hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

雨の日の憂鬱

回答数回答 2
有り難し有り難し 20

雨の日や曇りがちの日、日光が当たらない時とても憂鬱になります。
心の中がずっとモヤモヤしてしまうのです。

やらなくてはいけないことが毎日あるのにやる気が出なくなります。

ひどい時はいつまでもこの憂鬱を繰り返して生きていかなくてはならないと思うと発狂してしまうこともあります。

どうして自分が選んだわけでもないのに生きていかなくてはいけないのか。

私はいつでも晴れ晴れと生きていたいのに。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

花は愛惜に散り、草は棄嫌に生うるのみなり

花は愛惜(あいじゃく)に散り、草は棄嫌(きけん)に生うるのみなり

難しい言葉を書いてすみません。道元禅師が『正法眼蔵 現成公案』に取り上げている有名な言葉です。

  我々は得てして花が散っていくことを惜しみ、雑草が生えてくることを嫌います。しかし、好んだり嫌ったりするのはわれわれ人間の都合であり、勝手からくるものです。花は自らの生命活動として開花し散っていきます。草は自らの生命活動として、種が芽を出し伸びていきます。我々人間の好き嫌いにかかわらず、花は花として、草は草としての働きを示し居ります。

  私達が好むと好まざるにかかわらず、自然の法則の中で晴れの日も有れば、曇りの日も有れば、雨の日も雪の日も有ります。農業する方にとって、農業用水をもたらす雨天の日も必要ですが、作物を成長させる晴天の日も必要です。でも、自然も地球も宇宙も我々の都合に合わせて動いてくれるわけではありません。自然の中で宇宙の中で、我々は生かして頂いているのだと受け留めるしかありません。

  誰しもが感情を持って生きていますから、気分が上下することはあります。それは仕方がないことです。誰もが、運動会や遠足の日には雨天を嫌ってきた経験があると思います。でも、同じ日に雨天を願っている農家も居たはずです。大学入試センター試験当日、受験生は晴天を願ってましたが、降雪を願っていたスキー場関係者も多かったと思います。

 人間ですから、誰もが多少の好き嫌いはあります。でも、もっと大らかな、広い心を持ちたいものです。詩人相田みつをは我々人間の身勝手さを「おだてられれば いい気になる  悪口いわれれば はらたつ わたし」と詩に表現して戒めてます。そして、下記のような生き方を提言してます。

「雨の日には雨を愛し 晴れの日には晴れを愛す」

{{count}}
有り難し
おきもち


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...
このお坊さんを応援する

こんばんは。
今日の神奈川の天気はどうでしたか。
北陸の冬はグレーな曇り空。
出張で太平洋側に行くとあまりの青空に戻るのが悲しくなります。

雨が続くと憂鬱でした。
身体はエネルギーに溢れているのに活動できない。
そのもどかしさがありました20代。

今は晴れの日が憂鬱です。
休日は衰えゆく身体をゆっくり休ませたい。
だけど、外はこんな青空。
何かしないことがもったいないと思えてしまう43歳。

時間とともに見えかたが変わってきます。

雨が憂鬱というのは、若い健康な証拠。
自分の思い通りにならないことの方が多い世の中です。
思い通りが当たり前という世界に執着するとしんどいです。

思い通りにいかないことが当たり前。だけどうまく行った時、
それはラッキー、ありがたし。その方が健康的に過ごせます。

鏡がなければ自分の姿すら思い通りに見ることのできない身。
その上でどんな世界を自分の上に広げていくか。
思い込みだけの世界に自分自身を閉じ込めておくのは勿体無いです。

{{count}}
有り難し
おきもち


お釈迦様の教えも親鸞聖人の教えも文字による記録で受け継がれてきました。他の...
このお坊さんを応援する

「憂鬱・晴れない・落ち込む・塞ぐ心」問答一覧

絶望癖が治りません

こんにちは。日頃、自分と似たような悩みを抱えている方の質問や回答を拝見させていただき、自分なりに試行錯誤して取り入れたり等しています。(皆様ありがとうございます) 20年と少し生きたくらいの学生です。 私の家は物とお金が愛情表現のような節があり、言葉でのコミュニケーションはとても上辺で、精神的に通じ合えない家庭です。家族は皆本音を言わず、問題事からは徹底的に目を背けるといったような感じです。 事なかれ主義というやつでしょうか。 特に母親は完璧主義で真面目です。物事へのハードルを上げて自分で自分を苦しめてしまう人です。そして、親は子供より絶対的に優れていると思っているのか、幼い頃から私の相談事はことごとく正論のみで打ち返されました。私はこう思う、こういう気持ちなんだと意見すれば 「だったらこうすればいいじゃない」 「こう考えればいいじゃない、どうしてそういう風に考えちゃうの?」 などと言われました。 もう相談しても無駄だと思いました。感情的に寄り添ってくれる人は周りに居ませんでした。 また、少し年の離れた2人の兄(この2人は年子)達からは度が過ぎたからかいを受け続けました。自分言動全てに揚げ足を取られました。 いつしか私は、当然のように自分の意見や考えを人に伝えるのが苦手になって行きました。また、とても卑屈な考え方を根底に持つようになりました。嫉妬や羨望や怒りや、子供っぽくてみっともない承認欲求が混ざった、口にしたらあっという間に嫌われそうな言葉ばかりが浮かびます。人と関わるのも苦手になってしまいました。とても警戒心が強く働き、素の自分ではいられません。とても無口で愛想の悪い感じの対応をしてしまいます。 大体そういう時に浮かぶのは、 「私は適切に愛されなかったからこうなっちゃったんだ、普通に経験しておくべきことを然るべき年齢でちゃんと経験できなかったせいで私の精神年齢はこんなに低いまま、もう終わってる私の人生、詰みだ…」 というかなりしょうもない言い訳です。 何か上手くいかないことがある度に、少ししんどくなる度にこういった絶望癖が出てきて止まりません。 その度に視界に映る全てに対して辟易します。 もうさすがにしんどい限界を超えました。 この思考回路はどうしたらもっと建設的な方向に変えられるでしょうか。 ご回答の程、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

死んでしまっては駄目ですか?

今日、知人の方に相談した時もそうでした。 「残された人の気持ちはよくわかっているはず」と。 しかし、何をするにも気が重く、目標がはっきりしないのか、もしくは高すぎるのか、安定した気持ちで過ごすことが出来ません。 過去を思い出すのが頻繁で、「あの頃に戻れたら」と、現状は精神的に辛いです。 何を見ても暗い気持ちになります。 あんなこと、こんなこともできないのか、と自分に失望します。 仕事につけば治ると思っていましたが、まだ始めて2ヵ月というのもあって、仕事に対する不安が大きい始末。 引っ越してきたばかりは、火事から立ち直ろうとする気概からだったのか、当時の職場も慣れ親しんだ場所だったからか、気持ちの安定した日もあった気がしますし、行動も今よりずっと起こしていました。 向こう見ずなところはありましたが。 行動力の低下や、寝込む時間の増加、休みがちの仕事、何かを変えられない自分に失望しました。 今まで父に引っ張られて生きてきたこともあり、失ったため、道しるべもありません。 正直、行き詰まりました。 それでも、生きていくべきですか? せめて、明るくなれる目標が作れたら良かったのですが、何がいいのかも決められません。 手詰まりです。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

気が晴れません

ここのところずっと憂鬱で、気が晴れません。昔から人生がとても辛いと思うことが多く、慢性的に死にたいと思っている私ですが、結局は死なずに今も生きています。 憂鬱になるような不安な要素は確かにあります。大学の試験に落ちて再試験になったこと、そしてその再試験でも合格できるか分からないことです。やれるだけやっていますが不安で仕方はありません。 その他にも、明らかな低体重であることも憂鬱な要因のひとつかなって思います。でも、食欲がわきません。 なんと言うか、試験や将来のことや、自分の精神疾患について悩むことも嫌なのですが、それ以上に人生そのものが辛いのです。なにかやっていると「死にたいのになんでこんなことしてるんだろう」とか、「こんなことしてないでさっさと死ねばいいのに」とか思ってしまいます。 運動はメンタルに良いとお医者さんからは言われたので、毎日ウォーキングしてますし、発酵食品はメンタルに良いと聞いたから、毎日納豆を食べたりしていますが、どうしても憂鬱が続いています。 もういいか、と言う感覚があり、さっさと死んでしまおうと結論付けようとしているのが正直なところです。でも、結局死ねないんだろうな、とも思います。 つまり私は生きていたいのかな、とも思います。 憂鬱をどうにかしたい。でももうどうにもなりそうにないから死にたい。これが私の現状です。 お坊さんにも憂鬱な時はあると思います。そんな時どうしてますか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

魂と身体と人の記憶。苦しみについて

今の自分のことにつきましては、プロフィール欄に書き込んでおりますので、それを見ていただければ幸いです。 悩みや苦しみについて色々な勉強をしてきた結果、私は人格が解離しているのではないか、ということを自分で仮説として立て、臨床心理士の方にそれを説明し、その鑑別をしていただいているところです。 鑑別するには過去の辛い記憶や傷を思い起こす必要もあり、それは本当に負担が大きく、自分の心がどういう状態なのかまだ理解も納得もできておらず毎日が苦しいです。一ヶ月後に迫る資格試験の勉強も進めることができず、それも苦しみになっています。(キャリアカウンセラーの方からは勉強に集中してほしい、合格してほしいという思いを感じるのですが、自分は心の問題解決を優先させたほうがいいと思うので余計に) 金銭的なことやコロナ禍ということもあり、気持ちを落ち着かせることができるのは、近くのお寺でお祈りをしたり、公園の池にいる動物をながめたり、自然のある場所にいって景色を眺めることぐらいしかありません。 他にもコーピングを取り入れたりして、ストレスの解消に取り組むのですが、効果が薄かったり、人に会ってお話を聞いていただくことも、会話をしていると逆にお話を聞く立場になることが多くて、複雑な心境になったりします。今は考える時間を減らす、という事をしているところです。 しかし今のこの状況で、少しでも心の負担を軽減することができる方法、仏教的な観点やお坊さん自身のご体験でもなんでもよいです。そんなアドバイスをいただければうれしく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

心を安定させたい

こんばんは。 私は今、精神的に療養する為、今年の5月から実家に帰省して両親と姉家族と住んでいます。 というのも、夫が2年以上前に『群発性頭痛』という病気を患ってしまった事から始まりました。 仕事が出来なくなる程症状が酷く、今まで夫に甘えて頼りきりだった分、自分がしっかりしなくてはと微力ながら支えてきたつもりです。完璧には出来なかったですが…。 そして、昨年からのコロナ禍の影響で夫は仕事を解雇され、そこから精神病を併発してしまいました。 死や離婚をほのめかす発言が多くなり、攻撃的な言葉を浴びせられる事も増えたり、下手をしたら一日中喋り続けられる事もあり、症状だから仕方ないと分かっていても次第に私の心も疲れてきてしまい自分も仕事へ行けない状態に。 最近まで、少しの期間生活保護も受けていましたが、精神的に限界が来てしまいお互いに両親の家に帰る事になり今に至ります。 でも今は、ちょっとしたことで落ち込んでしまったり不安になってすぐ泣きそうになったり、気づかれないように家族のいない所で泣いてしまいます。 泣きたくないのに、すぐ泣いてしまう自分が本当に嫌になってしまいます。 家に帰ればもう少し心が安定して快方に向かうと思っていたのですが、気が張ってしまって気も使って、正直一人になれる散歩の時間と寝る前の時間が一番落ち着くと思ってしまいます。 母や1番上の姉は、ゆっくり進んでいけばいいと言ってくれますが、父も優しいのですが「家にいるより仕事をしていた方が楽になるはずだ。うちの家系にうつ病はいないから大丈夫だ」と言います。 父の言っている事も分かるのですが、焦りや不安な気持ちに襲われてしまいます。 勿論、いつまでも甘えるわけにはいかないと自分でも思っています。 けれど、私に今出来ることは、家の家事をこなす事と外にお散歩に行く事くらいです。 幸いにも、車で数分の所にお寺があるのでつい先日久しぶりにお参りに行き、今日も行ってきました。 もっと誰かと会話をした方が良いのでしょうが、恥ずかしながら友達もいないし…。 自分が勝手に作り出してしまっている考えですが、「自分はここに居たら迷惑なんじゃないか」とか、家族が居て支えてくれてるのに、何故か孤独に感じてしまったり…。 何を伝えたいのか話しがまとまらなくて申し訳ありません。 ただ、少しでも前向きに明るくなりたくてお話しに来ました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

どうしたらいいのか

上手く伝えられるかわからないのですが、朝起きると目が覚めた瞬間に苦しいと思ってしまいます。 夜ぐっすり寝ているはずなのに、苦しいなまた朝か…と思いながら目覚める毎日です。 その後なんとなく日中をいろいろありながらもやり過ごし1日が終わり翌朝また苦しいなと思う。そんな毎日その繰り返しです。 マクラや布団のせいかと思ってそれも変えましたが違うようです。肩こりとかかなと思って整骨院にも行って見ましたが違うようです。運動したりしたいのですがそれは事情があって出来ないです。 たまには遠出をしてみて綺麗な景色や外食したりもあるのですが、その時だけで、翌朝の目覚めはやっぱり苦しいと思ってしまいます。 他に思うところがあるとすれば、帰りたい場所に帰れなかったということはあるのですが、それが原因というのも言い切れないですし、この土地でも知り合いを増やしていく努力はしています。 (私一個人としては、やっぱりその場所に帰りたいけれど、家族全体で考えたときにはその選択肢は難しいという結論になりました) それでもなぜか毎日何かが引っかかったような苦しさがあります。それがあるからなのか普段の生活で何か良くないことがあったときなど泣いてしまう事もあります。 どうしたら気持ちが晴れるんでしょうか? どうしたら前向きに楽しく笑って毎日を過ごしよくない時も踏ん張って生きていけるんでしょうか?上手く説明できていなくてすみません。 このモヤモヤに毎日とらわれていてどうしたら解決できるのか悩んでいます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

社会不適合者になるのでしょうか

先日相談させて頂いた追記のようなものになります。先日はご回答ありがとうございました。 社会人になってから、特に色んな事に神経が過敏になりました。 私は周りからアンタは鬱にはならないよって言って貰ってたので、私は鬱や精神疾患とは無関係なのだと思ってました。 実際鬱ではないとは思っているのですが、音に対して異常な程の嫌悪感があります。 理解されにくいのですが、(特に深夜に)他人が立てる物音に対して涙と震えが止まらなくなる程の恐怖を感じます。 このような症状の例があるみたいなので調べたら心療内科での受診だそうです。 ですが、そこで鬱や精神疾患を診断されるのがとても怖いです。 社会不適合者なんだと認知されるのが嫌で嫌で仕方ないし、そんな自分をもっと嫌いになってしまいそうです。 それに、母は精神病を特に嫌ってます。 母の周りに鬱が多かったみたいで、アンタだけは精神病にならんでね!と言われたことがあります。 母も大変なのに、精神疾患がある娘がいるなんて母に負担をかけたくないです。 それでもこの文章を打つのでさえ指が震えてしまい涙が出てきます。 本当の気持ちは病院に行って1ヶ月程実家で休養したいのですが、 金銭面、仕事の昇級の時期や、周りの迷惑を考えて一歩進めずにいます。 心が楽になるアドバイスを頂けたりしないでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺