hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

義実家、友人の供養はどこまでして良いのでしょうか。

回答数回答 3
有り難し有り難し 9

初めて投稿させていただきます。
供養やお墓参りについて教えてください。

昨年結婚したのですが、入籍前の同棲期間から主人の怪我や事故が頻繁に起きていて心配です。
怪我か事故が毎月、それが半年以上続いており、主人も不安がっています。
一緒に暮らし始める前は全くありませんでした。

主人は、数年前に事故で同乗していた友人を亡くしています。
また、主人の実家はご先祖様を想う(お墓参りなど)もないようです。

ご先祖様に関しては、地域性の違いもあると思いますので
仕方ないことかと思います。

私の考えすぎかもしれませんが、亡くしてしまった友人は、幸せになる主人を恨んでいたりするのでしょうか。

気持ちの持ちようだとわかってはいるのですが、自宅で可能な範囲ででも、
私が勝手にお線香をあげたり花をあげても良いのでしょうか。

私の地元ではご先祖様を大切にするよう言われていたため、
結婚報告を兼ねてお墓参りをしましたが
主人のご先祖様にはご挨拶もしていないのが心残りです。

それも含め、私がどこまでして良いものか教えて頂きたいと思います。

宜しくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

前向きに手を合わせる

ひろさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

昨年ご結婚されたとのこと。まずは、おめでとうございます m(_ _)m
でも、一緒に住み始めて以降、毎月のように怪我や事故があるのでは、新婚生活の楽しさよりも心配・不安の方が大きくなってしまいますね。

私は浄土真宗の僧侶なので、その中での考え方になりますが、怪我や事故はあくまで偶然であって、ご先祖さまや亡くなった友人のせいではないと思います。

先祖も友人も、亡くなった方は尊い仏さまとなって見守って下さりこそすれ、危害を加えるようなことはありません。どうぞご安心下さい。

おそらくは生活パターンが変わったことなど、様々な要因が重なり怪我や事故に結びついているのではないでしょうか。ご主人もひろさんも充分に気をつけて過ごしていれば、そろそろ新生活にも慣れてくるころでしょうし、収まってくると思います。

供養についてですが、ご主人の先祖や亡き友人に対して、「悪いことが起きませんように」と手を合わせるのは、かえってその方々を悪霊扱いすることに繋がるのではないでしょうか。
ですので、感謝の念や哀悼の意をもって、「応援してね、見守ってね」と前向きな気持ちで手を合わせるのが良いのではないかと思います。

春になり、初夏を迎え、気持ちの良い季節になります。
休日にご主人を誘って、ご先祖や亡き友人のお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

自分に向き合うことも供養

まず、あなたが周りとの関係性をとても重んじておられること。
これは人間としても大変素晴らしい感性。これぞ信心の中枢です。今後も大切にして頂きたいと思います。
あなたの不安が解消されるためにも一度二人で、もしくはお一人でお参りに行かれてみてはいかがでしょうか。
実際にあなたにとってはお墓参りも不安材料の一つになっておられるのですから。
現実の生活面での不安材料を一つ一つ消していかれればよいと思います。
正すべき関係性(人間関係 バランス 義理 社会性)の全てが修復できれば真実が見えてくるものです。
不安材料はとことんなくしましょう。
先日私も図書館で5冊本を借りました。5冊の本は同時には読めません。
オマケに今日はある冊子の原稿の締め切りなのですが今一つアイデアが湧きません。
5冊本も一冊ずつ読むほかありませんが、読まないままでは進展しません。
あなたの抱えている問題も何冊あるかはわかりませんが、ひとつずつ解決、読破、看破してまいりましょう。おそらく私は、問題はほかのことにあると思います。
おそらく問題はご主人が自分の過去や家庭や向き合うべき何かにきちんと向き合わずに、ある意味、ないがしろにしていることがあるのではないかと思います。
話したくても話せない状態、変えたくても変えられない何かがあるのではないでしょうか。
夫婦は会話が大切です。頼りあえることが大切です。
仕事をしている男性は夕食時は疲れて話になりませんので就寝前にでも尋ねてみてはいかがでしょうか。
本当は事故の事も罪悪感がぬぐえないことと思います。
うちのお寺でよければ話もお聞きします。よかったら一度二人でお越しください。ご主人も複雑なお悩みを抱えている故、あなたの前だけでは話せないのかもしれません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


御供養について

ひろ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず、ご主人様のお怪我についてでございますが、亡くなられたご友人の恨みによるものだとか、あるいは先祖供養をしていないからだとかという理由は、全く関係ないとお考え頂いて構わないかと存じております。

このようなことにつきましては、これまでにも下記の問いに回答させて頂いております。他の先生方のご回答も色々と参考になるのではないかと存じます。

問い「子供が立て続けに怪我」
http://hasunoha.jp/questions/231

問い「厄年は悪い事ばかり起こるのですか?」
http://hasunoha.jp/questions/334

次に、御供養の形式ということにつきましては、下記の問いにて「荘厳」について述べさせて頂いておりますので参考にして下さいませ。

問い「生前の写真にお供え物をする事 再問」
http://hasunoha.jp/questions/445

そして、「先祖供養」につきましては、下記の問いにおいて回答させて頂いております。

問い「先祖供養とは?」
http://hasunoha.jp/questions/129

この中で下記の拙コラムについても引用させて頂いております。

コラム「追善供養・功徳回向の考え方について」 1~5
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

基本的に供養というものは、特定の対象(亡き方のみ、ご先祖様へのみ)へ向けてだけ行うというものに留まらせずに、その供養によっての功徳が、やがて一切の迷い苦しみある衆生を救わんがための悟りへと向かうために、あるいは、一切の迷い苦しみある衆生が悟り、涅槃へと向かうためにということで行うことが肝要になるのではないかと存じております。いわゆる、普回向としての「願わくは此の功徳を以て、普く一切に及ぼし、我等と衆生と、皆共に仏道を成ぜんことを。」ということでございます。

もちろん、一切衆生の中において、亡き方やご先祖様も含まれるということになる次第でございます。ですので、これからの御供養におかれましても、上記のことを少しでも念頭においてお考えを賜りまして、お勤めをして頂けましたらと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「供養全般」問答一覧

旦那が死去、供養する気が起こらない。

今年の2月に旦那が自殺しました。それもたわいもない夫婦喧嘩で私が子供を連れて実家へ戻り4日後に家に行くと自殺していました。遺書などはなく突発的に思えました。なぜならその4日後には私の両親、おばあちゃん、妹夫婦に私の家族で旅行の予定だったからです。 旦那が自殺後にいろいろなことが発覚し、夫婦で貯めていた貯金が全て使われ、さらに子供の将来のためにと夫婦で貯金した分、子供の児童手当も使われてしまい約200万ほど使われていました。さらに子供の手当てはお義母さんへの仕送り(携帯代をお義母さんが家族分を払い、月々携帯代として仕送りをしていました)として使われて手元に残ったお金は5万程でした。それに借金も出てきました。 旦那は30歳すぎてから社会に出てそれまで司法試験の勉強のために実家暮らしでした。 初めて入った会社がハードな仕事であり夜間にも急な呼び出しがあるような職業でした。そして、私が妊娠中に休職をしました。診断名はうつ状態でした。そこから約1年家で何もすることなく初めは起き上がることもできませんでしたが徐々に活動する様になりました。その間私は今後の不安もあり仕事を掛け持ちしました。うつ状態で休職していることは旦那からお義母さんには黙っていて欲しいとのことで黙っていました。そして、私も出産し子育てに追われて産後クライシスにもなりました。その間旦那は一日中動画を見てお酒を飲み寝ての繰り返しでした。私は産後3ヶ月で子どもを実家に預けてほぼ毎日仕事をしました。 私も子育ても家事もしない旦那に対してキレること多々ありお義母さんへ愚痴も言っていました。その頃お義母さんはまだ休職していることは知りません。さすがに私も誰にも言えないことがストレスになり、もうお義母さんには休職して約10ヶ月経った頃に全て打ち明けました。始めに言われた言葉がなんでもっと早く言ってくれなかったの!それなら息子を実家へ戻すこともできたでしょと...私が一人でずっと子育てに家事、旦那の面倒も見て...だったのでお義母さんからはご迷惑をかけてすいません。って言われるかと思いきや、そんな言葉は一切なく旦那の心配ばかりでした。 今回の件でさらにお義母さんには私が旦那を殺したと言われました。それで旦那に対しても怒りの気持ちが大きく供養する気持ちがもてないです。今年初盆ですが、どのような気持ちで迎えたらいいですか?

有り難し有り難し 44
回答数回答 2

兄の自死と供養

初めて利用させて頂きます。 同じ境遇の方々への返信を読みながら涙が溢れました。  兄の死から5年、恐らく今日あたりが命日です。 子供達が寝静まり今夜は涙が止まらず、ここへ辿り着きました。  突然の自死、真坂の出来事でした。10代から運命の歯車が狂い悩み続けた36年間だったと理解しています。家族も苦しみ悩み悲しみました。何故こんなにも兄だけが不幸なのか、最後は自死を選ばなければならなかったのか。5年経ってもまだ現実ではないように感じてしまいます。 私よりも現実を受け入れられない母は人が変わった様で、父方の親族へはまだ話しもできていません。 また、遺骨はそのまま家にあり供養もできていません。 父が戒名と兄の友達がお経をあげてくれたりはしましたが、時間が止まった様な状況なのです。 このままでは報われないと思い、色々と調べていますが金銭面での余裕があまりなく悩んでいます。  どう考えてあげれば兄の為になり、どうしてあげる事が兄や家族の為に一番いいのか教えてください。  また、私はこの事で旦那からは酷い言葉を言われ不信感が募り色々あり離婚しました。 人の死に方が人にはいえない様な死に方でも、故人を馬鹿にする様な人が夫である事に吐き気がしました。今でも怒りの様な感情と私の子供達へは死に方を伝えられていないので後ろめたさを感じてしまいます。 どこにも、誰にも言えない心の内が爆破しているようです(涙

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

姉の供養について

姉が亡くなりました。事情があり10年以上も疎遠でした。波乱万丈な人生で周りにも迷惑をかけてきた姉でしたが、根は優しい性格で私も昔は可愛がってもらいました。 自殺ではないのですが、ずっと自殺願望がありさみしいとずっと思っていたみたいです。 姉の一人暮らししていた部屋に行きました。20年も前に私が書いた手紙をずっと持っていてくれました。写真などもたくさん出てきました。 私は自分の生活を守る為に、姉に優しい言葉もかけず冷たい妹でした。何かしてあげれなかったのか...今は辛く寂しい気持ちです。 遺骨は姉の旦那さん(籍のうえで)が持ち帰りお寺に納骨すると言っていました。私は分骨してもらい、今は自宅の父のお仏壇に。もう少ししたら、父の納骨堂に納骨するつもりです。 事情があり、お葬式もあげてなく火葬の時にお経をすこしあげてもらっただけです。今は毎日、般若心経をあげています。 そこで教えてください。 1,般若心経以外にもお経をあげたいです。どのようなお経をあげたらいいですか?(浄土真宗です。) 2,納骨後も家のお仏壇でも供養したいのですが、戒名もこちらにはなく、(姉の旦那さんは戒名をつけてくれたかは分かりません。)自宅のお仏壇には姉の写真だけしか残らないのですが、それでも姉がいるお仏壇として供養できますか? 3.今後、一周忌や、三回忌、、、ずっとお経をあげていきたいのですが、お経の本とかがあれば教えてください。 生きている間に仲良くなれなかったことはとても心残りですが、これから姉が上の世界で成仏できるように供養したいです。 どうぞ宜しくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

できれば供養したい

父は私が幼少の頃から何度も不倫をしていました。その度に母は傷つきそれを目の当たりにしながら育ってきました。 時は過ぎ、私が中学生の頃父が家を出る形で別居することになりました。私は父のことが嫌いでした。理不尽に怒り、家族を捨てた自分勝手なあの人ことが。その為、別居した1年間ほどは荷物の受け渡しなどで適度に会っていましたが、そのうち父から会いたいと連絡があっても拒否するようになっていました。それでも父はなぜかお金を毎月振り込んできました。私は不思議でした。なんで捨てた娘にここまでするのか。母も養育費を求めていた訳ではなく、父が独断で振り込んでいました。私はそれを成人して父と落ち着いて話ができるようになったとき聞きに行こうと思っていました。 しかし私が高校生の頃、父は亡くなりました。自殺でした。その連絡を受けた時、私は泣いてしまいました。悲しくて泣いているのか、なんで自分が泣いているのかわかりませんでした。あんなに恨んでいた父ですが、思い出すのは優しかった父のことばかり。あんな最低なことをしておいて、なんで勝手に死んでしまうのか。どういう心境でお金を毎月振り込んでいたのか。私のことはどう思っていたのか。愛していたのか。何がそんなに父を追い詰めたのか。沢山聞きたいことが溢れてきました。 父が亡くなった今、私以外の家族は父の墓参りには絶対に行かないと言っています。心の中で私は大人になったとき墓参りに行く権利があるならば行きたいと思ってます。しかし、父を自殺に追い込んだのは私なのではないか、そんな私が行ってもよいものか悩んでます。父がもし私を恨んでたら、私がお墓参りに行った時何か良くないものを持ち帰ってきてしまうのではないかと心配しています。私は墓参りに行くべきでしょうか?父は私のことをどのように思っていたのでしょうか。また今簡単にできる供養の仕方や心持ちはどういったものがありますか。父を思い出す度胸が苦しくなります。回答頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る