hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

祖父の死

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

つい、数日前、お正月休みで帰省して
祖父母の家に顔を見せに行って、また来るねって言ったのが
祖父との最後になってしましました。。。

また会えると思っていたのに
かなわないなんて
人間、本当にどうにもならない、抗えないことってあるんだなと
悲しくてどうにもなりません

修士論文の提出を控えている中での出来事なので
本当に気持ちがぐちゃぐちゃで

いまこそ乗り越えなきゃ、ふんばらなきゃいけない時なのですが

とてもしんどいです、いきばがなくて

2019年1月8日 19:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悲しい別れだからこそ、辛い別れだからこそ

 悲しい別れだからこそ、辛い別れだからこそ、ゆんさんがどう生きることが「お祖父さまにとっての喜び」となるか考えてみましょう。そして、行動してみましょう。

 ゆんさんが大学院に合格し得研究に励んでいることを、喜んでくださっていたと思います。修論の提出まであと少しだと思います。ゆんさん御自身のためにも、お祖父さんのためにも、修論の仕上げ、頑張ってください。

 この先、生きている限り、辛い別れ悲しい別れは必ずやってきます。それはこの世に生まれてきたときから、決まっています。当たり前のことです。当たり前のことですけど、辛いです。悲しいです。辛いけど、悲しいけど、受け入れるしかありません。乗り越えていくしかありません。大切な方々と良い時間を共に過ごし、良い思い出を残し、これからの人生の糧としていきましょう。

2019年1月9日 13:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

悲しみは尽きねども

拝読させて頂きました。突然お祖父様がお亡くなりになられてあなたはとてもショックを受けていらっしゃることでしょう、そして悲しみや後悔にさいなまれていらっしゃることでしょう。あなたのお気持ちを心よりお察し申し上げます。
人の生命とは儚いものです。どんなに生きられると思ってもそれには必ず限りがありますし、様々な巡り合わせの中で私達の生命は与えられたものです。
ですからその生命がいつ終わるはわからないですが必ず訪れるものです。
そのことをお祖父様はあなたやご家族の皆さんに教えてくださったのです。
あなたが最後に会いに行かれたことは本当に有難いことですよね。きっとお祖父様は心から喜ばれたことだったでしょう。
あなたがこれからもお祖父様を思い真心込めてご供養なさるのをお祖父様は本当に喜び受け止めて下さいます。
あなたとお祖父様とのご縁はこれからもずっと続きますし、これからもそのご縁は深まっていくのですからね。

いついかなる時でもどこにいてもお祖父様はあなたやご家族の皆さんを片時も忘れず片時も離れずに優しく見守っていて下さいますからね。

あなたにとってお祖父様は最強の味方ですからね。

悲しみやさみしさや後悔のお気持ちは消えないでしょうけれども、その思いをそのままお祖父様に手を合わせて心からお伝えなさって下さい。

いつでもお祖父様はあなたのお気持ちをありのままに受け止めて下さいますからね。

あなたがこれからもお祖父様に守られながらこれからの未来を皆さんと一緒に心から豊かに幸せに生き抜いて下さるようにと切に仏様やお祖父様にお祈りさせて頂きます。

2019年1月8日 22:34
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

今を生きて!

初めまして。向月慈隆と申します。
私達僧侶は、立場上、多くの方の人生の最後を見送ります。
お葬式を執り行い、ご家族とお話しをします。
ご会葬に来られた方からは「突然の訃報でビックリした」とよく言われます。

なぜビックリするのでしょう?

「生きていることが当たり前」と思われているからビックリするではないでしょうか?

本当は「いつその時が来るか分からない」と頭では分かっていても実感がない。
実感が有るのは「今、まだ生きている」ということだと思います。
それならば、今を生きるしかないのではないでしょうか?
何もしなくても、いつかその時は来ます。
今できることは「今できることをする(今を生きる)」ことしかないと思います。
御爺様が身をもって貴方に教えを説かれているのではないでしょうか。
「いつかその時は来る。だから今を精一杯生きてほしい」と言われているように感じます。

修士論文は大変ですよね。私も経験しました。
毎日、胃の痛くなる思い出パソコンに向かっていたことを思い出します。
そんな中、お爺様の他界で落ち着かなくなるのもよく分かります。
上の吉田様も書かれているように、今やるべき事を頑張ることがお爺様への
良いご供養になるのでは内でしょうか。

今を精一杯生きてください。応援しています。

向月慈隆 九拝

2019年1月10日 10:49
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

ご回答いただきました、お坊のみなさま。
まとめてのお礼となってしまい申し訳ありません。
天候にも恵まれまして、無事に葬儀を滞りなく終えました。

お正月会ったのに急に亡くなったので、本当にショックでただただ悲しくてたまりません。
しばらくは癒えないでしょう。
ですが、みなさまにいただきましたお言葉を胸に
徐々に前を見て、今を大切に生きていこうと思います。
そして、いい姿を見せられるよう努力します。

この度は、本当に皆様のお言葉に救われました
ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

父の事故死 日常を取り戻すためには

 5月の末、父が突然の事故で亡くなりました。本当にあまりにも突然でした。川へ転落して、全身の損傷によって、身動きが出来ないままの溺死ということでした。タフな父でした。私よりずっと健康でした。それがなぜ。  事故前日、ふらっと実家に寄った時は、いつも通り元気で、普段通りのたわいもない会話をしたばかりでした。翌日、警察署の遺体安置所で父の姿をみるなんて思ってもいませんでした。  私は、身体が弱く、発症以来、入院や療養期間も長く、迷惑をかけていました。やっと昨年、結婚して家を出るも、色々な疲れが溜まったからなのか、休職を余儀なくされ、ようやく今年の春に復職したばかりでした。そして、この夏の終わりには、迷惑ばかりかけていた私も、孫の顔を見せるという親孝行が出来るところまで、あともう少し、本当にあともう少しというところまで来ていました。  どうしてそんな転落するような場所へ一人でボランティアに行ったのか、なんでもう少し(コロナでどこにも行けない)辛抱ができなかったのか。  今でも実は、ただいま~って帰ってきているんじゃないか。死んでしまったなんて、何かの冗談ではないか。色んな手続きや、法要が進んだのに、未だに信じられません。  父と同世代の方を見ると、それだけで涙が止まりません。どうして父だけを連れ去り、この人たちは生きているのでしょうか。  本来なら、忌引きが明けて、会社に出社しているのでしょうけど、それが上手く出来ていません。本来なら、生まれてくる子供を楽しみに準備していたと思うのですが、それが出来ません。父の死が、頭から、心から、身体から、その悲しみが離れる事がありません。  そして、まさに言葉の通り身動きがとれなくなります。正直な気持ち、今、この状態で子供が生まれてくることが怖いです。悲しみが強すぎて喜べそうにないのです。どうやって父の死と、これからの事に向かい会っていけば良いのでしょうか。せめて、残された母、出産する妻、生まれてくる子供には、笑顔を向けたいのですが、今、それすら出来ずに困っています。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

亡くなった息子と夫。親族の事

初めて相談させていただきます。よろしくお願い致します。長文で申し訳ありません。 先日息子が亡くなりました。27歳でした。息子は障害をもって生まれ体もあまり丈夫ではありませんでした。亡くなる時は体力も落ち本当に辛そうだったので、もう仕方ない今までよく頑張ったねという思いで見送りました。 私は夫を自死で亡くしています。その時2人の子供はまだ小さく、仕事での借金、度重なる浮気など亡くなった後にわかった事も多く、本当に辛い日々でした。ただ目の前の子供を育てていかなければという思いで必死に生活してきまた。 夫が亡くなってから仕事もしていましたが、自分なりに頑張ってきたのは子育てでした。なので息子が亡くなった事は理解していても本当に辛く、私の必死だった20年はなんだったんだろうという虚しい気持ちと共に、月日の流れの中で思い出す事も少なくなった夫への複雑な思いが蘇ってきました。あの時夫が自死を選んだ事で私の人生は大きく変わり、その事で経験した悲しみ苦悩を自分の中でどう消化していいのか未だにわかりません。許せないという気持ちです。亡くなった人にそんな感情を持つ事は許されるのでしょうか。 そんな中、普段から気に掛けてくれて、息子が亡くなった時にもとても力になってくれた親族と飲みに行きました。辛い気持ちを少しでも聞いてもらえればというつもりでしたが全然違いました。 私がひとこと言うとそれに対し全く理解出来ないことや、私の生き方そのものを否定するような言葉をたくさん言われました。確かに親族から思えば私は理解し難い道を歩んでいるのかもしれません。私の人生に対して親族が思う事をずっと言われ続けました。 人それぞれ人生も経験も違うので、理解して欲しいというより話を聞いてもらいたいと思っていたのですが、それも甘えだったのでしょうか。 またコロナ禍やスキル不足で仕事も決まりません。 色々な事が重なり辛い日々です。 一緒に住む子供の為にも頑張りたいと思っているのですが、今後どのような心持ちで暮していけば良いのか自分ではわかりません。ご教授いただけると有り難いです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

父の死

先月父を亡くしました。 本当に仲の良い家族で、いつも一緒にいました。家族思いの父が本当に大好きです。父はいつも周りから羨ましがられているくらいでした。 その日も普段通り仕事から帰ってきて、たくさん話をしました。いつも通りの夜でした。頭が痛いと言って普段から頭痛持ちなので、暑さもあり、水分を取るようにお茶を渡したり薬を渡したりしました。本人もマシになったようで、ご飯を食べたりしていました。 夜中に変ないびきをしていて、見に行くと意識がなく、すぐに救急車を手配しました。 病院までなんとか頑張ってくれましたが、亡くなりました。 なんの覚悟もありませんでした。 私含め、家族みんな信じきれない様子です。いつも帰って来る時間に帰ってこない、座っている場所にいないのが辛すぎます。 私が夢を叶え、もうすぐ働く姿も見せられなかったし、定年後、行きたがってた海外旅行にもいけませんでした。後数年で定年だったのにと思うと私達のために精一杯働いてくれた父が無念でありません。亡くなったことも本人は気づいているのか、、などずっと考えてしまいます。 私たちが精一杯生きて、いつか大好きな父と再会できますか? 父は亡くなった愛犬とも再会できていますか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 3

昨夜

お母さんが夜21時50分ごろ、逝ってしまいました。実家に帰ってお母さんのところへ行って小1時間も経たず。 今お母さんはどうしてるのかな、何を思ってるんでしょう。最後はなかなか眠りもできなかったみたいなので、今寝てるんかな。お父さん迎えに来てくれたかな。 寝たきりになってから2年半も経ってないです。68歳。もう少し生きて欲しかったけど、お母さん本人には酷な事なんだろうと思います。 17年まえ1番いい時に、これからという時にお父さんに先立たれて。家族皆のためだけにずっと動きまわり続けて、あげく脳出血。神も仏も無いと感じました。、、すみません。。 いつも謙虚過ぎるくらい謙虚で、いつも笑っていました。辛かっただろうに、寂しかっただろうに。 お兄ちゃんとお兄ちゃんのお嫁さんが最後まで付きっきりでお母さんとずっと一緒にいてくれました。 私は何もしなくて本当にごめんね。不義理なままでごめん。 お母さん方のおじいちゃんとおばあちゃんも去年、おとどしで亡くなりました。 なんにもしてあげられなくて、自分勝手なだけな私は、愛想尽かされてもう皆んなに忘れられるな。 本当にごめんね。 さみしい、これからもっとさみしいです。 お母さん居なくなってないよね?さみしいよお母さん 読んでくださった皆様ありがとうございます。自分よがりな事ばかりで気分を悪くされたら本当に申し訳ありません。 聞いていただいてありがとうございます。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

祖母の死を受け入れられません

はじめまして。 先日祖母が亡くなりまして気持ちが落ち込んでいます。 祖母は体調を崩し入院。退院後は介護施設へ入所後元気でいたと聞いていたところ急変し亡くなりました。 このご時世なので面会はできず、まったく顔を見れず話すこともできずでした。 とても気が強く、嫁姑問題もある家庭で祖母はすぐ母の悪口を言ったり人のことを良くは言わない人でした。 それが嫌で私は祖母に反抗的な態度をとったことも何度もあります。 私自身は結婚し、もうすぐ2歳の子がおります。ひ孫の顔を見ると私の見た事のない祖母の表情を見ました。 仕事や育児に追われ、たまにしか実家に帰ることが出来ず、最後の交わした言葉はトイレに入っていた祖母に(トイレでのズボンの上げ下げもとても時間がかかっていました)大丈夫?と声を掛け、「大丈夫だよ」の祖母の返答に、子供も連れていたので急いでいてまた来るね、じゃあねが最後でした。 祖母が息を引き取る時、父と母は施設に駆けつけていました。 私も仕事が終わり急いで駆けつけようとしたのですが、子供の迎えに行ってる間に亡くなってしまいました。 あの祖母が亡くなったと信じられず… 何度も何度も祖母の眠っている写真を見ながら涙が出てきます。 祖母は「おばあちゃんが死んだらみんな喜ぶだろう」とよく言っていました。 全然誰も喜んでないし、どうして死んじゃったのという気持ちでいっぱいです。 先立たれた祖父や叔母に祖母は会えているのだろうか。 天国へ行けるのだろうか。 死後の世界はどんなところなのか。 私もおばあちゃんのところに行きたい。 色んなことを考えてしまいます。 まとまりのない文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

母の死との向き合い方

昨日、母が亡くなりました。65歳でした。くも膜下出血を発症し約23日間の入院生活の中、一度も意識が戻ることなく逝きました。 母は自転車で10分ほどの場所に一人暮らしで、ある日曜の夕方から連絡が取れなかったのですが、土日はよくそのようなことがあるので、出かけているのかな?と少し気になったのですが、その日はそのまま就寝しました。 しかし朝になっても連絡が取れず、これはおかしいと駆けつけたところ、意識を失っていました。 緊急手術で一命は取り止めましたし、自発呼吸も戻り頑張ってくれていたのですが、脳が腫れたことで状態が悪化し、そのまま静かに逝きました。 私の意向で延命はしない決断をしました。 とても美人な母でしたので、色々なチューブが身体に入って寝たままの姿でただただ生き延びさせてしまうのはかわいそうだと思ったのです。 自然な形を希望しますと、主治医へ伝えました。 母の状態が悪化してから私はずっと病院にいたので、母の最期の瞬間まで耳元で語りかけ続けることができました。心臓が止まるその瞬間までも隣に居られました。 覚悟する時間を与えてくれた母に感謝しています。 しかし、この入院期間中とても後悔の念に苛まれ続け、今も自分を責め続けてしまい、とても苦しいです。 連絡の取れなかったあの日、大丈夫でしょっと思わずにすぐに駆けつけていれば、もっと早く気付けば、もっと母のことを大事に思っていれば、検査を受けさせていれば… 結果は違ったのかもしれないと、私のせいでゴメンねゴメンねという思いが涙と共にどんどん湧き上がってきます。 大人になってから口うるさい母になかなか素直になれず、邪魔だと思った時や反発する時など多々ありました。 本当は世界で一番大好きだし、感謝しているし、素直じゃない娘でゴメンねと伝えたいのに、倒れてから意思の疎通も出来ず、何も伝えられず、このような形になってしまいました。とても悲しいです。 唯一、コロナの影響で小学校が休みだった息子の世話を毎日しに来てくれていたので、それは幸せだったかなと… もっと孫と一緒に居たかったはず、これからを楽しみにしていたはず、何でもしてくれて、守ってくれて、私と孫を世界一愛してくれた母の死と、自分の後悔の念と、どう向き合っていいのか、答えが出ません。 今日は納棺の儀です。また母の顔を見て泣いてしまいそうです。 一番驚いているのはきっと母です。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

彼氏の死

前回はありがとうございます。 運命は決まってるっていいますが、 こんな別れのために出会ったんでしょうか? 何のために出会ったんでしょうか? 苦しいです。 出会った頃にもどりたい 死なないで欲しかった そばにいきたい 彼氏は何もかもすごく頑張ってたのに なんでこんな事になったんでしょうか? 酷いことした人たちは 何事もなかったように生きて 彼氏だけ、、、 とても会いたい会いたい 自分でどおにかなりそーなときがあります。 自分でも怖い 毎日毎日 ただただ過ごしてるかんじです。 いつの日か これ食べたいとか、これしたいとか 感情はでてくるんでしょうか? ハスノハを見てると 何年たっても、何十年たっても この悲しみ ぽっかり空いた穴みたいのはかわらないって、、、 これからこの思いのまま生きていかないといけないんでしょうか? くるしいです。 本当に本当に戻ってきて欲しい くるしい みんなに忘れるんじゃなくて 思い出として、 前向いて進まないと、彼氏が成仏しないっていわれるけど、 本当にそうなんでしょうか? ずっと会いたい寂しいって思うのは ダメでしょうか? 彼氏は長い間 ずっとくるしい思い 悔しい思い 寂しい思い してきたから、 成仏してほしいし、なくなってまで苦しい思いはしてほしくありません。 楽になってほしいです。 やっぱり自分が未練があると 彼氏は楽になれないんでしょうか? 質問ばかりでごめんなさい。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

世界一大好きな祖父の死

祖父が亡くなって約1年経ちました。 世界一大好きな祖父です。慈悲の心を持った、まさに仏様のような祖父でした。無償の愛でいつもわたしを可愛がってくれました。 なるべく側にいたのですが、たった1時間ほど席を外した時にちょうど息を引き取りました。代わりにわたしの兄弟、父が看取りました。 看取れなかった、自分のタイミングの悪さに大変後悔しました。でも、心のどこかで看取るのが怖いという思いも少しありました。 大切な人が亡くなるという体験は初めてでした。 夢に出てくるかな?なにかわたしに言いたいことあるかな?といつも考えてますが、不思議な体験もなにもありません。 母方の祖父なので、お仏壇は母の兄に引き継がれました。 色々な事情があってお仏壇には行けないのですが、心の中の思いや拝みは届いているのでしょうか。(遠くに住んでいるのでお墓参りも年に1度くらいしかいけないです…) 祖父は浄土真宗、わたしは浄土宗です。 私が結婚したらまた宗派も変わってしまうかもしれません。それでもいつか自分が死んだ時に会いたいです。宗派が違っても、いつか会えるのでしょうか。毎日思い出します。あっちの世界でも、どうかしあわせでいてほしいです。 祖父の死から色々なことを学びました。いつも見守ってくれていると信じて生きたいです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る