お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

嫌なことの忘れ方

酷いことを言われて傷ついたことが何回かあるのですが、その時の状況が忘れられません。

どうやったら忘れられますか?

他人・友人関係
有り難し 50
回答 2

質問投稿日: 2018年10月3日 0:37

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

無憂庵

法源

腹をくくれば迷いは消える

他人の意見を間に受けてしまうことで、人は心に深く傷がつきます。
しかし、真面目に相手の言葉を受け止めることはとても素晴らしいお心構えをしておられます。

時間薬という言葉があります。ときの流れとともに薄れていくことを待つしかないときもあります。

また、別の見方をするようにすることです。例えば、幼稚園児に罵声を浴びさせられたとしても、間に受けずに流せる心があると思います。

嫌なことを感じるということは同じ目線に立っているということなのです。嫌な人と同じ立場に立つのではなく、自身は遥かに優れているから可愛そうな方なのだと、見てあげる慈悲の心を発心する意識が大切ですね。

さよならできる相手なら、放ったらかしにすれば済むこともできます。しかし、向き合っていかなければいけない相手なら、嫌な思いをしないために知恵を働かせ、苦難が生じないように立ち回る策を考えてみてはどうでしょう。

世の中で無駄なことは無しと言葉がありますように、また類似する環境が遭遇しないようにも、成長の糧と信じていきましょう。

合掌

11ヶ月前

忘れることはなかなかできませんが、思い出しそうになったらその都度他のことに意識を向けるのがいいと思いますよ。
例えば、思い出しそうになったら、目の前の景色を見て、何が見えるか、形は?、色は?、右には何が見える?、左には何が見える?、というふうに目の前のリアルな現実を見るのです。
その瞬間、頭の中の嫌な記憶が一瞬で消えます。
でも、また思い出そうとするでしょう。
そうしたらまた目の前のものをしっかり見るのです。
そのように他のことに意識を向けて、思い出さないようにしてみてくださいね。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

三宅さま
優しいご回答ありがとうございます。

辛い思い出が脳裏に浮かんだときは違うものに目を向けることが大切ですね。

コメント読んだ瞬間に元気が出ました。
ありがとうございます。

法源さま
素晴らしいご回答ありがとうございます。

確かに酷いことを言ってきた人と同じ位置にいたので「ルールを破ってばかりいるあの人に軽く注意しただけなのにあんなに罵られるなんて腹が立つ」

とか
「学生時代に私と関わったことがないのに私のことを嫌ってる人に好かれたいから嫌がらせしてきたあの人、いつまでたっても忘れられない」
とかずっとその酷い人が脳裏に残ってその残像と戦ってきました。

これからは自分が明らかに間違っていないと自信を持ってる場合は、「自分よりも劣った人が言ったことにいちいち腹を立てるのはやめよう。それだけ未熟な人なんだ」って言い聞かせられます。

すごく心がスッとしました。
自分が間違ったことをしてないのに「自分がやったことが相手の行動になってる」って自己啓発本を読んだことがあってずっとそれを引きずっていたので、やっとその思い込みから解放されました。

ありがとうございました。

「嫌なことばかり思い出す」問答一覧

「嫌なことばかり思い出す」問答一覧をすべて見る
関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ