hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ご先祖様や仏様に愛されるには…

回答数回答 4
有り難し有り難し 52

初めて質問致します。

よく先祖供養やご祈祷などで「ご先祖様にお願いします」「仏様にお願いします」と言いますが 私の供養をご先祖様は受け取り
私のお願いを 仏様は本当に聞いて下さっているのだろうか…と思います。

と いうのも私は 生前の両親とは 仲はあまり良くなかったし、怒られていた記憶しかありません。

そんな私がお彼岸やお盆などに「先祖供養」しても その思いは亡くなった両親やご先祖様は受け取って下さっているのかどうか、気になります。

否、多分私が本当に真心込めて供養したとしても 「何を今更 ゴマすっているんだ?」と嫌がっているように思います。

仏様へのご祈祷でも 穂特様側から見れば

「はぁ?お前 普段 信心も何もしてないくせに”ご利益を下さい”なんて 
図々しいにも程がある!」と思っていらっしゃっるのではないかと思い 
ご祈祷をためらってしまった事もあります。

やはり ご先祖様や仏様から見守って頂き またお願いなどを聞いてもらうには お坊さん方のように 欲を断ち切り善行を行うしか 他に方法は無いのでしょうか?

例え純粋な思いで供養しても ご先祖様から疎んじられ
純粋な気持ちでご祈祷をお願いしても 仏様に門前払いされてるような気がしてなりません。

やはり お坊さんのような修行をしないと 仏様はご利益を与えて下さらないし、両親や親戚縁者と 仲が悪かったら どんなに供養しても受け取ってもらえない…と思うと悲しくなります。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏のまなざしを以て、仏の世界を見る


例え純粋な思いで供養しても ご先祖様から疎んじられ
純粋な気持ちでご祈祷をお願いしても 仏様に門前払いされてるような気がしてなりません。

仏様を貶めるような言い方はあまり感心しませんね。「多分私が本当に真心込めて供養したとしても 」と言っている時点で既に、「気持ちがグラグラ」「心がふらふら」な状態ですね、自分が本気になって読経礼拝すれば、自分の真心は仏様にもご先祖様にも届く、と信じて勤めることです。

仏様の世界に行っているなら、ご先祖様はあなたを疎んじたりはしません。仏様が門前払いをすることなんてありません。参拝しても先祖供養しても、あなたの心が中途半端だから、そう思えてくるのだと思います。

 曹洞宗では「威儀即仏法 作法是宗旨」という言葉が修行の中でよく言われております。型を学び、型を身に付けることから、日々の生活も修行もきちんとしたものになり、我々の道心も堅固なものになっていくのです。まずは、ひたすら読経礼拝に励んできてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

佛とは寛大であり計り知れない慈悲の心

阿弥陀如来はこのようにおっしゃっております
「設我得佛 十方衆生 至心信楽 欲生我國 乃至十念 若不生者 不取正覚  唯除五逆  誹謗正法」

これがどういう意味かと解説しますと
「私が佛になったならば、あらゆる善人も悪人も、智者も愚者も、みな一様にお浄土へ生まれることでしょう、ただし五逆と正法を誹謗する人は重罪であり、無信であるから除く」
という意味になりますが、その重罪であり無信であるから除くと言いつつも、「あらゆる善人も悪人もみな一様に」とおっしゃっているので、遅かれ早かれそういう人もみな救われるわけです。

それほどの寛大な慈悲の心を持っている仏様です
貴方が普段信心を持っていなかったとしても「何ゴマすっとんねん、お前の言うことなんか知らんわ」とも言いませんし「自分ちょっと図々しいんちゃうか、都合ええときだけ頼ってくるんちゃうぞコラ」とも言いません。

では信心を持ってなくても救われるなら念仏称えなくていいじゃん、お寺も行く必要無いじゃん、ともなりますがそれは違います
確かに救われます、では何故念仏をするのか、合掌するのか、お勤めをするのか

それだけ寛容な慈悲の心で救ってくださるのですから感謝の心としてお念仏をするんです
阿弥陀様は別に見返りなんて求めてはおりません、私たちが勝手にするんです、心の想いのままただ一心にありがとうございます、との気持ちを込めてお念仏するんです

仏様は娑婆でいかに過ごしたかで往生にかかる時間は割り振られますが、決して利益を与えないことはないし受け取らないこともありません。
修行のするしないはそこには関係ありません、ご安心ください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


供養する気持ちが自分の修行になる

仏様はともかく、ご先祖が本当に私達の読経を聞いてくださっているのか、私達の善行を見てくださっているのかは、わかりません。
しかし、仏様やご先祖に私達の立派な姿を見せるのが修行になるのです。
善いことをすればするほど善い心になる。
善いことを考えれば考えるほど善い心になる。
善い心になれば、悩み苦しみの原因である煩悩が弱まるので、悩み苦しみが減るのです。
で、もしも、ご先祖が私達の善い行いを見ていたら、ご先祖もそれを見てつられて善いことを考えるわけだから、ご先祖の悩み苦しみも減ることになるのです。
そういう意味で、私達は善いことをして先祖に捧げるのですが、先祖が見てなくても、私達自身の修行であるので、自分の苦悩が減ることにはつながります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

「供養」について

ぞーちゃん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「供養」というのは、字の如く、「供に養う」ということで、有り難く尊い仏法、仏様方と「供」に、また、先に仏の世界、浄土へ赴かれて仏の道を歩まれているご先祖様方とも「供」に、更には、私たちこの世界で過ごしている一切の衆生たちとも「供」に、皆全てが等しく、遍くに、悟り・涅槃へと向けた行いを「養」うということが大切となります。

大上段に構えて、「善行」を、「功徳」を、とあまり気負いなさられることはありません。

仏教を学ばれて、修習なさられていかれる中で、やってはいけないことを慎み、推奨されていることに励むという感じで良いのではないかと存じます。

つまり、簡単には、七仏通誡偈の内容となりますが、悪いことをなさずに、善い行いに勤め励みて、心を浄らかにすることとなります。

どうぞ、これからもご仏縁を大切に、少し上記のことをお留め賜りまして、仏道を歩まれて頂きましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

吉田俊英様

ご回答有難うございます。
回答を頂いて 何度も何度も読み返し 自分に問いかけました。
おっしゃる通り 私は供養する前から また御祈祷をお願いする前から 斜に構え もしくは 結果ばかりを気にして 行動していたのだと思います。
今後は 何事にも全身全霊でぶつかって 悔いを残さないよう頑張っていきます。
目が覚めるような回答を 有難うございました。

翔玄様

ご回答有難うございます。

仏様は 変わらない慈悲の心をお持ちなのに
自分自身の心のもちようで 顔や態度が変わって見えてしまうのですね。

願いを叶えてもらいたいから、
あるいは 救ってもらいたいから 供養したり念仏を唱える訳でなく
感謝の心を持って 供養し また 念仏を唱える…という事に 改めて気がつきました。

本当にご回答 有難うございました。

川口英俊様

ご回答有難うございます。
観音経か般若心経…だったでしょうか?仏教の言葉に「正視=物事を正しく見る」という教えを
聞いたことがあります。(出典が違っていましたらご勘弁願います。)

本心からご先祖様に感謝し、また本心から仏様におすがりしたのならば、先に挙げたような感情は
浮かばないかと思います。

私はご先祖様を、また仏様をも「正しく見」ていなかったのかもしれません。

「供養」の意味をしっかり捉え、日々努力精進していき ご先祖様や仏様に「どうぞ 御照覧下さいませ」
と言えるような日々を送れるよう 頑張りたいと思います。

貴重な時間を使ってご回答下さいまして有難うございました。

願誉浄史様

ご回答有難うございます。
お礼のコメントが遅れまして申し訳ありません。

おっしゃる通り まずは自分から変わるよう
少しずつでも努力していく
脇目も振らず 善行を施すことは 先祖のみならず 自分をも救うことになるのですね。

あれこれ悩む前に 少しでも善行を行い
先祖と自分を救えるよう 努力していこうと思います。

ご回答 有難うございました。

「供養全般」問答一覧

義父、義母の菩提寺へのご供養依頼

義父が亡くなって7年、義母も10年前に亡くなっています。昨年子供である私の配偶者も亡くなりました。義父母の菩提寺(真言宗)、墓は遠方にあり、婚家の長男が墓や菩提寺とのお付き合いを受け継いでいます。だた、関心が薄く、面倒がり、一周忌の法要も特に集まったりはしませんでした。義父の葬儀の際から、配偶者が連絡役を行っていたり、直近では菩提寺への支払いを代わって行ったり(恐らく、七回忌に関連するもの)といった状況です。                                            今回配偶者の遺品整理等を行う中で上記のような状況を知り、お世話になった義父母に対して申し訳なく、感謝の気持ちを伝えたいこともあり、機会をとらえて、菩提寺にご供養をお願いしたいと思います。 義父が心を寄せていた土地であることから、依頼はその菩提寺にしたいと思います。                                       質問ですが、決まった年忌法要ではなく、私が個人的に法要等をお願いすることは可能でしょうか?また、どのようなご供養をお願いすることができるのでしょうか。 菩提寺さんにももちろんお尋ねしますが、電話、手紙でのやりとりとなり、あまり詳しくは聞けないこと、宗派による違い等があったらと思い、こちらで質問させていただきました。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

亡くなった母の供養

昨年末に母が亡くなりました。 私は一人っ子で母親っ子だったので、いつか母が亡くなったら、その時自分はヤバイだろうなぁ。自分を保てるのかな?なんて物心がついてから考えたこともありました。別にマザコンで母がいないと何もできないとかじゃないけど、親父含めて自分を育ててくれた両親に親孝行してやりたいと思い、たまにご飯に連れていったり旅行に連れていったりしてました。自分で言うのは変ですが、回りを見ても親孝行してきた方だと思います。 でも喧嘩もたくさんしました。詳細は省きますが、携帯メールの迷惑メールとか詐欺的なメールを信じて金を取られ、家族に無心するようになり、拒否するとヤミ金に手を出すようにもなってしまいました。目を覚まさせようと何度も対話や説得を試みましたが、元々気や自尊心が強い母は騙されてることを認めるはずもなく、それどころか何故金が必要なのかとか詳細は一切話してくれなかったので、自分の思いが伝わらない母をぶん殴ってやりたいとか、家から出て行って欲しいと思うことも多々あったし、ここに書けないような低俗な言葉とともに何度も母にぶつけたこともありました。 それ以外の時は仲いい親子関係だったと思うのですが、そんな母が急に亡くなったとき、とても悲しかったのに、取り乱すこともなく、物凄く冷静な自分がいたのです。親戚付きないもほとんどなかったこともあり葬儀は葬儀というほどのものでもなく、親父と妻と妻の両親や兄弟だけのものでした。もちろん人前だから気をはってた部分もあったのですが、よくツラいと聞く火葬の最後の場面でも毅然としていました。 何が言いたいかというと、私は私自身がわからないのです。実母に対して思い入れがなかったのか?もしかしたら無意識に母の死でヤミ金の取り立てから解放されると喜ぶ自分がいて自分が冷酷なのかもしれないと思う自分がいるのです。もちろん涙を流したり、泣き崩れたりが個人に対する思いの尺度ではないことは理解しているのですが、母が自分を見たとき悲しまないか不安な自分もいます。 死語の事には懐疑派というより否定的だった自分ですが、父の実家の宗派の僧侶に葬儀、49日、新盆を依頼し、朝と帰宅後には母のお内仏に手を合わせるのが日課で、それは純粋に母に対する感謝、あるとするならあの世でみんなを見守っててねという思いからです。 私って一体なんなのでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

母の供養について(浄土宗西山禅林寺派)

母が62歳で亡くなりました。 「通夜も告別式も不要」「自分と父(私の祖父)は永代供養にして、祖父のお墓も終わりにする」と今年に入ってから言っており、ご住職にも伝えていたそうです。 母の永代供養については淋しいからと保留にしていて、相談が進まないうちに亡くなってしまいました。 母は金額的な負担とお寺までの距離を気にしていたんだと思います。 ---- ---- 私の気持ちとしては ・母を亡くして淋しい ・お寺が遠いので、頻繁に通うことは出来ない ・永代供養にするとしても、母の遺骨の一部だけ小さな骨壺に入れて、位牌と一緒に家に置いておきたい ・孫の事が好きだったので、私が母としていたように、命日や誕生日、お盆、お彼岸の他、ふと思い立ったタイミングで好きだった物をお供えしたりして身近に感じたい ・母が祖父のお墓参りを小まめに行っているのを見ていたので少しは大好きな母に何かしてあげたい ---- と思っていて…四十九日に母と祖父を永代供養にする前に小さな今風の仏壇の購入を検討しているのですが、以下の質問にお答え頂けないでしょうか。 ※母は浄土宗西山禅林寺派で戒名も頂きました。おそらく数代前からずっと同じお寺にお世話になっています。(母方) 私は長女で兄弟は無く、母の兄はキリスト教になってしまいました。 私の主人は仏教ですが、別宗派だと思います。 (相談できる親戚がおりません) 無知過ぎて、菩提寺の住職に相談前に少しは知識を付けたく。 ---- ・永代供養をした後でも、お家に仏壇と母の位牌、ほんの少しの遺骨を置いておいて良いのでしょうか? ・小さい今風のお仏壇でも、仏壇とお位牌を置くならご本尊は必須ですか?(仏壇のお店で聞いたら無しでも良いのではと言われました。) ・仏壇を置いたらご本尊の有無に関わらず、定期的にご住職をお呼びする必要がありますか? ・ご本尊が無く、母の位牌だけの場合お呼びする必要はないのでしょうか? (むしろご本尊が無いのにお呼びするのは失礼にあたりますか?) ・ご住職をお呼びする場合、お彼岸に亡くなったので毎年の命日とお盆の年2回と思っているのですが、回数が少ないのでお仏壇を置かない方が良いですか? ---- ご住職は仮祭壇しかない状態でしたが、初七日の法要にも着て下さいました。 七日ごとの法要はやめたため、次は四十九日となっています。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る