hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

僧侶になりたいです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 40

突然失礼致します。
自分は今僧侶になることを目指して勉強をしている高校生です。
現在僧侶になるにあたり色々な場所から情報を集めていると、出家したら両親の葬儀や親戚の葬儀に出られないと書いている記事を見かけました。
この記事に書いてあるのは本当なのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

2022年4月7日 3:39

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏道 仏行 仏飯 そのことを「どう」より良く向かわせるか 

大丈夫です。別にそんなことはありません。
親子というものは日常の関係が毒親・ダメ息子の関係でもない限りはそもそも親子という関係そのもの自体が天然の授かりですから。
出家をして制約を受けることはないでしょう。四恩とは父母・衆生・国土・三宝ですから。親御さんを大事にするのは人類のつとめ。
ただ、出家というのは古来より、親子間の私的な情愛を断ち切り、突き放すというドライな意味ではなく、「それぞれが独自の存在として」「親が子を尊重し、子が親を尊重する」というものです。そうでないと極端な例として、古来から存在する世間の毒親家庭のように子供を小さい頃から親のエゴでその子の人生を勝手に決めて制約してしまったり、お互いを尊重しないような関係になるからです。
親子間の家庭・個人のありかたと、出家者による親子間の「出家者のありかた」については人によって見解が異なるようです。
曹洞宗の御両尊の一人、瑩山禅師の師の徹通禅師は当時ではかなり最先端の方で
、お寺の境内に高齢者の養護施設を作り、親の介護もされていたそうです。
ですが、それも旧来の考えを持つ人たちによって反発もあったといいます。
僧侶の弁える課題・公案の一つに、中国のある禅師様のお話があります。

息子が出家して大きなお寺の住持職になった。
縁を切った息子とはいえ、母親は何としても会いたかった。ところが住職はここで私が母親と会うと、道心をもって出家した僧侶たちの意志を緩めることになると感じてか、会うことを断ったという。
「住職様は会われないそうです。」冷たい仕打ちに感じた母親はそこで悶絶死をしてしまった。懐からお米が一袋みつかった。御子息の禅師様に供養されようとしてとお持ちになられたのであろうと、禅師のもとに米袋が届けられた。
禅師様はそれを我が物にせず「典座寮(調理場)に持っていきなさい。明日の朝の少食で大衆に供養しなさい。」と。
仏道をこころざし、世の人々を善導する修行僧たちに布施、供養をすることで母も浮かばれるだろう、と。
僧侶になるということ、父母を敬うということ、法を敬うということ、僧侶として食事を頂戴するということ、色々考えさせられる内容でした。
僧侶として人として生きる上で今後の親子間の関係において「どうすることが」双方が本当に浮かばれるありかたであるのかを参究するための課題にして頂ければと思います。頂きます。🍚

2022年4月7日 7:03
{{count}}
有り難し
おきもち

そんなことないですよ

おはようございます。
宗派によりますが日蓮宗では聞いたことないですし大丈夫かと思います!
私も柴又時代に部下の僧侶のお寺に不幸があったとき、今すぐに自分のお寺に戻って手を合わせてあげなさいと指導しました。
ちゃんと最後をお見送り出来ますよ!

2022年4月7日 7:39
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗の僧侶をしております 祖山での修行、荒行を終え現時点での精一杯でお...
このお坊さんを応援する

私は実父のお葬式の導師を勤めました。

もし山に籠っての修行中なら
お葬式に出るのは難しいでしょうね。

でも
そのような修行のない宗派もありますから
身内のお葬式が気になるなら
修行のない宗派の僧侶を目指してみては?

2022年4月7日 14:31
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ご回答本当にありがとうございました!
自分の身内に不幸が訪れても葬式に出席したりすることが可能ということを知り、とても安心致しました!
僧侶になるための勉強も頑張れそうです!
質問もお礼も日本語が下手でしたが本当にありがとうございました!

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

指圧の心 母ごころ 圧せば命の泉湧く

先日、hasunohaのお坊さんの法話をお聴きする機会に恵まれ、お寺の全国の集まりに参加することができました。 バスの中で、お咳の止まらなくなった方がいらしたので、会場に入る前のほんのわずかな陰で、兼ねてから勉強していた治療学(指圧)の実践をしました。咳の原因は、後ろ向きに体をよじって、緊張気味でうつむきがちなの多くの御年配の方々の顔を見ながら高い声を出し続けたために、酷使したお喉に邪気が…自然と絞り出すように咳が体のサインとしてあらわれたようにお見受けしました。 ですから、バスを降りた時、ゆっくりと後続の方々がお出でになるまでのほんの僅かなひとときに、咳に効くツボを快圧、と、さらにその場で、腹式呼吸をわかりやすくイメージできるように言葉にしてお伝えした結果、その後の本番では呼吸が乱れる様子なく、お咳も一切出ることなく、落ち着きを取り戻された模様でした。 このように「診断、即治療」をモットーとした、指と心が成す思いやりの予防医学、日本の伝統医療をお寺でも継いでいきたい、故に学校へ入りたいと、前から仏さまにお願いしてきたことが「あなたならできる、思ったことをすぐに行動に現してご覧なさい」と仏さまのお達しどおりに動いた結果、ひとつの望みが実現した一日でした。 余談ですが、午後の次第まで進み、お席を立たれた時に「お咳、治りましたね」と具合をお尋ねしたところ、「実は、〇〇性〇〇炎で…」その方の既往について、さらにお話を伺うことができました。「からだの炎症は、こころの炎症。心身一如」おそらくそちらも、治す方法がある、こうすれば良いのでは、と直感した訳ですがまだまだ修行中なので、学会の指導員の先生や、現役で治療に当たられている先生にお尋ねしながら自分の中の引き出しを更に広げたいと、意欲が湧き出ている母の日です。 徒然となりましたが、本来ならばその日は仕事を休めない日でしたのに、hasunohaのお坊さんがお導きくださったお陰で、上司も先輩も送り出してくださり、お寺の参道で手に入れたお土産も喜んでくれました。一日、朝早くから皆様方とご一緒できたことで、夕方仕事先へ戻ったあとは、身も心も軽く仕事が一段と見違えるように捗り、たくさんのヒントが心に浮かび、職場でさらに良い評価を紡ぐことにも繋がっています。 その節は本当にありがとうございました。 今後とも、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

他人がやってる寺を兼務で引き受けたくない

40代独身で、500件ほどの檀家がいる田舎の寺の住職をしております。 近所の住職死亡後、やり手のない寺を数件、兼務しており、合わせると500件ほどになります。 もともと別の自宅住まいでサラリーマンをしてましたが、途中親が病気にかかり、長男で跡取りだった私に、やってくれと親から頼まれて継いだのがきっかけで、仕事を辞めて継いだのですが、もともと私は他人とコミュニケーションを取るのが苦手なので、現在寺の檀家との関りが大変で、葬式が入る都度、寺の仕事が嫌でたまりません。 そのような状態で、精神科に通院しながら、精神安定薬と睡眠薬を処方してもらいながらなんとか寺の仕事をしてます。独身の姉にも協力してもらい、私が檀家の対応全般、姉は裏で火事全般しながらどうしてもの時だけ檀家の対応・・・みたいな感じでやってます。 近所に檀家100件にも満たない兼業住職がおり、結婚してますが子供に恵まれなかったようで、私はその寺のほうるいという立場になってます。 その寺の行事を手伝っているのは私だけで、ほかにもほうるい住職が数名いますが、書類の名前だけで、何かあっても一切かかわりたくないような状態になってます。 その住職が近々危なく、後もいない状態で、その住職の兄弟などの身内はいても、皆仕事をしており、寺なんかやりたくないと皆いっております。 今後その住職はなくなった際は、ほうるいの私がその寺を兼務として引き受けないといけないのでしょうか? 今現在500件ほどの檀家の対応を私と姉で行っており、相当きつく、これ以上ほかの住職がやってる寺の檀家のめんどうまで見れません。 正直な話、もう今なんとかやってる自分の寺の檀家の対応だけでも相当大変なので、これ以上ほかの寺の檀家まで兼務で押し付けられたくなく、関わり合いになりたくありません。 こういった場合、今後その住職がなくなった際、その寺の兼務を断ることは可能でしょうか? 本山に事情を説明し、頼めばだれか代わりの住職を派遣してもらい、後を継いでやってもらうことはできるのでしょうか?

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

お坊さんの勤務形態について教えて下さい

離婚問題で悩んでいる時、バツイチのお坊さんと知り合いました。最初彼から遊びの誘いがあり。失礼な人と断りました。今は友人として付き合っています。 友人関係が続いたのは、後日先日の行動が人として大変失礼な対応だった。反省していると、彼から謝罪があったからです。その際にも、ちゃんとしたお付き合いの話はありませんでした。 私は元夫から多種のDVをうけ男性不信になりました。いつか恋愛出来たらいいなと夢見ながら、男性が怖いです。結婚は絶対に無いです。 加えて彼は寺の跡取りで一緒に家庭を築き、寺に入り子供を産める人を探しています。私は子供を産むこともできません。だからあえてハッキリさせないようにしてました。 その後仲良くなるにつれ、プライベートを明かさなかった彼が以前より私にプライベートを見せるようになりました。気付けば毎日メールで連絡をし、月2~3回程度、昼夜時間を割いては健全に遊んでいます。トキメキはないけど気持ちは【凪】です。友達以上恋人未満の1番いい感じの時 自然と今以上仲良くなる予感があり、仲良くなりたそうな行動が見えたり、泊りがけで旅行に行くような話もチラホラ、ただ、お坊さんの勤務形態ってどうなんでしょう? 私は会社員で有給もあります。毎月月末に翌月の予定が未定。次のデートの約束は大抵決まりません。休みがまだ決まらない。分からないって、そんな事ありますか?もうずっとそんな状態で、深く付き合いたくないから、遠回しにそう言ってるのだと思うようになりました。 嫌なら嫌と言って欲しいのに旅行は行きたい、遊ぶのも仕事終わりなら全然大丈夫、凄いケチなのに自分から遊びにも誘って車も出してくれます。 どうゆうこと?と、モヤモヤしてますが、でも誰にも聞けず、彼もはっきり言わないので、やっぱり遊ばれているのでは?と思う反面、彼は嘘をつくのがべらぼうに下手で、私には嘘をついた事がない為、もしかして本当なのかも?と思いたい気持ちからこちらにお聞きしました。 休みが分かりにくいって業界的に本当ですか?何でですか?ちなみに彼は実家の住職をしながら、別のお寺に本業で務めています。本業の休みの日に実家で法事をしたりしています。 この関係がハッピーエンドにはならないと分かっていますが、一緒にいるだけで気持ちが穏やかになれる相手です。嘘ばかりの元夫の毒が抜けていく気がして魂が救われています。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ