hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

成長の仕方

回答数回答 3
有り難し有り難し 26

こんにちはななみです。

何をするにも緊張します、自信が持てません、ずっと子供のまま

人はどうやって成長するのでしょうか?

体は食べて飲んで寝れば勝手に成長します、でも心は?精神はどうやったら成長するのでしょう?自分は体だけ成長して心、精神はたぶん小学生の頃のままだと思います。

小学生の頃のイジメが原因か人が少し怖いです特に同い年の人、よく先生に怒鳴りながら怒られてたので大きい声、怒鳴る人間がめちゃくちゃ怖いです。

自分は今働こうとしています、もし働けたらいろんな人と関わることになりますめちゃくちゃ怖いです。

自分でもこのままじゃダメだと思っても面接に行って面接してくれる方と一対一になるとめちゃくちゃ緊張します、面接終わった後なんか喉がカッサカサになるくらいです。

精神的に成長したいですでも成長のしかた成長のさせかたがわかりません、どうやって心、精神は成長するのでしょうか?

2021年10月9日 15:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

成長とは何なのか?

成長って不思議ですよね。
多くの人が、成長はしなければいけないものだと思っているかと存じます。
何故、人は成長をしなければいけないのでしょうか?
何かができるようになるため?
何かを獲得するため?

私も成長しなきゃ、成長しなきゃ、という衝動に駆られて成長を追い求めた結果、スキルやできることが増えても
心は成長するものではないということがわかりました。
成長欲は大きなドライブになりますが、心の観察の妨げになる場合もあります。

この「成長至上主義」ではない世界があることを認識することが大切であるとも思います。

成長ではなく「捨てていく、放していく」という世界があることを仏教によって学びました。

心や精神というものに対しては、「成長」という言葉よりも「観察」という言葉の方がふさわしいかもしれません。
どんな経験をしても、怖いものは怖く、辛いものは辛いです。
心や精神は、成長して何かできるようになるというわけではなく
心は、自由自在に変化する捉えがたい存在である、ということを認識した方が
怖さは楽になるかもしれません。
心は同時に、楽しさや幸せも感じられるように出来ています。

同じ世界でありながらも、幸せを感じるシャッターを開けられるか、恐怖を感じるシャッターを開けるか。
その違いだけなのかもしれません。
少なくとも、恐怖を観察出来ているななみさんは、心の観察が出来ているように思います。
小学生位の精神性、それはそれで素晴らしいです。
純粋無垢な、その心こそ、ななみさんの宝であると私は思います。

成長というのは、評価軸が変わることを指すのかもしれません。
右肩上がり至上主義からの脱却が、人生をより素晴らしいものにしてくれるかもしれません。

ななみさんなら、いつか怖さも楽しめると思いますよ。

2021年10月9日 19:24
{{count}}
有り難し
おきもち


天台宗 高龍山明王院普賢寺 住職。 一般大学、アメリカ留学、一般企業を経...
このお坊さんを応援する

物事の真理に目を向ける

叱られること嫌ですよね。私も嫌です。
でも、叱られてもそれはその人から見てその行動がアウトだったというだけ。
人間的に否定されたわけではありません。仮にそんなことを言われたとしても、その人の価値観の中で言っているだけの話です。

大切なことは、他人の価値観、自分の価値観、思想に振り回されないことが大切です。「大人」とはダイニンと言います。つまり悟った人。物の真理を見極めた人です。

世の中の多くの人は大人にはなりきれていない人ばかり。自分の強い信念や価値観をもってそれに従っていろいろな人とぶつかりながら生きているだけです。
あなたは、そんな中で本当のダイニンになるべく、修行したらいいと思います。物事の真理、ジブンとは何かを追究し見つめることです。
人の価値判断、好き嫌い、損得以前の事実、リアルに眼を向けることです。

思いより先にある事実。そのことに気づくと人の考えに振り回されることはなくなるでしょう。それはそれとして、強く生きる力が付くし、どんな環境にも柔軟に対応しながら自由に生きることができます。
仏道はそうしたことを実践から学ぶ道であります。自分が救われ、周りの人まで幸せにしてしまうほどの力があなたにはあります。
禅を学び、実践しましょう。
想像することより先にまず行動。実践して体で感じるのです。
救いはあなたの眼の前にあります。充たされていないという思いに振り回されているだけですから。
人にどう思われているか、どう評価されているかは問題ではないです。
あなたがやる仕事のクライアントが信頼してくれること相手のために尽くせることそういう気持ちが大切なのです。
結果は自然と後からついてきますから。結果を求め目標にせず本質を見抜く力をつけていきましょう。気になったらまず、私のホームページやSNSをチェックしてみてください。

2021年10月9日 17:35
{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

正しい繰り返しによって少しずつ成長する

体は成長するといっても、その後は年老いて病気になって死ぬだけです。花が種から花開いて萎んで枯れるのと変わりありません。植物は土に還り、体も、埋めて土に還したり、焼いて、しかし骨を土に還したりします。そうやって何度も生まれては死に、生まれては死に、を繰り返しています。成長?ただのサイクルですね。これは植物や体という物質の話です。
 動物や人間には、心もあるようです。体を使って、一人ひとり、それぞれ、いろんな行動をします。その生命としてうまく生きていくために、学びます。動物なら獲物の撮り方を学ばないと、そしてそれで成果を上げないと、すぐに飢え死にします。人間も、仕事をして対価をもらえる程度の学びをしないと、そして、卒業したら働いて食べないと、すぐに飢え死にします。
 この学びが、大事なのです。まずは、とにかく教えられるとおりに学ぶ。知識を吸収する。それから、自分の頭に入ったかどうかを試験でもして確かめる。最後に、特に技術などは実際にできるかどうかをやってみる。仏教でも、このように学ぶべきと言っています。聞・思・修と言います。
 学びのコツは、分かるまで、できるまで、何度でも繰り返す、です。最低限必要な読み書き計算と、後は、やってみて合わない、なかなかできない分野ならあきらめて他のより簡単にできる分野を学びます。
 うまくやるためには、ある一点に集中する力と、同時に、目の前に起こってくるいろんな出来事をその都度テキパキとこなす力が、両方必要です。昔のゲーム機のモグラたたきのような能力です。どちらも、繰り返しによって育ちます。飽きたなあ、とか、つまらないなあ、ではなく、これをきちんとこなすのが自分の仕事だと、繰り返し身に着けるのです。
 悟りを目指す修行も、繰り返しです。師匠に教わって、ただ座ったり、歩いたり、目の前の現象を捉えようと集中したり、悟るまで何度でも繰り返します。
 悟れなければ、そのうち体は死にますが、心はまた何かに生まれ変わって、新たな生を繰り返します。
 巧みになるまで繰り返し学び、人と接する中で、育て教えてくれる親や先生への敬意、仲間やライバルや伴侶とのお互いの敬意、子供への責任感、などがきちんと生まれるようにします。善悪の道徳を心に持つことは必須です。本能的に分かりますから、これは悪いからやらない、これは善いからやる、などと心を磨くことも繰り返します。

2021年10月10日 7:52
{{count}}
有り難し
おきもち


初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お礼が遅くなってすみません。

自分なりにお礼の言葉を考えてたら遅くなってしまいました

子供っぽい今の心、精神はそのままに観察して、悟り、見極めダイニンになる……ダイニンに俺はなれるでしょうか?頑張ってみます。

邦元様

小野常寛様

藤本晃様

ありがとうございました

「自分に自信がない」問答一覧

不安感が強く自分に自信がない

こんにちは。普段から問答を拝見していて、今回はじめて質問させていただきます。 社会人としてそこそこ年数を重ね始めた会社員です。 自分に全く自信が持てず困っています。 仕事内容自体は少し専門性があるものの、困難を感じているというほどではなく、また転職を見据えて資格取得の勉強なども並行して行なっています。 具体的な問題や挫折があるわけでないにもかかわらず、自信がなく、日々不安を感じながら生活をしています。 自分をうまく褒めることができず、 「自分はこの世で最も劣っているのではないか」 「転職したいとは言ってみても、こんな人間を採用するところなんて存在しないのではないか」 「もしかしたら過去の仕事の中に間違いがあって責任を追求されるんじゃないか」(※今のところ特にそんなことはありません) などと、今実際文字に起こすと極端に思えますが、少しの不安が何十倍にも膨れ上がってしまい、休みの日丸1日ずっと不安に押し潰れそうになり日常生活に支障を出しながら過ごすこともあります。 日常の中で不安をうまく受け入れ、自分に少しでも自信を持てるようにするためにはどのような心持ちで臨めば良いでしょうか。 できれば、少なくとも休暇の間は元気に過ごせるようになりたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

内定をいただいた会社と弱い自分

約3年前に精神面から体調を崩し、短期離職して以来現在まで無職です。 体調をみながら社会復帰を目指し、リハビリも兼ねて数か月前に職業訓練校に通い始め無事卒業する事ができました。 現在就職活動中で内定をいただく事ができましたが、その企業に就職するかどうかでここ数日悩んでおります。 一次面接、二次面接ともに小馬鹿にしたような対応や現在の状況や過去の経歴を否定されました。 落とすなら落としてくれと思い耐えておりましたが、何故か内定をいただきました。 『無職の自分は過去や現状を否定されて当然。そのくらい耐えられない弱い自分が悪い。無職が言い訳して逃げようとしているだけ。』 という自分の内なる声と、 『入社後の直属の上司と社長がそんな人とわかっているならそもそもついて行けない。人間関係に悩んでまた同じことを繰り返すだけ。もっと自分を大事に考えていいはず。』 という自分の内なる声に悩んでおります。 上を目指し、技術を徹底的に追求し、過酷な労働に何年も耐えてこそ一人前という考えが強い業界で、今の時点でフワフワして精神的に弱い自分が入社しても耐えられる自信もありません。 でもそれすらも逃げている自分に言い訳しているようで弱い自分が情けなくなります。 真逆の考えがずっと頭の中を駆け回っており、どちらの選択をしても自分を責める結果となるだろうと思っております。 このような場合、どうやって自分の考えに決着をつける事が良いのでしょうか? ぜひご教授いただければ幸いです

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

自分に自信が持てません

こんばんはお世話になっております。 早速ご相談なのですが、私はこの春から大学生になります。 この大学進学の目的は様々あるのですが、最も大きな目的として「自分の世界を広げること」というのを自分で決めて進学しました。 というのも、私は今まで自分に自信が無くて、休日友達と遊びに行くこともあまり無いし、学校のクラス会や、大人数で遊ぶような場もすごく苦手でほとんど行ったことが無かったんです。 周りには可愛くてオシャレでキラキラしてる子がたくさんいて、その中にこんな私が入ったら絶対浮くし嫌われる、と思ってしまいます。 そのため、周りの人との上手い付き合い方とか、私と同世代の子たちの遊び方などが全く分からないし、ずっと狭い空間にいる気がして、つまらない人間になってしまったと思っています。 そこで今年からは、多くの人とコミュニケーションをとったりたくさん遊んだりして、色んな世界を見てみたいと思っているのですが、やっぱり最初の1歩が踏み出せません。 せっかく自分で世界を広げたいと思って大学に来たのに、このままだと今までと変わらない日々が続いてしまいそうです。 自信の付け方、自分を認める力、自己肯定感の上げ方などがありましたら教えて頂きたいです。 拙い文章ですみません。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

先に進む勇気と自信がないです

現役歯学部生です。私は医学部受験で多浪をし、その末に歯学部に入学しました。私自身歯学部に入学するにあたり歯科医師を目指すと覚悟を決め、この一年間できる限りの努力をしたつもりでしたが、私の努力が足らず一年目にして留年が決定してしまいました。学費を払ってくれている親や応援してくれていた人たちには本当に申し訳ないと思っていますし、この一年の自分の行動を思い返しては「どうしてもっと結果を出せなかったのか」、「あの時もっと勉強できなかったのか」と自分を責めては深く反省しています。 留年が決まってから、改めて幼い頃からメンタルも弱く、勉強に関して何にも才能を発揮できない自分に腹が立って何日間も涙が止まらなくなりました。「こんな自分が生きていて良いのか、生きていても親の迷惑になるだけなのでは」と何度も考えました。「死んでしまって全て終わらせてしまいたい」とも。 しばらくして「いつまでもネガティブな思考ではいけない」と自分なりに冷静に考え直しました。その末、正しい判断かどうはは分かりませんが、自分自身でその結果をしっかりと受け止め「もう一度チャレンジして歯科医師免許を取ること」が私が今できる1番の責任の取り方なのではないかという考えに辿り着きました。なかなかに自己中心的な考えであるとは理解しているつもりです。 両親にこの考えを伝えた結果、本当に有難いことにわがままな私の選択を両親は受け入れてくれ、留年が決定しましたがいざ留年するとなったら自信がなくて「仮にまた一年努力して同じ結果だったらどうしよう」と考えてしまう自分が嫌いです。 自分で決めた道なのに。親が応援してくれるという非常に有難くて贅沢な環境なのに。その環境に置いてもらえている事に本当に感謝しているつもりなのに。自信を持って「新しく一年頑張ろう」と思いきれない自分が嫌です。こういった場合はどのような気持ちで過ごしたら良いのでしょうか。 読みにくく、変な質問で申し訳ありません。 1人で考えていても埒が開かず、自己嫌悪に駆られるだけの毎日でしたので、何かお言葉をいただきたく投稿させていただきました。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺