hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お経

回答数回答 3
有り難し有り難し 24

今日とある祭りの星祭りに行きました。
お経を長く聞いたのですが、お経を聴いてる
時何度も寒くないのに鳥肌が全身にたちました。
なぜでしょうか?

2019年2月3日 19:12

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

まあ…そういう時もありますよね。霊とかそういうことではないでしょう。

私としては、なぜ鳥肌が立ったか?よりも、なぜ鳥肌が立ったことが気になるのか?のほうが少し気になります。

おせっかいになりますが、悩みや不安があるとか、災難が続いてるとか、何かご自身の中で今回の件と結びつけたくなるようなことはありませんか?

もし不安や悩みがありましたらいつでもhasunohaでご相談ください。

とにかく、お経が霊をよびよせるとか、祟りや呪いや憑き物があるということはないですからね。

そういうものでなく、お寺の本堂や美しい景色の中など宗教性を刺激されるような場でお経(声明・御詠歌なども)や音楽を聞くと感動もあいまって鳥肌が立つことはあるかなとも思います。

様々な条件によってあなたの何らかの感覚が刺激されたのではないでしょうか。

2019年2月3日 20:24
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

不思議なものなのかも

私の寺院も昨日星祭でした。
お堂に籠って、長い時間お経を読んでいましたよ。

私は当然僧侶ですのでお経に触れる時間は長くなります。
ですので、私自身のお経で「美波さんのような状態?」になることはあります。

なんかもう、意識がどこにあるのかな?というような感覚です。
原因は分かりませんし、そこに何があるかという追及もしません。
こだわりを持つことが、何かの妨げになってはいけないと思からです。

あなたの体験は、不思議なものかも知れません。
ですが、そこにはあまり捉われず、自分の感じたそのままの体験を、受け止めていただければと思います。

それが、休日の時間をお寺の参拝に時間を使う、その意味合いに繋がるのではないでしょうか。
救われているんだなと、ただそう感じて下さい。

2019年2月4日 9:27
{{count}}
有り難し
おきもち

時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

心が感動したのかも知れませんね。

美波さん、こんにちは。

 大切な儀式なので悪霊がつくわけがありません。気のせいと思えば終わりですか、心身にビビビと感じたと思うのであれば、ポジティブに考え、仏教の教えを学ぶきっかけにしましょう。合掌
 

2019年2月3日 21:05
{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

「お経・経典」問答一覧

【プロフィール参照】お経をあげる意味について

最近、疑問に思っていることがあり各ご僧侶様のご意見を頂きたく質問させて頂きました。 まだ小学校低学年の頃から、30年以上前に亡くなった曾祖父に会いたがったり、誰に教わるでもなく仏像をねんどで作ったり絵に描き起こしたり何かと仏教とご縁のある身なのだなとありがたく思っております。 大学でも仏教学部に在籍していたこともあり学問的な仏教にも大変興味があります。 この1か月間で無量寿経、薬師経、阿弥陀経、般若心経等、10以上の真言、経典を読んでいました。 釈尊の言葉をまとめたものがお経なのであれば、なぜ葬式や法事であげるか少し理解できずにおります。教えを書き起こしたもの(学校でたとえるならば教科書でしょうか)を故人にあげる意味とはどういうことなのでしょうか? ある本には六道の中で人間界でしか仏教を聞く事ができないと書いてありました。 人の思う天国も六道では天界というところだそうですが、苦しみもあるとのことでした。 葬式や法事等であげるお経は人間界でしか学べぬ仏教を、故人にもその教えをお経として聞かせ参列している人もまた教えを一緒に聞く、という意味合いなのかなと解釈しております。。 菩薩や天部のエピソードは多少脚色されたものもあるのかもしれないなと物語として楽しく学んでおります。 また各浄土にいらっしゃる仏様それぞれが得意とする分野をお持ちですが(薬師如来なら無病息災や病気治癒など)、病気になった時はお薬師様、強い心を持ちたい時はお不動様などそれぞれの仏様に拝んでもよいのでしょうか? 全ての仏様のお師匠様が阿弥陀様ということを本で見かけましたので基本的に元をたどれば一つであると考えればどの仏様にお祈りをしてもよいのかなと、、 仏様のご利益は願って叶うものではなく、願ったのち自身が前を向き努力した時にそっと後押しをしてくれる存在と最近は思います。 ご僧侶様のご回答ご意見を、宗派関係なくお聞かせください。 ※曾祖父時代は浄土真宗、現在は真言宗ですが私自身はどの宗派も元をたどればおおかた同じと思っておりますので気に入った仏様や宗派を勉強しているようなかたちです。

有り難し有り難し 76
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る