hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

我慢は美徳なのでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

昨年から続くコロナ禍の中で一年以上
マスク、自粛と続けてまいりました。
それが当たり前だと思い行動しました。
しかし今年に入り何も変わらぬどころかむしろ悪化している中、早く普段の生活に戻りたい…
早く遊びにも行きたいという抑えてたものが我慢できずにいる自分の弱さに落ち込んでおります。
そして、このコロナ禍の中でもオリンピックを開催するという無茶という夢物語を総理大臣本人の口から聞き呆れております。
嗚呼、国はオリンピックが開催できたら
国民が死んでも良いのか…と思い始めて
国に対する怒りと我慢している自分が情けなくなってきております。
我慢は美徳という言葉があります
この一年色んなことを我慢しましたが
何も得たという実感がありません。
人と出会う機会が無くなり自身の精神もギリギリの中で我慢するという事が愚かに見えてきております。
花を見ても美しいと思えず
食事をしても美味しいと感じられず
これ以上我慢していつかパンッとはち切れ何をするかわからない自身の邪神がとても怖くご相談致しました。よろしくお願いします

2021年5月13日 7:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生きるためにできること

本当、訳がわかりませんよね。
実体のわからないものに怯え、信頼性の乏しい薬で対処する、今はそんな状況でしょうか。すっかり消毒&マスクが必須の生活になりましたね。

極端な考え方かも知れませんが、この度の混乱が、私は「人が人を殺めることを是とするような悲しい争い」でなくて良かったと思っています。
聞くところによると日本の歴史上、ある程度の規模のものは70年ほどの周期で起きているようなので、ちょうど今頃がその時期に当たっているのですよね。
国民が、いや全世界の人々が、同じ目標に立ち向かう。相手がどうにもタチの悪い輩なのですが、血で血を洗うような場面に無理やり立たされることは無くて、我々の我慢と管理でとりあえず生きていられる。

不条理を感じてしまいがちなのはおそらく皆同じでしょう。身の回りの誰に聞いても、本当のところはわかりませんし、根本の打開策は持っておりませんし。
ですが過去の乱世を生き抜いた先人達は、これと同等いやそれ以上の危機を乗り越えて今の世の中を創建されてきたはずです。手を合わせお参りする度に、どこからか「頑張れよ」と声を掛けられている気がします。

国や行政レベルであれ、どうしても場当たり的な対処しかできないのは仕方がないとしたら、あとは個人の考え方次第なのでしょう。
新しいことを始めて慌てている、今はその途中経過だと思います。今後これを乗り越えられるのか、はたまた押さえ込めるのか、それとも常態化するのか。

もっと言えば外出の自粛や接触の忌避、ウイルスそのものよりもこれらこそが今後の最大の難所でしょうね。当たり前の生き方が変わり続ける昨今で、この風潮というか国策は相当な追い風になってしまいました。

貴姉のお気持ちにあまり寄り添えたものではなく、申し訳ございません。
とにかくお身体を大事に。今できることをコツコツと積み上げてまいりましょう。

2021年5月13日 9:49
{{count}}
有り難し
おきもち


アラフォー若僧の超個人的なボヤキだと思ってくだされば幸いです。 私の回答...

「美徳」という概念は幻

仏教では、人間が頭で考える観念や言葉で表現する概念などは全て実体がない、幻みたいなものだと説きます。
なので、「美徳」という概念も実体がない幻であり、「美徳」に執着する価値はありません。
「我慢」という概念もまた同じでしょう。
なので、あなたは、毎日毎秒、その都度その都度、メリット・デメリットを考えて行動を選択しましょう。
また、過去は過ぎ去りもう無いし、未来はいまだ来たらずまだ無いのです。
「昨日まで我慢してきてまた今日もか」と、わざわざ昨日の記憶データと結びつけると余計に腹が立ちますよね。
人それぞれの立場で、今できることをできる範囲でやれば良いだけだと思います。
後楽シーズンに山や河や海の事故で亡くなる人は毎年いますが、そうとわかっていても観光地を閉鎖しません。
被害者には子供たちもいます。
オリンピックもそれに似ているのかもしれませんね。

2021年5月13日 13:00
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

人の悪意の怖さ

再び相談させていただきます。 プロフィールの方を参照していただけると嬉しいです。 ネットには普段口にするのも憚られるような誹謗中傷や悪口で溢れています。私自身、現実でいままで人を傷つけたことがありますし、その後悔に囚われることも多く、悪口や虐めの愚かさは理解しているつもりです。(開き直るつもりは全くございません) 最近、世の中でいじめやハラスメントが大きく問題になり、色々な人が声を上げている中、そのように声をあげている人でさえも、アスリートの方々や自分とは異なる意見の方に対し、誹謗中傷や人格否定のような言葉を投げかけていることに恐怖を感じます。みんな、誰もが傷つかない世界を望んでいるはずです。なのに、どうしてこんな事が起こってしまうのでしょうか。そのような誹謗中傷を見かけると、あたかも自分が言われているような心地がして、受け取った人はどのように思うのだろうかと考えてしまい、悲しくなります。どういう気持ちで書き込んでいるのか、それを後悔したりすることはないのかと思います。 悪口の愚かさは体感しましたし、悪意のない世界への実現に貢献したいとも考えています。ですが、このままだといじめやハラスメントは無くなることはないと思います。 人を傷つけたこともある私が、このようなことを考えるなんて烏滸がましいとは思います。ですが、恐怖と疑問が絶えません。よかったらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

人々に絶望することが多くなりました

初投稿です。よろしくお願いします。 質問といいますか、愚痴に近い内容になりますが、少々お付き合い下さい。 最近、人々に絶望することが多くなりました。世間に対し、あなた方は過去から、歴史から何を学んだんだ、同じことを繰り返してばかりじゃないか、はやる気持ちを一旦落ち着かせて思慮の深いよりよい選択をなぜ取らないんだ、と訴えたくなることがよくあります。 例えば、ネットでの誹謗中傷です。誹謗中傷の内容は感情的・感覚的に発言するものが多く、思慮に欠けますし、そもそも自分の不平不満を述べるのであれば、わざわざ人を傷つけるような言葉を使う必要はないでしょう。人を傷つけてストレスを発散しているのでしょうが、私にはそのような方法でストレス解消することに理解できません。 もちろん、誹謗中傷を行う人はごく少数の者であり、その他大勢の人間は誹謗中傷などしない、とも考えられます。しかし、誹謗中傷を行う者に目を向けると、その多くはどこにでもいるようなごく普通の一般人で、必ずしも社会になじめない人格破綻者が行うとは限らないと思いますし、そのようなことが書かれた記事も目にしたことがあります。 思えば、周囲の人間を見渡すと、親切な方(だと私が思う人)でも、ネットで暴言を吐かないにしても、それは社会的に見て正しい言動なのかと疑問に感じることがあります。例えば、偏見を生む発言を繰り返す人、多角的な視点は皆無で、自己やその周囲の人間のことしか考えていない人、目先の快楽のことばかり情熱を燃やす人などなど。そのくせ犯罪者など、反社会的行動を行った者に対しては烈火のごとく怒り狂い、執拗なまでに石を投げ続けますが、しかし、刑罰法規に触れないものの、結構悪質なことをたくさんやっている方があなた方の中でもずいぶん多いじゃないか、過去に人にはあまり言えない悪行をした人も多いのではないか、と思うことがままあります。 私は、国のため、国民のためになるよう、長い時間をかけて勉学に努めて参りましたが、最近、世間に対してそのように考えることが多くなり、勉強に身が入りません。25mプールに墨汁を一滴垂らすがごとく、私の行いで世間はそれほど変わらないでしょうし、私自身の無力さに失望しているためです。考えを改める必要があると思いますが、お坊様から見て、何かお言葉を頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

病気だったら何をしてもいいのですか?

 いつもお世話になっております。恐い表題で申し訳ございません。 そう言う私も発達障害を持っております。  先日の質問の中の一文で、 「認知症と見られるおばあさんにカートを蹴られ、思わず怖くて騒いだら 散々車内で罵られた」と申し上げました。  私の家に入ってくれている訪問看護師に事の詳細を伝えたところ(40代で 看護師になり、精神科一筋20年)、 「認知症だね。ご病気だから、仕方ないよ。彼女にとっては、 『そこにあるものが邪魔だったから蹴った』くらいの気持ちだよ。」 とのこと。  それから私は自分の気持ちを落ち着けるためにも、認知症について たくさん勉強しました。なんでも、今回のケースは「周辺症状」の一部で 、周囲に配慮ができなくなったり、攻撃的になるというものだそうです。  私も自身の体験から色々考え、恐怖や不安の延長で怒りが湧いてくる こともあるのでおばあさんもそういうことかな…と思ってみたりも しました。(認知症は不安や妄想も発現するからです)  ですが、それでいいのでしょうか?人様に乱暴したり、ものを壊しても (今回は運良く私に怪我はなく、カートも壊れませんでしたが)病気や障害 だから、で済むのですか?  知的障害の人にストーカーされかけたこともあります。人生で3度ほど。  そういった乱暴者のせいで、私たち障害者全体のイメージが悪くなる と私は思っています。 「生きづらさは、あんたたちのせいでもあるんだよ!乱暴者!」 と言いたいほどです。もっとも看護師さんは、 「世の中の人たちはそこまで極端な考えは持たない」と言ってくれますが…  何度、警察の方の手を借りたかわかりません。申し訳ないです。ちなみに、 最近のお巡りさん・刑事さんは障害福祉も勉強なさっているとか。  お布施にとお茶を買って持って伺ったほどです。ですが、 「警察官は受け取れないんだ。ごめんね。でもありがとう」 と仰って納めてくださいませんでした。  愚痴になってしまいましたが、ご意見賜れましたら幸いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

非合理的に感じる労働環境とその心構え

こんにちは。初めて質問させて頂きます。 私はこの国の多くの労働環境が正常じゃないと感じています。 顧客からどんなに理不尽なクレームを受けてもまず組織を代表して謝罪を強要させられ(例え自分の非じゃないにしても)、上司や顧客の言うことにはどんなに間違っているように感じても、絶対服従を強いられ反対や意見を許されない。毎年過労死やパワハラによる自殺者が出ても経営責任者に課されるのは交通事故以下の比較的軽い刑罰のみ(個人的には間接的な殺人だと思っていますし、もっと刑罰を重くして重大な人権侵害だという認識が広げない限りは大幅な改善は期待できないと思っています)。 無論、全ての職場がこうでないことは知ってますし、労働者の権利をきちんと守っている職場があることも知ってますが、余りにもこうしたブラックな環境が多すぎるように感じるのです。 経済誌を見ますと他国と日本を比較した記事がいっぱいありますが、特に欧州の先進国では終業時間をきちんと守り、労働法が厳しく定められているので日本ほどブラックな労働環境は少ないというような記事も見ます(実際に目で見て体験しているわけではないので、鵜呑みにしてはいけないと思いますが、コロナ禍前にフランスへ旅行し、現地のスーパーがどこも19:00や20:00に完全閉店しているのを見たことがあるので、ある程度は真実だと思っています)。また議論して当たり前の環境なので(あくまで欧州や北米などですが)、日本と異なり自分の意見を言うことを歓迎されるとも聞いています。 ここで質問なのですが、どこの国もある程度はそういうもんだと割り切ってしまうべきなのか、コロナが収束したら海外に出てこの目で事実を確かめて海外での就業など他の道を模索すべきなのか(海外といっても欧州、北米、アジアなど多くの違う地域と国がある中で決して一括りに考えてはいけないと思いますが。また海外での就業は語学や労働ビザなど国内での就職よりはるかに敷居が高いことも承知しています。)、どう思いますか?ご意見を聞かせて頂きたいのです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る