hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

「老」とどのように向き合っていらっしゃるのでしょうか。

回答数回答 2
有り難し有り難し 38

当方、癌治療の影響もあると思うのですが、年々体のあちこちが痛み、また疲れやすく、疲れがとれにくくなりました。、

ここ最近は、とみに老化を感じ、次第に不自由になる体に「苦」を感じています。

中年期・高年期のお坊様は、どのように心の中でご自分の「老」と折り合いつけるといいますか、向き合われていらっしゃるのでしょうか。

参考にしたく、お伺いいたします。

2019年5月3日 16:43

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

出来ることを精いっぱい勤めよう

 抗がん剤治療を続けれ居られるのですね。病気と副作用、両方で苦しいことと思います。心よりお見舞い申し上げます。

 私は今月で64歳になります。幸い「余命宣告」に関わる病気には罹ってはいません。しかし、年齢相応に成人病の薬を服用する日々を10年ぐらい前から続けております。かかりつけの医者から「高血圧の怖さ」を脅かされ、さらに「もっと薬を飲め、もっと薬を増やしましょう。」というプレッシャーを診察の度ごとに受けております。同年代の中高年のお歴々もほぼ同様の日々を送られていることと存じます。

 老眼は年々進み、眼鏡を2年おきに新調せざるを得ません。膝も腰も幸い慢性的な痛みはありません。しかし、ここ10年で何度かひどい腰痛や関節痛に悩まされました。整骨院通いの日々を送り、金も飛んでいきました。この先、もっと長生きできたとしても何らかな癌に罹り、治療への不安死への不安を抱えながらの日送りをするでしょう。この先に希望を持てるかどうか、不安に駆られます。不安を抱え、生きる希望が狭まっていく中でも、必ず出来ることはあります。若い時、元気な時と同じように行動したいと思っても、思うようにはなりません。思うようにならない体になっても、何か出来ることは有る筈です。

 病気のせいで出来なくなったことは沢山有ると思います。でも、例え病気の身であっても、出来ることは必ずあります。「病気のせいで家族や周囲に迷惑をかけている。」と落ち込みたくなることが有ると思います。でも、病身だからこそ健康の有難みを周囲に伝えられると思います。体が動かせなくなっても、家族や周囲の方々へ感謝の言葉や思いやりの言葉を伝えることは出来ます。残された人生が限られているからこそ、伝えるべき言葉があります。伝えられる言葉があります。

 病に苦しむ姿を格好良いものでは有りません。でも、格好悪い姿をみせることも、家族への大いなる教訓となると思います。七転八倒してもがく姿は、その人だけのものでは有りません。お墓に眠る御先祖様が通ってきた道です。今、あなたが通ろうとしている道です。いずれkuniさんの御家族も通る道なのです。辛く苦しい日々が続くかもしれません。でも、一生懸命生きてる姿を家族に見せることが、ご家族が今後の人生を生きる糧となりますよ。苦しくたって、生きることの意味はあるんです。

2019年5月3日 23:17
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

苦はどんな場面にもある

諸行無常ですから、私達は老いから逃れられませんね、
ただ、老いに限らず、私達が生きていれば必ず苦はあるのです。
トイレに行きたいのも苦、トイレに行ったらいつまでもトイレにいたくない、今度はトイレから出たいのも苦。
息を吸えば、次は吐きたいという苦。
息を吐けば、次は吸いたいという苦。
お腹が空けば食べたいという苦。
食べ続ければ、もう食べたくないという苦。
起きていれば寝たい、寝ていれば起きたい苦。
こっちの苦が大きくなれば、別の状況に移る、しかし移った先もまた苦。
苦から苦へサーフィンして動きまわっているのが、生きるということです。
ですから、老いの苦だけにとらわれず、あっちもこっちもぜーんぶ始めから苦ばかりだったと気付くようにしましょう。
初めて苦に直面するわけじゃない、今まで出会ってきた苦と同じだ、と。

2019年5月3日 22:54
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

吉田俊英さま
いたわりと激励のお言葉をありがとうございます。
若い頃に比べると、ずいぶん制限された生活を送っておりますが、代わりにあの頃にはわからなかったことが、わかるようになってきました。それも生かしながら、少しずつでも人生を歩いていこうと思います。
 
 
願誉浄史さま
お言葉をありがとうございます。
生老病死、すべてが苦といいますね。いままでいろいろな苦がありました。しかし、いろいろな喜びもありました。新しい土地に出向くなどの喜び、また趣味の喜びから遠ざかり、いかんともしがたい空虚が度々心を支配します。
その上で、私自身の人生を独自に歩いていかなければならないということですね。

「老い・老後」問答一覧

老化ですか?

社会人もうすぐ10年目になりますが、最近物事に興味がわきません。 私は小さい頃からアニメやゲームが好きで、学生時代は寝食を忘れるほど熱中していました。 また、なんでもない景色や人の発言から空想したり、イラストを描くことも好きでした。 自分が空想の世界に惹かれ、世間知らずなところがあると思っていたので、就職が決まったときは「これからは地に足をつけた社会人になりたい」という気持ちがありました。 今の仕事は感情労働特有のしんどさこそありますが、ブラックな労働環境でもなく人間関係も悪くありません。 楽しいこともあるし、勉強になることもあります。 ただ、社会に出る前に感じていたような好奇心とかワクワク感とか想像力とか、そういう生きてる感覚が最近あまり感じられません。 好きだったゲームやアニメにも惰性的に触れている状態になってしまっています。 仕事や生活といった現実的なことで頭がいっぱいで、空想する元気がありません。 かといって新しい趣味も見付からず、最近は何を食べたいのかもよく分からなくなってきました。 時折無性に寂しさや焦りのようなものを感じます。 これらの気持ちとの付き合い方のようなものがあれば、ご教示いただけますと幸いです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 3

還暦を過ぎて思うこと

おはようございます。 度々お世話になり、ありがとうございます。 私の最近の心の中を聞いて頂きたく、よろしくお願います。 退職まであと一年弱、私の役割は凄く大変で常に仕事のことが頭の中にあってホッとできる時間が無いように感じます。自分にそれだけの能力が無いからだと思いますが…でも あと少しなので精一杯努力しようと思ってますが、こういう時に仕事だけに集中できない状況になります。 実家の母の依存ですが、高齢なので仕方がないのは分かってますが。 精神疾患の末の弟の入院、次に母が鬱になり入院、その後の通院、週一の買い物… 全て今の私に取って負担で面倒です。 仕事してないなら別に負担でもないとは思いますが、とにかく仕事で頑張ろう!と思うと、実家の問題が私に来ます。 すぐ下の弟は私に任せっきりで、たまに来るくらいで、好きな事をやっています。 還暦過ぎて、私に残された人生もそんなに長くないし、体力もなくなったし、 そんな時に実家の事まで私任せだし。 仕事は大変で負担だけど、休みの日に朝起きたら空しい気持ちになり、辞めてしまったら空の巣症候群になりそうだし。 人間年を取るってこんな事なのでしょうか? 若返る訳でもないので、こんな感じで年取っていくのが何とも言えない気持ちです。こんな私でも、近々孫ちゃんも生まれる予定だし、息子達は優しくて気を使ってくれます。私はいつも明るく楽しく生きていきたい!と思っていますが… こんな私に何かお言葉をお願いします。

有り難し有り難し 68
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る