hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

我慢は美徳なのでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 12

昨年から続くコロナ禍の中で一年以上
マスク、自粛と続けてまいりました。
それが当たり前だと思い行動しました。
しかし今年に入り何も変わらぬどころかむしろ悪化している中、早く普段の生活に戻りたい…
早く遊びにも行きたいという抑えてたものが我慢できずにいる自分の弱さに落ち込んでおります。
そして、このコロナ禍の中でもオリンピックを開催するという無茶という夢物語を総理大臣本人の口から聞き呆れております。
嗚呼、国はオリンピックが開催できたら
国民が死んでも良いのか…と思い始めて
国に対する怒りと我慢している自分が情けなくなってきております。
我慢は美徳という言葉があります
この一年色んなことを我慢しましたが
何も得たという実感がありません。
人と出会う機会が無くなり自身の精神もギリギリの中で我慢するという事が愚かに見えてきております。
花を見ても美しいと思えず
食事をしても美味しいと感じられず
これ以上我慢していつかパンッとはち切れ何をするかわからない自身の邪神がとても怖くご相談致しました。よろしくお願いします

2021年5月13日 7:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生きるためにできること

本当、訳がわかりませんよね。
実体のわからないものに怯え、信頼性の乏しい薬で対処する、今はそんな状況でしょうか。すっかり消毒&マスクが必須の生活になりましたね。

極端な考え方かも知れませんが、この度の混乱が、私は「人が人を殺めることを是とするような悲しい争い」でなくて良かったと思っています。
聞くところによると日本の歴史上、ある程度の規模のものは70年ほどの周期で起きているようなので、ちょうど今頃がその時期に当たっているのですよね。
国民が、いや全世界の人々が、同じ目標に立ち向かう。相手がどうにもタチの悪い輩なのですが、血で血を洗うような場面に無理やり立たされることは無くて、我々の我慢と管理でとりあえず生きていられる。

不条理を感じてしまいがちなのはおそらく皆同じでしょう。身の回りの誰に聞いても、本当のところはわかりませんし、根本の打開策は持っておりませんし。
ですが過去の乱世を生き抜いた先人達は、これと同等いやそれ以上の危機を乗り越えて今の世の中を創建されてきたはずです。手を合わせお参りする度に、どこからか「頑張れよ」と声を掛けられている気がします。

国や行政レベルであれ、どうしても場当たり的な対処しかできないのは仕方がないとしたら、あとは個人の考え方次第なのでしょう。
新しいことを始めて慌てている、今はその途中経過だと思います。今後これを乗り越えられるのか、はたまた押さえ込めるのか、それとも常態化するのか。

もっと言えば外出の自粛や接触の忌避、ウイルスそのものよりもこれらこそが今後の最大の難所でしょうね。当たり前の生き方が変わり続ける昨今で、この風潮というか国策は相当な追い風になってしまいました。

貴姉のお気持ちにあまり寄り添えたものではなく、申し訳ございません。
とにかくお身体を大事に。今できることをコツコツと積み上げてまいりましょう。

2021年5月13日 9:49
{{count}}
有り難し
おきもち


現代は実に「背負い込んでる」人が多いと思う。 別に自分が背負い込まなくて...
このお坊さんを応援する

「美徳」という概念は幻

仏教では、人間が頭で考える観念や言葉で表現する概念などは全て実体がない、幻みたいなものだと説きます。
なので、「美徳」という概念も実体がない幻であり、「美徳」に執着する価値はありません。
「我慢」という概念もまた同じでしょう。
なので、あなたは、毎日毎秒、その都度その都度、メリット・デメリットを考えて行動を選択しましょう。
また、過去は過ぎ去りもう無いし、未来はいまだ来たらずまだ無いのです。
「昨日まで我慢してきてまた今日もか」と、わざわざ昨日の記憶データと結びつけると余計に腹が立ちますよね。
人それぞれの立場で、今できることをできる範囲でやれば良いだけだと思います。
後楽シーズンに山や河や海の事故で亡くなる人は毎年いますが、そうとわかっていても観光地を閉鎖しません。
被害者には子供たちもいます。
オリンピックもそれに似ているのかもしれませんね。

2021年5月13日 13:00
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

多様性という言葉が嫌いです

 僕は、自閉症スペクトラム障害、難治性肺気胸、うつ病を持っています。16歳の頃に中退して、10年間引きこもっています。顔は正直不細工だし、太っています。障害年金と親の金だけで暮らしているので貧乏です。今は気胸が再発していて息苦しいのでそう思ってしまうのかもしれませんが、世の中は平等じゃないです。みんな違って、みんないい、とか言いながら、僕みたいな本当に終わっている人間のことは、誰も相手にしないし、軽蔑して当然と思っています。被害妄想ではなく、家族にもそういう態度をとられますし、ネットでも「税金泥棒」「自分がその立場なら自殺する」など数えきれないほど言われてきました。多様性というのは綺麗ごとだと思います。「みんな違ってみんないい」の中の「みんな」には僕は入っていません。LGBTのような人たちが差別を受けなくなるのは当然いいことなのですが、そういった記事を見るたびに「なんで僕は差別されるのだろう」と思ってしまいます。恐らく顔の良い女の子だったり、健常者だったりすれば「可哀想だ」と思ってもらえるんでしょうが、顔がキモくて金がないおじさんなので、誰も同情すらしてくれません。「死んだほうが世の中のためになる」と散々言われました。  僕は、誹謗中傷されるのは全然構わないです。ただ、「多様性」という言葉が大嫌いです。

有り難し有り難し 35
回答数回答 3

他人を犠牲にして生きている

今日、不思議な夢を見ました。 母と2人でゲームセンターに行く夢です。 (子どもの頃よくゲーセンに行っていました) 母に小銭を貰います。そして、「いいな」と思う可愛い女の子のフィギュアがあるのですが、「今ここでお金は使えない」「もっとよく店内を見てからにしよう」とします。 母には欲しい景品がたくさんあり、私はそれに着いていきます。また、「ほら、ここ!お母さんの好きなグッズがあるよ!」と声をかけます。 そうしている内に、いつの間にか、自分がやりたかったことを後回しにしていて、もうやるには遅すぎることに気づきます。 私が「あのゲームで遊びたいな!」と思っていたものには、人だかりができていて、母の元に戻ってきては、母が欲しいものを得るためにサポートをしていました。 私は、自分のためにお金を使うのが怖いです。 昔、家族がみんな母のお金でゲームやパチンコなどギャンブルをしていたので、私自身、母に申し訳ないし、母にそんなことをさせたくないという思いがあります。 一年あたり学費が百万円もする私立中学に通っていましたが、一年で不登校になってしまい、学校で勉強や技術の習得をしていないのに、その後も大金を払い続けてくれた親に申し訳ないという気持ちもあります。 故に、これ以上、人に自分のことでお金を使わせたくない。自分の好きなことでさえも、お金を使うことがいやです。誰かを、母を、親を、犠牲にしているのではないかと感じます。 そして、「お金」とは、夢を叶えるための「切符」であり、「リスクを払う」ことであると思います。そのリスクに向かう意思決定ができません。 私が人生へのリスクを払って生きる(お金を使って楽しむ)ことは、誰かを、母を、踏みしめていることだと思ってしまいます。 生きることは、誰かを犠牲にしている。 そのことについて、仏教という観点から、皆様方のご意見、アドバイスいただけますと幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

日韓ハーフの立場

私は、母親は日本人で父親は韓国人という、所謂「日韓ハーフ」です。 現代での韓国ブームのおかげもあり、日常的には差別されることはなく、快適に生活できています。 しかし、私の悩みのタネは、SNS上での韓国への評価です。 今まで、韓国は日本に悪意のある行動をたくさんしてきました。そのことは理解していて、それによって韓国が嫌いな方が一定数いるのも理解しています。 しかし、韓国有名人の犯罪のニュースなどは日本でもよく流れており、その動画には必ず「韓国なんだから当たり前だ」「韓国人はみんなこうだ」「韓国好きは目を覚ませ」というふうなコメントがあります。 そしてそれに対して「それは偏見だ」「国は関係ない」と反論してくださっている方は極稀で、大体は放置されています。 そして更には悪口として使われることがあります。「韓国人のようだ」「韓国人みたいな性格だ」などの言葉を使ったコメントを当然のようにしており、高評価もついています。 「韓国はろくでもない」「韓国人とは縁を切るべき」「韓国と日本の関係を切ろう」そう言いたくなるほど日本人が傷つけられたというのは事実で、否定できません。ですが、私はそれを見てどう思えば良いのかわかりません。 韓国と日本にはこれから徐々に時間をかけて仲良くなっていって欲しいという気持ちもあり、でも韓国の日本への態度が嫌だという気持ちもあり、どちらの立場に立てばよいのかわからないんです。 韓国を庇えば「反日」扱いされ、見たくもない嫌韓コメントに悩まされています。 現実でも誰かにこういう思いをさせているのだろうか、そんなふうに考えてしまいます。 私はどういう心構えで生きてゆけば良いのでしょうか。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺