hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

まだ若いのに

回答数回答 1
有り難し有り難し 7

 最近、家族の死について考えてしまいます。
祖父母と同居しているのですが、83歳と79歳です。毎日元気に挨拶してくれてとても嬉しいのですが、彼らが死ぬと考えると辛いです。お葬式なんて考えられません。
 また、親の死と自分の死も怖いです。心配しているのは、死ぬのもそうですが、死に方です。殺されたり、溺れたり、災害で死にたくないです。死は苦しいというイメージがあって、嫌だと思います。
 家族に先立たれて、この世に取り残されるのが怖いです。日に日に歳をとっていく家族を見ていると、怖いです。
 生まれ変わりってあるのでしょうか?死ぬ時辛いでしょうか?あの世ってありますか?
 本当に怖いです、心を落ち着かせる方法などがあったら、教えてください

2021年8月25日 17:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

死を考えるのはどう生きるかを考えるのと同じ

そうだね怖いよね
人はみんな死ぬよね

みんな一人で布団に入った時とかは
不安になる
若い時や死を目前にすると怖いのは
当たり前のこと

私だってそうです

子供の頃は毎日不安でした
そしてこれからも老いや病気が僕らを同じように悩ませる

みんな明日死ぬかも知れない
それは今をどう生きるかという問いでもあるんだよね

仏教では輪廻といって
死んで49日で生まれ変わると言われていて
僕らの目標は
その輪廻から抜けて
極楽に行って生まれ変わらないって事なんだ

生きるってのは欲に痛みに不安に悩まされる苦しいものだからね
それから抜け出すのが仏教の教えね

輪廻があるかは誰も知らないよ
でもねもそれを目標とした時に
人は正しい心構えになるよね

毎日を
善い心
善い顔
善い言葉
善い行い
で満たしていくと

生きること自体が極楽に変わっていく

明日死ぬかも知れないから
毎日やらなきゃならない事も
やりたい事も言わなきゃならないだって
きちんと収めていくという
こういう心構えが自然とできる

じいちゃんばあちゃんは心配されても
べつに嬉しくない
でも言って貰ったら嬉しい言葉も救われる言葉もきちんとある

それらを貴方が叶えているか叶えていないか
叶えていれば貴方の不安ってのは
今ここに無い

生きるとは行動するという事
黙って怯えて快楽に溺れているだけなら
生きていても死んでいても
変わらない
むしろ悪くなる

怖いのは
自分だけの快楽を求め
妄想したり
言い訳したり
愚痴ばかりで満たし
そういう一番大事な事を
後回しにしている何よりの証拠なんだよ

善く生きるにはやはり勇気が必要だよね

ファイト

合掌

2021年8月26日 9:16
{{count}}
有り難し
おきもち


山形の小さなとても小さなお寺の住職です。 私は子供の頃いじめられ、社会か...

質問者からのお礼

ありがとうございます。死から避けれないのは頑張って、受け止めます。祖父母にも、これからはもっと優しく接して、最後まで歩み続けようとと思います。

「死ぬのが怖い」問答一覧

やっぱり、死が怖いです。

何度も失礼します。 最近生活していてやはり、死が怖くなりました。 感染症の影響で多くの人が亡くなり そのことが、あたかも自然なように 連日報道され、人の死が生活の中で より身近(不謹慎ですみません。) に当たり前のようになってきていて いつ死ぬかわからない、まだ自分はやるべきことができてない という負の感情がブクブクと浮かび上がってきてしまいます。 また、これは先ほどのものと違うのですが、 9月3日の夜に見た夢で、夕方に 一人で習い事(文化系)の練習をしていると、 習い事の先生(故人)が先生の住む母屋から出てきて、 自分の隣に座って話すという夢を見ました。 先生にいくらかの自分の悩み事を聞いてもらった後、 「向こうでは、どうしているのですか」 と聞いたところで先生が答える前に 目が覚めてしまって、そこから 「先生が何を言おうとしていたのだろう」と モヤモヤが続いています。 以前の質問で死と向き合って、 そこから生きていく意味を見つける というお知恵をいただいてとても参考になったですが、 自分自身が死と向き合うことができなくて 生きていく意味の追求も止まってしまっている気がします。 お坊さんの思う死の恐怖と向き合う、よける、折り合う方法や お坊さんが普段それと付き合う方法を教えていただきたいです。 先生がどのようなことを言おうとしていたと思われるのか、 ということもできれば教えていただけると嬉しいです。 お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願いします。 乱文失礼しました。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

死にたいのか生きたいのかわからないです

私は10年ほど、死にたいという気持ちと一緒に生きてきました。 きっかけは他の方からしたらきっと些細なことだと思うのですが、 その後人付き合いが上手くいかず、 当時は全く問題なかった人間関係を上手く築けなくなり、 他にも辛いことが重なり、 死にたいと思うようになりました。 生きたい人が生きられない現実がある事もわかっています。 ある時から(プロフィール参照) 私は自分の手で人生を終わらせることが出来るんだ と思うようになり、 いつでも死ねるというのは 私の希望になりました。 ですが最近、死ぬ事が怖くなりました。 自ら命を絶つのが怖いのではなく、 事故でも病死でも寿命でも、 人間いつかは必ず死ぬ、 という現実が怖いです。 こればかりは絶対避けられない現実なのに 怖くて怖くて仕方がないです。 それなのに死にたい気持ちが無い訳でもない。 死にたいのか生きたいのかわからないんです。 今現在私が生きているということは 少なからず死にたくない、 という気持ちがあるんだと思います。 死にたいと思っても、死ぬのが怖い、 だから生きるのもこわい。 こんな矛盾に戸惑っています。 人間はいつか必ず死ぬ事、 どうしたら自分を納得させられるでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

不幸になりたくないと願ってしまう

初めて質問させていただきます。 下手な文だと思いますがご了承ください。 私は家族とも仲が良く学校でも特に苦しむこともなく、いわゆる「幸せ」と呼べる人生を送っています。 だからこそだと思うのですが最近、自死を願っている人の事を聞くと、 「もしも私の人生に1歩間違いがあったら私もあんな考え方をしていたのかな…」 と、不安になってしまいます。 今、幸せに生きれている事は偶然の重なりです。 もしも、生まれた場所や時間が違っていたら、「死んでしまいたい」と考えてしまう人生を送っていたかもしれません。 自分が本当にそう願ってしまったら、実際にそうしてしまうかもしれません。それがものすごく怖いんです。 もちろん、その考えをしてしまった人達が行動した理由が、そんな人生を望んでいなくて、限界が来てしまったから、という事は分かっています。 ですが、私は寿命までしっかり生きていてほしいです。 すいません、話がごちゃごちゃになってしまったのでまとめますと、 今、私が思っている事は、 「不幸な人生を送りたくない、でも、今その人生で苦しんでいる人に申し訳ないかもしれない…」 ということ、 私の悩みとしては、 「その思いを少しでも和らげてしまいたい」 ということです。 この思いが少しでも和らげられそうな考え方を、たくさん聞きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る