hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

老猫の最後について

回答数回答 3
有り難し有り難し 107

はじめまして。
私の家の20歳になる老猫が最後の時を迎えようとしています。
年齢的なもので腎臓が弱っていましたが、4日程前からご飯も食べず、水はかろうじて飲んでいますが半目を開けて横たわっております。
一時的な措置として皮下点滴をしていましたが、あくまで延命処置でしかなく回復する事はもうありません。嫌いな病院に連れて来て無理矢理生かすよりは自宅でゆっくりさせよう。そう思い昨日で点滴をやめました。

覚悟を決めたはずが、1秒ごとに弱っていく子を見たり、ネットで点滴をやめると苦しむ、餓死は辛いなどの記事を見ると本当に自分の選択は正しかったのか?この子を苦しめるだけでは無いのか?と葛藤しています。

私が1番嫌なのは、それらの葛藤が全部自分の為なのでは無いかと思う事です。

私が選択した事でこの子が苦しむのは嫌だと
仕事中に死んだら嫌だと
悲しんでいる自分を哀れんでいるだけでこの子の事を一つも考えやれて無いのではないかと
私が休みの間に逝ってくれないか?とさえ考えているようでひたすら自己嫌悪におちいっております。

犬や猫には人間で言う所の極楽はあるのでしょうか?
苦しいままに命が終わり終わってからも苦しむのでしょうか?

一生懸命生きてきたこの子に私が最後に何がしてやれるのでしょうか?

アドバイスを頂けましたら幸いです。

2018年1月31日 11:17

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

その時まで、、

私も20年間、我が分身ともいうべき黒猫のマニスと暮らして来て見送りました。
20年も一緒にいると以心伝心する存在感があって互いに何が必要か分かり合えるように思います。
マニスは死の数日前まで、私の数日間の出張を老衰の衰えのなかで我慢してひとりで寺の留守を守って待ってくれていました。私が帰ると、座布団の上に座ったまま顔を持ち上げて、猫とも思えない大きな吠えるような声を上げて待ちかねていたといいました。
初めて聴く声でした。寂しかったろうと思い、抱き上げて摩ってあげました。
マニスは毎夜私の寝床に潜り込んで十分ほどいて、納得するとスルッと抜け出して定位置の座布団に戻って睡るのが常でしたが、死の前夜は私の横に潜り込んで朝まで眠っていました。
初めて一晩ソの字になって眠っていたのです。
老衰は目に見えて痩せてくるのですが、自然の推移ですから獣医に連れて行ったりはしないで、見守っていました。
来客があって、私が見送りに廊下へ出て挨拶して部屋に戻ったその1分ほど離れた間に、マニスは息を引き取っていました。
抱き上げると干物かと思うような軽さでした。

どうか自然の成り行きのまま見守ってあげてください。死に向かって苦しんでるのではありません。
死は最後の快楽 喜びでもあるのです。
楽しんだ一緒だった日々の思いが救ってもくれます。

2018年2月1日 10:15
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


山内 宥厳
楽健法と楽健寺の天然酵母パンを普及しはじめてかれこれ半世紀になります。楽健...

最期を感謝をして送ってあげてください。

黒猫太郎さん、こんにちは。

 20歳の猫ちゃんが、いよいよ老衰の最期を迎えるのですね。
家族の猫ちゃんが、亡くなることは大変寂しいことです。猫の20歳というと人間では100歳を越える長寿です。亡くなることは当然です。仏教では諸行無常、愛別離苦の通り、死と別れを受け入れなければなりません。辛いことですが。でも、その人間よりも短い人生を猫ちゃんはあなたに捧げられたのですから、感謝してあげてください。そして最期を見守ってあげてください。
 
 もし辛ければ、ペット供養をしてくれるお寺さんでペット供養をしてもらい、お説法をもらえば良いでしょう。近くのお寺にご縁がなければうちに依頼してもらってもかまいません。

 20歳も生きられたなんて、あなたの愛と育て方が良かったのですね。最期の時間を悲しみではなく、猫ちゃんとの楽しい思い出を思い出して、見守って送ってあげてください。

合掌

2018年1月31日 12:10
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

「南無阿弥陀仏」と念仏を聞かせる

「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と念仏をとなえて、猫に聞かせてあげましょう。
阿弥陀仏の力で猫を極楽浄土に往生させていただくよう、願いをこめて。
なむあみだぶなむあみだぶ
なむあみだぶなむあみだぶ
なむあみだぶなむあみだぶ
なむあみだぶなむあみだぶ
なむあみだぶつ なむあみだぶ。
と、4回4回2回の十回となえます。
あるいは、「なむあみだぶなむあみだぶなむあみだぶなむあみだぶ…」と一定リズムでひたすらとなえ続けます。
極楽浄土には、畜生(動物)はいません。
猫が亡くなって極楽浄土に生まれかわったときは、光り輝く菩薩様になります。
あなたも、いつか極楽浄土に往生すれば、やはり菩薩様になります。
そのときは、あなたも猫ちゃんも、阿弥陀仏のもとで仏教を学ぶ同士になります。
生きとし生けるものが、もれなく救われ極楽浄土に往生できますように。
合掌「南無阿弥陀仏」

2018年2月1日 4:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

ありがとうございます。

こんなダメな私に20年も頑張ってついて来てくれた子です。
私の育て方よりも何よりも、この子が一生懸命頑張ってくれたのでこんに長く生きてこられたのだと思います。

ダメ過ぎる私を残していけなかったのかな?

今も涙はとまりませんが、えらかった、頑張った、一緒にいれて幸せだったと声をかけております。

お優しい御言葉本当にありがとうございました。

ありがとうございます。

今だにか細い呼吸を続け頑張ってくれております。
もう食べ無くなって4日、昨日からは水もろくに口にしていないのに。

精一杯お祈りします。

本日午前7時10分私と主人とで見送りました。
ほとんど苦しむ事も無く、最後は主人の腕の中で旅立ちました。
ありがとうございました。

染川様、願誉様、山内様へ

「ペット・大切なものの死」問答一覧

愛犬の死について

愛犬の死の受け止め方を教えてください。 昨日10年7ヶ月一緒に暮らしていた愛犬のポメラニアンが旅立ちました。 数日前から元気が無く、食欲もない状態で心配になり動物病院へ行ったところ、血液検査はできず皮下点滴のみで帰りました。 帰ってからも脱力で横になっており、日付が変わる4日の2時頃腕の中で息を引き取りました。 1年前に血液検査で腎臓の数値が少し高いと言われ、その後経過観察でしたが、体重減少に気づかず、おそらく進行していたのだと思います。 どうして頻繁に病院へ連れて行かなかったのかと、自分を責めております。 それ以上に、愛犬との生活では私の出産、育児に追われている中で少なからずスキンシップが減ってしまい、寂しさからのストレスもあって、弱ってしまったのかなとも思います。 出産前は、国内旅行に連れて色んな景色を見せてあげたり、家で過ごす時には膝の上に置いてあげてました。環境の変化に戸惑いがあったと思います。 亡くなる少し前から、寂しそうにクッションに寝ていた姿が忘れられません。 闘病することもなく本当に飼い主孝行の愛犬で、最後看取ることができましたが、気遣いすぎる愛犬は本当に幸せだったのでしょうか。 教えてください。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

飼っていた猫への後悔の気持ち

はじめまして。 今、後悔してもしきれない、飼い猫に対して、本当に申し訳ないと思う、絶望的な気持ちの中にいます。 昨日飼い猫が亡くなりました。 夫と知り合った時から夫が飼っていた、元野良猫でした。 今まで猫は飼ったことがなかったのですが元々猫が好きで、夫と結婚してからも、主に私がお世話をし、とても可愛がっていました。 猫と出会って3年程経ち、子どもが産まれました。 産まれてから半年は猫と子どもを離した方がいい、と知って、衛生面や抜け毛など細かいことが気になり、強迫性障害を発症し、その当時は猫に対する罪悪感と産後の精神不安で随分悩みました。 とりあえず、赤ちゃんの部屋を作り、そこに入れないということで落ち着いたのですが、その後も衛生面の不安をどうしても打破することが出来ず、それから死んでしまうまで、子どもが産まれる以前のような、どのお部屋も自由に歩き回れたり、一緒に寝たりということが出来ませんでした。 死んでしまった恐らくの原因も、私がもっと猫のことをよく見て病院に連れていっていれば、その病気で死ぬことはなかったのではないか、と思えてなりません。 昨日の朝も、体調が急変してもう長くはないことが分かりながらも、夫に託して仕事にいきました。 今までの猫への仕打ちは勿論のこと、長くないことが分かっていながら、その最期の時でさえ、どうして抱っこしていてあげなかったのか。 到底許してもらえないことをして、今までごめんねと。せめて最期だけは、何も気にせず昔のように抱っこして、看取ってあげればよかった。 今までのことも、死ぬ瞬間の時のことも、死んでしまった後からでは何もかも遅すぎるし自業自得なのですが、死んでしまってから、昔の思い出や死の瞬間の対応の後悔で涙が止まりません。 いつもぴったりくっついて、後を付いてきて、自ら抱っこをせがむような、とてもいい子だったのに…本当にごめんなさい。 明後日火葬をします。それまで猫に出来ることはありますか?また見送った後も、この子がお空で幸せになれるために私に出来ることはありますか? 厳しいご意見でもお叱りでも頂ければ有難いです。どうぞ宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

猫の死

2ヶ月前にボロボロの猫を保護しました。毎朝同じ場所に現れこちらを見ていました。長くないかもしれないと思い、最後を看取るつもりで保護しました。 病院につれていったところ、かなり年寄りで栄養失調ではあるが特に重篤な病気はみつからなかったので、しばらく一緒に生きていけると嬉しくなり、病院に入院させ、退院後も検査と経過観察の為に通っていました。去勢済みだったので捨てられたんじゃないかと言われました。それなら余生はこれから私とゆっくり過ごしていけばいいと思っていました。しかし、つい昨日までは元気だったのに次の日亡くなってしまったんです。2ヶ月しか一緒にいられませんでした。体重も増えてこのままゆっくり良くなっていくと思っていたので言葉では表せない程のショックです。私が病院に通ってストレスを与えてしまったからなのか?あのまま外で過ごしていた方が幸せだったのか? 保護したのは私のエゴだったのか? 正解は無いと思いますが、あの子に申し訳ないのです。捨てられたのかもしれないのに人が好きな様でゴロゴロ懐いてくるかわいい子でした。 私が余計なことをしなければあの子はもっと生きていられたのかもしれないと罪悪感があります。自分のエゴであの子の命の期間を縮めてしまった気がして心の整理がつきません。何かお言葉を頂きたく相談しました。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

ペットロスから抜け出せません。

14年を共に過ごした愛犬が1ヶ月半の闘病ののち天国へ渡りました。 あれから4ヶ月になろうとしていますが、未だ、悲しみと寂しさが消えません。 毎日泣いています。号泣してしまいます。 愛犬がいないことに絶望しています。 必要な外出以外は自宅に引きこもっています。外出しても泣いてしまう恐れから公共の場に出るのが怖いです。 自宅を出てからの景色に触れるのも、愛犬と過ごした日々が蘇り辛いです。 亡くなった当時より更に寂しさが増しています。 愛犬を看取れたことは良かった、今はもう苦しくない天国に居ること、大往生出来たこと、頭の中では理解しても感情が全く追いついて行きません。 うつ病になっていると思います。今日も体がだるく寝てばかりいました。 朝起きた時の絶望感、夜眠る時も隣に居ないことの絶望感、もう使ってもらえることのないあの子のあらゆる物や場所、人生で最大級の寂しさ、絶望感と共にかろうじて生きています。 私が引きこもりとうつ病から抜け出せる日は一体来るのでしょうか。 心療内科にも行きましたが薬が合わず、かえって症状が悪化したのでやめました。 この悲しみと寂しさを感じなくなる日は来るのでしょうか。 どうぞ、宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

猫につらい思いをさせ後悔が尽きません

猫につらい思いをさせたまま旅立たせてしまいました。 私が早く死なせてしまったと思っています。 子どもが生まれるまで大好きだった猫を、子どもが生まれてからは衛生面と子どものけがを心配し、邪魔者扱いしました。 子どもの世話で忙しいのを理由に、遊んでほしそうでも猫を無視しました。 あるとき、私が猫に噛まれ、病院へ通うことになりました。 それ以降、元々の猫の飼い主である夫にも怒りをぶつけ、 猫を一室に閉じ込め、私が猫と顔を合わせることはなくなりました。 それからちょうど1ヶ月後、以前から体調を崩していた猫は、 ご飯も水も取らなくなり、立てなくなり、死んでしまいました。 私は夫に、猫をどこかに引き取ってもらえないのならケージで飼ってくれと言い、 猫を入れるケージを買わせました。 夫は私に何も言わず、弱っていく猫の世話をずっとしていました。 夫が猫のことを話題にするのも嫌がりました。 私は休みの日でも子どもの世話をせず、猫のそばにいる夫に冷たくしました。 たった一度、猫を閉じ込めた部屋のドアを開けたら、猫が私に近づいてこようとし、私はすぐにドアを閉めました。その前後から猫は容体が悪くなり、3、4日後に亡くなったのです。 猫が亡くなった今も、夫は私を責めません。 猫は全部分かっていた、自分も猫の死を覚悟していたと言います。 私は猫を閉じこめ、夫にすべてを押しつけ、子どもだけをかわいがり、噛まれた傷が痛まなくなってからは同じ家にいるのに猫のことなど忘れていました。 弱っていく猫の部屋の隣で、笑って過ごしていました。 自分が鬼だったと思います。 けれど昔の写真を見ると、猫となかよくなりたくて、気を引きたくて、 猫が一番だった日々がありました。 最後に憎んだ猫を、今は影でもいいからどこかにいないかと探して涙が出ます。 もうどんなに悔いてもどうしようもないのだと、絶望的な気持ちでいます。 生きている間、噛んだことはもういいよ、私もひどいことをしてごめんなさいと 言ってあげたらよかった。 撫でてあげたらよかった。名前を呼んであげたらよかった。もう何も叶いません。 自分を責めて生きていくしかないと思っています。 どうしたらいいか分からずただ書いてしまいました。 厳しいことでも構いません、楽になりたいとも思いません。 ただ何か一言いただけたらと思います。

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

猫の形の仏像

こんにちは、凡斎です。 以前少し話しましたが、私は部屋の一角に「お祈りコーナー」を作りそこに香炉や燭台等を置いて毎日祈願供養をしているのですが、仏像がないので、パッと見ると「壁に向かってお経を読んでいる」という状況です。 なにか落ち着かないなぁ、と今回仏像を買おうかと考えて、ネットで探し始めました。 しかし、仏壇もそうですが、中々に…高価であり、裕福ではない私では手が出ないか…と諦めかけていました。 そこであるサイトで「猫の形の仏像」という物がある事を知り、早速見にいき、かなり気に入った訳です。 もともと私が猫が好きと言う事が大きいのですが、何より昔飼っていた猫(オス。名前は『ボウズ』でした。親父殿命名。オスだったからという理由)に似ていたのもありますが、なんとか手が届きそうな価格という事もあり、購入を考えています。 さて、ここでお聞きしたいのは ①「猫の形の仏像」を祈願供養する為に使ってもいいのか? ②「開眼法要」というものがあると聞きましたが、「猫の形の仏像」もしてもらうことができるのか? と言うことです。 あいも変わらず、緊急性はありません。緊急性のある方がいますから、後回しにしてくださっても構いません。もしお時間がありましたら教えてくだされば幸いです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る