お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ネガティブな感情に負けそうになります。

私は他人からどう思われるかがとても気になります。仕事でもプライベート両方です。

働くことが好きなのですが人間関係に気を使いすぎて疲れてしまい三、四年で転職するという繰り返しの状態です。

今まで勤めていた会社の人達とは今も付き合いがあり当時も人間関係は良好だったと思います。

ただ自分で勝手に気を使って明るく振る舞ったりしてしまうのです。

ただ嫌々明るくしているわけではなく、周りの人達に楽しんでほしい、元気になってほしいという気持ちがあるのです。

そう思っているのにぐったりしてしまいます。
一体何をしたいんだと自分自身に疲れています。

人の目を気にして嫌われたくない、良く思われたいという感情もあります。

何もしないようにしたこともあるのですが程々という事が出来ず人と関わる事を全て避けてしまいます。

以前、別々の職場の上司に『あなたは白か黒かハッキリしすぎる。グレーも作りなさい』と言われました。

どうしたら極端な方向に走らずグレーの状態になれるのでしょうか?

今、また人との関わりを断っています。
頭と心がバラバラで
これからも転職していくのか
同年代の友人は結婚、出産もしているのに自分がこんな状態でいることに不安でいっぱいです。

後悔・自己嫌悪
有り難し 41
回答 3

質問投稿日: 2016年1月15日 14:39

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

立正寺

常在

中道(ちゅうどう)

お釈迦様が一番嫌ったのが極端です。
的確な平衡感覚(中道)を身につけることは大変に難しいのですが、難しいからと言ってやらなければ元の木阿弥。
----------
この世を娑婆世界と申しますが、意味は耐え忍ぶ世界です。
努力がなければ前に進めないようになっている世界に僕たちは生まれ落ちたのですから、もがき苦しみ努力することが生まれてきた本当の目的です。
----------
大きく揺れる振り子が時間をかけ静止するように、あなたもいろいろ試しながら極端から離れるしかないのです。

2年7ヶ月前

揺れている自分を発見する

ハッキリしたい、白黒つけたいという思いは、私にもあります。そして、白黒つけなければ一歩も進めない状況、というのも明らかにあります。世の中が、そんな性向を良しとしている、促している事も知っています。センター試験だって、何かしら決断して答えを書かなければ絶対0点です。
しかし…というか、だからこそ、「白黒つかない世界」を一部生きている事は大切だと思うのです。
私が結婚する前ですから、もう遥か昔の事です。当時の私には、「気になる女の子」が2人いました。二人同時です!「これはいけない、俺は不誠実な奴だ」と、不安になりました。どちらかハッキリしなければ。今となれば誠に不遜な独りよがりなのですが、当時の私は若かった。若気の至りでした。どうしようどうしようと思って、相談しました。「僕は一体、どちらが好きなのでしょう?」
相談した相手は、話もろくに聞かず、アッサリと言いました。「どっちつかずの分からない、が君の本心でしょう」と。青天の霹靂というか、「そんな答えがあったのか!」でした。今から思えば、「そう表現できないことで、自分を捉え損ねていた」という事なのですけど。
ですから、貴女も、もしかすると「揺れている自分を捉える言葉を持たない」だけなのでは?と思います。「どっちつかずの自分でも良いんだ。今はそう捉えるのがピッタリくる」と認めてあげて良いのです。ですから「グレーになる・ならない」ではなくて既に持っている自分の姿を発見する。急いで常に結論を得なくても、良いのです。

2年7ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

グレーだけではなく、赤も青も、緑も黄色も紫・・・

白黒グレーだけではなく、その名前すらつかない色がたくさんあります。
どんな色も名前がつく以前のその色があるのです。
その名前を付ける前の色のままでいいのです。それが事実というものです。
こうあるべき、相手を楽しませなければいけない、良いか悪いか、そうしたことばかりに振り回させるから疲れます。

振り回されるといっても、それはあなた自身が作り上げたものです。そうした、あなたが考えた正しいことという考えを捨て、グレーだけでなく赤、青、緑、黄色、紫、・・・そんな名前も付く以前の状況で生活したいものです。

2年7ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ