お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

火葬で焼いたお金について

10数年前に亡くなった祖父の火葬の際、10円硬化をいっしょに焼きました。
火葬後に、その硬化をお守りとして配られたのですが持っていたくありません。

通常購入したお守りを1年でいただいたお寺へお返しするように、正しい方法があれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

お葬式・法事
有り難し 18
回答 3

質問投稿日: 2019年1月15日 13:49

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お近くの寺社にお賽銭として上げる

とくに正しい方法というものはありません。

気になるのでしたら、お近くの寺社のお賽銭箱に入れてお参りして下さい。

5ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

 銅銭(10円玉や5円玉)を火葬時に棺に入れ、あとでお守りにする習俗は、東北~北海道地方にあるようです。これは、古来、三途の川の渡し賃として、六文銭を入れていた名残のようです。硬貨を燃すのは損傷等取締法違反にもなりますし、火葬の炉をいためるので、原則禁止ですが、地元風習を大切にしているのだと思います。多くの地域ではお金の代わりに紙に書いたお金を入れています。
 亡くなった方が、三途の川を渡るために最後に使ったお金が手元にあると思うと感慨深いですね。
 納めたいようでしたら、お寺さんに相談しお納めするとよいでしょう。

5ヶ月前

そういうこともあるのですね。

初めてお聞きしたことなので、びっくりしました。(私だけが知らないのかもしれませんが)
普通にお寺にお納めされればいいと思います。

5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答いただきありがとうございます。
大変参考になりました。

「葬儀」問答一覧

「葬儀」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ