お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

殺生についてどう思われますか?

仏教では動物の殺生は禁止されていますよね。
私も殺生するのは心が痛みますし、好みません。実際、つい最近までヴィーガンでした。

ですが、
「私達が殺して食べる動物も他の動物を殺して食べている。自然界じゃ楽にとか優しく殺したりなんかしない。私が殺生を拒否するという事は、生を尊んでいるようで、実は生を拒否しているんじゃないか。生死から目を背けて、向き合っていないんじゃないのか。」
と、ふと思いました。

いくらヴィーガンであろうとも、歩くとアリは殺しますし、洗濯するとダニは死にます。
もっと言うなら、植物だって生きているのに、それは良い事だと言って食べます。

革製品を使わないにしても、ポリエステルや綿や麻だって、科学薬品やゴミ処理によって環境を汚しています。それが巡り巡って、多くの生き物を殺しています。

詰まるところ、ヴィーガンもミートイーターも、何かを殺して生きている事には変わりないと思います。

ヴィーガンを経験して考え至った事は、
「自分の為に殺された命に対して感謝と尊敬を忘れず、謝罪は絶対にしてはいけない。自分の為に死ぬ生き物に対して、自分が殺す覚悟を持てないなら、自分が殺されても文句も言えない。」
と痛感しました。

凄く詰まるところ言うと、人も動物も植物も命の重さは一緒であり、人を殺して食べても、動物を殺して食べても、同じ事だと思います。
法律で赦される事でも、何かの命を奪った事実は同じだと思うんです。

だからといってむやみやたらに命を奪いたくはありません。自分の手で助けられる命は救いたいし、環境だって少しでも良くなるように努力したいです。

ちょっと話が逸れますが、アメリカのスキープレーヤーのガスケンウォーシーという方は、平昌五輪の時、韓国の食用犬の牧場を買い取り、ワンちゃん達をアメリカで里親に出したそうです。
エゴだと言う方もいますが、彼は勇気ある人だと思います。

これらは全て私の考えであり、いち意見です。
誰かに強制する気もないし、否定もしません。

ついさっき、少し思う事があったので、自分以外の方のご意見を聞いてみたいと思い、ご相談しました。
殺生について、皆様のご意見ご回答お待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。

世の中・自然
有り難し 18
回答 3

質問投稿日: 2018年11月3日 14:58

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

千字の制限で書ける範囲で

そうですよね。どんな人でも生命を頂いて生きていることには変わりません。どんなに工夫しても、どんなに嫌だと言い張っても世界は思い通りになりません。それを仏教では生苦(しょうく)と言います。
だから仏教では「死なせるという結果を禁止」ではなく、「相手を生物と認識した上で傷付けようとする殺意や害意を禁止」しています。

おっしゃるように、生命とは「他の生命をいただくことを織り込んだ上での生命」です。食物連鎖を否定しながら生命を大切にしますと言うのは偽善だと私は考えています。食物連鎖は進化の結果であり、世界のシステムです。それを拒絶したところで逃げられるものではありません。無い物ねだりです。ただ、苦ではありますよね。生苦です。

ではどうしようか?
上座部仏教では「出家者は殺生を極限まで減らす。家事もしない。肉は食べていいけど殺生に関わるのはダメだし、出家者のために絞められた肉もダメ。雨季は虫を踏まないようできるだけ出歩かない。その代わりお檀家さんや小僧さんが料理から掃除から買い物から全部お世話する。それを持ち回りでみんな一生に一回は経験する」という形です。

一方で大乗仏教では考え方がより厳しくなって、「お坊さんが殺さなくても他の人が殺したら意味がない」と考えるようになりました。そのため「頂いた生命をいかに活かし切るか」という発想に進みました。よく言われる「無駄な殺生はしない。必要な殺生をしたら無駄にしない。」という発想ですね。

巡り巡ってというのは仏教ではとても大切な視点です。ただ、「巡り巡ってどうなるかは分からない」のも大切です。例えば最近になってプラスチックを食べる微生物の存在が分かってきました。綿や麻、あるいは遺体であっても焼くと大気中に拡散し、いつか地表や水中に落ちて微生物の餌になります。誰かにとっては毒、でも他の誰かにとっては恵みということもあるでしょう。
そんな中で、結果ばかり問うていては必ず身動きが取れなくなります。だから現代社会は息苦しいのですよね。

最後に、人の生命と動物の生命は同等です。でも、人を死なせることの方が比べ物にならない苦をもたらします。だから同列に扱ってはいけません。
それは確かに人間本位の視点です。しかし我々は人である限り、人としてしか生きられないのです。そこは超えられないし、超えようとしても結局は苦しむしかない報われない道でしょう

14日前

「出離心」と「菩提心」

そら様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「殺生」につきましては、確かに全く何も「殺生」せずに過ごせられるような世界でないのは、事実であります。

そんな「殺生」までしなければならない世界に生じてしまっていることは、まさに大慈さんもおっしゃられていますように、「生苦」であります。

迷い苦しみの輪廻の世界に生じることを厭う気持ちを起こすことを「出離」と申しますが、この「出離」は、仏道に入る上で非常に大事な心となります。

まさに、そら様は「殺生」について考えることを通じて、そんな気持ちを起こすチャンスでもあります。

もちろん、「出離」だけではなく、仏道に入る上で、次に、こんな迷い苦しみの輪廻世界に生じてしまっている、全ての衆生たちを憐れみ、そして、自分も含めた全ての衆生たちが救われることができるよう、そんな悟りを得たいという「菩提心」を起こすことが求められるところとなります。

是非、「出離心」と「菩提心」についてお考えを頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

14日前

人間は時代と共に生命の痛みが分かるようになってきた

中国や韓国のネタを書くだけで差別だとかヘイトと騒がれることもあるおかしな時代ですが、あえて書きます。日本についても書きます。
「❝文化が違うからネ❞ということで片付けてはいけない問題がある!」ということが結論であるとおもいます。
世間は多数派に迎合して本当にあるべきことを選択しないものです。
たとえ少数派の意見でも真実はあります。
本当に「あるべきようは」どうあるべきことなのか。それを追求するのが仏教です。
まず、中国から。 
私はぶっちゃけ中国の食べ残し文化は良くないと思います。ネット内でも中国人が食べ放題でものすごい量のエビ・カニなどの食材を競い合って食べきれない程山積みで取って食べ残された後の映像を見ますと、痛ましくなります。残された生命は一体、何のために生まれてきたのでしょう。おまけに爆漁。去年はその為にサンマも不漁。
いかに彼らが残すのが文化だとしても、食べられる側にとってはたまったものではありません。
日本はどうか。日本の活き作りも本当は良くないことと言えましょう。
基本は尊い存在である生命を殺していただくわけですから、それ以上のことはしてはならないと思います。わざわざ残酷と感じるようなことをするのはこの平成の世、現代においては慎むべきでしょう。人間や動物で同じことをやったら残酷極まりないものです。
全ての生命は他の生命を摂取することがなければ生きていけません。
でも可愛そうだからと言って食べないと自分も殺すことになります。
韓国の食犬文化についてですが、これも賛否両論あると思います。
日本だってクジラを食べてシーシェパードから文句言われています。
問題は姿かたちが可愛いからと言って優遇されるとしたら、動物の中でも見た目が可愛い犬猫だけがひいきされる差別になりましょう。ですが、この現代の現代人の感覚というものが大切なのではないでしょうか。歴史の中では奴隷制度、身分制度、戦争がありました。そして、それがいかに愚かしいことであるかも学びました。生命倫理も進化しています。仏教も人間も進化しています。現代には現代の感性でおかしな文化は相手を傷つけないように第三者の方が改めていってあげることも大事だと思います。
海外では痛みなく殺す方法も取り入れていると聞きます。
私もできればウシだったらそうしてもらえるとありがたいです。
相手に気持ちになる。それが共鳴共命です。

13日前

質問者からの有り難し - お礼

大慈さん

ご回答頂き、誠にありがとうございました。千字いっぱいのお言葉、一つ一つがとても心にしみました。

食物連鎖は世界そのものですよね。それを否定する事は、詰まるところ自分が産まれたことも、世界の何もかも全てを否定する事だと思います。

そのシステムを受け入れて向き合った時、命とはやはり尊いものなのだと思いました。口では皆言うけれど、本当に命とは素晴らしいと心から思いました。

結果ばかりに気を取られていると、身動きが取れなくなってしまう、まさに今の私です。

殺される動物からすれば殺される事には変わりないにしても、私達は人間であって殺される動物には成れない。だから人間の視点から物事をちゃんと見ないといけないんですね。
自分自身をしっかり受け入れなくてはいけませんね。
それらを踏まえたうえで、私は生命を大切にしたいと思いました。

少し話が変わってしまいますが、
密猟や、違法な殺生は世の中には溢れかえっています。アフリカでは密猟する人は後を絶たないし、韓国や中国では違法にも関わらず犬肉を販売する人も沢山います。

私の家には犬がおり、いつも眺めながら、この子を殺して食べるなんて絶対に出来ないし、そんな事をする人達が許せないと思っていました。

文化だからと片付ける人もいれば、弱肉強食だと言う人もいるでしょう。
ですが、どう考えてもやはり納得は出来ません。

書いていて自分でもよくわからなくなってしまいます。
食物連鎖の上での殺生と害意による殺生の違いがわからなくなってしまいます。

お礼を言わなければいけないのに、またご相談のようになってしまって、申し訳ないです。

この事は改めて別で投稿させて頂きます。
お忙しい中大変恐縮ですし、厚かましいお願いとは重々承知ですが、もし、大慈さんがよろしければ、またご回答頂けますと嬉しく思います。一方的なお願いですが、大慈さんのお言葉は、私にとって本当に新鮮で深く考える勉強になったので、またお言葉を是非頂戴したく思っております。
もしよろしければ、どうかよろしくお願い致します。

川口秀俊さん

ご回答頂き、誠にありがとうございました。
出離心、菩提心。深く考えされられました。

生命の尊さが深く身に沁みると、個人の好き嫌い等は大した問題ではないんだなぁと思いました。

なんだか、人間は矛盾して当たり前の生き物で、矛盾する生き物は人間だけで、その矛盾に苦しむのもまた人だけなのでしょうね。
矛盾しながらも、偽善だとしても、どうしようもなくなってしまうのが人間なんだなと思いました。
一つ、器が大きくなったように感じます。

私は仏教徒としてちゃんと信仰している訳ではありませんが、仏教の考え方はとても素敵だと思いますし、沢山仏教の考え方に救われてきました。

全ての人々、生き物を赦して受け入れる事は難しいですが、以前よりずっと受け入れれるようになりました。

これからも精進あるのみですね。

ご回答、誠にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ