hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生前葬をしてみたい

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

おはようございます。

先程、子供の頃の夢を見ました。「人生で一番大切なものは?」という、非常に面白い言い合いをしていました。夢でなく、実際にそういった会話をしたのを覚えています。

「命!」と答えると「じゃあ、お金いらないね」
「金!」と答えると「じゃあ、命いらないね」

子供らしい、何とも言えない惨たらしい言葉遊びです。

そこで私は考えました。考えた結果、「『どちらが』と選べるのは、命あっての物種だ。問いかける対象が考える以上、命ありきの物だ」となり、「では二番目はお金か?」と自問しました。

しかしながら、お金は三番目に落とすことにしたのです。

私は今、友人にお金を借りています。また、別の友人にお金を貸しています。それぞれ、結構な額です。なぜ貸借金したか、と問われれば、信頼だとか未来だとか、キレイ事が浮かんでは消えています。

そこで。こう結論付けました。「二番目は『人との繋がり』だ」と。

例えば私を頼って「10万貸してくれ」と言われれば、その理由によっては3万程度、場合によっては50万まで出せる気持ちがあります。また、内臓疾患を友人が患ったら、適合すれば喜んで肺の1つでも差し出します。

人との繋がりが強ければ強いほど、お金の問題も命の問題も軽減されると考えました。

私は音楽の好きな人のコミュニティに入っています。同時に、少々マニアックなコミュニティにも入っています。コミュニティ同士に繋がりはありません。

そこで、私は友人の輪を広げ、構築したいと考えました。私と出会った人々全員にお礼が言いたい。こんなどうしようもない奴と、僅かでも付き合ってくれてありがとう、と伝えたい。

実に多くの新興宗教家が理想とする世界観を、私も考えてしまいました。が、多神教であり信仰の自由もある日本であるが故に、新興宗教と言うだけで怪しいと感じてしまう人が多いようです。

そこで、既存の宗教に頼ることにしました。知り合い同士も、知らない者同士も、まとめて皆仲良くなってもらいたいし、お礼を言いたい。それには、生前葬が一番だと。

面白そう、やってる人少なそう、という考えも、もちろんありますが、それ以上に望むものがあります。

生前葬は、このようなきっかけで行って大丈夫なのでしょうか?また、自分の葬儀に参列することについてのお考えをいただきたいと思います。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

葬儀とは

葬儀とは仏弟子となり、仏道、悟りへと導く大切な式です。あなたがその友人達の前で仏弟子となりたい。というものなら、生前葬、つまり、得度、生前戒名をいただくというのもいい事だと思います。

しかし、あなたのお話から、考えるとお別れ会かな?と感じました。葬儀と言うより、パーティー的要素が強いように感じます。

僧侶抜きで、お別れ会を企画して見たらどうでしょうか。もちろん、僧侶の立場からして見たら、生きているうちに、仏弟子となり、仏道を歩んでいただきたいと思います^ ^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

良いと思います

拝読させて頂きました。
邦元 師のおっしゃるとおり葬儀とは仏様の弟子となり信心を持って仏様のお導きを受けて旅立っていくことです。

ですからあなたが望むようなことであるならば二段階でなさってみてはいかがでしょうか。ウチのお檀家さんでもなさった方はおられます。
先ずは仏様のお弟子になり信仰を持たれる式やお勤めをお寺様でなさって頂いて、その後どこか会食できるところを用意してあなたの親しい方々と共にパーティー形式で皆さんと親交を深めあい楽しい時を共に過ごすのが良いのではないでしょうか。

ウチのお寺では実際にしたことがありますから一度菩提寺さんにご相談なさってみて下さいね。会食の会場はあなたや親しい方々が気軽に楽しく利用できるところが良いかと思います。

あなたが皆さんとのご縁を大切に深めてそして信仰を深めて心安らかに生き抜いて頂きます様心よりお祈り申し上げます。

再度拝読させて頂きました。
得度、授戒は難しくはありません。
宗派にもよりますが、一般の方であるならばたぶん1日かからないと思います。ましてや髪の毛を落とすことはないと思います。お布施についてもお寺様にもよりますがそれ程法外ではないかと思います。菩提寺さんにもその件は相談なさってみて下さい。
また親しい方々を集めることもそれぞれやり方もあるでしょうからいろいろな方法を調べてみて自分がご納得なさる方法にてなさってみて下さいね。恐らくはイベント企画なさるようなプロの業者もあるでしょうからね。

あなたが皆さんとのご縁を深めていかれ共に心から楽となる時をお過ごしなさって頂きます様にとお祈りさせて頂きます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

仏門に入る方法について

在家の方が生前、仏門に入る為には、既成の宗派では、生前葬ではなく、得度と授戒会の正式な方法があります。近くのお寺さんに、相談してみて下さい。
(授戒:仏門に入るものに戒律を授けること。授戒させること。)
(得度:剃髪して仏門に入ること。出家) 何れも広辞苑出典。
私は、サラリーマンでしたが、第二の人生を曹洞宗の僧侶として歩んでいます。僧侶として登録するには、寺で得度式を挙げ、写真を添付して申請する必要があります。白装束になり、剃髪され、仏前で懺悔文を唱え、戒律を良く保つと宣誓し、安名(戒名に相当)が授けられました。
棺桶に入った白装束の故人、剃髪の儀式、懺悔文の追暗唱。葬式の儀式そのものであり、あの世への、旅立ちと覚悟しました。尚、得度式を挙げても、僧侶ではなく、沙弥(日本で、剃髪しても妻子があり在家の生活をする者)として歩む道もあります。また、明治になって、太政官布告で(今より僧侶の肉食、妻帯、畜髪、自分勝手なすべし)と出されており、剃髪は必要ないと思われます。
現在のお葬式の作法は、曹洞宗が編み出したものであるといわれています。中国の弔い方法と得度式と授戒会を簡略化し、組み上げられたものです。導師が、故人を葬式の儀式により弔い、授戒させ戒名と血脈を授け、仏弟子としてあの世にお導きをしてあげるものです。僧侶ではないので、沙弥との呼称になります。尚、浄土真宗では、諱の戒名が(法名)となります。 合掌                
                                                            

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


清水道心
サラリーマンでしたが、第二の人生は、在家から出家得度し僧侶に転進。現在、ブ...

質問者からのお礼

邦元 様

冠を拝し
婚姻関係を結び
葬儀をし
祀られる

どの宗派どころか、どの宗教でもこの節目はあると思いますが、
仏教での「葬儀」がそのような意味合いだとは知りませんでした。

自殺を考えたことはありますが、もちろん途中までしか実行に移しませんでした。
辞世の句を考えていた時、「あ、戒名……本名なのも味気ないな」と思い、
実際に相場を見て、その値段の高さに手を出せなかったことがあります。

戒名がない→辞世の句が完成しない→お金、何とかしなきゃ

ある意味、仏教に「死ぬのはちょっとばかし早いんじゃないか?」と
お叱りを受けていたような気が、今ではします。

あと、お客様と頻繁に会う仕事である関係で、得度は難しいです。
ドラゴンボールのボールみたいな髪型は、商談そっちのけになりそうですし。
剃髪を伴わない、「心だけ得度」という制度があれば良いのですが。

パーティの企画、ちょっと良いな、と思いました。
現実的だし、お金を皆で出し合う、というのも良いですし。

ですが。
方や、ジャンルの好みはあれど基本的にみんな大好きな音楽のコミュニティ。
方や、マニアックな、二次元系のコミュニティ。
何か特別性がなければ交流は難しいと考えております。

ありがとうございます。

Kousyo Kuuyo Azuma 様

邦元様にも宛てました通り、得度、授戒は難しいです。
現実として、会社員として日本経済を動かしている、
ましてその事業内容は地域に根ざしたものなので、それなりの誇りを持っていますし、
外見は特に気を使います。

得度をすっ飛ばして戒壇に行く、という変化球のようなことも、
パワースポット巡りという意味合いで良さそうですね。

とりあえずは、せっかくのインターネットなので、生前葬についての知識をもう少し深め、
近所のお寺で聞いてみようと思います。

が、タイトルの「良いと思います」も、勿論大事な大事な意見としております。

ありがとうございます。

Kousyo Kuuyo Azuma 様

再返信ありがとうございます。

なるほど、信仰の自由である日本、天皇は最高神の子孫という古事記や日本書紀の記述(神道)、
そして、六法にある一法「憲法」で「基本的人権の尊重」を重ねてみると、
髪型1つを取っても、人権で守られていると解釈できますし、
仏門に入るために得度カットをするのは法律に違反しているとも取れますね、

私の頭はどうやら、生前葬で凝り固まっているようです。
両者を交流させるイベントは、生前葬しか思い付きませんから。

同時に、「唯一、聖戦のない国際宗教」という側面を持つ仏教に興味を持ってもらうのも、
理想と言えば理想です。仏教の派生宗では聖戦がありそうですが。
これはきっとあれですね。「教えを説く」のではなく「気付かせる」宗教だからでしょうね。

大学が高野山だったものですから、「ハエが止まってるよ」と言って頭をはたく様子が、
20年以上経った今でも思い出せます。
それが嫌で、得度前に剃毛する同級生も多かったですね。

私は社会人です。
はたらかなければなりません。
「働く」ではなく「傍楽」。
皆に楽しんでもらう、皆に楽をしてもらう。
それが使命だと考えております。

しかし、私の思い付きである「心だけ得度」制度、実在するとは。

清水道心 様

ありがとうございます。
非常に興味深いです。

読めば読むほど納得し、読めば読むほど言葉にするのが難しいと感じました。

仏門に触れる方法は多々あるけれど、
仏門に入る方法は生前の得度、あるいは死後の葬儀。
でしょうか。
ドラマなどで刑事、警察が遺体を「ホトケさん」と呼びますしね。

これまでに生前葬をした人々、というのは、
確かに有名人(10名に満たないと思われますが)を除いて、
脱北者などのような「生死の安否が懸念されたままの人」のような気がします。

ジョセフ・ジョースターとか。

死去から仏門に入る儀式と、再会に涙する儀式。
やはり、同時進行できる生前葬は魅力です。

魅力だからこそ、実行するにしても、もう少しちゃんと考えたいと思いました。

ありがとうございます。

「葬儀」問答一覧

10年前に亡くなった彼のお葬式は可能?

10年前に亡くなった彼の、形だけのお葬式をしてもらうことは可能でしょうか? 10年前、学校でのいじめや、家庭環境によって私は孤立していました。 その際に、お世話になった男性がいます。 しかし、出会ってから2ヶ月後に彼は亡くなりました。彼の妹を名乗る人物から突然病死を告げられたのです。 彼には片想いをしていたのですが、結局想いを告げることが出来ずに終わりました。 彼の妹とも音信不通になってしまい、葬式をやったかどうか・お墓の場所・そもそも本当に彼は死んだのか等、何も分からないまま、今日までずっと彼の死を引きずり続けています。 ここ10年、彼のことを想っては泣き続ける日々を送ってきました。そろそろ前向きに切り替えたいです。 しかし、今ここで自分が切り替えたら、彼のことを忘れてしまいそうでとても怖いです。 そこで、色々考えてみたのですが…。 お葬式は、亡くなった方の供養をするためだと思うのですが、残された人々の気持ちを整理するためでもあるのではないかと思いました。 彼の本名も知りませんし、写真も骨も無いのですが、自分の中で区切りをつけるために、簡単に形だけでのお葬式をしてもらう事は可能なのでしょうか? 不躾な質問で大変申し訳ございません。 ご回答いただけますと幸いです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 3

写真の副葬品について

一昨日母方の祖父が永眠し、昨日お葬式、火葬が執り行われました。家族葬でした。 私にとって身近な親族の葬儀は初めての事でした。 昨日は悲しみが大きく、最期の時間を過ごす事ばかりを考えてしまっていたのですが、一日経ち、ふと疑問に思った事がありご相談させてください。 お棺の副葬品は、祖母が選び納棺しました。 そこにはお写真が2枚あり、祖母と若い頃にデートに行った時のお写真と、もう1枚は祖母、母、叔父との家族写真がおさめられていました。 お写真が納棺される時は、母から私が生まれる前の懐かしいお写真の説明をされ、何も疑問には思いませんでした。 一日経った本日、納棺するものにふと疑問が湧き検索したところ、生きた人のお写真をお棺に入れると、あの世へ一緒に連れて行かれてしまうとありました。 母も叔父も祖母も健在しております。 友引には葬儀は避けるなど、行事などのお日柄をとっても気にする祖母や母ですが、副葬品までは知らなかったのかもしれません。(翌日のお葬式でしたので、準備でいっぱいいっぱいで色々と調べる時間も余裕もありませんでした…) 送り人の係の方からも特に何も言われていませんでした。 祖母も母も叔父もとても大切な人達です。 祖母は、『いつでも迎えにきていいからね。』と祖父にずっと語りかけていましたが、まだ皆に長生きをして欲しいです。 副葬品の事を知ってしまった今、気にしすぎてしまうのは私だけかもしれません。 火葬が終わってしまった今からでも何か出来る事がありましたらご教示お願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

祖母のお通夜、お葬式に参列できなかった

先週、母方の祖母が亡くなりました。 しかし、母の妹達(私にとっての叔母)は、通夜、葬式の場所を私たち家族に教えなかったため、葬儀に参列することができませんでした。 元々母親と母方の親族との仲が悪かったのですが、母にとっての実の母親の葬儀に参加できないのはおかしな話で、大変残念なことでした。 また10年ほど前に母方の祖父が亡くなった際には、葬儀に参列することもでき、私も参列しているので、ますますおかしいと思っています。 私としては、叔母達が母を仲間外れのような真似をしたことは腹立たしい限りですが、母は祖母と最後に会うことはできたので良かったと、葬儀に参列できなかったことについては半ば諦めの様子で、父も参列できないことに困惑している様子した。 ただ、私自身も、もう長らく祖母含む母方の親族との関わりは絶えており、今更葬儀に参列しても何を言われるか分かったものではないので、もう切り替えていこうとは考えています。 ただ、母親はこのことに大変ショックを受けているはずなので、母親との仲は悪いですが、どうにか支えてあげたいです。このご時世故、実家に戻る事はまだしばらく難しいですが、祖母の冥福を祈るとともに、母親とどう接していけばよいでしょうか。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

女性の喪服マナーに対する疑問について。

どうして、女性の喪服はスカート、ポッケのない服、真冬でも透けた袖やタイツ、メイクが必須なんでしょう。 男性はポケットのあるスーツなのに、女性の喪服は基本ポケットがなく、袖なども透けていたり七分袖が多く、ヒザ下のスカートが主流です。タイツは、肌が透けて見えないと失礼に当たると葬式専用のタイツが販売されていますが、真冬は寒いです。 以前、大雪の中を透けたタイツで列席し、とてもつらい思いをしました。それなのに、どうして、女性のパンツスーツは失礼に当たると葬儀のマナーサイトでは言われているのか理解できません。 また、私は発達障害と化学物質のアレルギーがあって化粧が苦手なのですが、女性のすっぴんも失礼だとマナーサイトで説明されていました。どうして、本来の顔で列席するのが失礼なのか、女性の素顔は故人や列席者に対して見せてはならないほど失礼なものなのか、本当に不思議でたまりません。 長くなりましたが、葬儀には、本当に寒くて機能性が男性向け喪服より劣るスカートスーツじゃないと駄目ななのか、スカートじゃないと駄目だと言うなら、なぜ透けていないタイツが駄目なのか、なぜメイクをしてないと失礼だと言われるのか。また、その事についてご葬儀に関わっておられる当事者のお坊様は実際どう思われているのか、どうか、お坊様の見解を教えていただければと思います。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

葬式で弔えなそうです。

久しぶりの質問です。 言葉を選ばず、心のうちそのままを書きます。 以前質問してから、正社員として就職できましたが、パワハラにすごく悩まされました。 見切りをつけて1年8か月で退職し、現在アルバイトしつつ転職活動中です。 で、そんな最中に母方の祖母が死にました。 明日葬式ですが、私は学生時代に祖母・叔母宅に居候していた時期がありましたが、本当にくだらないことなんですが、二人に失礼なことを言われて私が凄く怒ったら、こっから出ていけと言われて自宅に返されました。 今でも私はそのことに関して、自分は一切悪いと思っていません。 それから8年程度会ってなく、私はもちろんあちらからも連絡ありませんでした。 父や妹から葬式ぐらい出たらと促されていますが、正直出たら出たで悪態つきそうです。 今現在も、その死に顔に唾を吐きかけてやりたいし、抹香をぶっかけてやりたいと思っています。 故人も私に来てほしくなんてないでしょうし、叔母にも会いたくないです。 もし葬式中に話しかけてきたら「今更白々しいんだよ!」とキレそうです。 ただ他にも思い出すことはあります。 祖母のカレーライスは豚の平ったい固い肉。 擦ってない角切りのショウガ丼がいつも途中で胃もたれして食えない。 梅干しが酸っぱい。 焼きおにぎりだけは美味い。 子供のとき、まず祖母宅に行く前にトイザらスで粘った。 理由は駅まで迎えに来た祖母がレゴブロックの一番いいやつ買ってくれるからだ。ちょろい。 今思い出せば、ヒーロー戦隊の銃も買ってくれた。 いかん書いてたら少し目が潤んできた、喉もキュウと締まってきた。 ウイスキーでも飲もう。 …ふぅ落ち着いた。 なんだかな…。 仮に葬式出るとして、やりたくなかったら作法は拒否していいんですか? していいならどこまでが許されますか? 焼香や合掌まで?棺に花入れまで?合わせ箸まで? くだらないこと書いたり、つまらない質問ではありますが、付き合ってくださるお坊さんがいたらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

葬儀での宗派間違い

よろしくお願いいたします。 恥ずかしながら父の葬儀で勘違いから宗派を間違えてしまいました。 日蓮宗と思い、葬儀社からの紹介で日蓮本宗のお坊様に葬儀を行って頂きました。 その数日後に実は真言宗だったことがわかり、急いで葬儀社に連絡し、日蓮本宗のお寺にはお詫びをし、改めて真言宗のお寺を紹介してもらいました。 家で、シンバルのようなものやお水を使っての法要、そして新しい戒名を頂きました。(先に頂いた戒名のご位牌はお焚き上げしてくださるとお持ち帰りくださいました。) その折、来て頂いたお坊様に詳しい事情が伝わっていなかったのか、 法要後「この度は改宗されたのですか?」と言われました。葬儀で宗派を間違えたと伝えたところ、「そうですか」か「なるほど」のように言われました。 同じような質問をされた方への回答に、このような場合は受戒の儀式を受け直す儀式(改葬)をして新しく戒名を頂くとあったのですが、今回して頂いた(改宗?)法要と、回答にあった改葬といわれる儀式では何か違うのでしょうか? 今回の方法で良かったのでしょうか? 49日、初盆と真言宗のお坊様に来て頂いてますが、葬儀での宗派を間違えるようなことになり、ちゃんと父の供養はできているのでしょうか?

有り難し有り難し 26
回答数回答 2

父の葬儀での義父と主人の非常識な発言

初めて相談させていただきます。 父の葬儀で、旦那と義父が無神経な発言をしたことが、どうしても許せません。この憤りをどうしたらいいのでしょうか。 父は去年、68歳で他界しました。 義父と主人は完全に他人事のようで、葬儀の前後に私の前で無神経な発言を繰り返していました。 「体の大きな人(亡父のこと)だから、棺は特注じゃないといけない」(義父の発言) 「足を曲げなければ棺桶に入らない」(義父の発言) 「場合によっては屈葬やな」(主人の発言) 「人生70年だから俺も70歳で死ぬわ」(義父の発言) 等です。 私の前での発言なので、見えない所ではもっと凄いことを言っていたのかもしれません。 その後も、喪が明けないうちから主人が「遺産はいくらもらった」等の発言を繰り返すので、耐えきれずに子供を連れて三月に家を出ました。元々、夫婦関係が上手くいっていなかったという背景もあります。離婚はしておらず、別居中です。 別居したことで多少は落ち着きましたが、義父と主人の無神経さがどうしても許せません。こんな私は心が狭いのでしょうか。お坊さんの立場からご覧になって、この義父と主人の親子をどう思われますか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る