hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

過去に依存しては現実逃避を繰り返してしまうのが辛い

回答数回答 2
有り難し有り難し 29

私は、毎日のように学生時代の卒業アルバムを開いたり、自分で書いた過去の日記を振り返ってみては涙してしまっています。なぜかと言うと、今の時代と自分が学生時代の頃の世の中が変わりすぎているからです。

私が一番戻りたいのは大学時代です。大学時代は、同じ学科の仲間や、先生達など素晴らしい人達に恵まれ、充実の大学生活を送ることができました。あの頃は、今の時代みたいに放射能を気にしたり、安保法案で戦争の心配だとかがなかったことが、私の中で凄く大きいです。そんな心配がなかったおかげで、特に大きな悩みもなく、日々を過ごすことが出来ました。

ところが、今の時代は違います。毎日不安ばかりです。

私にはまだ小学生やそれ以下の親戚が何人かいます。こないだ、小学生の親戚と話していた時、こんな小さい子供をこんな世の中に放り投げているような状態に罪悪感を感じ、涙が止まりませんでした。

日本より恵まれない国が沢山あることは知っています。私は、せめて日本の子供達には自分が子供の頃のような今より平和な時代を生きて欲しいです。

私はもう過去の楽しかった記憶も全部忘れて、大人もそうですが特に子供達が生き辛い世の中も認め、現実を受け入れた方がいいのでしょうか。 是非、お坊さんの意見をお聞きしたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そばに置いておかない

誰かの部屋なりに置かせてもらうことです。
リアルタイムの現実に目を向けさせないものは、依存的なものほどそばに置いておくべきではありません。
あなたがあなた自身を穏当に幸せにしたいのならば、変化していっているこの今にこそ目をどんどん向けて、写真というある時のほんの一瞬しか映していないものにはあまり時間を注がないことです。
椎名林檎さんの「ギブス」という歌にも❝写真になればアタシが古くなるじゃない❞という歌詞があります。
現実という愛すべき人がそこに居ながら「切り取ったもの」「トリミングしたもの」を相手にするというのはちょっと、不健全ですね。
今日限りでやめましょう。
あなたも気づいているはずです。
あなたを振りかえらせるものは、そばに置いておかない。
封印して、瞬きを数回してみてください。
それがあなたのカメラです。最高のカメラ。とった瞬間から、消えていく。
残り物が無い。リアルタイムっぱなし。絶対に巻き戻しも早送りもできない高性能ムービーです。そのあなたという「わたし」に映し出されている世界こそが本当に素晴らしい、開くべきアルバムです。だって、そこにはまだ、良いも悪いもついていないのですから。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

まさしく現実逃避ですね。

こんばんは。最近自分が辛口になっているようで、何だかなぁと思います。
 僕にとって一番よい時代は、赤ちゃんの頃です。何があっても泣けばすぐに親が飛んできてくれて、おしめでもおっぱいでも暇でも詰まらなくても、なんとかしてくれました。寝たいときに寝て、起きたいときに起きる。ちょっと笑顔を見せれば周りは大喜び。もちろん放射能も心配ありませんでした(知らなかったので)。
 いまやベビーベッドは、我が子が使い、はみ出してしまったので、解体して捨ててしまいました。もしも残っていたら、入りたくなった…訳ありませんね。
 お気づきのように、アルバムやら何やらは、「あなたが現実に見るべき場所・使うべき時間」からアナタを逸らすために使われているようです。あたかも試験前に読んでしまうマンガのような役割に、大事なアルバムを貶めているのではありませんか?「それらをしまう」。私もベストだと思います。あるいは、連絡を取って「今の友達・現在の先生の姿」を待ち受け画面にする。
 以前にはなかった問題が、たくさん噴出しています。私もちょっと身体が痛くなったりして、「もしや…」とか思っていますが、「もう赤ちゃんではないから」自分で何とか判断して行動しなきゃと思っています。大学はそもそも、「社会で生き延びるための”何か”を得るために行く」場所ではないのですか?勉強にしても人間関係にしても。
 いまの自分の身体を感じ、学び、意見を表明する。民主社会の主役の1人として、あなたは自分ですべき事を決めなければならないと思います。「現実を受け入れる」は「唯々諾々」とは違いますよ。「向き合う」ということです。
 「思い出」は、それを手助けしてくれるかも知れませんが、いまアナタがいるのは、平成27年。もう戻れないのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...
このお坊さんを応援する

「過去にとらわれる」問答一覧

もしもの話ばかり考えてしまって絶望する

はじめまして。タイトル通りです。 私はこれまでいろんな失敗をしてきました。さらに最悪なことに、失敗すればミスを誤魔化そうとしたり、言い訳をしてしまったり。 それでもなんとかここまで人の道から外れるような大きな過ちはしないで生きてきました。 しかし過去を振り返ってみると、いつも道を踏み外さない『ギリギリ』を歩んできたなあと思います。本当に今の自分があるのは、運と環境のお陰です。 たまたま周りに相談できる人がいたから、たまたま予備や保険があったから、たまたま大事にならなかったから。 これから先、未来のことは、「常に誠実でいよう」「失敗をしても正直に告白しよう」と、前向きに考えられます。 けれども、「もしもあのとき相談できる人がいなかったら?」「もしもあのとき代わりが見つからなかったら?」「もしもあのとき大事になっていたら?」と、ふと『もしも』の話が頭によぎってしまうのです。 「もしも明日地球が爆発したら?」という馬鹿げた話ならば一蹴できるのですが… これから起こるかもしれないことではなく、既に終わってしまったことの「もしも」を考えたところで、現実は変わらないことはわかっています。 「危ない橋を渡ったけど結果オーライ!次から気を付けよ!」くらいに現実を受け止めるにはどうしたらいいでしょうか。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

過去の後悔から抜け出せません

オンライン、オフライン問わず初めて悩みを打ち明けます。よろしくお願いします。 大学進学にまつわる過去の決断について吹っ切れずに悩んでいます。 私は日本の高校を卒業後、海外の大学に進学し帰国後日本の会社に入社した新卒社員です。しかし、高校時代の進路決定で医学部に内部進学しとけば良かったと毎日後悔しています。現在、再受験に向けて勉強し始めました。 ですが、どうしても医学部に内部進学した人たちの事がずるく感じてしまい、同時に、なぜ私はその道を選ばなかったのか後悔の念が募り、勉強に集中できません。 私が海外の大学に進路を決めたのは、その当時やりたい事がなく、学部問わずジェネラルに学べる米国のカレッジで広く学びたかったからです。ただこれは言い換えれば、専門性を決めることを後回しにしていただけだったと後悔しています。 実際高校時代は成績も良かったので、簡単に行けるなら医学部志望にしとけば、とおっしゃる先生方もいたものの、なにか本当にやりたい事が先に見つかるのではないかと思い海外進学に逃げてしまいました。 海外に行っても特に好きなことも嫌いなことも見つからなかったので、先生方の言う通り、夢なんてはなから見ずに医師になったけば良かったと猛烈に後悔しています。 ただ勉強に集中し(仕事も激務ですが、、)受験に勝つのみなのですが、それをせずにかなり簡単に内部進学する道があったのに、余分な努力をしているようで涙が止まりません。 前向きに受験にチャレンジできるマインドセット作りをご教授頂きたいです。。。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

メンタルの病気だった過去を消したい

昔、メンタルの病気にかかりました。 現在は通院も完全に終わり、毎日を元気に過ごしています。 しかし、頻繁に当時を思い出して、恥ずかしくて情けなくてたまらなくなります。 両親は優しく見守ってくれました。そのおかげで立ち直れたのだと思います。 しかし反面、私の兄弟は、私を大変迷惑がっていた事は強く感じていました。 先日、兄弟のSNSを偶然見つけてしまいました。 そこには当時の私に対して、怒りの気持ちで沢山だったと書かれていました。 私は家族を振り回して疲弊させました。 だから嫌われても当然で、仕方ない事だと思っています。 しかし今回、兄弟の気持ちを実際に目の当たりにして、心が折れそうです。 今は実家を出ていて時々帰るのですが、引きこもっていた当時の私を近所のおばさま方は、私の状態を知っていた地元の友人達は、どう思っているのだろう? そんな事を考えて眠れなくなります。 誰も私を知らない場所へ逃げてしまいたい。 一から全てやり直したい。 しかし今は家庭があるので、逃げる事は出来ません。 ネットを見ると病気は恥ずかしいものではないとよく書かれていますが、私にとっては到底そう思えるものではありません。 恥ずかしい過去です。 過去は気にしないと言ってくれる伴侶と出会えて幸せなのに、過去の事を思い出しては自ら幸せな気持ちをぶち壊して、次の日もまた思い出してぶち壊して、の繰り返しです。 義母も、夫がうっかり喋ってしまい事情を察しているようです。 だから会いたくありません。 とても優しい人なのに、本当に私の勝手です。 現在交流のある新しい友人達にも、何かのきっかけで病気だった事がばれてしまったらどうしよう。 あの頃から今に至るまで過去に囚われ続けています。 どうすれば解放されるのか、 どうか知恵を貸して頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 30
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺