hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

人の命の重さは平等なのですか?

回答数回答 4
有り難し有り難し 90

現在看護師として透析患者さんを治療するスタッフとして働いています。
2年ほど前まで産婦人科で助産師として働いていました。
前の職場では産科で助産師としてお産に関わることもあれば婦人科で看護師として婦人科系のガン患者さんを看る日もありました。
新たにこの世に誕生する命を取り上げ感動する日や、この世に生まれてくることができなかった死産の子を取り上げる悲しい場面に直面する日もあれば、若くしてガンで亡くなられ、看取りをする日など人の生と死に身近で関わることができ命の尊さを学ぶ日々でした。

しかし、今の透析の施設では自身の不摂生が原因での糖尿病、きっと透析になるまで色んな人から生活を見直すよう助言をもらっていたにもかかわらず、透析まで辿り着き、『俺のやり方が正しい、お前らは口出しをするな』というような患者さんがたくさんいます。
看護師に暴言を吐く患者やクレーマーもいます。
生活保護の方も半数ほどいます。私たちが一生懸命働いて納めている税金が、働こうとする努力もせずパチンコやタバコ、ゲームに費やし、今受けている医療や薬をもらえることが当たり前だというような態度です。
もちろん、糖尿病以外で元々腎臓が悪く透析になられた方や、とても大変な透析をしながらも一生懸命働いていて、尊敬する患者さんもいらっしゃいます。

最近は、生活保護で恵まれていることが当たり前だと思っている患者、透析をしながらも頑張って働いて生きている患者、新たに産まれてくる命、若くしてこの世を去る命、これらの命の重さは平等なんかじゃ無いと思うようになりました。

正直税金で生きるのが当たり前、自分で身銭を切らないから欲しい薬や治療を受けてもらって当たり前、看護師や医者は自分の言うことを聞いて当たり前というような患者に『税金の無駄だ。はやく死ねばいいのに』と思ってしまう私がいます。その度にこんなこと思ったら医療従事者として失格だ、人としてダメだと思うのです。

まとまりのない長い文章になってしまって申し訳ありません。

2020年3月4日 11:00

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間の目と仏様の目

ご相談拝読しました。

人間が人間を見る目においては、命の不平等はあると思います。

能力や人間性や地位など、なんらかのモノサシで測れば違いがあります。それを不平等と感じるのが人間の現実です。

そしてその不平等は人間の課題ですから人間が対処する問題です。

医療、社会制度、教育、政治などによって…様々な不平等を現実的に対処して超えていこうとするのが世俗の考え方です。

仏教が人間を見る目は人間・世俗を超えたものです。仏様の目から見ればどんな命も平等です。

何において平等かと言うと、「縁において生まれ・縁において生き、縁によって死んでいく」という法則においてです。

しかしその縁は各人バラバラです。でもその違いを「これは良い・これは悪い」とモノサシで測るのは仏様でなく人間の考えなのです。

生まれながらに自らの意志のみでクレーマーやギャンブル依存症や貧困になろうと思う人がいるでしょうか?それは自分の自由意志で選択したものでしょうか?

そうではありません。縁の中でそのような自分として形成されたのでしょう。

これは運命論ではありません。各人の現状に各人の責任が全くないという話ではないのです。

しかし、仏様の目からみるならば私たちは縁にふり回される弱き存在です。縁がととのえばどんなことだってしでかします。人間性が優れているとか、性格が穏やかだとか、生活が安定しているとか、そんなものは一たび過酷な縁が降りかかればどうとでも吹き飛んでしまうものです。

つまり、もしかしたらいつあなたがあなたの軽蔑する側に変わるか分からないということです。

だからといって私たちが全てを平等に見れる仏様の目を手に入れることができるわけではありません。
あなたが正直に書いてくれたように、誰にだって差別心は生じるのです。

そんな自分の心をどうにかしてキレイにしようとすることが仏教の救いではありません。救いの根拠は自分の中でなく外から与えられるのです。それが仏様の教えです。

教えに促し続けられ、本当は平等な命を差別する自分の現実を知らされるならば、人間社会の格差は自分たちの課題として引き受けていこうとする勇気がもらえるのが仏教の救いです。

自分がどうにかなるのでなく、どうにもならない自分を外から包んでくれる真実との出会いが仏教なのです。

2020年3月4日 13:36
{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺で住職をしてお...
このお坊さんを応援する

様々な世界をみてください。

日々の看護お疲れ様です。
私も昨年、悪性リンパ腫で1ヶ月弱、入院して抗がん治療を受け、その後通院で5ヶ月間お世話になっておりました。もちろん今も通院はしています。
その間、医師や病院スタッフの皆さん、特に看護師さんにはとてもお世話になり感謝しています。24時間にわたり懸命に看護される姿には、とても自分にはできないと感謝しかありません。毎日、たくさんの「ありがとう」を言わせて頂きました。

さて、はるなるなさんも医療現場で直接患者と関り大変なことだと思います。
特に、今回のお話は現実問題として様々な面から考えさせられますね。同じ医療現場でありながら患者の思いが全く違うので、このような疑問も湧いてくるのも仕方ありません。

少し角度を変えて考えてみましょう。
一つには、医師は、人間が死ぬこと、死なせてしまうことは失敗という考え方でいいでしょうか。私は以前そのように聞きました。
もし、そうなら何が何でも生かさなければなりません。当然、医療現場でも同じかもしれません。私への対応も、そのようにされたと思います。ゆえにこうして生かさせて頂いています。

もう一方、私の考え方は、こうして人間として誕生し、様々な理由はあれど人生を歩んでいます。やがていつかは死を迎えます。その原因が、老衰であれ事故であれ病気であれ災害であれ、肉体は限界を迎え肉体の変化(死)を迎えます。
しかし、魂、意識は滅ぶことなく続いている、これは目に見えませんから証明の仕様がありませんが、医療現場ではそれとなく不思議なことはあるかもしれませんね。
ということは、死は単なる肉体の変化に過ぎない(もちろん大切な人が亡くなれば悲しいですし、辛いです)ということであれば、次があるので、何が何でも肉体を滅ぼさないようにとはならないでしょう。延命治療を受ける受けないも当然なことで、私は、もしも時その選択をしています。

そして今回、はるなるなさんが、様々な医療現場で体験していることにも意味があるのだと思います。その理不尽な矛盾した世界を体験することで改めて知ることも学ぶこともあるということではないでしょうか。
誰の考え方が正しいとか間違っているということではなく、すべてに意味があることだということです。
現代では大切な尊き他人の臓器を頂けます。ならばその余生は人を活かし、生かされる人生を歩みたいものです。

2020年3月4日 12:11
{{count}}
有り難し
おきもち


日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...
このお坊さんを応援する

平等に尊いですよね。

拝読させて頂きました。
あなたがおっしゃるような傲慢にわがままいい放題な方々の姿を見るとあなたでなくてもそう思ってしまうのは否めないと思います。
そのような自分の我欲を通し感謝することのできない方々はやはり心がかたよってしまっているのではないでしょうか、ものごとを受け入れられずに憂さ晴らししてその業が自分に戻ってきて自分の心も体も犯してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。それは心も病いにむしばまれているのかもしれません。
そうではなくて体質的に病いになっている方々もいらっしゃると思います。
仏様や神様にとっては全てのものは平等に尊いものですから、その方々も尊い存在です。
いずれその方々も必ず自分の天寿を全うする時がきます。その時にはお迎え現象があり、仏様や神様やあまたの方々がお迎えに来て下さいます。
その時その方々は自分の人生を振り返ってみてどう思うことでしょう、心も体も病いにむしばまれている自分の姿をどうご覧になるでしょうか、この世に生を受けてあまたの恵みを受けて生きたことをそして自分が思ったことやなさってきたことを走馬灯のように振り返ってどう思うでしょうか。
それは仏様や神様やご先祖様方々しかわかりません。

お仕事大変かとは思いますけど合間にちょっと想像なさってみてはいかがでしょう。

全てのものは平等でそれぞれ恵まれて尊いものです。
それは真理であり真実であり法です。
ゆっくりと見つめ直してみて下さいね。
どうぞお仕事大変かとは思いますがあなた自身も大切になさり周りの方々も大切になさりながら適度に頑張って下さいね。

あなたがあまたのものを大切になさりながら皆さんと一緒にお互いを思いやり尊重しあいながら充実して毎日を生き抜いていかれますように切に神仏にお祈りさせて頂きます。

2020年3月4日 12:49
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

殺意は自然な感情。でも慈悲を目指す。

動物の中で「人間」というカテゴリ-を分けて考えるのは、私達が頭の中で決めた仮の概念です。
だから、人間も人間以外も、動物は個体ごとに特徴が違い個性があるし、また、人間も人間以外も「生きたい」のは同じだと思います。
つまり、ゴキブリや蚊を叩くのも、人間を殺すのも、罪の重さは大差ないのです。
(国の法律では人間だけを差別していますが。)
私達は、自分の利害関係や好き嫌いを理由に、邪魔な相手は殺しているのです。
ペットは可愛がり、ゴキブリは殺す、身勝手な私達です。
ですから、あなたが心の中で怒りや殺意を抱くことは、自然な感情だと思います。
ただし、怒りや憎しみはストレスやトラブルの原因になりますから、慈悲の心を育てた方が自分も他の生きものも平安になります。
怒りは誰にでもあると自覚した上で、慈悲を目指しましょう。

2020年3月4日 12:40
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

僧侶の皆様、日々お忙しい中ご回答頂きありがとうございました。
お礼が遅くなってしまいましたこと、御容赦下さいませ。

私自身、普段宗教にあまり関わることが無い身でしたので、ご助言くださったような心持ちや視点が私の中には今までありませんでした。

なにかがパッと開けたような気がするのですが、お一人お一人のご助言の本当の本質を私自身の中に沁み渡らせるには少し時間がかかるような気がします。
私自身がまだまだ人生経験が浅く、未熟であるということもあると思います。。。

通勤中、仕事の休憩中、寝る前のホッとした時など合間合間に何度も読み返しております。その度に皆様のお言葉の意味を考えています。

でも、皆様のご助言のおかげで明日からも仕事を頑張れそうです。

私の中にある殺意や差別心といった感情を否定せずまず認めていくこと。

親身になって聴いて下さりありがとうございました。

仕事柄、死生観や倫理観など考えさせられることが多々あります。
これからも悩むことや気になることを皆様に
質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

「不公平・不平等」問答一覧

才能と不公平感

私は不器用です。音痴です。写真を撮ると不要な背景が入っていたりであまりにもセンスがなく笑われます。 英語も聴いたようにフレーズを覚えて正しく使うことができません。 妹は歌っているとリズムが違うイライラすると怒りだします。 写真も撮るとき全然見てないじゃないと怒りだします。不細工に撮って意地悪と言います。これは妹だけでなく友人もそう言います。 妹は英語の発音も間違えるとイライラしながら直してきます。 妹は特別ズケズケいう性格で、要領の良い子だったので努力や工夫でなんとかなると思っているので他人の能力が劣っていると努力不足、工夫不足と思いイライラするようです。 私も努力や練習で自分基準では少しずつ能力を伸ばしていくことができるかもしれませんが、周りの人とスタートラインで圧倒的な差を感じます。自分が何十年もかかったことを周りの人は数ヶ月でやってのけてしまうような、別の種類の生き物と比べられている感覚です。でも見た目が人間だから同じ基準で測られ、できないことにイライラされます。 イライラされ、バカにされても、能力が低いんだから仕方がないと頭ではわかりますが悔しいです。 妹とは絶交して数年になります。今でも悔しさで涙が溢れます。他の人が別の人に対して同じようなことを言うのにも傷つきます。 言ってもらって少しでも自分のためになったなら良いじゃないかと思えないし、もともとの能力の差について悔しがっても仕方のないことですが辛いです。どうやったら無能でも仕方ない、イライラされても事実できないんだし仕方ないと受け入れられますか?

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

何故自分だけ。

こんにちは。 自分の気持ちがコントロールできなくて相談させてもらいます。 自動車会社の工場勤務なんですが 9月に入りコロナの影響で 仕事が激減しました。 変な話ですが、自分的には仕事が減ったお陰で休業となり給料も100%貰えるのでラッキーと思っていました。 ですが、違う部署は稼働しています。 自分は違う部署も経験があった為 そちらの方へ1ヶ月丸々、 応援で行く形となりました。 まー仕方ないと思っていたのですが、 考えれば考えるほど怒りが込み上げてきます。 何故自分だけ? 他の人は9月丸々休みでも給料100%貰える。 それだったら休んだほうがマシ。 現に働いている人もいるから 甘えているのではないか? そう色々考えました。 でもまた10月から部署に戻り 1ヶ月丸々休んだ人らと仕事を すると考えると何故が怒りが 込み上げてきます。 こっちは汗水垂らして働いてるのに 呑気に休みやがってと。 嫉妬の怒りの方が強いかもしれません。 別に休んだ人達は会社都合なので 全然悪くはありません。 ですが怒りが込み上げます。 何故自分だけなのか? 色々とプラスの事を考えて 自分なりに試行錯誤してきたのですが やはりマイナスの感情となっていきます。 正直、会社からは都合よく 使われてるとも考えてしまい 辞めたい気持ちにもなっています。 嫉妬からくる苛立ちをどうにかしたい。 この気持ちを自分の中から消し去りたい。 こんな自分ですが、 この気持ちをプラス転換できる 心構えのアドバイスを頂けると ありがたいです。お願いします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

なぜズルした人ばかりが幸福に暮らすのか

私は小さな頃から大変苦労してきました。                  けれど小学校の担任から「正直すぎる」と虐められるほど、正直に人を傷つけずに生きてきました。                                   けれど世の中を見渡すと結局はズルした人が幸せになっています。                     数日前叔母にも「もっと他人を利用しなさい」と言われました。                     いとこたちもほぼ全てのレポートを親にやらせて大学を卒業して今は良い会社に入りマンションで一人暮らしして海外旅行に行ったり、大学を不正で出てヨーロッパに恋人と住んで楽しそうな様子をLINEで送ってきたり、奨学金を不正取得して親に返済してもらったいとこが結婚して子供もできて幸せに暮らしています。                     親も親戚もソレを「要領が良い」と言って「あの子たちはようやっている」と言います。                     親にや親戚やいとこたちの方が正しいのですか?                     また誠実に正直に生きる人ほど騙されたり、社会に受け入れられず、不幸になるのは何故ですか?                     また、現世でそれを修正するのはどうすれば良いですか?                     よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

全世界の人間は本当に誰も平等でしょうか?

私は先月より心療内科のデイケアに毎週火曜日と水曜日に通所してメンタルも安定傾向ですがまだデイケア利用も浅いので一般就労や障がい者雇用での就職までには時間がかかりそうです。最初は週2回のスタートですがデイケア利用を積み重ねれば1日ずつ利用日が増えて最終平日毎日来る利用者も数人かいます。私は過去に数回障がい者雇用で一般企業に勤めていましたが人間関係の不調やストレスが大きくメンタルが弱い私には耐えきれず職場に嫌気が指して自己退職をしてきました!ちなみに私は中卒ですが高校も大学も行ってませんし私はもう45歳という若くない人間でございますが今後のデイケア通所で社会復帰して一般就労などに近付けるように頑張ります。私は思うのですが私みたいな中卒人間と大学や大学院卒業した人間とではどちらが幸せな人生を送れているのでしょうか?私の1つ下の男のいとこは大学院卒業のサラブレッドで県庁で働いて結婚して家庭を持っていることでいとこの方がよっぽど幸せだと嫉妬してきました。大学院卒業したいとこはダイヤモンドやプラチナのような輝きを持って周囲からチヤホヤされ放題です。逆に中卒の私は何にも輝けない一生ザコ人間としか思えません。私は決して若い人間と言えませんし数年後には50歳になるので本当に一般就労出来るかどうかの瀬戸際になる状態です。もし私が50歳を迎えて就労出来ない状況だったら大声をあげて泣いてしまうかも分かりません!50歳で人生の分かれ道で下手すればゲームオーバーでしょうか?私は中卒ですがやはり大学卒業他の高学歴の人間は就労に有利でしょうか?いとこのように大学院卒業して安定した仕事に就けて身分や生活も保証されるのは間違いないと思うのです。中卒の人間はただのゴミとかお飾りの人間としか世間から見られていません。私は日本はじめ世界中の人間誰もが本当に平等なのでしょうか?私は会社社長や医者のように立派な仕事に就けている人やアスリートなどの才能が優れた人が優先的に報われるのでしょうか?私は中卒で何も才能がない人間ですから神にも嫌われて2度と報われない人間だからです。私は全世界の誰もが平等に生きているとは思えず各国でも格差が激しい様子です。私は人間誰もが平等なわけがありませんしただ不公平のかたまりです。私は本当に全世界の誰もが平等に生きているのでしょうか?その事に関してどうか良いお言葉をお願い申し上げます。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

公平性の無い経営判断

そこそこの規模で新しい事業を提案する立場なのですが、ここ2年ほど事業計画書を作成して役員プレゼンまで行うものの保留とされたので、その案を他社様に持っていくと1000万で買い取ってくださり、一生懸命提案したものを無駄にせず会社の利益になるよう努めてきました。 現在も同様に新しい技術を取り入れた事業を提案している最中で、外部の識者の方々からは評判良いのですが、社内ではやはり保留状態。 そんな中、創業者と関係の近い方が食事に行った際に提案した内容で新事業の発足が決まってしまいました。その方も私に申し訳なさそうに伝えてくれました。 全ての事業は、役員プレゼンを通して合否を判断すると言っていたのがこの結果…。 創業者の公平性が無いことに、呆れ果ててしまいました。 仏教で言う求不得苦の意味も陰徳の積み重ねも理解しているつもりですが、現実的でそれなりのものを作って来た自負があるので、とても落ち込んでいます。 歯を食いしばって前を向くしか選択肢はありませんが、この会社の未来のために新しい提案をしようという気が失せてしまいました。 会社を去るべきか否か?について、ご助言いただけたら幸甚でございます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺