hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

自分らしくあるべきか自分を殺すべきか

回答数回答 2
有り難し有り難し 79

45歳男性。未婚。父母同居。恋愛経験わずか。腹を割って話せる親友がいないので、この場を借りてお話し致します。宜しくお願い致します。

仕事を含めた人生の過ごし方への助言をお願いする事になりますが私は気が弱く、同僚の陰口にも弱く、会社・上司からの期待にも弱いです。その為、自分のペースで1人でこつこつとできる仕事ばかりをしてきました。最高の環境だったのに、会社都合での退職、陰口・期待に負けての退職があり、無職の悲壮感に絶えられずに、集団でテンポよく仕事を進める仕事につくこともありましたが、こういう時に限り、
精神的に体調を崩し早い時は2週間程度で退職してしまいます。

正直、周りを考えてないわがままなのでしょう。一度しんどくても頑張ろうとしましたが、鬱病を発症しました。今年1月も似た理由で軽度の鬱病になりました。

幸い父母は元気ですから、精神的病気になっても助けてくれますが、いつかは父母は亡くなります。そんな時に病気になったら私は死ぬしかないでしょう。そうなりたくないですし、1人でも生活しなければいけませんから、掛け持ちしてでも1人でこつこつ作業の仕事をしたいですが、なかなか募集がなく、チャンスをつかめないでいます。

このこつこつ作業の仕事は社会保険の加入がないなど待遇がよろしくないですから将来を考えたら、精神的に調子を崩しても我慢して集団で進める仕事について安定を求めるのか、45の男が悩むことではないのですが、私が今すぐやるべきことは何かを教えていただきたいのです。
宜しくお願い致します。
人生にマイナスになるので、もう鬱病は発症したくないです。
仕事云々よりも、この迷いやすい自分を戒めるための精神鍛錬をするべきでしょうか。

1人でこつこつできる仕事をしながら、貧しくともそれなりの生活をしたいと切に願ってますが、経済的不安定に負けてしまうのでは?とか、そもそもこの願いは社会人らしからぬ勝手なわがままなのかと悩んでおります。

今、無職の悲壮感に絶えられずに会社・仕事の中身をよく確かめないまま、個人の意思を言いにくいチームワークが非常に問われる会社に入社して3週間程度ですが、もう精神的に調子を崩しかけております。

2014年5月9日 16:22

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分を減らさない道です。

「自分を損失したり、減らさない教え」を求めればよいのです。
そもそもあなたの「自分らしくあろうとすること」は逃避的。
プラスになったためしがない。
「仕事に従事すること」も殺傷感、損失感たっぷりですね。
あなた自身の為にも辞めましょう、その悲観的なアングルで眺める腐った視点は。
仕事や他人のせいじゃなく、結局マイナスマインド、マイナス思考、自己否定的な考え方で損ねているだけでしゅ。
望遠鏡で火事現場ばかり見て、世界の美しさをまるで見ていない姿でおじゃる。
そもそも終わったことや、これから起こる事は、どんな望遠鏡をのぞいても観ることなどできないのに、観ているものは過ぎた過去の失敗談&先の不安感というカタチ無きモノでしょ。
そういう非・現実世界を観る癖や、悪いトコ探しばかりするスコープを捨てナサレ。('ω')ノぽい
そうすれば❝自分を活かす道❞活路が見出せれます。
どうすれば?
❝あなたが減った損したと思ってきたものが、実は減っていたタメシがないということに目を向ける❞ことです。
そもそも具体的に、アナタ何が❝減る❞のでしょうか?
その本質を探ってください。
あなたの悪い癖は、減る事、損なうことに関することばかりに観ている。
どうせならそんな弱弱しいプライドも自分を苦しめるチンケな考えも全部捨ててしまえばいい。ぶっちゃけあなたを救ったためしがないんだから。
自分でそういう敗北的なものの見方を…❝選択している❞のです。
本当にやめようと思ったことがない。ここで痛い目に合わないとウジウジとその考えを選択していくでしょう。だからざっくり斬ります。メスであなたのその患部を。
減っていないものを、失われたと思っていれば、あなたは今後も一生敗北感が続いていきます。失ったと思っているものは、何ですか?そんな自分を傷つけて前に進めないようなモノなら捨てたほうがよいでしょう。
本当にあなたの心は何かが減っていますか?どこかに傷がついていますか?
傷付けられた、と被害者になる事で自分の失態に折り合いをつけていませんか?
※あえて厳しく申し上げましたのは、あなたの根強い悲観的な考えを捨てさせるための特殊治療の一つ、荒療治ですので、効き目が無かったらゴメンナサイ
(^◇^)でも減ってないでしょ?軽く傷付いた?ソノカンガエゴトステロッテイッテルノ

2014年5月10日 8:49
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「不増不減」

ありのままに生きたい様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

丹下様のお答えの内容は般若心経の中にございます「不増不減」のことを隠喩して、ご回答をなされておられるのではないかと拝察致しております。

「・・是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減・・」・・

この世の諸存在のありよう、モノ・コトのありようは、空相であり・・「空」とは、「実体として成立していない」ということを示しますが、何も無いということではありません。確かに諸存在も、モノ・コトも成立しています。成立していますが、それらは「縁」に依りて起こっているという「縁起」のありようであり、「縁」次第で変わりゆく無常なるものであるということとなります。

私たちが問題としているのは、実体として成立していないモノ・コトに対して、それらがあたかも実体として成立しているかの如くにとらわれ(執着)を起こして迷い苦しんでしまっていることであります。

ありのままに生きたい様の場合は、不安や恐怖、孤独や悲壮、嫌悪、絶望などのネガティブな感情へのとらわれ(執着)でございます。

ありのままに生きたい様は何も産まれた瞬間からずっとそれらのネガティブな感情に苛まれてしまわれていたわけではないでしょう。やはり、そのような感情となってしまうための因(原因)や縁(条件)が色々とあって生じてきているだけに過ぎないのであります。ですので、その因・縁を変えていこうと努力していくことで、当然にネガティブな感情も変えること、無くすこともできるはずであります。

ネガティブな感情は、実体的な成立では無いのだから永久永遠に続くものではない、明けない夜は無い、抜けないトンネルは無い、善き因・縁次第でいくらでも変えていける、と少し前向きに捉えて頂いて、ネガティブな感情にとらわれて(執着)しまわれているお気持ちをまずは和らげて頂けましたらと存じております。

また、「不生不滅」に関する下記拙回答も参照して下さいませ。

問い「生きること、死ぬこと、どっちが辛いのか」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992500.html

川口英俊 合掌

2014年5月30日 15:19
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

表現が悪くて申し訳ありません。
「愛のムチ」的なご助言、誠にありがとうございました。
自分を変えていく努力を致します!

「本当の自分と向き合う・らしさを取り戻す」問答一覧

幼い頃の自分にもどりたい

こんにちは。 相談させてください。 わたしはこれまで生きてきたなかで、小学生の頃の自分が一番好きです。 苦手な人や、自分に嫌なことをしてくる人がいても「そういうひとがいたらたくさんお話しするようにして、そうしてたくさん知ると絶対に好きになるから、わたしは嫌いな人がいない。だってみんな良いところを持ってるから」といつも言っていたようです。 本当に当時は関わる人みんなのことが大好きでした。 軽いいじめをされたことがあっても、嫌だからやめてと真っ直ぐ自分で伝えて、いじめてきた人たちのことをにこにこ許して翌日から仲良くしているような、いつも笑って楽しく過ごしてる自分が好きでした。 大人になり、まるで批評家のようになってしまった今の自分が大嫌いです。 人の本質や気持ちを見抜けるところがあなたの良いところだね、と言ってもらえることもありますが、単に人の悪いところや悪意を見抜くのが得意なだけなのです。 関わる人の悪いところや欠点を見つけ、その人にそれを指摘したい気持ちでいっぱいになりイライラが止まりません。 イライラすると、相手の顔も見たくなくなるし、話もしたくないし、素直に聞きたくないし、どんどん嫌いになっていくし、わたしも攻撃体制に入ってしまいます。 そんな感じなので、父や母、叔母など、関わると腹が立つ人ばかりです。 (父や叔母には嫌なことを言われた過去があり、おそらくそういったことから今も素直に優しくしたくないということもあります) でも、他人の欠点と思うところはわたし自身の課題でもあるんです。 その嫌いだと感じる人たちがわたしに言ってくるアドバイスや指摘は、きっと正しいと思いつつ反発してしまうんです。 こんな人たちの意見を素直に聞きたくないというくだらないプライドというか…。 他責の考えが凝り固まり、自責で素直な人がまぶしいです。 みんなを大好きな頃の自分に戻りたい。 何でも自分の見方や気持ち次第とよく言いますし、自分でストレスの中で生きることを選んでる自分が嫌です。 自分が全員に好かれなくても、自分はみんなを大好き!のような仏様みたいな人になりたいです。 自分より他人、という人になりたい。 でもどうしたらいいのか、どんな風な考えや気持ちになればいいのかわからないのです。 どうかご回答おまちしてます。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

等身大と期待値のギャップ

初めて相談させていただきます。長くなってしまうのですが、宜しくお願いします。 私は幼い頃から、周囲に必要以上に期待されて育ちました。中学受験のあたりから、その期待に自分の思うように応えることが出来なくなりました。 そうなってくると、期待値を達成できないことに対して両親に怒られました。目の前で盛大なため息をつかれたり、他の子と比較したり、いないところで『どうしてこんな子に育ったんだ…』と言われていたことも覚えています。 高校生になる頃には自分より出来る人や敵わないと感じる人々に出会い、すっかり自信を無くしてしまいました。勿論、両親の態度は変わらずです。 現在私は大学に進学し、不自由なく勉学に励むことの出来る環境に感謝しています。 コンクールやオーディションに片っ端から落ちたり、想いを告げる前に失恋したりという苦い思いもしていますが、時には逃避しつつも現実と向き合いながら等身大の自分を受け入れるべく一歩ずつ前に進んでいます。 しかし、『あの頃もっと頑張っていたら、あなたはもっと上の大学に確実に入れたのに』など、期待されていたことを掘り返されます。 私のことを思い、期待して言っていることも沢山あるので、全てを否定出来ません。 期待されることって素敵なことだし、嬉しいことでもありますよね。自分の出来る最大の範囲で頑張りたいとも思います。 しかし、もう終わったことで期待外れだったことを掘り返さないで欲しいというのが正直な気持ちです。また、両親には高過ぎる期待を押し付けて、応えきれないというギャップに対して怒らないで欲しいのです。私はその時その時出来ることをしているつもりなので、その度に自信を無くしてしまいます。 まとめますと、相談内容は以下の通りです ・両親に等身大を受け入れてもらいたい ・他の人の期待や言葉に振り回されず、自信を持って毎日を過ごしたい お坊さんの皆様、宜しくお願いします。 またお忙しい中、この相談内容を読んで下さりありがとうございます。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

自分の意識から逃げたい

死にたくないけれど、自分という意識を消し去りたいです。   私は命は自分のものではないと思っていて、だからこそ大切にしなくてはいけないと思っています。 私を虐待し続けた両親を、それでも私を愛してくれていたことはよく知っているから愛しています。 だから私は二人がくれた命、二人が大枚をはたいて育んでくれた命を捨てるのは、他人の高級車を身勝手に壊すようなものだと思っています。 虐待されていた頃から希死観念は持っていました。 でも上記の理由で両親を恨めず苦しみながらも今日の日まで生きてきました。 すべて二人のおかげだと思っています。    二人から離れ、かつての傷も癒えて来たと思っているこの頃、それでも希死観念が消えないので、これが本当に「死にたい」という意志なのか、書き出していって分析をしようと試みました。    すると私の「死にたい」は、「思考を続ける自分という意識から逃げたい」のだと気づきました。   私の命は私のものではありません。粗末に扱ってはいけない貴重なものです。 しかし、私は私の思考、意識、いわば私というものがとても嫌いで、怖くて、逃げたいのです。 自分と一生付き合っていくのは自分ですが、その自分の脳髄から逃げたいのです。 自分というやつがこの世に存在しているのが我慢ならないのです。 これは罪悪感ではなく身勝手な怒りです。 しかしこいつから離れるには脳死するしかなく、それでは両親の投資が無に帰してしまいます。 しかも国立大で勉強を続けているので、国民の税金を無駄にすることにもなってしまいます。 なのでどう考えればこいつと向き合っていけるのか、その心構えを教えていただきたいのです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

自分のやりたいことへの自信を取り戻したい

私の勤める会社の先輩社員から「お前の本体にやりたいことはそんなことじゃないだろう、もっと本当にやりたいことを言いなさい」「お前のやりたい事はこの会社において価値がない、周りにも迷惑をかけている」などと言われることが数ヶ月にわたって続くということがありました。 自分は社会人になってから数年の間、幸いにも好きなことを仕事でやれておりました。また、やりたいことも部署の指揮系統に反するような内容ではなく、上司や他の同僚からも評価されていました。 しかし、上述のやり取りが繰り返されるうちに自分の本当にやりたいことが何なのか、本当に価値が周りに認められるようなことなのかがまったくわからなくなってしまい、結果、うつ病になってしまいました。 先輩社員のやり口は適切な教導の域を超えた洗脳の類であり、そこまで気にすべきではないと理屈では分かってはいるつもりです。しかし一方で、本当にやりたいことをやっていると言えるほどの信念や自信や情熱が欠けていたから、自分を貫ききれずに屈してしまったのではないかとの考えから抜け出すことができません。 このため、今後の身の振り方を考えても何がやりたいのか自信が持てず、ずっと気分が塞ぎ込んでいます。 再び自分のやりたいことに自信を持つにはどう折り合いをつければ良いでしょうか、お知恵を拝借できますと幸いです。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

オシャレができない

突然ですが、私はとても背が低いです。それゆえに洋服のサイズがない、リュックの大きさが合わない、かっこいい見た目にならない、等の自分のやりたいオシャレができません。 男装も女装もしたいと思うのですが、この身長では見栄えもよくなく、洋服もSサイズを取り扱っているお店はものすごく限られているため、こんな服着たい!と思っても思うような洋服になかなか巡り会えません。 また、肩こりと手が塞がっていることが嫌なのでリュックを使いたいのですが、買ったものを入れられるように、また遠征でもそれなりに荷物をまとめられるようにと容量の大きいリュックがほしいのですが、私の見た目では完全にリュックに背負われてる感じになってしまいます。イメージは亀の甲羅です。 ようやく自分の思うようにできた!と思っても周りからは似合ってないよと低評価の嵐。なりたい見た目に近づいたはずなのに思うようになれません。 「オシャレなんて似合う似合わないじゃなく楽しむもの」と言いますがそんな悪口を浴びせられながら自分のやりたいファッションをしていても楽しめるはずがありません。やはりファッションに自由なんてないのでしょうか。チビに人権はないんでしょうか。世間一般のイメージでしか洋服を着られないのでしょうか。この世は絶望ですか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る