お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

祖父の死からもうすぐ2ヶ月です

先日、約2ヶ月間の入院生活を経て、祖父が亡くなりました。祖父は持病があったものの、ずっと元気でした。訳あって私と祖母と3人で暮らしていましたが、洗濯・掃除以外の家事は祖父がやっており、車での送り迎えや、料理など、私の生活の中心に祖父の存在がありました。
突然の脳内室出血により、緊急入院、2週間の間に三回の手術、1ヶ月間の救急病棟での入院生活、その後通常の病棟へ移動、そしてリハビリの病院へ転院し、転院から一週間せずに亡くなりました。
最初の病院へは、ほぼ毎日私がお見舞いに出向き、少しの時間でも祖父と共に過ごしました。小さい頃から祖父母にたくさんお世話になっていた私は祖父が大好きで、両親よりも大切な存在だと考えていました。
そんな祖父が亡くなり、心の底から悲しく、辛いはずなのに、冷静に受け入れている自分もいて、今までとなんら変わらない生活を送っています。
時々、辛くて悲しくてどうしようもなくなり、もう祖父がいない現実を受け入れているようで、まだ全然受け入れられないのだと実感します。というか、色々なことが急に起こりすぎて、全くついていけていないという感覚です。
それでも私の生活は変わらず続いており、時間は流れて、一緒に過ごした日々、病院での生活、祖父が生きていたことすら忘れてしまいそうな気がしてこわいです。
昔から私は家族の前では泣けないし、素直な思いを口にすることもできません。自分が何を思っているのかもよくわかりません。
受け入れられないのに、忘れてしまうのが本当に怖いです。どうやったら受け入れて生きていけますか。なんだか空っぽになった感じがして、自分が自分を生きている感覚がなくて、苦しいです。
普通に生活出来ているということは、本当は受け入れているということでしょうか。
わかりづらい質問ですが、誰か助けて下さい。

身近な人の死
有り難し 13
回答 2

質問投稿日: 2018年9月15日 20:07

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

愛しい人と別れても、しっかりと自分の人生を生きていく

 人生にはいろんな苦しみ悲しみが付いてきます。仏教では、其の苦しみについてかなり詳しく分析しておりますが、一般には四苦八苦という考え方にまとまられています。その中の一つに「愛別離苦」があります。愛する人大切な人と別離する苦しみのことを言います。この度のお祖父様との別離はまさに愛別離苦であると思います。

 私事ですが、8年前の11月に父親が亡くなりました。血液性の病気(白血病のたぐい)になtって、4か月でした。その4か月後に母親が同じような病気で亡くなりました。父親の一周忌法要の日に兄嫁が癌で亡くなりました。喪主を勤めた兄の辛さ悲しみにも到底及びませんが、私もショックでした。かなり落ち込みました。でも喪主である兄を支え、一つ一つ葬儀や法要を落ち度無く勤めるよう必死でした。私は私で自分の寺の住職としての仕事もありますので、悲しみに浸ってばかりで居られませんでした。

 こういう悲しい別れを経験したくはないですけど、残念ながら人生の中で幾たびかこういう経験をせざるを得ません。一生に一回なんてものじゃありません。みどりさんには家族が居て、友人が居て、いろんな仲間が居ると思います。大切な人が居れば居るほど、何度も何度も悲しい別れを経験するしかありません。どんなにつらく悲しくとも、今の自分の生命を大切にししっかりと日々の生活を送っていくことが、残されし者の務めです。亡くなった方々のためにも、みどりさんが日々しっかりと生きていくことが大事です。
 どんなに大切な方を喪ったとしても、其の方のことばかり考えていることは出来ません。生きている限り、今日一日の生活、今目の前にある仕事に取り組まざるを得ません。亡き人のことを思い出すこともあれば、それはそれで構いません。亡き人の思い出すことなく、其の日其の日の贈らざるを得ないことも多いですよ。今をしっかりと生きていることこそ、お祖父様への一番の供養です。

 「ショックも大きいです。突然御逝去したことは、なかなか自分の中で整理できません。でも、毎日頑張って生きてます。節目節目(四十九日、百箇日、月命日、彼岸、お盆、一周忌等)には心込めて御供養させていただきます。」という気持ちで、お位牌に手を合わせてあげましょう。。

11ヶ月前
回答僧

大忍貫道

穴とは存在の大きさであり、重さである。

ご質問を拝読させて頂きました。
本当に辛いですね。淋しいですね。
あなたの今の心のうちは痛いほど分かります。
私も生活を共にしていた祖母が今月初めに倒れて、危篤状態が続いています。
意識は戻らず、辛うじて自発呼吸が出来ている状態ですが、口を大きく開けてベッドが揺れるほど苦しそうに呼吸している姿に、胸が締め付けられる思いです。
おそらく、長くはないでしょう。

しかし、私を含めて家族みんながどれだけ辛い思いをしていても、世の中は何事もなく進み続けます。
世の中は私を中心に回っているわけではないので、当たり前の事ではあるのですが、一方で、それはこれまで私たちがしてきた事でもあります。
人との関わり方が甘かったのかもしれませんね。
私たちが鈍感であっただけで、周りの方々もこんなに苦しかったのだと恥ずかしながら初めて気付きました。

もちろん、遺された人は生きていかねばなりませんので、どんな精神状態でも日常に戻らねばなりません。
でも、そんな日常の中でぽっかりと穴が空いたような寂しさがあると思います。
その穴がこれから埋まるのかどうかは分かりません。
けれども、その穴が人の存在の大きさであり、重さでもあります。
それは非常に大切な事であり、忘れてはいけません。

そして、それは他者への「共感」に繋がります。
辛い思いをした人は、他者の気持ちが分かる。
辛い時に隣に誰かが共に泣いてくれるだけで、どれだけ救われるでしょうか。
あなたは、その誰かになれます。
この心を仏教では、「慈悲」と呼びます。
これは、お祖父様があなたにもたらしてくれたものです。
どんな経験でも必ず糧にしていかないといけません。
そうして糧に出来たならば、お祖父様が亡くなられた事は決して意味のないものではないはずです。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答をいただき、ありがとうございました。
今もなお、受け入れられているようないないような、実感がわいているようないないような、。まだまだ整理しきれてはいませんが、祖父に対するこの想いと共に私は私の人生を歩んでいかなければならず、いま目の前にある生活をただただ生きていくことこそが使命なのだと、改めて思い直すことができました。
祖父の存在の大切さをこれからも忘れぬよう生きていきます。ありがとうございました。

「身近・大切な人の死に泣けない・悲しくない」問答一覧

「身近・大切な人の死に泣けない・悲しくない」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ