hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ネットについて

回答数回答 3
有り難し有り難し 60

こんばんは。私は今のネットに疑問を持っています。

yahoo知恵袋等、質問サイトで丁寧に質問しても、返ってくる答えは冷やかしみたいな回答ばっかり、最悪の場合煽ってきたり…。
長文で質問してる人がいたから、真面目に回答したら、「えっ、これネタなのにわかんないのww?」って言われた事がありますが、普通に考えてわかんないと思います。

ツイッターとかも、何の変哲も無いツイートをしたら、それに過剰反応したリプがいくつも届いたり大変です…。
でもこっちが注意したら自治厨だとか自分のルールを押し付けるなとか怒られ、正直ウンザリしています…。

こっちが感情的になって発言にミスして、謝罪してるのも関わらず「いーけないんだ。みんなに拡散して炎上してやろう」という人も多数います。

他人をネタにして笑い者にする人も増えてきて正直疲れました。助けてください。

2019年1月30日 21:17

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

上手な距離感を探してみて下さい!

質問読ませていただきました。

インターネットの世界というのは、インターネットが普及する前の人付き合いとは違い、独特の雰囲気を醸し出しているな・・・と私は常々感じております。
それは何故かと言いますと、自分の正体がばれにくいので、発言に責任を持たない方が多いからです。

住所も氏名も顔もわからないのであれば、自分の正体はなかなかばれません。それを良いことに、酷いことを言ったり、無責任にあおり立てたり、平然と人を傷つけたり馬鹿にしたり・・・様々な事が当たり前のようにまかり通っております。
もちろん、そんな中でもしっかり自分の発言に責任を持とうとする方がいらっしゃるのもわかりますが、そう多くはないでしょう。

ですので、私は無責任がまかり通る世界には深入りしないことに決めております。
深入りすることで、相手に怒ってみたり、悲しんでみたり、余計な欲が湧いてみたり・・・自分の心が乱されるような気がしますので、遠くから眺めるようにしております。

逆に自分の正体を晒してのお付き合いというのは、とても大切にしたいと考えております。それは実際に顔を合わせて付き合う人でも、ネットの世界で繋がっている人でも同じです。なぜなら、正体がお互いに分かっていることで責任を持った言動が求められるからです。

YUUさんも、インターネットの世界に不満や疑問を抱かれるのであれば、ある程度距離を持って上手に利用するようにしてはいかがでしょうか?

何か少しでも参考にしてみて下さいね!

2019年1月30日 23:18
{{count}}
有り難し
おきもち

京都府・大阪府・奈良県の県境に当たる、京都府京田辺市の自然に囲まれたお寺で...

そんな人もいる

こんばんは。すでに光禅師がお答えですが、ネットというのは煩悩丸出しになりやすいなぁ、と感じます。基本無料(とみんな思っている)からかなぁ。でっかい落書き広場みたいなものではないでしょうか。
掲示板とか質問箱も、タイトルは同じでも手入れの行き届いている場所もあれば荒れ放題の所もある。現実社会であれば街の汚れとかも参考になるけれど、見ているのは自分の持っている画面だけ。
ですからね、「ネットに書くということは、リアルで対面で発言するのと、どう異なるのか?」を学ばにゃなりません、我々。免許とかはないけれど、リテラシーは存在します、自衛のためにも。
「言葉は優しいけれど、目は笑っていない」とすれば、トータルは「怒っている」でしょう?でもネット上では、大概言葉しか残りません。コミュニケーションとしてはポテンシャル低いのです。それをまず検証してみて下さい、ご自分で。そして、今回経験してきたことについては「そんなこともある、そんな人もいる、そんな場所もある」という学びの一つです。冷静に見ていると「ネットの全てが悪意ではない」事にも気づくと思いますよ。「今のネット」という一括りの見方を、まずはやめてみたら如何でしょうか。

2019年1月30日 22:57
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

現実の世界ですから

 ネットの世界をよく「仮想空間」と言う人がいますが、そんなことはありません。実在の人間がおこなっている現実の世界なんですよね。
 自動車の運転をすると、人格がかわったようになってしまう人がいますが、それと同じように、ネットの画面を見ると、人格がかわる(本性が出る)人もいます。ですのでネットの世界は、人の本性が渦巻いている世界ともいえます。使い方によってはそれに巻き込まれてしまう事になります。あまり深入りしませんように。(ネットの世界において悪態をつく人には放置しブロックするのが正しい対応です。)

 hasunohaは、回答者は全員お坊さんで、また運営がきちんとしており、荒らし行為もほとんどありません。とは言っても、質問によっては厳しい答えも入れますけどね。
 良かったらまたご利用ください。

2019年1月30日 21:56
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

お返答有難うございます。
ネットについてお坊さんの視点で色々と知る事ができました。
あまり深入りせずにやって行こうと思います。
ご丁寧に返事を有難うございました。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

似たような質問がなかったので質問します

こんにちは。よろしくお願いいたします。 結婚して、韓国に来て6年目になります。 私の毎日なんですが、 道端でリードのしていないマルチーズに突進され、足首を噛まれた挙げ句、飼い主に、お前の日傘に怖がって噛んだんだ!と逆ギレされたり 地下鉄で、LINEで友達と日本語で通話していると、チッと舌打ちされたり、次の駅で降りろ、目障りだと20代ぐらいのカップルと小競り合いになったり またある日は、病院で診察の順番を待っていると、(電光掲示板に患者の名前と待ち時間が表記されます) 日本人か?こんな所にまで紛れ込んでいるのか?侵略者が!と言われ、コソコソと診察室に入ったり、、 とにかく外出するたびに酷く疲れる事があります。 最近は日韓関係がこんな状態ですので、それが関係しているのか、 タクシー乗車拒否をされ、土砂降りの中、息子と歩いて帰ってきた事もあります。 生活しながら、理不尽な事に対しての怒りの感情やら、ストレスがうまく消化出来なくなり、人生初めて安定剤を飲みました。 あらゆる場面で、韓国人の価値観に無理をして合わせているフリをしないと、自分が生きづらくなるという事に疲れてきました。 日本人と韓国人では、根本的な価値観も、あり方も、物事の判断基準も、こうも違いすぎるのかと今でも驚く事ばかりです。 それでも、韓国人夫と結婚した以上、ここで生活していかなければいけません。 夫は優しく子育ても良くしてくれます。 最近、同じ韓国に住む日本人ママの息子さんが、学校で虐めにあい、日本の学校へ転校させる事にしたと連絡がありました。 私の息子はまだ2歳ですが、これから学校で息子も虐めに合うのではないか、、と、またそれも心配になってしまいます。 どんな心構えでいたらいいのか、、辛いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

お坊さまは死刑制度をどう考えますか?

いつもお世話になっています。 お坊さまは、死刑制度についてどうお考えでしょうか? 私は死刑には反対です。死刑という判決を受けるような凶悪な罪を犯した人の多くは、ただ縁に恵まれなかっただけで、歪みたくて歪んでしまった訳ではないのでは、だとしたら殺してしまうというのはどうなんだろうか…と思ってしまいます。 しかしその一方で、「貴方の大切な人が殺されたら、犯人を死刑にしたいとは思わないの?」と言われたら、正直言葉に詰まってしまいます。矛盾しているようですが…。 死刑に賛成する人の気持ちもよく分かります。というか賛成派の方が正しいようにも思えます。 しかし何か、釈然としないと言いますか…本当に凶悪な犯罪者なら殺してもいいのだろうか、という気持ちがあります。 「どんな理由があっても人を殺すことは許されない」という意見は、死刑制度へのアンチテーゼそのものだと思うのです。 不殺生や報復(死刑を報復と捉えるかは難しいところですが)の意味のなさを説く仏教の信者として、お坊さま方は死刑制度についてどのような意見、信条を持っていらっしゃるのか伺いたいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

臓器移植の募金

初めまして、シホと申します。 以後、お見知り置きを。 臓器移植の募金行為でご相談です。 私はいじめられた経験から、命の大切さを学びました。 さらに、大好きだった祖父母も亡くなり、姪が生まれた時に大切な人たちを失う苦しみ、命の喜びなどを知りました。 1人でも命を救いたいなどという理由で少額ですが、募金しています。 今年、街頭で臓器移植の募金を行われていたので募金しました。 その子が無事に目標額になったと記者会見で知りました。 記者会見を拝見して、『良かった』と思いました。 ですが、ある掲示板でその子の臓器移植・募金に対して書き込みがありました。 拝見すると目を疑いたくなるような 内容でした。 以下が私が拝見した内容です。 ・『心臓病と闘う子はほかにもいる。不平等』 ・『もっと多くの子を救うための行動を起こすべき。これでは、なんの解決にもならない』 ・『デポジット代(医療費)はそれは実質、移植を待つ患者の列に割り込んで、順番を抜かすための金だ。寄付した人は犯罪者集団』 ・『その子を助けたいがために他人の命を蹴落とした。命の選別した』 ・『「誰かを助けようとする行為」が他の人にとってはとてつもない悪意になる場合があるんだよ。自分が善意のつもりの行為が巡り巡ってとてつもない悲劇をおこすことだってあるんだ。それぐらいのこともわからんくらいアホなのか』 などという意見を読んでしまい、ショックを受けています。 自分が行っている事は犯罪行為であり、とてつもない悲劇を起こす悪意なのでしょうか? そして、命の選別でしょうか? 今はとても、泣きたくなるくらい悲しくて、苦しいです。 自分でももう、良かったのかわからなくなっています。

有り難し有り難し 37
回答数回答 2

風通しの良い価値観の人と出会いたいです。

風通しの良い広い価値観を持った人と出会いたいと思い続けてます。 恋愛ではなく、ただそういう人と親交を深めたいのです。 例えば、LGBT、専業主夫、外国人、ずっと未婚の人、少ない労働時間で生活している人、義足の人、タトゥーのある人、中年以降の女性や男性に魅力を見出す人……のような古い価値観の人が思う「排除されて当たり前」みたいな生き方の人に対し、肯定的に普通に接することができる人です。 またそういう生き方を堂々と貫いている人です。 私は少ない労働時間で働き、未婚で、男女とも歳をとった人に魅力を感じますが、これをおおっぴらにすると、まるで突然敵対視されるかのように接してこられます。 「若いっていいよね」という人に「そうかな?人の皺って魅力があるよね」と言おうものならもう大変です(実体験です) 今まで「何でわざわざ障害のある人と結婚するの?」「人間、子供ができて一人前」「結婚しないのは変」「若い頃が華。年老いたら無価値」「家事は女の仕事」「男は強くあるべき」「良い大学に行くことが素晴らしい」…のような価値観の嵐の中で生きてきました。 どこへ行ってもこうでした。 そんな中、ある遠い場所で、ほんの短い間、女性の心を持った男性と男性の心を持った女性と接する機会がありました。 私は恋愛対象男性の女性ですが、なぜかその時、生まれて初めて、「人生で初めて呼吸ができた。いま私は自由だ」と感じ、その人達を心から尊敬しました。 いま、趣味仲間はいるし色々な場所には出掛ける機会はありますが、「この人は話が合うかな?」と一瞬期待しても結局違います。 具体的に理想の人々とはどういう所に行けば知り合えるのでしょう…。 「あー、こういう友達欲しいなー」と毎日もやもやと思いはするけれど、どう行動を起こせばいいのか…。 SNSを見ていると理想の生き方の人は大勢いて、この人達は一体どこで出会ってるんだろう?と疑問ばかり。 ネットで繋がってはいますが、会って友だちになろう!なんて言い始めたらさすがに怪しすぎます。 ネットだからラッキーな人が目立つだけで、結局島国日本に住んでいる限り息苦しいものなのでしょうか。 私のような人間は息を潜めているしかないのでしょうか?だからこそ見つけにくいのでしょうか? そう考えると諦めがつく気もするけれど、諦めたくはないです…。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

世の中嘘ばっかりなのでしょうか

見てくださりありがとうございます。 知り合いの女性にマルチ商法に勧誘されようとしている、と気付き、距離をとったのがきっかけで、何を信じればいいのか分からなくなっています。 ネットで、いわゆる自己啓発系のブログなどを読んだりするのが好きでしたが、高いセミナーを開いていたり、心理学と名乗りながら資格も持っていなかったり、 「あれ?この人ももしかしたらお金儲けのために嘘ついてるのかな?」と疑うようになりました。 お金儲けすることは悪ではないと思います、ただ、弱い人間を強い言葉で支配しているブログに見えてきて。 好きなブログがふたつあって、片方が疑わしく思えてきたので、これは見る目が養われたというべきなのでしようか。 そのブログは、「人をまず信じなさい」と書いていて、 人に心を開かず何も話せなくて悩んでいたので、その考えを信じたいとは思っていましたが、 今は人をまず疑うべきなのか、悩んでいます。 自分は、まだまだ世間知らずで、ぼんやりした見た目をしているので、騙そうとする人間ばかり近づいてくるのではないかと、少し怖くなっています。 人は、まず信じるべきなのでしょうか。疑うべきなのでしょうか。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る