hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お坊さんとしての職業は価値のある人生か?

回答数回答 5
有り難し有り難し 80

お坊さんには失礼な質問と思い躊躇ったのですが、やはり聞いておきたいので質問

します。お釈迦様は無常を説き、人生は無価値である語ったと聞いたのですがお坊

さんという立場は価値のある人生なのでしょうか。私は今、瞑想をして個人的に

心を浄化をいている最中で気になって質問しました。大変不躾にな質問で申し訳

ありません。

生きとし生けるの全てが幸せでありますように。

2020年5月24日 16:45

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お坊さんに限らず、

必要とされている職業は
全て価値があると思っています。

では
人生はというと
どのような立場の人であろうと
どのような状況にあろうと
どなたの人生も価値があります。
それが仏教のものさしです。

現実社会に生きているから
世間のものさしで
勝ち負けや損得で
自分の人生をはかってしまいますが
それとは別のものさしを知っただけでも
お坊さんになった甲斐はありました。

2020年5月24日 19:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

お釈迦さまは「人生は無価値」などと言っていません

 「お釈迦様は、人生は無価値であると語った」とありますが、それは誤りです。
 確かに仏教の基本に「無常」(諸行無常)がありますが、お釈迦さまの説いた「諸行無常」とは、人生は無価値であるという意味ではありません。私たちの心は、周囲の刺激を受けて、うれしかったり悲しかったり、怒ったり恨んだり、いろいろ変わりますよね。その事を言っているのであり、悲観的詠嘆的なことを言っているわけではありません。
 私たちの心は、コロコロと変わるから、悪い事をせず、善いこと(人のためになること。四摂法・六波羅蜜など。瞑想(禅定)もそのひとつであるがそれだけじゃない)をして、善い心の状態を保って、楽しく生活しようというのが仏教の教えなんです。お坊さんは仏教の教えに従い善い生き方をして、みなさんにも仏教の教えを伝え善い生き方に導くものだと私は考えています。

2020年5月24日 19:06
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

ブランドの価値。。。。

あなたが幸せでありますように

天上天下唯我独尊とはいいますが、
お坊さん「ブランド」に価値があるわけでなく
人の尊さのことを述べていると思っています。

お坊さんの価値の大小ではなく、弥陀の価値に救われる。

慈悲の瞑想さまがしあわせでありますように
慈悲の瞑想さまが報われますように。

+++++++
返信ありがとうございます。
僧侶は職業か生き様かという問答は若い頃から議論にあがっていました。

僧侶の価値は何によって支えられているのか、師匠からの度蝶なのか、信者からの布施か、食材となりし動植物のいづれか、はたまた全てか。
また、その価値は僧侶にしか当てはまらないのか、無戒の名ばかりの比丘や衆生にも当てはまるものか、そんなことも考えています。

青空の境地にはまだ遠いですが、僧侶も迷いながら歩んでいます。

心の中の真摯なお言葉ありがとうございました。

2020年5月24日 19:11
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


正義を武器にされると辛い。 わかっていることを責められても辛い。 余裕...

私(お坊さん)自身が幸せなので

私(お坊さん)自身が幸せなので、まぁいいんじゃないかなと思います。
たまたまお寺とご縁があったから仏教を学ぶ機会に恵まれたので、ラッキーでした。
また、私に仏教を学ぶ機会を与えてくれたお寺に、少しばかりの恩返しはしたいなと思っています。
慈悲の瞑想、いいですよね。
私は浄土宗のお坊さんですが、若いとき、テーラワーダ仏教の某長老の瞑想指導に参加したこともあります。
それも、お坊さんとして仏教全般に興味があったからこそのご縁だと思います。

2020年5月24日 18:45
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

慈悲と智慧により

拝読させて頂きました。
あなたの思いやお考えは至極当然な疑問かと思います。

僧侶や宗教者としての価値は人それぞれの人生や生き方によっても違ってきますので一概には言えないかと思います。

人がどのように生きていくか、それを正直に問い答えを見つけたり生き方を見つけていくには僧侶や宗教者という道は価値あると思います。

お金儲けの為や名誉や権力や社会的な地位を得る為の職業としては僧侶や宗教者としてはあまり価値はないのではないかと思います。

改めてこの様な世界や世の中の状況にあって宗教者の価値は問われていますし、人々に何を伝えて与えることができるかによっても本当の僧侶や宗教者としての価値が見直されてくると思います。
そして私達僧侶や宗教者も限りある命や人生を生きています、そして必ず天寿を全うする時が参ります。その時に本当の価値が分かると思います。

テクノロジーがどんどん進化してもそこには本当にあまたのものが救われる道はありません。いつか人は死なない存在になるかもしれませんけれども、そこに真の慈悲や智慧や慈愛や信仰が無ければ決して救われることはないと思います。

私個人的な考えですが真の仏教や宗教や信仰はあまたの生きるものを救い導き幸せを与えることができると信じています。

おそらくその様なことを素直に問いながら生きることは真に尊く価値のある人生と思います。

あなたもゆっくりお考えなさって下さいね。

2020年5月24日 18:06
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

たくさんのコメントを頂き本当にありがとうございます。人生で様々なことがあり今、人生が足踏みの状態です。その時お釈迦様の人生や真理にふれとても勇気づけれらました。お坊さんと言う仕事に興味があり憧れがあります。現在、世界はウィルス禍にあり人が自由に行動ができません。日本も同じ苦しみにあります。私も瞑想の修行を行いたいのですがそれがままなりません。その時にふと思い綴った次第です。ありがとうございました。
生きとし生けるもの全てが幸せでありますように。

冷静になって考えたのですがタイトルの付け方が間違っていると思いました。私はこれまで他に比べて才能がなく社会的価値を何とかつけようと執着していたと思っていました。ようやくそこを克服することができ、ほっとしていたのですが人生の困難にぶつかりお坊さんになれないだろうかと考えていました。ですが様々な心の葛藤に悩まされもしやお坊さんになることを自分の価値を高めるためではないかと不安になったのです。それならばお坊さんとは何だろうかと思い始め書き込みをしたのです。もう少し瞑想をして心の汚れをとり考えてみたいと思います。全ては因果によるものですので無理をしないで生きていきたいです。
生きとし生けるもの全ては幸せでありますように。

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

相談に乗る時どう心がけていますか?

わたしは医者です。最近、常に診察に疲れを覚えます。 なんとも言えない話や治らない病気を治してと言われること、怒鳴られること、殺害予告をされることなど強いストレスを感じます。その上コロナの問題などで仕事量も増えています。 わたしだって治したいんです。でも治らないものもあるんです。 当直も多く体も常に疲れています。 プライベートもそんなにうまくいっていません。彼氏がいますがなかなか結婚をかんがえてくれず、婚活をしても結婚できる予定はないです。友人はいますし、楽しめる趣味を増やそうと活動もしていますが、むなしさを感じています。 おそらく恋愛や婚活がうまくいっていないから嫌になっているのだと思います。 プライベートの気持ちを仕事に持ち込むのは社会人としてだめだとは思いますが、毎日しんどいです。 患者さんに死にたいと言われるたびに、わたしもだよと言いたくなってしまいます。 明日死ぬことができるかもと思って1日を過ごしています。とにかく1秒でも早く死にたいです。 という気持ちで毎日を過ごしており、時に診療に差し障りがあるように思っています。 お坊さん方は自分が辛い時にどのような心持ちで働いているのでしょうか。お忙しいところ大変恐縮ですが、ご教示いただけると幸いです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 105
回答数回答 3

お坊さんが怖いものは何ですか?

物凄い盛況ぶりのなか、くだらない上に、人によっては失礼と感じられるかもしれない質問ですみません…; 私は趣味で漫画を描いていて、お寺に関連するキャラクターもいつか描いてみたいなと思っています。自分なりに色々調べているのですが、あくまで趣味の範囲のものですので、直に取材に行くようなことはなく…この度、快適インターネットでお坊さんに直接聞けるサイトがあるということで思わずおおっ…となってしまいました。 いつもお世話になっているお寺さんのご住職から、祖父が亡くなった時に「今まで好きだった人が亡くなった途端に不浄な存在になるわけないだろう」と言われ、葬儀場に泊まるのをずずいっとされた経験があります。 確かにその通りで、昨日までおじいちゃん死なないで~とか言っていた人が怖い存在になるわけではないと納得はしたのですが、それでも10年たった今でも葬儀場の横を通るのはなんだか怖いし、無人の集合墓地とか、廃病院の感染症病棟の跡とか、かつて生きていた人がいる場所を通るのはちょっと怖いです。だからといって、不浄だから?と聞かれると、不浄とは…?となります。 そこで思うのは、毎日敷地内にお墓がある環境で生活していらっしゃるお坊さんが言う「不浄なもの」って実際は何ですか? お坊さんが怖いものってあるんでしょうか?…不浄なものですか…? また、その「不浄なもの」というのはホラー映画や漫画等に登場するキャラクターの中に存在するのでしょうか? 長くなってしまってすみません。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 37
回答数回答 2

お坊さんの飲酒はおかしくないですか?

お坊さんがお酒を飲むのはおかしくないですか? もちろん付き合いで飲まなければいけないという状況があると思いますのでそこはしょうがないと思います。 しかしお坊さんが"自発的にお酒を飲む"ということに疑問があります。 お酒(アルコール)って合法なだけで厳密に言うまでもなく精神に作用するドラッグの側面は切り離せませんよね? 過去にアメリカで規制しようとしても辞められない人が多すぎて断念したほどには依存性の強いドラッグだと思います。 飲めばリラックスし気分が高揚し嫌な出来事があっても忘れられる作用がある。 僕はお坊さんは心の専門家で苦しみからの開放を求め実践するプロフェッショナルだと思っています。 それでも飲むということは仏教では解決できない、お酒を飲まなければ消せない苦しみもあるということなのでしょうか? 酒に飲まれなければ良いという問題なのでしょうか? 体がお酒に強く酔ってる自覚がないならオッケーってことなんでしょうか? 酔う為ではなく味を楽しむ為に飲むという事を言う人もいると思いますが、なら美味しく味付けされた脱法ドラッグを少量なら使ってもいいんでしょうか? 今はノンアルコール系もあるのにわざわざアルコール入りを飲むってことは酔う為にお酒を飲んでるとしか思えないのです。 執着から離れ、事実に親しむお坊さんがなぜわざわざ事実を歪める作用のあるお酒を飲むのかわからないのです。 僕はお酒は飲みませんが嫌なことやストレスが強い出来事があると以前より頻度は減りましたが抗不安薬を使ってしまう事があります。 抗不安薬はリラックスし嫌なことが気にならなくなるお酒と似たような効果があります。 それが嫌でどうにかやめる方法はないかと仏教に興味を持ちだしたのにお酒は飲まれなければ飲んで良いとか言われると薬と変わんねーじゃん!と思ってしまいます。 嫌な時ではなく平時に飲むのですと言われればより悪いじゃん!って思います。 誤解して欲しくないのはお坊さんなら戒律を厳密に守れ!と批判している訳ではなくプロのお坊さんですら酒を克服できないなら僕が薬を完全に克服できるわけがないことが確定してしまうので仏教に対して失望してしまうのが嫌なのです。 お酒を飲むお坊さん、気を悪くさせてしまっていたら本当にごめんなさい。

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る