お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

罪悪感が消えないのです

定年まで数年有るのに色々有って仕事を辞めました。
色々とはコミュ二ケーション不足から疎外感を感じたり、年齢から仕事に自信がなくなったりして、すべて投げ出したいと思ってしまったからです。
独身なので30年以上働いて来ましたが、私のような性格で引きこもらずに来れたのも、転職をして来たからだと思います。

今は高齢の両親と三人で私が慣れない家事をやり、要介護の父親を見守りながらの無職の生活です。

贅沢をしなければ私の貯金や、親の年金で生活は出来ています。
しかしこれからは高齢社会と言う事で、「下流老人」とか「介護離職」とか「中高年引きこもり」とか「介護疲れ無理心中」など私に当てはまる話題ばかりで、今の私の生き方が間違っているのでは無いのか?
同年代や元同僚達は不満を言いながらも、仕事をして社会と関わっています。
でもなぜ私には我慢して勤められ無いのか。

時間が空いた時だけ働こうかと思っても、また同じ気持ちになったら更に落ち込み、採用側にも迷惑なので就活もしていません。
年金生活までにはまだまだ数年有るので、貯金を食い潰すのも不安だったり、
「老後には○○○○万必要」だとか聞くと無性に不安になったりします。

独身64歳の知り合い女性は、淋しいし老後が不安だからチャンスが有れば「結婚したい」などと聞くと、結婚願望が無い自分が変なのかと考えたりもします。

こんな生き方にどうしようもなく罪悪感を感じてしまいます。
今は親を介護する事に専念していてもいいのでしょうか?

老い・介護・看病・病気
有り難し 22
回答 2

質問投稿日: 2015年12月20日 13:26

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

立正寺

常在

仏の道は広い一本の道

軽々にこうしろと、申し上げるべき内容ではありません。
いろいろ手を尽くした上で、やむなく今ここにご質問なさったのだと思います。
----------
心の持ちようで解決できない問題も含んでいます。
なので今歩んでいる「道」についてお話してみたいと思います。
----------
仏の道は広い一本の道です。道さえ外していなければ真ん中、端っこ、どこを歩いても宜しいわけです。
----------
離職、介護、結婚しない事。
いずれも仏の道から外れていません。
仏の道を歩き続けていれば必ず諸天善神が
あなたを守護します。
世の中には絶対、必ず、ということはないと申します。しかし仏の道を歩む者には絶対があるのです。絶対守護。
諸天善神は仏と約束をしています。仏の道を歩む者を必ず守護いたしますと。
その約束を果たしに必ずやって来るのです。

2年5ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

介護も大切なこと

ご両親の介護をしながら仕事との両立というのも大変なことだと思います。現実として、現在おつとめされていないわけで、周りと比べてどうとか考える必要はないのかと思います。
結婚願望がなくてもいいのではないですか。結婚だけが幸せではないでしょうから。
しかし、ご自身の老後のことは少し計画を立てておいた方がいいかもしれませんね。
お金が必要なら、少しパートでもしながらお小遣いを稼ぎ働けるだけ働くというのもいいかもしれません。
仕事から離れると社会との接点がなかなか作れずに苦労する方もいるようです。
特に一人で生活していくのであれば、仕事や趣味などで周囲とかかわりながら生活していく土台を作っておきたいものですね。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

仏の道には外れていない…
お言葉をいただき、
少し気持ちが楽になりました。

今やれる事を考えます。

ありがとうございました。

円通寺副住職様
有りがとうございました。
とりあえずは今の出来る事に励みながら、社会と関われたらうれしいです。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ