hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死への恐れを軽減する義務

回答数回答 3
有り難し有り難し 33

なぜ、仏教では宗派を問わず、誰もが持つ死への恐れを信者から取り去るためのありがたい話をせず、「死後のことは分からない」と突き放すような言い方をされるのでしょうか。比較するのもおこがましいと思われますが、キリスト教でもイスラム教でも、一応はそれなりの死後はどうなる的なお約束を説教してくれるのに。

2019年10月30日 17:18

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

様々な捉え方があると思います。

お尋ねのように、死後のことについては、十王讃歎抄のような死後7日ごとに進んでいく世界を表したものがあります。また、日蓮聖人の御書の中に「三途の河にては船となり、死出の山にては大白牛車となり、冥途にては燈となり、霊山へ参る橋なり云々」と死後のことにも触れています。

決して、死後のことを語らない訳ではありませんし、私は両親の影響もあり、亡き方の霊は不滅であると信じています。ゆえに死後の世界はあると確信できます。
しかし、では、死んだらどうなるのかが曖昧であります。「死」というのは、肉体が滅びるだけのことであり、魂、意識はそのまま継続していると思いますが、少なくとも、この三次元世界では認識できないと思いますし、もっと複雑なのかシンプルなのか分かれば、ともやさんが言う、恐れを取り除く。お話ができるのでしょう。
しかし、なぜ、お釈迦様がそのことを言われなかったので、死後はないとか曖昧な答えになるのは、生まれてくる前のことが分からない、本当はみんな知っているのに忘れてしまうように、でも、忘れることで生きることに意味を見出し努力します。同じように死後のことも、知っているのに忘れている。のではないかと思います。
しかし、マスターと呼ばれた聖人達は、その仕組みを分かっている(悟っている)のでしょう。ゆえに、過去も未来も分かるので、現在も不安なく生きることが出来たのでしょう。しかし、それは人々の救済のためであって、個人の有楽の為ではないということです。

死後の世界は、多岐にわたり、地獄絵図があったり、極楽浄土の話があったりと、それもすべて、今生きている人々へのメッセージであり、しかも、それは死後の事ではなく、この世において地獄があり、そして幸せ、享楽、安穏、円満なる瞬間も体験しています。死後のことを語らなかったのは、今を努力し、精進すること、そして様々なことを認識するために人間として生きているのだ思います。

死んでから極楽へ行けますとか、地獄へ行くとか、それは誰も保証してくれません。今までに、死者が戻ってきて「あ~極楽は良かった」(昔、そんな歌ありましたが)、又、「無間地獄はこんな風でした」と聞いたことありません。あれば、とっくに死後のことは解明されています。でも、そうではないところに、又、どうしてなのかというところに、今生きる大切さがあるのだと思います。

2019年10月30日 18:36
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

死後の世界を説いています

拝読させて頂きました。
仏教では死後六道輪廻すると教えています。つまり死後は生まれ変わると教えています。その生まれ変わる先は生前の行いによって地獄や餓鬼や畜生や修羅や人間や天国に行くのです。
そのどこに行っても迷いや苦しみは多かれ少なかれあるのです。
その迷いや苦しみから救われていくことを目指すのが仏教の教えです。つまり迷いや苦しみから救われて離れて仏様に救われ、仏様のもとで安心して成仏することを浄土教では教えています。
私達は生きている間はなかなか迷いや我欲や怒りや憎しみから完全に離れることはできません。生前中にさとりを開いて成仏することは大変な道です。
ですからその命終わる時必ず仏様にお導き頂き、仏様の国である極楽浄土に連れて行って頂く様にと心を込めて仏様にお願いし、お念仏おとなえするのです。
南無阿弥陀仏なむあみだぶつと真心込めておとなえして仏様にお願いするものを必ず仏様は救って下さるのです。

ですから仏教は死後の世界をしっかりと説明しています。仏様や観音様やお地蔵様が全ての人を救って下さると約束しています。
恐らくこのことは様々な見解があるかと思いますのでいろいろな宗派のお坊さんに伺ってみてもいいかと思います。

どうか参考になさって下さいね。

2019年10月30日 18:34
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

死・中有・再生

ともやさま

仏教においても、死後におけるありようについて、詳しく述べられている論書がございますが、その中でも、日本語での訳注があり、私たちでも学ぶことができるのが、ヤンチェン・ガロ大師の「基本の三身の構造をよく明らかにする燈明」であります。

「ゲルク派版 チベット死者の書」学研文庫(平岡宏一先生訳注)

また、併せて、下記の著書もお勧めでございます。

「チベットの生と死の書」講談社文庫(ソギャル・リンポチェ著)

是非、参考として頂けましたらと存じます。

川口英俊 合掌

2019年10月31日 14:11
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

死後の世界についてお聞きしたいです。

質問、ご覧いただきありがとうございます。 地獄に落ちるのが怖い。 最近そう考えるようになったので色々検索してみると、色々な種類の地獄があり、どれもとても苦しいものだ。回避するためには生前の行いが大切であると、書かれているのをたくさん目にしました。 とりあえず、自分の歩んできた人生を改めて振り返ってみると、嘘をついたり、逃げたり、虫や植物の命を奪ってしまったり、色々な人、物に好き嫌いをしたり良くないことを考えてしまったり、文句言ったり悪態をついたり……とても、多くの良いとは言えない行動をしておりました。そして、このままでは地獄に落ちてしまうと思いました。 なので今から少しずつ行動を改善しようと思い、正しい道や考え、行動について調べてみて、懺悔をし行動を改めること、物事に執着しないこと、煩悩をなくす…などを知りました。こういったことは自分で考えて変えていくものだともおもいますが、行動、執着や煩悩についてどう改善していけば良いのかはっきりと掴めません。自分が良いと思ってしたことでも、もしかしたら良くないことをしていることもあるでしょうし、あの人のようになりたいと憧れその人を目指すことや、この有名人の方がとっても好きだと好意を抱くこと、これ欲しいな、あれ欲しいなという欲を抱いてしまうこと、どこまで制御すればいいのかも分かりません。 また、この行動改善についての話とは少し異なってしまうのですが、地獄に落ちてしまった場合、そこから出ることは一生出来ないのでしょうか。 もしかしたらこうやって誰かに答えを求めること自体も甘えなのかもしれない、ともおもいますが、まずは皆様のご意見をお聞きしたいと思い、こちらで質問をさせていただくという選択をさせて頂きました。 読みにくい文章で申し訳ございません。10代の未熟者ですが、なにかお返事頂けたら幸いです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

死んだ後地獄に行きたくないです。

はじめて質問させていただきます。 私は現在大学生です。生まれつき持病を複数患っていて何度も死にかけたりしていて、免疫力もあまりなく今の情勢にもとても怯えながら生活しています。 普段は体調がいい時だけ学校へ行きますがたまに学校で具合が悪くなり周りの人や両親に迷惑をかけることもあります。同い年の子や年下の子もしているアルバイトも出来ません。高校を留年を経てやっとの思いで卒業したのに、私のわがままで入った大学の単位も全然取れずどんどん年下の方が学年が上になっていきます。今年単位が取れないなら退学も視野に入れています。 最近芸能人の方の訃報をよく耳にすることもあって、ずっと夜な夜な人は死んだらどこに行くんだろうと考えては怖くて眠れません。 親にもいつも身体の心配をかけさせてしまって、私のせいでお金もかかるのに両親も今は外からウイルスを持ち込まないためにリモートワークに対応していない仕事を休んでいます。姉もバイトを休んでいて、私がいるから迷惑をかけています。 中学生くらいまではお荷物でしかない私は早く死んで家族を楽にさせてあげたいなんて思っていて死を怖がることは無かったのですが、この事をある日感傷的になって両親のいる前で叫んだら人生で初めて父親にビンタをされ泣きながら叱られてものすごく反省しました。 私みたいな親不孝者が死んだ後いい世界にいけるとは思えません。地獄があることは前見た絵本で知っているので私は地獄に行くのかなと考えています。 でもどうしても地獄に行きたくないです。死ぬのが怖いです。怖くて眠れません。 7年前に祖母を亡くして、その時お葬式にいらっしゃったお坊様が『おばあ様は仏様の世界に旅立たれたですよ』 と言っていたのを覚えており、私は祖母が大好きなので叶うのであれば同じところに行きたいです。でも祖母は本当に優しくていい人だったのに私は違います。 長々とすみません。今からでもこんな私ができることがあれば教えてほしいです。無理なら受け入れるしかないなと思うのですができることがあればと思い質問しました。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る