お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

3回忌の主催者について教えてください

母が昨年亡くなりあと二ヶ月で丸二年になります。3回忌をするのか母の夫だった人(私の父と母は死別、夫だったひとは再婚相手で私はあまり親しくありません)
に問い合わせたところする予定はないとのこと。

墓の持ち主であり、墓地があるお寺の檀家でもあるのですが宗教のことは大嫌いだからやらないとのことなのです。

もう既に再再婚してることもありやりたくないのかもしれないですが
私の母は夫と小さかった息子を亡くしたこともありお寺さんや信仰をとても大事にしてきた人でした。

3回忌もしないのはあまりにもひどいので
私がするのはどうかと思ったのですが
母の墓地の檀家じゃないから無理だと私の夫がいうのです
実の娘が母の法事をしてはいけないということがあるのでしょうか

これから母の年忌法要は全くできないのでしょうか?

そもそも3回忌もしてあげられないという気持ちは
ただのエゴなんでしょうか・・・。

有り難し 7
回答 2

質問投稿日: 2015年12月3日 0:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

宗教心、仏教心が無い人はやらなくていい

宗教が嫌いという理由は分からないでもありません。世の中の宗教と言われる者のほとんどが偏狭な思想と金集めしかしていない、オマケにISISドンパチ、宗教戦争アリなどの理由からでしょう。
ですが、私ども仏教に関しては同じ目線で見てもらいたくないものですが、宗教云々抜きに考えて頂きたい。
ずっと苦労して育ててきて下さった親御さんです。
一族を守るためには自分自分した自分中心なエゴを離れてちゃんと和を重んじてきた背景があるはずです。それが日本の宗教心です。「俺はイイや」「俺は自分のやりたいようにする」というエゴの対極にあるのが宗教心、というより仏教心なのです。
あなたはアナタでして上げてください。
菩提寺さんにあなたが主催で法事をしたい旨をお伝えすることです。
あなたにとってのお母さんはあなたにとってのお母さんなのです。
その人の妻、ということではありません。どこまでいってもあなたのお母さんなのですから。
供養する。
法事をするというのは宗教心とか云々ではなく、人の子供としてどうか、という事です。
では個人でやればいいじゃないかという事をいい出す人があるかもしれませんが、それが個人主義という宗教です。ちょうど今の中国は文化革命以来すべての宗教心を奪い取られた国です。その結果どうなりましたか?日本でも、宗教心の無い人、道徳心の無い人は、どうなっていますか?(・ω・)哀しい結果に至っているはずです。
だから、あなたはアナタで仏教心を大切にしてください。

2年10ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

どうぞやってあげてください。

宗教宗派は関係ないです。あなたが娘さんであればますます供養してあげてください。
こういう理由でとお伝えして、やってあげてください。

法事がダメなら、お寺に相談し供養だけでもしていただいてもいいかと思います。法事という形ではなくてもお経はあげてくれるとおもいます。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

本当にありがとうございました。
涙がこぼれました。

でも結局、私の夫が反対しているのに押し切ってまでやってはいけないと親族から言われ
お墓参りだけにしなさいとなりました。

墓の持ち主はお墓参りも一切いかない仏壇もつくらない、
おまいりしてくださった方から戴いたお線香も
ボクいらないから持ってってという人で
本当に母の生前の姿を踏みにじられているような気持ちになります。

父と兄の菩提寺にお願いできたら、どれだけ母と私の気持ちが救われるかわかりません。
母を待っていた兄と会えたのかそれが心配です。

関連する問答
このページの先頭へ