精神障害

私は先天性の難病に生まれ手術をし延命治療具を体に入れ生きています。社会人になり自分が障害者であるとういう事にものすごく悩みました。その結果統合失調症と言う精神障害になりました。その様な精神障害でありながら前に向いて生きて一生懸命仕事をしようとしましたが統合失調症と強い恐怖心で仕事はもっても一年くらいでした。仕事を転々としている間にも障害者と体のメスにようしゃないいじめが有りました。統合失調症のせいで勘違いの事もありますが、でも本当にひどいいじめにあってきました。統合失調症の方は10年経ちだいぶ緩和してきましたが障害者という自分と体のメスに対しての壮絶ないじめ、仕事を転々としすぎて会社で働く事が難しい自分とういう苦しみにより人が怖い、社会が怖いと物凄い地獄の様な恐怖心の病気になり社会不安障害、社会適応障害と病院から言われました。働かなければならないという責務感があり求人をみるのですが今までの壮絶ないじめがフラッシュバックとなって恐怖で立っている事も出来ません。病院の先生から障害年金を申請しては?とういうお話が有ります。ただ国からお金をもらって働かない人生が申し訳ない気持ちになります。ただ社会では決していじめられても暴れる事もなく言い返す事もほとんどしない私ですが会社でいじめられる事が私の体への体罰にしか感じず誰のせいでこんな体と心のいじめにあってるんんだと家では口とたまにたたいたりして大喧嘩を何年もしてきました。少し前にもう家族みんな辛い気持が限界を越してしまい最大の大喧嘩になり私が警察を呼ぶ事態にまで成りました。家族で口論がものすごいところまで行ったのです。もう自分も家族もこの十年すぎ辛さが限界を超えてしまいました。これ以上ひどい警察沙汰になるような事が無いかと不安で仕方ないです。なので障害年金で暮らしていこうかと考えてます。ただ働かない事に申し訳ない気持ちで一杯なのですがこれは悪い事でしょうか?お教え下さい。お願いします。それともう一つ女と言う体にメスを入れられ心はズタボロに傷つききって延命治療具と障害者でこの十年行き地獄を本当に毎日飲んできました。この十年毎日死にたいとしか思いませんでいた。そこまでの思いと社会からの壮絶ないじめにあうために生きろだなんて医療が悪にしか思いません。間違ってますでしょうか?

学校・会社・働く
有り難し 22
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

それを扱っている思いは今生じているが、そのことは既に過去

障がい者年金は正当な権利です。頂くべきです。
あなたは大変な人生を歩まれてきました。
悪いことを思い返せば思い返すだけ、苦しくなります。後悔と医者に対する許しがたい気持ちで心がくすぶり心が重く暗くなります。
心の負担を軽減するために、こう考えてみてください。
「今はそれは過ぎた。確かに苦しかったけれども今は今日」
あなたが息を吸って吐いているのは、こんにち、この日、この瞬間なのです。
今もメスが刺さっている訳ではありません。
もちろん、心に深くメスが刺さっているかのような感覚が生じることはあると思います。
ですが、今は手術室ではありません。
ここを明確にする必要があります。
「苦しかったが、今は今なのだ。」という目覚め。
人間は過去の事でも、それを強く念じて、ひきよせると、あたかも今がその過去の苦しかった時のようになります。ですが、この時に肉眼が見ている世界、耳が聞いている世界は、それは決してその過去の事ではなく、たった今の目の前の現実なのです。
あなたが生きるべき、こんにち、この日、この瞬間は、そこです。
そこに目覚めませんと、あなたは思いにとらわれながら生きていく事になってしまう。
私にもかつて苦しいことが沢山ありました。ですが、一番後々自分を苦しめているのは、自分の被害者意識であったことに気づきました。被害者意識と、医者の不正・ミスに対する気持ちは別々にすべきものです。先日も出産したばかりのウチの子供が医師のミスによって顔に傷をつけられてしまいました。
医師が何も言わないので、しかりつけました。
もし不正があったならその不正を正してよいのです。
ただし被害者意識は持ち続ければ、ずっと損したような気持ちがネガティブなエネルギーとなって自分を苦しめてしまうのです。自分を苦しめる考え方は離れましょう。そして、今日を新たに生きるためにももう過去の事は取り返しがつくことであれば、それを正す為に行動するのは良いにしても、あなたが苦しまないためには、変えられないことは、それ以上思いを重ねない様しましょう。心が軽く、晴れやかになってい行く事でしょう。
メスはメス。人を救う道具でもあります。悪いもののままにしていれば、被害者意識の思いは払しょくできないでしょう。それが無かったら逆に命を落としていたかもしれません。
おかげさまで、今がある。おかげさまで、今日に至っているのです。

2年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

決して被害者意識ではありません。本当に 体のメスに対しての壮絶ないじめがずっとでした。これが現実です。体のメスへのいじめというのは 本当に言葉では言えないくらいの 辛いものが有ります。その他障害者としての壮絶ないじめにもう自分も家族も限界を超えてしまいました。
それが無かったら逆に命を落としていたかもしれません。 とおっしゃいますが 生きていたくない程の人間の苦しみを御存じですか?
ですが 今日を新たに生きるためにももう過去の事は取り返しがつくことであれば、それを正す為に行動するのは良いにしても、あなたが苦しまないためには、変えられないことは、それ以上思いを重ねない様しましょう。心が軽く、晴れやかになってい行く事でしょう この言葉に 救われた気持ちです。誠にありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ