お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お金使いが荒いのを直したい

わたしはこれまで貯金をしたことがなく、その月のお給料を次の月のお給料までに、ほとんど使い切ってしまいます。

特に服代に月10万円ぐらい使うこともあります。
1万円ぐらいの服を何着も買うので、あまり着ないで捨ててしまうこともあります。

毎回、無駄遣いはやめようと思っているのですが、ストレスが溜まっていたり、少しでもピンときた服があると買ってしまいます。
服に限らずお金があると使ってしまいます。

どうしたらお金を貯めることが出来るのでしょうか?
甘えた悩みですみません、アドバイスよろしくお願い致します。

有り難し 78
回答 4

質問投稿日: 2013年12月24日 20:48

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

だーはら さん

こんばんは。
ストレスを溜めないためにも、好きなことをするのは発散になるし楽しいんだけれど。
生きていくためには、お金の管理、貯蓄は大事です。
みんな誰だって、欲しいものを手に入れたいし、贅沢だってしてみたい! それでも、お金を使いきってしまうわけにはいかないことくらい 考えたら分かるものね。自分のお財布と相談しながら、使うものですよ。

家族もいるのだから、計画的に! ←コレ大事よ◎

家計簿 とまではいかなくても、ひと月の生活費を決めましょう。
食費、衣料費、貯蓄。。。決めた額以上は絶対に使わない。その中で やりくりするんです。どうしても 絶対に必要なものかな? しっかり考えて買いましょう。
もうね、習慣づけないとダメよ〜
子どもの おこづかい帳みたいに、メモしていきましょう。
10万なんて、ひと月 おこづかい10万も自由に使える大人 いないよ〜(^^;;

あなたのお金を どのように使っても 別にいいんだけどね〜 大事に無駄のないように使おうね☆

4年3ヶ月前

自分がやっていることにヒントがある

あなたは視覚的、美的感覚に優れている、と思うべきです。
私の父は、絵や字を描くのが趣味でしたが、私にその才能はありませんでした。
父は視覚的な才能に恵まれた、といえましょう。
その反面、私は、聴覚的な分野に大変興味があり、音楽的なこと、お経の発声、太鼓や木魚の響きなどに大変うるさいです。
後輩さんで味覚に大変優れた方がおられました。彼は料理の分野で花を咲かせています。
人には、6感の中で特に秀でた分野がある様です。
あなたは、おそらく視覚的な美意識が高いといえます。よって、より優れた美を追求すべきです。
ですが美を追求するということは、沢山の洋服を買いそろえて、ポンポン捨てることであっては、その行為は美しくありません。
ヘルター・スケルターなど、いかなる手段を使ってでも人より美人になろう、という精神も美しい、といえるのか。
美人は顔が美人だから美人なのではありません。
沢山の洋服で着飾るから美しいのでもありません。
どんな美人女優もタレントも最近はすぐ離婚してしまいます。
見た目の美には行きつく先があり、やがて衰えます。
仏教もその限界を知って、観た目ではなく、精神の美しさを追求された方が多くおられます。
あなたがもし美を求めるのであれば、限りなく精神の美を追求すべきです。
お金をかけるならその分野にかけてみる。たとえば10万だけ自己投資として上限としてみる。その中で、十分に精神の美を究められて、結果的にお金も使わなくなります。
自分のその行い、精神が本当に美であるかないか。
華道もファッションも芸術も究極の美を追求することは、心の美を追求することに他ならないのです。
心の美とは何か、人より優れようとか、うつくしく見せようとか、物質的なもので心を満たそうとするのではなく、自らが自らの力で、心をおさめ得る大きな力を得る事なのです。

4年3ヶ月前

心の主

だーはらさま。
なごみ庵の浦上哲也と申します。

お金遣いが荒いことにお悩みなんですね。もうひとつの質問も拝見しましたが、何か大きなストレスが日常的にあって、それを発散するために無駄遣いをしたり、過激な映像を見たりしてしまうのではないでしょうか。

でも、ストレス解消である無駄遣いそのものがストレスになっているようですし、過激映像も友人に引かれてしまうのは問題です(まあ、個人で視聴する分にはいいですが)。
ですので方向としては、まずストレスを軽減すること。もうひとつは別のストレス解消法を編み出すことではないでしょうか。これはまた、別に考えなければいけませんね。

本題の「お金を貯める」ですが、現実的な案として自動積み立ての定期預金をしてみたらいかがでしょうか? あるいは自動引き落としの個人年金もいいかもしれません。
だーはらさんは、財布や普通口座にお金が入っていればきっと使ってしまうでしょうから、知らず知らずのうちに貯まっている方がいいのでは、と思います。

最後に仏教の言葉をひとつ。
「心(欲望)の奴隷になるのではなく、心の主になりなさい」
…難しいですけどね (^_^;)

4年3ヶ月前

買い物依存症

だーはら様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し買い物依存症の傾向があるのではないかと存じております。

度合いが進むと嘘と借金を重ねてまで買い物をして、やがて多重債務を抱えて破産するといったケースもあります。家庭崩壊や信用低下も招き、場合によっては、窃盗や横領、詐欺などの犯罪にまで至ることさえあり得るだけに、専門のカウンセリングを受けるなど、早めに対処・治療することが肝要になるのではないかと存じております。

また、日々の収支のバランスを記して、明確化することで、ルール(貯金額等)を設定し、それを守ることで抑えていくのも一つかもしれません。

さて、八苦の苦しみの一つに、「求不得苦」(ぐふとっく)がございます。下記の問いにても少し扱わせて頂いております。

問い「喜びすぎると痛い目にあいますか?」
http://hasunoha.jp/questions/87

求めても求めても満足できないという苦しみのことですが、買い物依存症の場合においては、それが顕著に現れて、結局は満たされない空虚さの中で、苦しみ続けることとなってしまいます。

一つは、浦上様もおっしゃられているように、心の問題としてのストレスのコントロールが必要かと存じます。

拙生も、問い「ギャンブル依存だと思います。最低な嫁、母親です。」( http://hasunoha.jp/questions/335 )にて告白致しておりますタバコ・ニコチン依存症の原因には、ストレスが大きく関わっていたと存じております。

僧侶なのに・・と思われるかもしれませんが、修行が足りず、まあ、現実、結構ストレスに負けてしまっていることも多々でございます。

ただ、やはり仏法を学び実践していくべき者としては、いつまでもストレスに負けているわけにはいかない、時にhasunohaで偉そうに回答させて頂いている以上、尚更にストレスに負けていては、説得力が無いと存じておりまして、もちろん完全にストレスを無くするまでは至ってはいませんが、hasunohaに参加する前よりは少なくなってきているかとは存じます。誠に拙生にとりましても「有り難し」でございます。

とにかく、依存症の根本的な原因をしっかりと叩いての解決を目指されるのが良いのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

4年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

浦上様
ありがたいお言葉、ありがとうございます。確かに仕事のストレスが肉体的精神的にも厳しかったので、来年からは仕事を変える予定です。楽になればいいのですが…。
自動積み立て定期預金のことは知りませんでした!
早速実践してみたいと思います。

川口様
ありがたいお言葉、ありがとうございます。
「求不得苦」というものがあるのですね。「空」と考えるとなんだか物欲が抑えられる気がします。
仏教について全く知らなかったので、色々な考えに気付かされるばかりです。
借金をするようにならないために、これを縁として、色々実践していきたいと思います。

丹下様
ありがたいお言葉、ありがとうございます。
視覚的、美的感覚に優れていると初めて言われました。嬉しいです。
確かにスポーツ選手の美しさなど、顔や、着飾ることではないですよね
わたしが憧れる人は見かけではないことに気付きました。ありがとうございます!

中田様
ありがたいお言葉、ありがとうございます。
そうですね。夫にもお金使いのことは言われます…。
離婚したくないので、家計簿付けてみます!>_<

関連する問答
このページの先頭へ