hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

怒られること、叱られることが怖くてしょうがないです。

回答数回答 6
有り難し有り難し 137

ご質問させていただきます。

昔から、両親から褒められず、叱られて(怒られて)ばかりで育ちました。
そのためか、誰かから叱られたり、怒られたりすることが怖くてしょうがないです。
物事を誘って、断られるのも怖いです。

例えば、誰かを「今度食事に行きましょう」と誘ったとします。
当然、仕事が立て込んでいたり、他の用事が入っていたとしたら断る、という選択肢はあるはずです。
これが頭で理解していることだとしたら、心で思うことは、こんなことです。
つまり、「私が嫌いだからそういうことを言うんだな」と自動的に思ってしまいます。

怒られる、叱られる場合もそうです。
そういうときには、「私の行動や私によって引き起こされている状況をとがめている」が正しい認識であるはずなのに、「私という人間そのものが否定されている」と思ってしまいます。

ここに書き込む前に、自分なりに状況を消化してみました。
おそらく、自分が大嫌いで、自己評価が恐ろしく低いことと関係はしているのでしょう。
(私は心理学の専門家ではないので確かなことは言えませんが。)
「自分は受け入れてもらえるような存在ではない、否定されて当たり前なんだ」と思ってしまっているからこんな状況が引き起こされているんだと思います。

よく、こういう人に対して、「ありのままでいていいよ」という言い方がされると思います。
「ありのままでいる」ってどういうことですか?

なんとなく同じような事ばかり質問して申し訳ありません。
ただ、私という人間の根源にある問題が同じである以上、同じようなトーンの質問になってしまうのは仕方ない、とは思っています。

2014年5月22日 11:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

心の主権を外部に委ねないように

「ただそしられるだけの人、あるいはただ褒められるだけの人は、過去にもいなかったし、未来にもいないだろう。現在にもいない」(法句経228)

あるときお釈迦さまと弟子たちが長い旅をしていると、あとから二人組の男がついてきました。お釈迦さま一行を前にして、ひとりは厳しい言葉でけなし始めました。もうひとりは反対に、あらゆる賛辞の言葉で褒めちぎりました。二人の非難・賞賛は道中ずっと続いたのですが、弟子たちは全く気にすることなく平然としていました。その態度を見て、お釈迦さまもこう言いました。
「誰かが私を誹謗しても、決して怒ったり、不機嫌になったり、不快になってはならない。あるいは賞賛しようとも、喜んだり、嬉しがったり、得意に思ってはならない。それはあなたたちの障害となり、なにが正しいか、正しくないかを判断できなくなるからだ」。

ひとの評価は、あくまで相手のフィルターを通して現れた主観的なものです。その内容が真実かどうか、採用に値するかどうかは全くの別問題。

批判はおおむね「その人にとって」好ましくない、気に入らない、役に立たない、理解できない、あるいは単に機嫌が悪いときに現れます。的を射た指摘で、一理ある、自分に役に立つと思えば耳を貸すべきです。そうでないのなら気にする必要はなく、まして相手の悪意や勘違いまで真に受ける義理はありません。

いつも褒められたい、賛同してほしいと思うことも危険です。冒頭の通り、私たちは褒められるだけの生き方は決してできません。また賞賛の評価も、批判と同じくらいあてにならないものです。本当に全てを理解し判断した上で、心からの賛辞を送っている人はどれくらいいるでしょうか。

「自分はいま、どうあるか」という真実を見失わないために……外部からの声に心の主権を握られないよう、気をつけてまいりましょう。
不確かな「他人の評価」を避けることのできないこの世だからこそ、それに揺るがされることのない心を育てることが、唯一の解決策ではないかと思います。

2014年5月23日 11:30
{{count}}
有り難し
おきもち

青森県生まれ、宮城県在住。ミャンマー語が好き。子ども3人。 お寺の生まれ...

自分にとって、よりよい生き方とは

あねぱんさん、心中お察しします。
上から怒鳴りつけられると恐いですよね!!
実は私もそうでした。
結果、うつ病になりました。
人間は不安や恐怖を常に抱えて生きています。
なぜ不安や恐怖があるかといえば、生存確率を上げるためです。
事実、人類の長い歴史の中で不安や恐怖がなかった人は生き残っていません。
つまり、不安や恐怖があることは生きるためには必須の能力なのです。
では、どうやったら不安や恐怖を和らげられるのか?
1番は「環境」を変えること。
次はストレス耐性や自分自身を変えることなど。
人は基本的に変わりたくないと思って生きています。
だから、あねぱんさんが相手を変えようと思っても変わりません。
あねぱんさん自身が変わるしかないのです。
このような理由から、1番の「環境を変える」となります。
ここで大事なことは、あねぱんさんがどんな「価値観」で生きるかです。
あねぱんさんがどんな「価値観」を優先するのかにより、選択肢が異なります。
ですから、自分は何を大事にして生きるかが大事になります。
価値観を見つける具体的な方法は、紙に書き出す事です。
やり方は他の方の質問で伝えていますので、参考にしてみて下さい。
この紙に書き出して考える方法は応用できますので、マスターするといいですよ。

2014年5月23日 12:23
{{count}}
有り難し
おきもち

有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...

「ありのまま」はクセモノ

あねぱん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

少し自己嫌悪・自己否定に陥られておられるご様子・・

前回のご質問でも少しお答えさせて頂いておりますように、自己嫌悪に陥らずに、自分に自信を持っていくためにも、これから善き順縁を得ていけるように調えることが大切になるのではないかと存じております。少しだけでも、前向きに、明るく、元気良くを心掛けていかれることだけでも、少しずつ変わっていくのではないだろうかと存じております。

『「ありのままでいる」ってどういうことですか?』・・「ありのまま、ありのまま」・・もちろん、蟻のお母さんのことでは無いのは誰もが分かりますが(爆)、この「ありのまま」というのは実はかなりのクセモノであると拙生は考えております。

正直、「ありのままでいい」と言われても、あまりにもありのままの答えすぎてなんだか結局わからないですよね・・(笑)

映画「アナと雪の女王」が大ヒットしているようですが、そのテーマソング「Let it Go」の和訳歌詞で、「Let it go, let it go」が、「もういいの、ありのまま」「気にしない、ありのまま」 と訳されていますね。

ケチを付けるわけではありませんが、「ありのまま」でいいならば、特に別に何もしなくてそれで良いこととなりますが、じゃあ、それで何か現実の問題が解決されるのかと言いますと・・当然に解決されるわけがありません。

特に仏教では現実における数々の苦しみの解決のために、釈尊は四聖諦という真理から法輪を転ぜられることとなりました。もしも、「ありのまま」でいいならばそんなことを説かれる必要もなく、「ありのままで良いですよ」と一言で済むわけです。しかし、実際はそんなわけには参りません。無明・煩悩・悪業を抱えて迷苦の闇路を彷徨い続けている私たちの現実が、そのままで良いですよとなるのであれば、仏教も何も必要では無くなってしまいます。あるいは、世間での道徳や倫理、法律というものでさえも否定されてしまいかねません。

この「ありのままで良い」という考え方はかなりのクセモノです。字数の関係上ここまでとなりますが、また機会がありましたら更に詳しく扱わせて頂きたいと存じております。

川口英俊 合掌

2014年6月16日 11:37
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

否定されて当たり前ならば、何を怖がっているのですか?

質問ありがとうございます。
お疲れ様です。

少しきつい言い方を致します。

あねぱんさんは、一体何を怖がっているのですか?
自分の評価が低く、否定されて当たり前なのであれば
断られようが怒られようが、そこには怖さはないはずです。

しかし、怖い。わかります。
ですが、その怖さの正体はなんでしょうか。

あねぱんさんが怖いのは「可能性がなくなることが」怖いのではないでしょうか。
何かアクションをして、断れられていない自分がもしかしたらいるかもしれない という自分が
なくなることが怖いのではないでしょうか。
可能性がなくなってもいいと割りきってアクションをし続けてみると
不思議と可能性は開けてくるんですよね。

今を変えたいのであれば、ありのままでではダメです。何も変わりません。
ですが、過去も全く関係ございません。自分でそう思い込んでいるだけです。
自分のその恐怖の正体を過去とはまったく結び付けずに考えてみてください。

そうすると、その恐怖とは自分が恣意的に作り出していた虚像になりませんか。
今、それに気付くかその虚像と付き合い続けるかは、あねぱんさん次第かと存じます。

「愚かに迷い、心の乱れている人が百年生きるよりは、知慧あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。」 ダンマパダ

2014年5月23日 17:48
{{count}}
有り難し
おきもち

比叡山延暦寺 行院にて満行。 天台宗 高龍山明王院普賢寺 僧侶。 一般...

あねぱんさん、こんばんは!
昨日とは違う答えをしてみます。

あねぱんさんは、全然褒められずに育てられたそうですね。それで、健全な自己愛が持てていない。まったくその通りだと思います。
おそらく、ご両親も自己愛が不十分ではないですか?
ご両親から見たら、嫌いな自分の子だから、褒めることが出来ません。
ご両親の生い立ちなと、良く理解してみて下さい。

ところで、自己愛は、自分で起こすことが出来ないので、外から自分を変えるのが良いです。
良くあるのは、「自分のこと大好き」と言う。
もちろん、嘘でかまいません。
浄土真宗は、南無阿弥陀仏を声に出しますが、これば、仏様のメッセージを自分の心に届ける為です。
同じ作戦で、「自分のこと好き」というメッセージを自分の心に届けるのです。
好きの前に「自分を許します」かもしれません。
本当に声に出して言うんですよ。
これが出来るようなら、取りあえず安心なのですが。

2014年5月23日 0:10
{{count}}
有り難し
おきもち

39歳独身 嫁さん募集中   (このネタで笑いが取れるうちは独身でも良...

ネガティブに怒られるより ポジティブに怒られなされ

何でもかんでも流行りの ありのまま ではいけませんわよ。
アタシはウソつきで人殺しだけど「ありのまま~♪」
逃亡中だけど「♪これで~いいの~」では×です。
あなたは過去に受けた被害が怖くて自己防衛的に守り姿勢に入っているだけだと思います。
これは防衛反応なんだなぁ、と思ってみましょう。
その反応自体を否定、拒絶、防衛から、肯定的、賛同的、受け入れ的なものに変えればイイだけです。
あなたは過去、自分を傷つけられた、損ねられた、喪失感を根強く残しているだけです。
個々で申し上げる❝反応❞は、出来事に対する、認知、感覚、評価の全てを含めます。
あなたの反応は現在、ネガティブですが、その反応をもっとモエモエ、ポジティブ、プラス、前向きなものに変えることができます。もちろんアナタお気持ち¥次第で(笑)
人生が変わる、変える、という事はそういうことです。
その為には過去の評価を損失ではなく、自分を向上させたもの、と思って頂くことです。
こんにちまでアナタを成長させてきた、過去を愛せないのは、過去傷つけられたことばかりに焦点が当たっているからです。
殻にこもっていないでありのままという妄想に陥らずに、ありのままの真意を知り、より良い自分に目覚め、自分を幸せに変えるために一度日曜三時の坐禅会に参加なさると良いでしょう。
質問者さん、並びに自分を変えたい方、お電話、お待ちしております。

2014年5月28日 15:53
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

質問者からのお礼

まず、お礼が遅くなりましたことをお詫び申しあげます。
まとめてのコメントで申し訳ありません。

おそらく、皆様がご指摘なさるように、「否定されることを恐れている」ことが最大の問題点なのでしょう。そして、自分の中に「自分はこれが大事」と思える絶対的な価値観を築けていないことも同じく問題なのかもしれません。
それを意識して生活するだけでも変れるのかな、と思います。

よく考えた上で、変化があったら追記したいです。

「怒られる・怒らせた」問答一覧

また転職になってしまうけれど、新たに

この3月  約12年働いて来た ゴルフ場のダイニングの接客の仕事ですが、片道48キロ 往復約100キロの道程の通勤は、53歳、首に怪我を受けた私にとって、体力的に負担になって来てしまい転職をしました。 4月から新たに近場のやはり 仕事内容がわかっているゴルフ場のダイニングの接客の 仕事にパート社員ですが 変えました。 私の上司は 女性マネージャーで、 4月当初は何も分からなかったので、何も思わなかったのですが、作業や仕事のやり方の教え方などここのやり方はこうやるんですよ。などと言っていましたが段々と強くなって来ました。言葉が強い。 言葉尻が強い。 そのうちパート従業員の女性達も、あんたさ〜。 早くやってよ〜。 やるのやらないの? と言葉では言って来るんですが、 自分達は作業をやろうとは しないような動きをしたりして。 また、 これは違うだろ〜!! などと作業を止めたり。  グラスはこれじゃないから。 と言われたので他の人に確認するとそれでいいんですよ。となったりで。 嫌がらせなのか? なんなんだ?ここは一体どうなってんだ?と思い始めました。 なのでその言い方はやめて頂けませんか? と伝えました。でもそれが 面白くなかったのかまた、 更に益々、今度は態度にまで出て来る始末で。 その頃にはGWになり 今年は10日 あって7連勤務のスケジュールが当てはめてられていたりしてどうにかここ迄やり切って来ました。 最近分かったのですが、このゴルフ場は経営母体が○○ リゾートというゴルフ場なのですがレストランの運営は 他社に委託されていて女性マネージャーは当初○○の社員だったようです。なので何らかのそのような運営状況に対する不満が生まれていたりするのかな?と推察したりもしますが。然し、その女性マネージャーの上司がエリアマネージャーなのですが、面接入社したのはエリアマネージャーなので電話相談しました。 話しておきます。とは言っていましたが、 言って改善されるとは到底思えませんし、最初からそういう事業所と分かっていてあてがったのか?と疑心暗鬼と言うのでしょうか?ここ数日は自分の精神状態も危うくなって来ているようで、どうしたらよいかというのが相談です。 パート社員なので新たに 仕事を探したほうが良いかなぁと思っています。 何卒よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

怒られるのを恐れ咄嗟に嘘をついてしまった。

怒られるのを恐れ、嘘をついてしまったことを後悔しています。 仕事で、お客様からの質問をトランシーバーで逐一上司に報告するのが決まりというか、業務遂行に当たっての項目のひとつです。しかし、上司に報告せずにお客様からの質問に答えてしまいました。日報の問い合わせ欄に記入していたので、上司にどうやって対応したか(答えたか)と聞かれたので、答えたことをそのまま伝えました。伝えたことは間違いではなかったのですが、問題はその後です。「トランシーバーで報告したか?」と聞かれ、していないのにも関わらず、「しました。」と答えてしまいました。トランシーバーも、物凄く感度のいいものではなくて、場合によってはマイクが入っておらずちゃんと報告したのに音声がとんでないこともあります。 以後気を付けますということで、大事にはならなかったのですが、保身のために嘘をついてしまったことがとても情けないですし、この期に及んで、周りのスタッフ(同じ店内には居ますが、近くにはいない)から上司の耳に嘘をついたことを知らされたらどうしようと考え、悩んでしまいます。 当たり前ですが、今後、一切このような状況に陥らないためにどんなことでも怠らずに報告するというのは、肝に命じていますが、罪悪感と恐怖心でいっぱいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

怒られるのが怖くなり逃げ出してしまう

私は、現在大学生です。 最近、アルバイトを始めたのですが、職場に行くのが怖くなり、逃げ出したくなっています。 バイト先では、社長が社員に対してきつく当たったり、強い語気で怒ったりすることがよくあります。 仕事内容や待遇に不満はないのですが、上述のことだけが理由で、仕事を辞めたくなっているのです。 私は、自分が怒られるのも、人が怒られているところを見るのも極端に苦手で、その場面に遭遇する度に、強い不安と恐怖を覚えます。 そして、そういった場面から逃げるために、いくつもの事を諦めてきました。 中学の時は、顧問の厳しい指導に耐えられず、部活を辞めました。 高校では、担任が毎日のようにクラスメイトを怒鳴りつけるのが怖くなり、わけもなく涙が出るような状態に陥ったことから、不登校の後、転学しました。 また、今までいくつかのアルバイトを経験したのですが、先輩やお客様に怒られると、その仕事は長続きせず、すぐに辞めてきました。 高校は別の学校に転入、アルバイトは何度も職を変えて怒られないような環境に落ち着くことで、何とか生きてきました。 ただ、新たなバイト先は元々の知り合いが多いことから、簡単に辞めるわけにはいかないという現状です。 怒られるだけのことをここまで深刻に受け止めてしまう弱い性も、すぐに逃げてしまう癖も、治したいと思っています。 周りに大きな迷惑をかけていることや自分にとってもマイナスでしかないこと、いずれ就職すれば怒られるのは当たり前であることも理解しています。 これまでに様々な対処法を調べましたが、どれも考え方を改める、というようなものでした。 しかし、私はいざ怒られる時になると、頭が真っ白になり、そもそも何かを考えることが出来なくなってしまうのです。 そして、怒られた後は、その環境に居るだけで怒られた時の恐怖が頭に充満し、耐えられずに逃げ出してしまいます。 もう大人なのにこんなに情けなく甘ったれた自分が嫌で仕方ありません。 罪悪感と生きづらさばかり感じています。 こんな私が怒られる(場面を見る)辛さを乗り越える方法はあるのでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

親切にすると怒鳴られた

暑い日が続きます。 用があってスーパーをはしごしてたのですが入り口で電動車イスに乗ったお爺さんがバックで移動してたのか、そこに止めていた自転車を倒して立往生してました。 見て見ぬふりも出来ず間が悪かったとしかいえないのですが、周りが助けない中 立往生しているお爺さんを助けようと倒れた自転車を起こして通れるようにしようとしたら 「そこに自転車を置くな!!!!!」 と、お爺さんに怒鳴られました。 「私のじゃない!」 と返すと以降だんまりしてしまい 謝るとか感謝とか何一つうんともすんとも言わなくなりました 「移動させますね」「こんなところに置くなんて頭おかしいですよね」「もう通れると思いますよ!」など言っても無視されました。 人に親切にすると嫌な目に遭うなら もうしない方が良いのではと思う反面 見て見ぬふりが出来ません 宥めて欲しいというか、良いことを言って欲しいです。 怒鳴られたくて助けようとしたわけじゃないし ただ目の前で起きたことを処理しようとしたら 嫌な思いを受けて昇華しきれません。 そしてそこでの買い物は必要なものがなくて無駄足でした… そのお爺さんを助けて怒鳴られたぐらいしか用がなくて、その人に導かれたのか運が悪かったのか、行かなければよかったとトホホ状態です…

有り難し有り難し 51
回答数回答 3

友達を怒らせてしまいました

長くなってしまいますが… 私は夜を上がりたくてバイトを探していて、夜で知り合った女の子に「そんなにバイトしたいなら私が働いてる所でバイトしなよ。店長にも言っておくね」と優しく気さくに声をかけてくれました やる気と昼間の時間は有り余っていたのでとりあえず昼はそこで夜は夜のお店に出勤しようと考えていたのですが、女の子が働いてる所へ面接に行く前に派遣の所でも面接を受けてました。 派遣先の勤務時間は昼間固定で遅くても20時には帰れるという事。 夜勤の勤務はないという事。 1週間近く派遣の方から連絡が来なかったので落ちたと思い込んでいました。 そして女の子が働いてる所でバイトの面接をし「もう前半(1日~15日)のシフト固定されてるから後半(16日)からで見てみるね。それと昼間の時間だけってのはちょっと難しいかな」と言われ、あまり好感触とは言えずここも落ちたなーと思ってました。 しかしその女の子が働いてる所の面接が終わった次の日に派遣の方から受かったと言う連絡があり「○日に案内するから朝に合流しましょう」ときました 私は女の子が働いてる所は落ちたと思い込み派遣先の方を了承しました しかし女の子が働いてる所から「シフト組んだから」と連絡がありその派遣先と合流する日にちと丸被りしてしまいました。 悩んだ結果女の子が働いてる所へシフトの4日前に面接をしてくれた店長さんと女の子に謝罪の連絡をし結果的に派遣の方を選んでしまいました。 女の子と店長さんには罪悪感しかないです。 女の子の顔に泥を塗った感じですし、夜のお店の違う女の子に誰にも話さないと思い選んだ人選に相談したら広まっちゃていたみたいでそれでもっと印象悪くしてしまいました。 謝る事しか出来ず会って直接謝りたいと連絡を入れてももう時間の無駄だと言われてしまい自分の犯した罪の重さとその子に対しての謝罪と自責でどうにかなってしまいそうです。 もう死にたいと思ってしまうほどです。 元々は自分が引き起こしてしまった事です それは重々承知の上ですが相手が復縁しても良いと思っていただけるまでどうしたら良いでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

怒られることの恐怖心

私は怒られる事が怖いです、逆に相手のことも怒るとか嫌なので我慢できる範囲までは我慢して限界がきたらそこで縁を切ればいいかと思っていました。 一度友達でずっと仲が良かったのに急に私にだけ変な態度を取ってきた子がいて純粋に「なんで?」と聞いたら泣かれてしまった事がありました。 その子に数年経ってからこの時の話を「たまごは怒らないから良いんだと思っていた、あの時は指摘してくれて良かった」と言われまた。 主人とも付き合っていた頃、彼の自分勝手な行動がエスカレートしたので「もう人として嫌い、無理だから別れてほしい」と言った際に「なんでそうなる前に指摘してくれなかったの?俺もこれでいいのかな?と思っていたけど、たまごが普通に接してくるからいいんだと思っていた、こうなる前に怒ってくれた方が何倍もいい」と言われました。 私の中で「良い・悪いは自分で考えて選ぶ事が出来るのに、相手が態度に出さないから良いって変なの、わざわざ怒られたいってマゾなの?」と思っていました。 でも、私の方が少数派だったのかもしれません。 多分、私の育った環境が影響しているのかも知れません。 例えばセールに行った際に私の買った乾電池が安くなっていなかったらしく「あんたのせいで安い買い物ができなかった」「お前は本当にダメだな」と母、父、姉に猛攻撃をくらいました。 親戚の集まりで沢山並んでいたおにぎりを食べた際にも「あれは従兄弟のために作ったのにあんたが食べたらダメじゃん。ほんとろくな事しないね」と母に言われてました。余計な事はしないように相手の顔色を伺いながら生きてきたので、相手が怒るかも知れない事に対しては私が異常に敏感だったのかもしれません。 不満な態度をとって嫌われたらどうしようと思うよりも我慢して限界になったら終わりの方が楽だなと自分自身思っていました。 みんなはもっと自由に生きてきただけなのかもしれません。子供に例えると楽しいからと遅くまで遊んでいても親が暗くなる前に注意すれば「はーい」で済んでいたのかもしれません。 私のしてることは遅くまで遊んでいる人をずっとニコニコしながら見ていて真夜中になって急に「もう、帰らないなら一生そこで遊んでろ」って言っているようなものかもしれません。 私ももっと自由に生きたいです。注意されてもビクビクしないで「はーい」って済ませたい。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る