏やかに暮らしたいと思いますがそうもいきません。 自分が壊れそうになる時に自分に言い聞かせるような言葉などあったら教えていただきたいです。 限界だと言う時が来たら精神科に行こうとは思ってます。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

父は私を忘れたいでしょうか?

失礼します。いつもハスノハを拝見させて頂き勉強させてもらっております。ありがとうございます。今回初めて質問させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。 最近父が癌で死にました。 家族に対し離婚・借金・浮気など全ての悪事を働いた父ですが死が迫り、また死んだ後は母・兄・私からたくさんの涙をさらい49日までの7日ごとの日には家族で集まり父の好物を一緒に食べ弔うなど結局は大切にされています。(最後父には彼女がいて、彼女からも大切にされています笑) そんな父ですが本当に子供の頃が幸せだったのでしょう、小さい頃読んでいたマンガ本やYouTubeの履歴ではゴジラなど最後の最後まで身近には子供の頃慣れ親しんだもので有りふれていました。 私は今、心を込めて後飾りの世話をし日々父に語りかけているのですがある日ふと思ったのです。「父は子供の頃が一番幸せだったから、死んだ今、天国では子供の頃に戻れているのかな?ならば父からすれば私のことは『誰?』みたいな存在になっていて私からや私たち家族からの供養はむず痒く感じているのかな?」と。 教えてください、父は今私を必要とはしていないのでしょうか?だから一向に、私の枕元に立ってくれないのでしょうか? また父は私たち家族をもう思ってはくれないのでしょうか? そんなことはありません!笑 と回答がきてしまいそうなバカな質問だということは承知の上ですが大まじめです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 2

亡き父への思い

昨年2月2日の深夜に父が亡くなりました。 自宅で息を引き取り、すぐに救急車呼んで病院に運ばれましたが死亡が確認されました。死因は、心臓突然死でした。亡くなる4時間前まで普段と変わらず話していました。 亡くなる当日の日、父が車を運転していて、朝から家族揃って出掛けていました。コロナの影響でマスクを買いにスーパーやお店などを探しに行っていました。その夜にスーパーに行って買い物を済まし、みんなでご飯を食べていました。 この時、お別れする時間が迫っているとは思っていませんでした。 深夜亡くなる直前に父は寝ていて、急に息が荒くなり、その直後動かなくなりました。この時、母は寝ており僕は起きていました。声を聞いて母がすぐに起きて異変に気付き、僕もいつもと違う事に気付いて父を揺さぶったり、呼びかけても全く反応がありませんでした。もしかしたら呼吸が止まっているかと思い、すぐに母が救急車呼んで指令官の指示により僕に携帯電話を渡されてマッサージを始めました。僕も指示で、状態を伝えてながら救急隊の人に必死で誘導してその後に病院に運ばれました。 搬送先の病院でしばらく心肺蘇生を続けていました。医者の先生が40分ぐらい時間が経過しておりこのまま蘇生を続けても難しいと伝えられて死亡を確認し亡くなりました。 その後、葬儀社と親戚、近所の人に連絡をして お通夜、告別式に集まり頂いて、急な出来事にびっくりしていました。 父は持病を持っており、60歳の生涯でした。 あまりにも突然で、しばらく涙が止まりませんでした。お別れするのは辛かったです。最初は夢を見ているかなと思い、信じられませんでした。もし、夢なら早く覚めてほしいと思いました。 父が生前に教えてくれた事、楽しい時間を過ごした事は、今でも忘れません。 長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る