お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

座禅はどんなポーズでもできますか?

座禅はどんなポーズでもできますか?

行事・座禅・お経
有り難し 22
回答 2

質問投稿日: 2015年11月7日 0:08

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたの言う坐禅とは何か?

まずあなたの言う所の❝坐禅❞が、どういうものであるかを観る必要があります。
世間やそこらで言われる坐禅というものは「座禅」といいわれるものなのです。
字からして間違っているのです。
ホントの坐禅はオスワリする「座」ではないのです。(^<^)
座って黙りこくるような事、精神統一、集中、カラッポの無心になる、精神鍛錬…、
こういったことは、本当は「坐」禅ではありません。
日本人の9割以上が間違っています。
❝禅定❞のことを坐禅というのです。オスワリすることではありません。
悟りの中身が坐禅なのです。
よって、ポーズは関係ありません。
「外一切の善悪の境界において心念起こらざるを名づけて坐と為す。
内、自性を観て動ぜざるを名づけて禅と為す。」(六祖檀経)
よって、ポーズ云々ではありません。
仮に坊主が屏風に上手に坐禅でないポーズで坐禅のポーズの坊主とJAWSの絵を描いたとしても、描いている時の心のありようが❝坐❞であり❝禅❞であれば、それは❝禅定なる筆の運び❞でしょう。
心乱れた筆の走らせは、絵、描きが乱れます。
「そういう絵は、いい絵と言えますか?イイエ、いい絵ではありません。」ってどっちやねん。

パタンジャリのヨーガ・スートラでも、心が死滅(静止 寂静)していれば、何をしていてもヨーガをしていることに他ならないと解いています。

マインドフルネス、ヴィパサナ瞑想でも、歩く瞑想、坐る瞑想、食べる瞑想、行う瞑想、とあります。
座ることばかりが瞑想ではありません。

では、大切なことは何か。
禅ということを本当にする必要があります。
ヨーガという状態がどういうことかを知る必要があります。
マインドフルネス、ヴィパサナ、瞑想という事が❝いかなる心のありようであるか❞を先に知る必要があると思いませんか?(´◉◞౪◟◉)
それを知れば、ポーズが何だとか、生活の全てが坐禅とか言う言葉は絶対に言わなくなるのですよ。

2年9ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

できると思います。

坐禅は、座ることだけではない、普段の生活も坐禅だと言われています。食事、風呂、トイレ、運動、読書、音楽鑑賞・・・すべて、そのときそこに向かい、その状況を受け入れているかどうかが大切です。坐禅とはそうした今に生きること、そこに徹すること、自分の考えを加えないことです。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

わかりました。ポーズは関係無いんですね。
トイレで頑張ってても、ベッドでゴロゴロしながらでも坐禅ははできるのですね。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ