hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

虐待された過去があり、父の葬式にも出たくありません。

回答数回答 3
有り難し有り難し 70

父が癌なのですが、小さい頃からAV が垂れ流しの環境で育ちました。
母は統合失調症で、私に死ねといってきます。
父とも母とも関係が悪いので、父の葬式に出たくありません。
代わりにお浄土にいけるように、父の為にノートに写経しています。

私は、親不孝だと思ってしまいます。
母から死ねと言われるので、自殺未遂まで追い込まれました。
つい最近のことなので、怒りを静めて明るい方へ歩くヒントが欲しいです。

お聞き苦しい話を失礼しました。

2017年7月15日 2:51

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間というものを理解する

自分の父親母親に対して「自分の父親母親だ」という思いを外してみましょう。
「この世に私のものはない」とわかるまで復唱してみてください。
本当だったら、できればお父さんお母さんはまともな人格であってほしいものですよね。
この世の8割以上の方が自分の父母には完全に満足していません。
そう感じる時期もあり、それも変わっていくものです。
まず、今まで人生お疲れ様でした。もう大丈夫ですよ。
母親に死ねとか言われるのはかなしかったですよね。
生きる気力を失いますよ。かわいそうです。なでなで。大丈夫です。生きてください。
それにしても、この世は不可思議ですね。なんで、こういう父母のもとで生まれてきたのでしょう。だれもそれは選べないのです。
どういうわけか自分で望んだわけでもないのに、自分の願う理想の父母ではない家庭に生まれてくるものです。(生苦)
この質問だってだれが回答するかもわからない。
すべてが自分ルール・おうちのルールが通用しない世界。
生まれてすぐに回転ずしのシャリの上に乗せられる魚卵や稚魚もいる。
長生きしても施設に閉じ込められて暗い思いをしながら死んでいく人もいる。
娘に嫌われながら存在している父親もいる。
そんな中であなたは人間として生まれて20年以上生きてこれた。
100万の引き出しがある中で父親のAV鑑賞と母親の死ね発言の引き出しばかり閉じたり開けている。そんな引き出しは今すぐぶっ壊して二度と開けるな!と言っておきましょう。
人間は百万面体。そこばっかり覗いていればあなたも視野が狭くなって、苦しくなるものです。あなたのお父さんに限らず世の男性の大半がAVやらポルノ雑誌を観ているものです。でなければコンビニにアダルトコーナーはありませんし作る人がいません。
世の女性の半数以上が自分自身の人間性、感情に苦しんでいます。本人が一番苦しんでいるのです。だから、人や自分の子供にさえも毒を吐く。でなければ実の娘に死ねとか、虐待めいたことをするわけがありません。自分自身が世に病んで自身に病んでいるからなのです。
かわいそうなのはあなた。そして、自分を制御できないあなたの母親です。
あなたを母親から独立自立させてあげてください。
出家精神とは家や自分のルールから抜け出して菩提心を起こすこと。
そしてより良い人間性を目指すこと。あなたの人生。あなたが仏菩薩の道を歩むのです。

2017年7月15日 15:24
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

嫌なことは思い出さないように

そういう事情なら、葬式に出なくても良いと思います。

嫌な父母のことなんか、日常生活では忘れておいてはどうでしょうか。
思い出すたびに嫌な気分になるようなことなら、思い出さないで、仮に頭に浮かんでもその思考をすぐに手放すようにしましょう。

あくまで比喩ですが、あなたの体にとって毒となるような思い出が、脳内に出てくるわけです。
自分で自分に毒を注入するのはおバカな行為でしょう。
頭に嫌な思い出が浮かんだら、
「いかんいかん、これは体に毒だから考えないようにしよう」と、
気持ちを切り替えで、速やかに別のことを考えるようにしましょう。
脳に毒を流している時間をなるべく少なくするような感じで。

2017年7月15日 9:22
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

ご供養なさって

拝読させて頂きました。私も浄史師がおっしゃるとおりお葬式は出なくても良いと思います。
あなたはお父様の極楽往生の為に写経なさりご供養なさっておられます。
ですから私はあなたがしっかりとお勤めなさっておられると思います。
お葬儀のときは場所は違えども手を合わせてお念仏おとなえなさってくださいね。
仏様は必ずあなたのお気持ちを御受け取りなさってくださいます。大丈夫です。どうか仏様をお信じなさってくださいね。

今迄あなたは大変つらい思いをなさり生きていらっしゃったことでしょう、どうかこれからのあなたの人生が明るく心穏やかに安らかに正しい信仰を持たれてお健やかに成長なさって頂きますように心よりお祈り申し上げます。
あなたを心より応援させて頂きます。

2017年7月15日 13:02
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

願誉浄史様

ありがとうございました。
頭を切り替えるのをやってみようと思いました。
「体に毒だから考えない」という比喩のお陰で大変分かりやすくなりました。
今までの私は、自分に毒を入れてしまっていたような気がします。
これからは気持ちのよい清々しいものを入れていきます。

kousyo Kuuyo Azuma  一向寺様

優しいお言葉ありがとうございます。
場所は違えど近所にあるお寺で、お念仏を唱えようと思いました。
仏様の教えは少しずつ、般若心経から学んでいるところです。
いつもなんとなく見守ってくださっている気がしてなりません。
これからも手を合わせて生きていこうと思います。

丹下覚元

「この世に私のものはない」
暗いものが入っている引き出しをあけだしたとき、苦しいとき唱えようと思います。
実際口に出してみると、落ち着きます。
私は、良くない引き出しをあけてばかりいたのだと気づきました。
100万の引き出しの中には、綺麗なもの優しいものも、たくさん入っているに違いないのに、あほな事をしておりました。
人として20年間生きてきて、なにがあっても側にいてくれる友人も弟もいます。
そんな大切なことも忘れておりました。

またあほな事をしそうなときは、覚元の回答をノートに写します。

ありがとうございました😊🍀

「葬儀」問答一覧

菩提寺の住職に葬式を頼まない人

住職の予定を無視して、通夜葬儀の日程、場所を決めてきました。 このままだと、離檀になってしまいます。どう対処した方が良いかご相談です。 最初に決めて来た日程が住職の予定と合わずに出来ないので、その旨を伝えると、葬儀会社の紹介する5万円のお坊さんにやってもらうからいいとのこと。 だって、そちらは出来ないんでしょ?という感じでした。 葬儀会社さんは寺の檀家制度ご存知無いのでしょうか? 住職が戒名も付けず、通夜葬儀を他のお坊さんがなさる場合、離檀となる檀家規約が存在します。もちろん、葬儀の日程を調整する際に直にお渡ししていますし、説明しています。 お父様はずっと前に亡くなっています。今回お母様が亡くなられた方で、御歳90歳でした。 喪主の長男さんは入院中で、何番目かの弟さんが葬儀のために動いています。 その家は、代々地域の組、昔でいう講中、分かりやすい言い方だと、檀家さんで作る自治会みたいなところに所属している家です。 お寺には管理費や積立金などは存在せず、お檀家さんの付届け、お気持を年に5回、盆、暮正月、彼岸2回、お十夜、頂いてます。その任意の付届けも欠かさずいらっしゃっていて、施餓鬼などの塔婆もあげてらっしゃいました。 喪主の弟さんが言うには、「〇〇葬儀会社でやって、会場は〇〇斎場でやってほしい」と亡くなられたお母様がおっしゃっていた。遺言だからその通りにしたいと。 だったら、最初に提示して来た日ならば、〇〇時通夜、〇〇時から予定があるので、〇〇時の火葬だったら間に合います。葬儀屋さんと逆算して、相談して開式の時間決めてください。と伝えたのですが、葬儀会場が空いて無いようで、その日は「火葬場が空いていない」と言われました。火葬場には電話して、空きを確認済だったので、おどろきましたが、まあ、葬儀会社が押さえているところが空いてないのかな、と思いました。 ではその日がダメなら、〇〇日や〇〇日はどうですか?お金の面も心配されていたので、町内会館を使うと使用料が安くて、尚且つ、日にち空いているので、使えるという旨までお話ししました。 火葬場、会館の管理をしている方などにも電話をしたりして手を尽くしたのですが、聞き入れてもらえませんでした。 このままだと、離檀になってしまう危機感もお骨を持って次を探さなくてはいけない大変さも感じられません。

有り難し有り難し 43
回答数回答 3

心が狭いのでしょうか

義理の姉が仕事が休まず祖父の一周忌に行けないと連絡がありました。 わたしは普段のことにはお互い様だと許せることなのですが、こういった冠婚葬祭等についてはきっちりしたい人間です。 諸事情により急な日程となった為難しいことは十分承知しておりますが、出席するのは当たり前のことであり、こちらも仕事の都合をつけていきます。 大好きだった祖父を軽んじてみられている、とまで思ってしまいます。 夫の親戚付き合い等はなかなか荷が重いのもわかります。 わたし自身も逃げ癖があり、何でもこいというような人間ではありません。ただ、嫌でも不安でも向き合わなければならないと、空回りしたり後悔したり自己嫌悪をすることもありますが、事を過ごしてきました。 もしかすると姉にとっても荷が重いことなのかもしれませんし、そういったことではなく、ただただ仕事なのだから仕方ないと思っているのかもしれませんが、前者にしろ後者にしろ納得できません。 このような自分の思考をおしつけるのも間違っているとは思うのですが、世間一般ではこのような場合には姉の立場としてはどうあるのが普通なのでしょうか? わたしの考えはやはり間違っているのでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る