hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

出家について

回答数回答 3
有り難し有り難し 34

はじめまして、24才の禅大好きなものです。僧侶様の皆様に質問があります。

自分は昔からお寺が好きで、18才になると僧侶になりたいと思うようになりました。ですが知り合いもいなくなんの行動もおこさず生きてきました。ただ年をとるだけてます

出家について疑問点があります。
自分は学歴が中卒で刺青が体にあります。
そんな自分でも出家できますでしょうか?
自分は禅宗でと考えてます。

またお寺様に急に出家したいのですがどうしたらいいでしょうか?と質問したらやっぱり失礼ですよね?

お盆がちかずいてくるとよりいっそう僧侶になりたいと思う気持ちが強くなります。

本気で好きです。
今まで迷惑かけてきた方々ごめんなさい。
次は自分が助けるばんです。
半端な気持ちではありません!

すみません。文章力ないため意味の通じないところもあるかもしれませんがご了承ください。

それでは回答お待ちしております。

2014年6月7日 12:22

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

おそれながら

禅門にて、修行道場の末席を汚したものであります。
大変、恐れながらではありますが、禅門での修行、というものは、
ただ淡々とした禅門における日常を務めることに他なりません。

また、禅門においては基本として様々に道具などを揃えねばならず、
その費用たるや驚くほどの金額に上るものであります。

入門しても、坐禅だけをしていれば済むものでもなく、掃除だけを
していればいいだけでもなく、先輩たちに怒鳴られながら、
けしかけられながら気付きの体験を得、そして得たものを捨て、
この繰り返しを続けるものであります。

ここにおいて、
禅門の日常というものは、御想像のものとはかなりかけ離れたもので
あることをまずおこころに抱いて頂く必要があります。

時に質素な食事もあれば、お米が大量に寄進されれば、
茶碗5杯の御飯をおよそ15分くらいで頂かねばならないなど、
小生の知る限り、道場をやめていったものたちの多くは、
修行道場というところへの(自分勝手な)理想と現実の違いに
(勝手に)失望してやめていくものばかりであります。

それでも願心があるというならば、お近くの禅宗のお寺様に、
どうすれば修行道場での修行が出来るかをお聞きになり、
まずはどこか小僧として半年ほど生活が出来るところで
修行道場の日常に入るまえの下準備をして頂くことを
おすすめ致します。

脅すつもりでお話ししたわけではありません。
むしろ、ご興味を持って頂けて光栄であります。
ただ、ご興味を持った方がたが、修行道場の在り方を
否定されることが多くあります。

それによって一番迷惑を蒙るのは、
最も修行をされている、その道場の老師と呼ばれる
最高責任者なのであります。日々我々よりも厳しい
修行をされている方のあしあとをたどることに
どれだけ専念できるか、これが「修行」であると思います。
どうか、ご検討のうえで禅門の戸を叩いて下さいませ。

2014年6月7日 23:58
{{count}}
有り難し
おきもち

まずはお寺通いから

(私は真言宗ですが、宗派の共通部分を考えて一般的にお答えさせて頂きますね)

禅宗で出家されたいとのことですが、

禅宗と言っても臨済宗、曹洞宗などがありますが、
あなたはどこか禅宗のお寺の主催する坐禅会などに参加された事はあるのでしょうか?

もし、坐禅会にも参加した事が無いとするのであれば、それは頭で僧侶というものを思い描いてあこがれているだけかもしれません。
実際にお寺に行って、お坊さんと話しをしてみる事です。
そして、実際に坐禅をしてみることです。

もしかしてあなたが考えているものとは随分違う感じがするかもしれません。

本で読んだり たまに参拝したり 人から聞いたりしただけでは解らない事の方が多いのではないでしょうか?

坐禅が出来るお寺をご自分で探して(ネットで検索すればいくつもの坐禅会が出て来ると思います)、兎に角そこへ通って坐禅をしてみる事をお進めします。
まずはそこからだと思います。
禅宗で出家するかどうかを本当に決めるのに数年は通う必要があるやもしれません。

もし、すでに随分とお寺に通って、坐禅もされているのでしたら、
私の誤解です。本当に申し訳有りません。御気分を害されたらお許しください。

もし、すでに坐禅に通っているお寺が有る場合は、その通っているお寺のご住職に相談してみると良いと思います。
随分と坐禅会に真面目に通って来られている方であれば、
そういった相談にも乗っていただける可能性があると思います。

2014年6月7日 20:44
{{count}}
有り難し
おきもち

仏道に入門して30年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

編集中

2014年6月8日 10:49
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

「出家・得度・僧侶になりたい」問答一覧

僧職を続けるかどうかについて

お世話になっております。 私は30代の会社員男性なのですが、 僧職を続けるべきかどうか悩んでおります。 元々仏道に御縁を頂いたのも 義父が地方の小さな寺院の住職を務めており 「棚経とか、休みをつかってやれば謝礼を出すから、得度しませんか?」と 副業感覚でお誘い頂いたので、深く考えず了承したという お恥ずかしい限りのものでございます。 (特に髪の毛に拘りも無かったもので(笑)) その後、棚経だけのつもりが… ・正月の会で、お経と儀式をやらされる(会前日の晩にやる事を聞く) ・本寺の副住職の「住職襲名の式」での役を勝手に受けてくる。  (その役が大変重要な役で、袈裟を3回しか着た事がない上、  お経を知らない者が出来るようなものでないものだった) ・「住職襲名の式」での内容に関しても、式の内容と問答が  書かれた本のコピーを頂くのみだった。  (その後、副住職のお寺での打ち合わせで、作法や動きの面で  知らないことが多い事が発覚、急遽義父に改めてお寺での  練習を依頼する) ・「襲名の式」当日にも知らなかった「やるべき事」がある事が  発覚。youtube等で検索して何とか乗り切る。 ・また私への確認無しに仕事を受けてくる。  (これに関しては「会社の仕事の都合があるから容易に受諾  出来ない」として保留にしています) というような事があり、会社の仕事もある中で 時間・体力の面と、何より義父の『報連相』の無さに 「これは続けるのは無理だ!」と考えているのが現状でございます。 その内、義父が勝手に「住職の修業の予約を入れてきた」などと言ってきそうで恐ろしいです… また、家内も家を空ける事に不満があるようで (お寺が地方の為、大体の場合は日帰りは不可能) 「やらないで欲しい」と言っております。 反面、文化的・歴史的な事が好きで、僧の儀式等に嫌な思いはありません。 「襲名の式」でお世話になった新命和尚様や 同年代の先輩の僧の方々には、大変感謝しており 他所者兼「にわか坊主」の私を仲間として受け入れてくれ、 大きな気持ちで導いて下さった事への恩も感じております。 (本来であれば師匠である義父が行う役割ですが(苦笑)) 「御恩や興味」と「現実」の間でどうするべきか悩んでおります。 また、厳しいご意見でも有難いので、ご助言頂ければ幸いでございます。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る