お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

いいお坊さんってどのようなお坊さんだと思われますか?

日蓮宗のお寺の住職である父親が急死して、まだ高校生である長男がお寺を継ぐ為に修行する事になりましたが、周りの方にいいお坊さんにならなければだめだと言われました。いいお坊さん?どんなお坊さんがいいお坊さんなんだろう?檀家さんなどとうまくコミュニケーションがとれるお坊さん?お経、作法などが完璧でなんでもこなせるお坊さん?人間的に器の大きい優しくどんな時でも冷静な判断ができるお坊さん?色々考えてもわかりません。私は母親ですが、私も的確なアドバイスができませんでした。どんな風に言ってあげたら良いでしょうか?
また、もしおわかりになったら教えていただきたいのですが、日蓮宗 清澄寺での度蝶交付式は来年の1月の何日に行われますか?来年の事でなくても今年の1月は何日に行われたかでも結構ですのでお願いします。

お坊さん
有り難し 86
回答 5

質問投稿日: 2018年10月23日 13:13

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

藤川 誠海

人を救える、もしくは救おうと頑張るお坊さんではないでしょうか

質問読ませていただきました。

私もまだまだ修行中の身ですし、偉そうな事は言えませんが、思った事を述べさせていただきます。

そもそも、日本におけるお寺やお坊さんは何のために在るのかと考えると、多くの人に法を伝え、成仏へと導くためにあります。
なぜなら、大乗教は多くの人を救うための教えなのですから。
人を救えない、もしくは救おうとしないのでは意味がありません。

導くための方法は様々でしょう。直接御信徒や多くの人々と関わって救おうとするお坊さんもいるでしょう。教学をしっかり学び研究し、教団の発展のために尽くすお坊さんもいるでしょう。また様々な方便を用い、色々な方面から人を救おうとするお坊さんもいるでしょう。

お坊さんも人間ですから、得手不得手があります。しかし、方法はどうあれ、その気持ちが「多くの人を救う」という方向に向いており、努力をしているのであれば、それは「いいお坊さん」ではないかと思います。

仏教の根本は「慈悲の心」です。全ての生き物を苦しみの世界から救おうとする大きな慈悲の心です。
型に捕らわれず、自分なりの特技・方法を用いて人を救おうとする、そういう素敵なお坊さんがたくさん増えれば良いな、と考えています。

10ヶ月前
回答僧

大忍貫道

出家と世間の「いいお坊さん」は違います。

ご質問を拝読させて頂きました。
これは私もたまに思うことです。
本来、お坊さんは「出家」していますので、世間とは違う価値観で生きています。
労働や生産性は原則的に戒められるものですらあります。
今日でも、ミャンマーではお坊さんは基本的に掃除などはせず、瞑想しかしないと言われています。
側から見ると、何もしていないように見えますが、その「無為」が世間の人々から評価されます。

一方、日本の場合は、お坊さんも世間の中に入っています。
だから、出家者としての道を純粋に励んでいるお坊さんより、地域貢献などをしているお坊さんの方が評価されやすい傾向にあります。
私の知り合いにも数年前に亡くなりましたが、檀家さんも居ないお寺で妻帯をせずに、純粋な托鉢だけで生計を立てていたお坊さんがいらっしゃいました。
これは現代のお坊さんから見て、とても尊く、慚愧させられる事なのですが、そのお坊さんが世間から評価される事はありませんでした。
出家者から見た「いいお坊さん」と世間から見た「いいお坊さん」は確実に違います。

もちろん、地域貢献が悪いという事ではありませんが、それは第一義ではありません。
別に人を救わずとも、一心に仏道を歩んでいること。
これが何よりも大切であり、それ以外のことはプラスαです。

確かに、檀家さんに養われているお坊さんの場合、檀家さんを無視する事は出来ません。
けれども、そこばかり意識していくのは窮屈だし、本来的ではないと感じています。

昔、源信というお坊さんが天皇に講義をして褒美と官位を授かりました。
そこで、郷里のお母さんを喜ばそうとその事を伝え、褒美を送りましたが、しばらくすると、お母さんから褒美が送り返され、次の一首が添えられていました。

「後の世を渡す橋とぞ思いしに 世渡る僧となるぞ悲しき」

このような姿勢でご子息を見守ってさしあげて下さい。

10ヶ月前
回答僧

大慈

答えず、教えず

いいお坊さんとは何か?それは「仏道とは何か?」という問いと同じです。
そうであるなら、寂しいことでしょうがそれは母親から教えることではなく、修行の中で本人が見出すべきことです。
目指すべき目的地を教えて、そこに行かせるようではダメなんです。そもそも目的地とは何なのか?それを問うことが修行には大切なんです。

ただしご子息が道を間違えている時に正してあげるのはあなたの役目になるかもしれません。「息子はこれでいいのだろうか…」そう思われる時があったなら、またご質問下さい。それまではご子息が自分で見出すことを信じ、家から出させてあげて下さい。私はそう思います。

10ヶ月前

「菩提心」

ルイス様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「いいお坊さん」という定義はなかなか難しいところでありますが、誠海様もおっしゃられておられますように「慈悲心」、「菩提心」(一切衆生を救おうとするための悟りを目指す強い決意)が高くあることが求められるのではないだろうかと存じます。

特に、救う対象を「特定」しないことも大切になります。

どうしても、お寺、寺族、檀家、信徒、宗派、僧侶、仏教・・と、どこか目線を優先してしまうところを無意識にも作ってしまいがちとなりますが、一番大事な人であろうが、自分に危害を加えてくる人であろうが、あるいは、足元を這っている一匹の蟻であろうが、救いへと向けた平等の意識により接せていけるかどうかというところであります。

もちろん、頭では分かっていても拙生もまだまだではありますが・・

どんなものへも平等の慈悲、優しさをかけられるお坊さんになってほしいものであります。

修行においても、僧侶になっても、お寺を継いでも、現実に幻滅することは必ず多々あるでしょうが、「一匹の蟻さんにも憐れみ、気遣いを持って接せられるような優しいお坊さんになってね」と言って頂けましたら有り難いことでございます。

川口英俊 合掌

10ヶ月前

ちなみに。

遅くなりましたが、まずは度牒交付式は、来年(平成31年)は1月ではなく、2月7~8日に行われます。
「いいお坊さん」については、各先輩僧侶の方からお話がありましたので、それぞれ肝に命じて頂ければと思います。
又、なりよりも本人の志が一番です。縁あって僧侶になろうというのであれば、それなりの覚悟が必要です。ましてこれからの時代は、大変であろうと思います。
又、僧侶になるためにも様々な手続きが必要です。当然、度牒を受けるためには師匠も必要です。師匠より、手続きも教えて頂けるでしょうから、直接お尋ねになられた方がはやいでしょう。

10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

早速のご回答をありがとうございました。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

  • お坊さんは特別?? 女性 50歳代
    あたたかいお言葉が有り難く、お坊さんのお言葉で、こんにちまで生きています ...
  • いつもお世話になっております。 沢山の教えをいただき感謝しております。 ...
  • お坊さんには金持ちの方や貧乏の方様々な方がいらっしゃいますが、お金というも...
  • 禅の心 女性 20歳代
    以前、代々ご家族の血縁でお寺をされている長男のお坊さんとお付き合いさせて頂...
  • 最近、中国茶のレッスンに通い始め、お茶に関する本を色々と呼んでいます。 ...
  • 挑発的なタイトルで申し訳ありません。もっとマイルドにしたかったのですが、字...
  • 本当は? 女性 30歳代
    子供の頃、少林寺を観てお坊さんはみんな 、カンフーをやっていて、強くて優し...
  • 僧侶になると・・・ 無回答 40歳代
    宿坊に泊まった時に、若いお坊さんたちが色々とお世話をしてくださいました。 ...
  • 話し方 女性 30歳代
    こんばんは。 何人ものお坊さんとお話する機会があった訳ではないですが、お...
  • お坊さんは健康で長寿のイメージがあります。 病気や認知症のお坊さんは想像...
「お坊さんのことを知りたい」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ