hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

寺を継いだがこれ以上やりたくない

回答数回答 4
有り難し有り難し 123

30代後半独身で地方田舎寺の住職をしております。
元々バイトや契約といった使い捨てのような仕事をしていたのですが、いろいろあって人付き合いなども苦手で何一つ身になりませんでした。

そんな時住職である親からそろそろ寺をやってみないかと言われ、最初はあまり乗る気ではなかったのですが、食べてはいけるということで決心、得度し行を終え、副住職となりました。

行を終えてから数年立ちます。最近親の体調があまりよくないので私が住職となり葬儀や法事などを行っています。
なんというか親の住職に無理やりはめられたといった思いが強く辞めたいと思ってます。

というのも田舎なので四六時中、朝早くや夜でも平気でいきなり他人が急に来たり、電話が鳴ったりといったことがまず多いです。
なる前はそんな話は一切聞いてなかった(私が無知で頭が悪いのも原因です)点とお布施をこちらから供用する点です。

特にお布施は住職側からこの戒名だとこれだけ寺に収めてほしいと亡くなった方に対して毎回いうのが嫌になります。
なにしろ金額が高額で相手の立場に考えたら絶対に払いたくないと住職の私でさえそう思うからです。

親の住職に言っても昔からこれでやってきた、下手に下げると今まで高額なお布施を払ってきた先代の檀家の立場もあるし、ないならないで払えるだけでいいから一応そんな感じで葬儀では伝えるべきだというのです。

まるでヤクザまがいの事を私はしているのだろうか、いや現にもう毎回してきたので今更引き返せないところまで来てしまっている思いが強いです。

いくら寺を守る為だとは言え、檀家にも生活があるのは重々承知です。最近檀家離れや葬儀に金をかけたくない檀家が多いです。
そのたびに思うのです。私はいったい何のために寺をやっているのか・・・、こんな思いを毎回するならまだバイトや契約できついながらもまじめにコツコツと働いていた方が人生よかったのではないだろうかと・・・。

現在檀家数は兼務寺も全て合わせると400件前後となります。現状専業で充分やっていけるレベルです、今後はどうなるかわかりません。兼務寺が多いのでその分もめごとも多いです。
庫裏、本堂、境内内整地などはほぼ終えてます。

できれば親を看取った後60ぐらいまでは私一人でがんばってやる気のある方(他人)に譲りたいのですが、後継者はきそうでしょうか?

2021年5月30日 22:55

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

あなたは一体何を「がんばって」いくつもりですか

直接のご質問は、「後継者はきそうでしょうか」です。

それは、来るかも知れませんね。

「庫裏、本堂、境内内整地などはほぼ終えて」、「現状専業で充分やっていけるレベル」「現在檀家数は兼務寺も全て合わせると400件前後」ならば希望する人はいるかも知れません。あなたの宗派が分かりませんので何とも言えませんが、本山に問い合わせるなり、周辺のお寺の「やる気のある方(他人)」に吸収してもらうなり色々方法はあるのではないですか。どれほど現実的に動いているのですか。

直接のご質問に対する回答は以上です。

しかし、「お布施」について「ヤクザまがいの事」と書いているのは聞き捨てなりませんので付言しておきます。

あなたも僧侶ならお分かりでしょう。
所謂「布施」には、種類があります。
主に「檀家」さんがお寺にするお金や供物などの財施。
僧侶の側が、法話をしたり、お勤めなどをする法施。
無財の七施など笑顔や優しい言葉をかけるという無畏施。

「檀家」さんは財施をするのに対し、あなたは主に「法施」「無畏施」をする立場です。「ヤクザまがい」というのは、不当な取り立て、不当なことをさも正当であるかのように振る舞うことをいうのでしょう。あなたは、「高額」だから「ヤクザまがい」だといっています。では、「ないならないで払えるだけで」という低額だったら「ヤクザまがい」にならないのですか。

あなたは「乗る気ではなかった」が「食べてはいける」という動機で得度し、「副住職」になった。入り口は不純でも、自分が立場にふさわしい僧侶になりたい、法施と無畏施をいかにしていくか、だったら分かります。しかし、あなたは「これ以上やりたくない」と言っている。それは、一時期の弱音ではなく、文章全体から感じられるように、人に責任を押し付けて自己決定に責任を取らず、責任を回避しようという生き方に端を発していると感じます。

お布施が「高額」なら、お寺の維持費との均衡を考えつつ、檀家さんの意見も聞きつつ現実的に建設的に方向づける提案をしたらいかがですか。現在、あなたが逃げ腰で、中身の伴った法施と無畏施をしようとしていないのなら、それはたとえ1円であっても「ヤクザまがい」です。

「親を看取った後60ぐらいまでは私一人でがんばって」と書いていますが、あなたは一体何を「がんばって」いくつもりですか(字数制限)

2021年5月31日 4:27
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

一緒に頑張って行きましょうよ。

私は在家出身ですが
30過ぎで脱サラして
親戚のお寺に入りました。

全くの素人で入寺し
想定外の業界のクセに
辟易しましたが
宗派外の法友も得て
今に至っております。

私も学んだ超宗派の研修ですが
「未来の住職塾」ってご存知ですか?
是非お勧めします。
http://mirai-j.net/next

2021年5月31日 10:27
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

わかる部分はあります。

恐らくはこのご時世で皆収入が下がって難儀している時に、自分達だけは社会情勢に合わせることもなく、相変わらず高いお布施を設定していることを「ヤクザまがい」と感じておられるのではないでしょうか?
お布施の意義云々はひとまず置いといて、そう感じることは私はとても素晴らしいことだと思うのです。

私の地域でも「院号買うのに田んぼ売ったわ」なんて声が時々ありました。
住職が横暴なところもあり、まだお葬式の後のお見送りが終わっていないにも関わらず、先に帰って「お布施が少ない!」と悲しみの真っ最中の喪主さんに電話してきたりといった行動が多く、檀家の心はすっかりお寺から離れてしまいました。
嫌々するお布施に何の功徳があるのだろう・・・と脇で見ていてずっと思っていました。
そういう、一般の方々との感覚がずれていないクリプトン様はある意味いい住職の資質があるのだと思います。

地方によりますが、檀家寺の場合昔はもっと檀家と住職の距離が近くて、各家の状況を鑑みてお布施してもらい、決まった額は無かったように思います。

理想を言えば本当に心から「あのお寺さんにならお布施したい」という自発的な気持ちで、各自ができる範囲でのお布施をしてくれるのが一番なんですけどね。

私が檀家側の立場ならこちらの状況も考えてくれるような心優しいお寺さんの檀家になりたいなと思うところです。

もう世襲なぞに捉われる時代ではありませんから、これ以上自分の良心が痛むなら一般からでも広く応募したっていいと思います。お寺は一家族、個人の所有ではありませんからね。
真言なら私が行きますよ(笑)

色々とストレスがたまるでしょうがお体お気をつけて。

2021年6月2日 10:03
{{count}}
有り難し
おきもち


一般家庭から真言宗のお坊さんとなりました。 お寺はありませんので普段は普...
このお坊さんを応援する

信仰と寺院のあり方についての参考に

クリプトンさま

本来、宗教法人は、檀信徒総代会、責任役員会があり、そして、代表責任役員(だいたいの場合、住職)があって成り立っています。

更に単立でない場合は、被包括団体として、包括団体、つまり、本山があり、それぞれ、宗教法人として、また、被包括団体として、法律、規則、細則等にて色々と規定されているところであります。

もちろん、まともに機能しているかどうかという問題がありますが、代表責任役員は、会社で言ってみれば代表取締役であり、それなりの権限があります。

檀信徒総代会、責任役員会にてある程度の権限で指揮して、ご自身の方針を打ち出すことも可能でしょう。

とにかく、これまで寺院が安住していた檀家制度は崩壊しつつあります。

田舎で保守的とはいえ、この時勢下と世代交代にて、納得できない寄付や布施ならば、檀信徒はどんどん離れてしまっていくでしょうし、いつまでも強要もできないことでしょう。

檀信徒総代会、責任役員会にてご自身のお考えを述べられて、改革していくことはできる立場ではないかと存じます。

これからの寺院のあり方として注目しているところがあります。

福岡の日蓮宗・本佛寺さんです。

https://www.youtube.com/channel/UCUZtWL-WL1aAlZQT9-UB5QQ

檀信徒制度・徒弟制度・世襲制度の三立が成り立っていて、特に信仰と寺院のあり方について参考になるのではないだろうかと思います。

川口英俊 合掌

2021年5月31日 13:02
{{count}}
有り難し
おきもち


「お寺全般」問答一覧

菩提寺を変えたい

【質問】菩提寺から祖父・祖母を別のお寺に移せるか? 相談者(私):W家 母方の実家:T家とします。 母方のお寺に、祖父(母の父)・祖母(母の母)・叔父A(母の長兄)・叔母A(叔父Aの嫁)が入っています。(全員T家) この度、叔父Bが亡くなりました(母の次兄)。叔父Bは独身で子供もいません。祖母が亡くなるまで一緒に住んでいたので、このお寺に納骨を考えていたのですが、このお寺が何かと家庭のことやお金のことに口出しするので、この機会にお寺を変わりたいと母は言っています。 叔父Aと叔母Aには子供が2人おり、次男が一応お墓を継いでいます。 しかし、諸事情により法要も出来ていなかったりしているようなのです。 そうはいうものの、叔父Aと叔母Aは子供がいるので、今後の事は子供達で考えてもらいたく。 そこでW家のお寺に祖父・祖母・叔父Bを移そうかと考えています。 現在はW家のお墓には私の父が眠っています。 W家のお寺に相談したところ、叔父BをW家のお墓に入れる事に問題はないとのこと。(母と兄妹なのでということです) 叔父Bは祖母の面倒をずっとみてくれていたので、同じお墓に入れたいと思っています。祖父・祖母をW家のお墓に入れて良いか否かはまだお寺に確認はしていません。 因みにW家とT家の宗派は違いますが、W家のお寺は宗派関係なく受け入れてくださるそうです。 今後を考えて、祖母・叔父Bは永代供養をお願いするつもりです。祖父は50年の法要を済ませています。 上記の状況下の場合、祖父・祖母だけを今のお墓からW家のお墓に移すことは問題ないでしょうか?もちろん、費用が発生するのであれば対応するつもりでいます。 ただ、49日までの法要は母の家で菩提寺のお寺に依頼しています。 その後の納骨をどうしようかと悩んでいます。 T家のお寺の住職はちょっと気難しいのと聖職者ですがお金にシビアなので、すんなり受け入れていただけないのではと心配しています。 どうぞアドバイスの程、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 4

お寺の歴代僧侶について

先日、祖母を亡くしたことをきっかけに信仰心が芽生えました。自宅から車で1時間ほどのところに菩提寺があり小さい頃から正月、お盆等は手を合わせに行っておりました。祖母の死をきっかけに菩提寺さんが真言宗であると理解し、今まで何となくで持っていたお念珠も真言宗のものを新調しました。 先祖代々の墓には曽祖父も眠っておりますが、その方が菩提寺で副住職をされていたと父から伝え聞き、そのことも信仰心の芽生えへと繋がっております。 そこで曽祖父が本当に副住職をしていたのか知りたくなり、菩提寺さんの寺務所で事情を説明しましたが、歴代の住職、副住職の記録はないとのことで、曽祖父の名前を伝えたところ分からないとの回答でした。自分の中ではひいおじいちゃんのお寺と愛着があったので少しショックでした。 その菩提寺は戦後に本山となったみたいで、戦前に僧侶をしていたのなら余計に分からないと言われましたので、仕方ないとは思いましたが、将来私が墓守りをしますし、自分の芽生えた信仰心をご先祖の供養に繋げたい、更には自分の子にその寺が菩提寺である所以を伝えていきたく思っております。 拙い文章で申し訳ございませんが、自分の気持ちを聞いていただきたく質問に書かせていただきました。 何か良いアドバイス等ございましたらよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

父の葬儀でのお寺さんの選択について

先日、82歳で父が他界しました。 慌ただしく葬儀の詳細を決める際、葬儀場に紹介されたお坊さんに決めてしまったことを後悔しています。   父には遠方の田舎に檀家として先祖代々お世話になっていた菩提寺がありますが、生前本人は今の住まいから通いやすいお寺(葬儀場で紹介されたお寺とは別です)での永代供養を希望していました。母はこの場合、誰にお経を読んでもらったらいいのか…とさんざん悩んだ挙げ句、葬儀場に紹介されたお坊さんに決めました。事後報告になってはいけないから菩提寺に電話するよう葬儀の担当者から勧められ、母はその場で本当に申し訳なさそうに父の死と読経を別のお寺にお願いすることを伝えました。菩提寺の住職さんは大変驚いておられたようですが、電話の最後にはまた何かお役に立てることがあればいつでも連絡下さいとおっしゃっていたそうです。 その菩提寺は長男である父が昔から丁寧にお付き合いしており、お盆やお正月に帰省する度に挨拶に伺っていました。私も子供の頃から法事の度に伺っていたし、田舎の家や裏山にあるお墓に来ていただいた記憶があります。慌ただしさの中決めてしまいましたが、父も最後のお経は菩提寺のお寺さんにあげてもらいたかっただろうと、父にも申し訳なく後悔の念に苛まれています。 離檀することは決めていますが、このまま電話一本で終わらせてはいけないと思っています。母は認知症の症状が見られ、あらゆる場面で判断力が低下していることが、葬儀後の手続きをしていて分かりました。私達姉妹で今後は対応したいと思っていますが、まずは電話でお詫びし改めてご挨拶に伺うべきか悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺