hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

真言の効果って時間と共に薄れていくのですか?

回答数回答 3
有り難し有り難し 41

私はいつも光明真言や、不動明王などの真言を学校に行く前に大体15分くらい唱えているのですが、真言の効果って、時間と共に薄れていくのですか?
また、よく真言を唱えるときに噛んだりしてしまうことがあるのですが、それによって祟りなど、不幸なことが起こるのですか?

2017年10月9日 21:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

真言は不思議なり、観誦すれば無明を除く。

「真言は不思議なり、観誦(かんじゅ)すれば無明(むみょう)を除く。
一字に千理を含み、即身に法如と証す。」

お大師様(弘法大師空海)の著作、「般若心経秘鍵」の一説です。

簡潔に現代語訳しますと
真言(仏の言葉)とは不思議なものである。
心に仏様や仏様の世界を思い浮かべ唱えれば、暗闇を照らすが如く、迷いを払ってくれる。
たった一つの文字にいくつもの真理を包含し、生けとし生けるこの身体のままで、仏様の境地に達することができる。

時間とともに真言の効果が薄れることはありませんが、時間とともに真言を唱えた時の貴方の気持ちが薄れたり、変化したりすることはままあるかと思います。

ですので、折に触れてお唱えください。

噛んだり、言い間違えたからといって不幸が起きるわけではありません。

ですが、よく噛まれるようでしたら、慌てずゆっくり丁寧に唱えてください。
そして、真言を通じて仏様の世界を感じ、迷いを取り除き、感謝の念とともに心穏やかに日々をよりよくお過ごしください。

参考になれば幸いです。

合掌(^人^)

2017年10月10日 19:20
{{count}}
有り難し
おきもち

未だ愚迷凡夫の身ではありますが、皆様の一助になるようなお答えができれば幸い...

おはようございます。
お経やご真言に「効果」があるのかどうかはわかりませんが、お経の功徳は、お経を唱えただけ積み重なるものと思います。間違えた場合はそのお唱えを始めから唱え直しましょう。間違えた事でたたりなどはありません。

2017年10月10日 8:40
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

大金剛輪陀羅尼

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

もし、どうしてもお勤めの際における過失が気になるようでしたら、お勤めの最後に、「大金剛輪陀羅尼」を唱えられますことをお勧め申し上げます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/大金剛輪陀羅尼

ただ、慣れない中では、このご真言自体も噛んでしまうことも。。

とにかく、何よりも、有り難く尊い法を実践するという心構え、真摯な姿勢、継続したお勤めが大切であり、少々の過失があっても問題はないかと存じます。

ちなみに、拙生の場合においては、チベット密教のお勤めを毎日修させて頂いておりまして、その際のお勤めの際の過失を補うためとして、最後の方にて「金剛薩埵百字真言」をお唱え致しております。

金剛薩埵念誦法
https://www.mmba.jp/archives/17325

川口英俊 合掌

2017年10月12日 9:29
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。間違えたらやり直したら良いのですね・・・

「真言」問答一覧

独学で行う“印”と“真言”について

初めまして、私は仏様を側に感じたい時やお寺で参拝する時に印を結び、真言を唱えている破戒するヒトと申します。 私の結ぶ印や唱える真言は師に習ったものではありません、ネットや書籍で調べたものです。 本当は出家をして師に習うのが一番だと言うのは分かりますが、どうしても人が苦手で集団に溶け込んで修行する自分が想像出来なくて、独学でまったりと学ぼうとしています。 このように独学で印や真言を調べるなかで「印は行者しか結んではならない」「印や真言は誰が行おうと構わない」「師に習わない印や真言に効力は無い」「軽い気持ちで印を結べば仏罰がくだる」…など様々な情報が入り乱れて混乱します。 ただそれでも私自身に「印を結び、真言を唱えたい」という欲求が合ったので都合の悪い情報は気にしないようにして印と真言をしてきました。 ちなみに理由は魔法使いみたいで格好が良いから、または自分はいま仏様に近付く修行している…といった心地のよい感覚があり、このまま根気よく続けていれば仏様との間に、より濃密なご縁を頂けるかも…なんて期待をしつつやっていました。 しかし時に後ろめたさの様な物を感じる事があります。この行為はもしかしたら仏様に対し失礼に当たるのではないかと。 とある質問サイトでこのような事を質問してみても意見はバラバラでどうすれば良いか分かりません。 このような混乱と欲求と後ろめたさが入り乱れ撹拌されてか、今朝の夢のなかでお坊さんに「真言や印は欲望で行うものではない、貴方が好意でそのように行動しても仏様は迷惑だと感じるだろう」と言われました。 すみません、あくまで夢の中のお話です でもとても鮮明な夢で「仏様は迷惑だと感じるだろう」という言葉が突き刺さり、堪らずこちらのサイトに登録を行い質問をさせてもらいました。 もしも夢など紛い物で無いお坊さんにそのように言われれば、私はキッパリと印と真言の欲求は断ち切るつもりです。 しかし私の欲求として仏様の迷惑にならないなら印を結び真言を唱えたいです。 どうしたら良いでしょうか。 分かりにくい所があったらすみません。 混乱と欲求が激しく渦巻いてそれ以外の事が考えられません。 どうか回答お願いします。

有り難し有り難し 44
回答数回答 2

ご真言と涜神恐怖

密教に詳しいお坊様にご質問・ご相談です。 護摩に何度か参加させていただいているのですが、一字金輪仏頂のご真言を最後によく唱えます。 興味を惹かれて、文献で調べましたところ、大変な効力のあるご真言で、他の真言や修法の効果をかき消してしまう。しかし修法の時に唱えれば、「あらゆる障碍(しょうげ)を払い修法を成功させる」とありました。 ここまでは良かったのですが、普段の家のお勤めの時、このご真言が頭に浮かんでしまいます。 これではお勤行の功徳がかき消されるのでは?  と心配にかられます。 また私は、子供の頃から、軽い涜神恐怖(とくしん恐怖)があります。 強迫性障害のひとつで、無意識のうちに、思ってもいないはずの神仏への冒涜的な雑念が、勝手に頭に浮かんで、その不安と恐怖に駆られる非常に厄介なものです。 こちらはお勤行の時に懺悔文を唱えることで、数年以上前に克服できたのですが、この「一字金輪仏頂」のことを知ってしまったために、ぶり返してしまいました。 つまり、冒涜的な雑念と一字金輪仏頂のご真言が、一緒に頭に浮かんで、せっかくのお勤行が台無しになるのでは? と言う脅迫観念と言いますか、不安です。 これは気にし過ぎでしょうか? やはりご真言は、口で唱えるか、意図して観想したものでなければ問題ないと考えてよろしいのでしょうか。 我ながら、バカな質問では? と思うのですが、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る