hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

過去の過ちに後悔しています。回答受付中

回答数回答 1
有り難し有り難し 15

お忙しい最中、聞いて下さりありがとうございます。
過去の自分の過ちに対してどう向き合えば良いのか教えてください。

10年以上前に飼っていた犬を殺めてしまったかもしれず、罪悪感で一杯でどうしたら良いか分かりません。

その子は小型犬で、1~2歳の時に意識朦朧のままヨロヨロしながらひたすら歩くという発作的症状が出ました。
その発作が出るとうんちやおしっこを構わずしてしまったり、夜は大声で鳴くなど、いろいろありました。
当時お医者さんに調べてもらっても原因不明で、遺伝的なものかもしれないし、後発的なものかもしれないし分からないという状況でした。だんだん発作が増えて、容態もおかしくなっており、一年の半分はそんな状態で元気と呼べるような日はほとんどなかったと思います。
それでも可愛かったし、大切に育ててたつもりでした。お世話は母と私が主にしていました。

だけど、ある日、学校から帰宅したらリビングにおしっことうんちがしてあって、それでふっと怒りが沸いて、蹴ってしまいました。
全力ではないにしろ、小型犬にとっては間違いなく大きな衝撃でした。
その時、少し歩き方がぎこちなくなったのを覚えています。でも、当時の私は蹴ったことを家族に言えなくて、その後もウロウロ歩き回っていて、大丈夫そうだと勝手に思い込んでいましたが、その日の夜に容態が悪化して朝方亡くなりました。8歳でした。
とにかく泣きました。

家族にも、私が蹴飛ばして死なせてしまったことを言いました。
母親はそんな簡単に犬は死なない。きっと寿命だったんだ。お前はたくさん可愛がってきたし、たくさん世話もしてきたし、この子が死にかけた時も助けてきた。気にすることはないよ。
と言われました。

これを書いてる今も思い出して辛いです。
きっと私が殺してしまったんだ、少なくとも死ぬきっかけを作ってしまったんだと。

その子が夢に出て来て、泣いて謝りました。蹴ってごめん。冷たくしてごめん。怒鳴り付けてごめん。
起きて夢だと分かり、本当に涙を流して泣いてました。

あの頃に戻って謝りたいです。
でもどうすることもできない。
私はどうしたら良いのでしょうか?

本当に不快な悩みを相談してしまい申し訳ございません。

2021年9月13日 12:38

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

どんなに後悔しても、一度起こったことは取り消すことが出来ません。それをそのまま受け止めるしかないのです。結果には必ず原因がありますが、仏教では直接的な原因を因と言い、間接的な原因を縁と言います。因や縁は一つではなく、無数に繋がっていますので、死の原因があなたの行動にあるとは誰も言えないのです。あなたの今の心の状態は、変えることの出来ない過去に苛まれ、誰にもわからない死の原因を曲解しています。
この二つの問題は、石岡さんがいくら努力しても解決出来ないものです。そのことに執着すればするほど、心は泥沼状態となります。
今あなたに出来ることは、楽しかったことを思い出しながら手を合わせることです。
怒りの心は発作的に起こるものです。その時暴力的な行動を取ると、犯罪に結びついたりすることもあります。怒りの心が湧いたら、反対を向いて2回深呼吸することを覚えて下さい。怒りの沸点は6秒で収まります。相手が目の前にいる場合は、トイレに行くなども有効です。あなたの性格を教えてくれたワンちゃんに感謝しましょう。

2021年9月13日 13:45
{{count}}
有り難し
おきもち


鳥取市にある浄土真宗のお寺の住職です。36年間のサラリーマン生活を経て20...

質問者からのお礼

りゅうよう様

ありがとうございます。
いくら考えても答えは出ないという御言葉がやっと身に沁みました。頭では分かっていても、こうして仰っていただいたことで私がいくら自問自答してもそれは何も解決には結び付かないのだと本当に分かりました。

近々、その子のお墓参りに行ってくるので、そこでしっかり話してきます。
「怒りを感じたら後ろを向いて深呼吸2回」
やってみます。自分という人間は怒りに乗っ取られてしまう性質なのだと理解し、それによって起こした私の愚行をこの先も反省し、優しい人間になれるように生きていきます。

この問答を時にはみて、初心を忘れずに、しっかりあの子に手を合わせて生きていきます。

本当にありがとうございました。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る