hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

入仏法要について

回答数回答 3
有り難し有り難し 20

浄土真宗に限ったことになってしまい申し訳ありませんが…

祖父が先月23日に亡くなり、5月中旬手前ごろに七七忌を行います。
それよりも前になってしまいますが、すでに仏壇を購入し、5月3日に入仏法要の予定です。

お坊さんの視点で教えていただきたいのですが、この際のお布施の表書き、金額はどういった感じになりますでしょうか??

また、無知で申し訳ないのですが、ほかの宗派でもこういったことはあるのでしょうか?
(興味があります。)

よろしくお願いします。

2018年4月28日 20:36

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

南無阿弥陀仏 【補足追記あり】

祖父様のご命終に哀悼の意を表します。

南無阿弥陀仏

封筒の表書きは「御布施」あるいは「入仏法要御布施」でよいと思います。金額については地域柄や、それぞれの経済状況等ありますので何とも申し上げられません。「お気持ちで」ということになります。
どうしても不安でしたらご近所さんや親族に相談してみてはいかがでしょうか。けして無理して多く包む必要もありません。いくらであっても有り難く頂戴いたします。無理して多く包む必要もありません
御布施というのはお布施する側にとっても執着を手放すという行(ぎょう)でありますし、世間での大事なものであるお金という価値観を超えて、本当に大切なものである仏道に出会った喜びから、それまで大事であったと思っていた価値観(お金)を喜んで手放すという「喜捨(きしゃ)」という意味合いもあります。

さて、他の宗派でもお仏壇・ご本尊、あるいはお墓などをを設置・お迎えされた際には「開眼供養」、「入魂式」、「魂入れ」などという名称で同様の法要を営むと思います。
なお、浄土真宗では仏壇やご本尊に「魂を入れる」という考え方はしませんのでお仏壇を入れられたという「入仏法要」という名称になることと思います。
もちろんここで大事なのはモノとしての「仏壇」を入れるということでなく、ご本尊(私の生活の中心)としての阿弥陀様とその世界(浄土)の荘厳を模した仏壇を「お内仏」として迎え、そのお給仕をとおして私が仏道に入らせていただくということかと存じます。

また、七七忌(49日)についても「四十九日」、「満中陰」、「尽七日」などといった名称で多宗派でも法要を営むと思いますよ。

祖父様の供養が良いご仏縁となることを念じております。

2018年4月29日 8:30
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

お悔やみを申し上げます。

 表書き・金額については吉武師と同です。お寺さんにお渡しするものは、お経の対価ではないので、「御布施」と書き「○○料」や「○○代」という書き方は避けましょう。

 私は曹洞宗ですが、仏壇や仏壇のほとけさまを新しく迎える時に魂をいれる式をおこないます。呼び方が「仏壇開眼(かいげん)法要」となります。
 またお仏壇は「位牌箱」ではなく、ご家庭にある小さなお寺です。仏壇には必ずご本尊さま(浄土真宗でしたら阿弥陀如来かな)をお迎え入れましょう。

2018年4月29日 15:35
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

「お布施」は「おもてなし」

表書きは「お布施」が良いでしょう。
地域によると思いますが、1~3万円というところでしょうか。

たとえ30分や1時間で終わる法要であったとしても、そのために、まる1日のスケジュールを空けたり変更したりしなければならない場合があります。
そういう意味では、最低でも「日給」くらいの金額は礼儀だと、私は考えます。
年忌法要などでは、「御車代」として別に5千円くらいを包む場合があります。

たしかにお布施は「お気持ち」ですが、ご住職のスケジュール調整などまで配慮した上での「お気持ち」で布施するのが、単なる「サービス料金」ではない、人と人との暖かいお付き合いではないでしょうか。
お布施は、「おもてなし」と言い替えることもできるかもしれませんね。
「おもてなし」ということは、「来ていただいた」(もしかしたら来てもらえなったかもしれない)という気持ちが大事でしょうね。
「それが坊さんの仕事なんだから来て当たり前」、ではなく。

一方、お坊さん側としては、私は、「お布施なんかもらえなくても、お坊さんを必要としてもらえること、呼んでもらえること自体がうれしい」という気持ちを忘れないようにしたいです。

2018年4月30日 0:11
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

お答えいただきましたお坊さん方、本当にありがとうございました。
いただきました皆さんの意見も取り入れ、先日滞りなく入仏法要をすませることができました。
また、興味深いお話もいただけて、しっかり記憶にとどめておきたいと思いました。
またお世話になるかと思いますが、よろしくお願いします…!

「法事・法要・49日」問答一覧

法要での失礼をお詫びしたい

お寺で失礼な振る舞いをしてしまい、どなたにどうお詫びしてよいか分からず投稿させていただきました。 本日、ご先祖様の供養のため回向を申し込みました。(夫婦ともに上京した身でお墓参りにめったに行けないので、両家の父方母方すべての供養を毎年お願いしております)大きなお寺で合同の法要なのですが、そこに1歳になったばかりの次女も連れていってしまったのです。 落ち着いて考えれば、歩きはじめの赤ちゃんで歩いたり声を出してしまう可能性があり、場にまったくふさわしくないのですが、長女が大人しいタイプで今まで問題がなかったため、深く考えず同席させてしまいました。 この時点で失礼なのですが、次女が歩きはじめてしまい、慌てて座らせるとイヤ!と声を出してしまいました。 気が動転してその場を離れたのですが、靴を席に置いていたためお堂から出られず、ひとまず誰もいない端に行きました。次女が畳にうつぶせになってしまいましたが、座らせたり抱っこすると声をあげそうで、そのままにしてしまい、横で手を合わせておりました。 見かねた若いお坊さんがいらして、とても丁寧な優しい口調で、お堂に寝転ばせるのは…とご注意くださりました。 おっしゃるとおりで、顔から火が出そうなほど恥ずかしく申し訳なく、ご先祖さまも供養になるどころか呆れていらっしゃるだろうと思うと情けなく、お詫びして靴だけとりに戻り、次女と外に出ました(主人と長女は最後までおりました) その間、自分の考えの至らなさ、母としての未熟さが頭をめぐり、こんなことなら来ない方がよほどご先祖さまも安心なさっただろうと後悔し、お恥ずかしいのですが涙が止まらなくなってしまいました。 人前で泣くことなど普段はもちろんありませんので、そんな自分にさらに慌ててしまい、長女と会うまでにはなんとか泣き止んだのですが、通常の参拝も心が乱れてきちんとできないまま帰ってきてしまいました。 長々と申し訳ございません。 このように、仏様やご先祖さまはもちろん、お寺の皆さまやご同席の方にもご迷惑をおかけしてしまった場合、どうすれば少しでも償えるのでしょうか。 早く切り替えて、笑顔の母親に戻ることが大事だと思うのですが、今までの人生における数々の失敗まで思い出されてどんどん気が滅入ってしまっております。 どんなお叱りでも結構ですので、どうかご助言をいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

無縁になってしまった49日法要

先日、叔母が他界し、菩提のお寺は曹洞宗でしたが、喪主の長男が、無知のため、真言宗の形式で葬儀を行ってしまいました。 来週49日が来るのですが、 その後、菩提寺に相談するどころか、葬儀社から紹介された、自宅の近所にある、曹洞宗の寺院に相談に行き、結果的に、他宗派で法事を執り行なってしまったこと、菩提寺がある、という当然な事より、49日、100日法要は断られ、故人は曹洞宗を信仰していましたが、お経を上げてくれる和尚様とはご縁がなく、49日法要は、喪主が一人で、心を込めて行うと言われました。 菩提寺に相談するという選択肢がなく、具体的な理由もないようでした。葬儀社に依頼しきりで、他人任せなのも垣間見えました。 墓地管理規則も無視した行為ですので、ご縁がなくなるのは当然です。 そして、この行為により、いずれ墓地そのものも撤去されると思うと、今までろくに墓参りもした事のない喪主に、故人に頼まれて、先祖代々の墓を守ってきた私としては、先祖を敬う心を抉られる様な、許せない気持ちで頭の中が混乱しています。 49日、100日、1周忌…と法要がありますが、呼べるお寺様もないため、喪主が一人で行うというのはいかがなものか、ご意見をいただきたく存じます。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る