hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

先進国で消費社会を生きていくという、業

回答数回答 3
有り難し有り難し 21

私は日本の都会の街のベッドタウンに住んでいます。
電化製品もプラスチックも普通に使う、ごく一般的な先進国の生活だと思います。
仕事は、電化製品にまつわる仕事です。
文明に乗っかってのうのうと生きています。ここでネットで質問が出来るのも、その証拠でしょう。

しかし、そのことにたまに吐き気を覚えるのです。
(反吐が出る・怒りを覚えるというよりは、このままで良いのかと申し訳なくて胃が痛むといいますか……些か蛇足ですが、現在進行形で考え過ぎでお腹を下しております)

食べ物を食べれば家畜の福祉問題が気になり、買い物をすればプラスチックの廃棄物問題やらレアメタルにまつわる紛争やらが気になり……。普通に日本で生きていて何か大量消費社会の歪み、社会問題に関係しないことがあるのでしょうか。

かといって、私は環境問題の活動家になりたいわけでも、自給自足で生きていきたいわけでもないのです。病気や障害を持った人など、現代の社会であるから生きられるような人もたくさんいるでしょうし、文明が発達し教育が行き届いているからこそ、女性である私が自由な生活を手にできるのでしょうし。

現代文明の有り難みも罪も、両方ある程度承知しております。

もっとあけすけに言うのなら、そういうことをさして気にせずに、このまま文明社会で無知に能天気に生きていきたいのです。せいぜいスーパーの袋を断って、物を大切にするくらいで、楽しく生きていきたいのです。

お坊様は、この消費社会・現代文明で生きていくということの業……といいますか……について、どう考えられますでしょうか。

2019年5月2日 20:10

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「茹でガエルになりそうな自分」を見つめる

 聞いたことがあるかと思いますが、「茹でガエルの法則」と呼ばれる学説・教訓(?)があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B9%E3%81%A7%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB
このウイキペデイアの記事にも「法則」の問題点が指摘され、ネットでこの法則を検索すれば「この法則は嘘である。」という異論も多数出ているようです。でも、「人は易きに流れる」ということへの教訓・警鐘としてこの法則を受け留めた方が良いと私は考えています。

 私は東北地方に住んでますから、結構寒い冬の日々を過ごしております。でも、生まれ育った実家は更に寒冷な場所でした。それ故、現在の場所に住むようになった頃は、同じ東北でもここは温暖だなあと思い、「今日は寒いねえ。」なんて言っている人を「これくらいで寒いって言うなんて。」と思ってました。でも、今はその温暖さに慣れ、より寒冷な気候への耐性が失われてしまいました。
 地球温暖化で影響でしょうか、夏の暑さが年々強まっています。エアコンを使う時間が
増え、電気の消費量を増えています。これも「茹でガエル現象」の一つだと思います。カエルは茹で上がる前に逃げ出すようですが、私らは茹で上がってしまうのかも。

 「易きに流れてしまう」自分のお弱さを自覚することが、大事だと思います。自分の弱さを自覚しても、現実には易きに流れ、怠惰な日々を送る場合も多いでしょう。だからこそ、今生きていることを神仏に感謝し、至らぬ身である自分を神仏に懺悔(さんげ)するのです。そのための場所として菩提寺があります。自宅には仏壇があるのです。

 

2019年5月3日 15:29
{{count}}
有り難し
おきもち

ヒトも自然環境の一部

ヒトも自然環境の一部ではないでしょうか。
ですから、ヒトが地球環境に変化をもたらすことも、地球上の環境の変化の一部であり、「環境破壊」と騒いでいるのは人間だけかもしれません。
プラスチックごみで迷惑を被る生き物がいるのは事実ですが、一方で、プラスチック原料である石油は過去の生き物の死骸ですよね。
ビニール製の財布かワニ革や牛革のカバンか、ワニさんや牛さんにとってはビニール製のカバンが流行る方が助かるかもしれません。
多くの恐竜が滅んだ(一部の恐竜は鳥となって生き残った)ように、いずれヒトも滅ぶでしょう。
環境は無常ですから。
私達は、悩み苦しみの原因となる煩悩に気をつけながら、できることをできる範囲でやれば良いのです。
世俗のルールはどんどん変わります。
柔軟に対応していけば良いと思います。
怒りはストレスにつながる煩悩です。
環境問題という正義が理由であっても、怒るのは悪の感情なのです。
怠け心も煩悩です。
プラスチックごみを分別してリサイクルにまわすのは面倒臭い作業です。
怠けの煩悩が全くない仏様や菩薩様なら、ミリ単位の細かいごみまで分別作業を怠らないかもしれません。
私達には怠けの煩悩があるので、ついつい手抜きして燃えるゴミと一緒に捨ててしまいますね。
そのように、仏教的には、感情(煩悩)に着目して生活した方が良いように思います。

2019年5月3日 11:46
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「出離心」と「菩提心」

せろふぁん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

誠にこの世は、悪業を積むためにあるのではないだろうか、と思いたくなるほどであります。

もちろん、実際にそうなのであります。

輪廻世界にあるということは、迷い苦しむ中ということであり、早くこのような輪廻から抜け出たいと思う心が「出離心」と申しまして、輪廻を厭い、仏道へ向かうまさに第一歩となる心でございます。

また、「出離心」から周りを見れば、そんな輪廻の中で自分と同じように一様に迷い苦しんでいるありようがございます。

自分も含めて、皆の迷い苦しみ様を何とかしてあげたい、皆を救って参りたいとして、そのための法を求めるべくして起こす心が「菩提心」というものとなります。

この輪廻から皆を救うための法を釈尊がお説き示されておられます。

是非、ここより仏教へとより関心を持って学び修していって頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

2019年5月4日 8:52
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

願誉浄史様、吉田俊英様、ご回答ありがとうございます。

根底は同じながらも対照的な回答を頂戴致しまして、かつどちらも腑に落ちると申しますか、有り難いお言葉だと感じました。願誉浄史様のお言葉は私にとって救いだと感じましたし、吉田俊英様のお言葉には引き締められる気持ちでございます。

頂いた言葉を大切に、手を動かし頭を使って自分なりの在り方を探していきたいと思います。

川口英俊様、ご回答ありがとうございます。

人間の悪行を仏教的な観点から捉えたお話、興味深く拝読致しました。私は篤く仏教を信仰しているわけではないのですが、お釈迦様がどのような道を示されたのか、少し興味が湧いてきました。仏教について学ぶいいご縁かもしれません。改めて、ありがとうございます。

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

個人情報保護について

個人情報保護についてどのように行動すれば良いか悩んでます。 私は医療系の学校に勤めています。将来医療の仕事に就く学生に様々な事を教えており、その中でも対象となる人の個人情報保護については学生に厳しく指導しています。 昨今SNSが当然になり、個人情報も洩れやすい社会になり、私達医療界では個人情報保護は必然とされています。 ここから悩んでる内容ですが、知り合いに(その人は看護師)ですが、娘さんがやはり学校に行っており、実習に行った先の病院で担当させてもらった方の個人情報、つまり病気やその経過について、母親に話をして、色々教えてもらっているようです。 私達の学校では、担当した方の情報はたとえ家族であっても、話してはならないと教えており、多くの学校や病院もそのように指導していると思っています。 その人は自分の娘がいかに頭が良く、出来る子なのかを自慢したくて話しているとは思いますが、その詳細な内容を聞くたび、学生や学校を信用して担当する許可をしてくれた方やその家族に申し訳ない気持ちになります。 話しても人の忠告は聞かない人なので、その娘さんが通う学校に、注意するよう連絡してみようかとも考えますが、バレたらその人の怒りを買いそうで怖いのも本音です。 また私自身がその人の事を嫌いだから、嫌がらせしてるような気さえして、正しいと思う事ができないでいます。 勇気を出して連絡し、正しいと思う事をしてもらうのか、誠実性か問われる職業にありながら、知らぬふりをするのか、悩んでいます。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

家畜を殺すことへの向き合い方

初めて投稿します。 拙い文章ですが、どうぞ宜しくお願い致します。 先日競馬場に行く機会がありました。 その時偶然馬が、レース中に骨折し、直後に安楽死措置がとられました。 勿論幔幕は張られていましたが、一部始終を見てショックを受け、頭から離れなくなってしまいました。 同行者からは、馬は走れなくなると生きられないんだよと教えられ、自分でもインターネットで馬の安楽死措置について調べました。 実際に馬にかかわる仕事をしている方の意見を知り、馬にとっての骨折が人間のそれとは違い、命に関わる事なのだとも知り、「骨折しただけで殺すなんて!」と安易に言うことは、また違うのかなと思うようにもなりました。 しかしどうしても、競技馬として産まれなければもっと穏やかに暮らせたかもしれないのに…と消化しきれていない自分がいます。 無茶苦茶なことを言っているのは承知しています。 毎日魚もお肉も美味しいと思って食べているし、スーパーで売られているお肉の塊の背景を考えることもありません。可哀想ともあまり感じません。 私の知らないところで毎日沢山の動物が殺されているけれど、私は今回たまたま目の前で死をリアルに感じたから感情を動かされているのであって、それを知らなければ何とも思っていませんでした。 だからってベジタリアンになるのも違うと思います。 きっと大切なのは、その事実をきちんと受け止め、感謝することですよね。 私は今回の気持ちとどう向き合って、これから付き合っていけば良いのでしょうか。 まとまりのない文章で申し訳ございません。 是非教えていただきたいです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

子持ちが優遇される世の中が怖い

うちの近所に突然保育園が建設されました。事前に説明も挨拶も一切無く、何度も問い合わせをしても無視されました。これからどうなるのか大変不安です。 最近、こういったマナー知らずの保育園が全国的に増えているそうです。勝手に建設するだけではなく、開所後も保護者たちの路上駐車で住民が悩まされるケースもあるそうです。 しかし、テレビやネット上では、不満を口にする住民の方がわがままだと悪者扱いされることが多く、本当に悔しいです。 現在少子化のため、国が対策に乗り出していますが、その影響で、子持ちが偉いというような風潮が出てきていることが怖いです。 保育園が足りないから建てろ、建てろと親たちが声を荒げ、住民が反発すれば「我慢しろ」と押さえつける。さらに「反対するなら将来老人ホームに入るな。年金をもらうな」と言う声もたくさん聞こえてきます。 私には、親たちが子供を盾にして、自分の欲求と少子化を混同しているようにしか思えないのです。 保育園を増やしても維持費がかかりますし、20~30年もすればそれらの施設は一斉に老朽化していきます。その時の莫大な修繕費や解体費用のことまで考えているのだろうかと疑問に思います。そもそも、子供を介護や年金を支えるための道具のように考えている人が多いことにとても違和感を覚えます。 保育園が無い、無いと騒ぐのではなく、今ある施設をなるべくみんなで譲りあって利用することが本当の愛なのではないでしょうか。 みんなで支え合って子育てすることは大切ですが、だからといって何をしても許されるわけではないと思います。 一部の親たちが、子供を持つことが偉いと誤解してしまったことで、妊婦様、子持ち様、逆マタハラと言葉も出てきたのだと思います。 最近は特に高齢者の事故が増えていますが、それを「老害」と呼び、高齢者を邪魔者扱いする声も聞こえてきます。これまで頑張ってきた高齢者たちが、歳を取ったという理由だけで排除されようとする風潮が辛いです。 私は、子持ちの人だけが偉いのではなく、子供を持たない人も、結婚しない人も、高齢者も、みんなが価値のある世の中であってほしいのです。どうすれば世の中のバランスがうまくとれるようになるのでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

似たような質問がなかったので質問します

こんにちは。よろしくお願いいたします。 結婚して、韓国に来て6年目になります。 私の毎日なんですが、 道端でリードのしていないマルチーズに突進され、足首を噛まれた挙げ句、飼い主に、お前の日傘に怖がって噛んだんだ!と逆ギレされたり 地下鉄で、LINEで友達と日本語で通話していると、チッと舌打ちされたり、次の駅で降りろ、目障りだと20代ぐらいのカップルと小競り合いになったり またある日は、病院で診察の順番を待っていると、(電光掲示板に患者の名前と待ち時間が表記されます) 日本人か?こんな所にまで紛れ込んでいるのか?侵略者が!と言われ、コソコソと診察室に入ったり、、 とにかく外出するたびに酷く疲れる事があります。 最近は日韓関係がこんな状態ですので、それが関係しているのか、 タクシー乗車拒否をされ、土砂降りの中、息子と歩いて帰ってきた事もあります。 生活しながら、理不尽な事に対しての怒りの感情やら、ストレスがうまく消化出来なくなり、人生初めて安定剤を飲みました。 あらゆる場面で、韓国人の価値観に無理をして合わせているフリをしないと、自分が生きづらくなるという事に疲れてきました。 日本人と韓国人では、根本的な価値観も、あり方も、物事の判断基準も、こうも違いすぎるのかと今でも驚く事ばかりです。 それでも、韓国人夫と結婚した以上、ここで生活していかなければいけません。 夫は優しく子育ても良くしてくれます。 最近、同じ韓国に住む日本人ママの息子さんが、学校で虐めにあい、日本の学校へ転校させる事にしたと連絡がありました。 私の息子はまだ2歳ですが、これから学校で息子も虐めに合うのではないか、、と、またそれも心配になってしまいます。 どんな心構えでいたらいいのか、、辛いです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る