お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親の死が近く、自分の命も不安に

はじめまして、よろしくお願いします

母がこの度進行癌になり、余命がある程度わかる状況です

母60代、私30代の男性ですが、仲は良く
同居しながら自営で仕事をしていた矢先です

質問としては、母の死を意識すると
私の命までそこで終わってしまうかのような
恐怖感が強く、これは異常なことなのじゃないかと

仏教、浄土、愛別離苦、色々な見方から
自分も、強く生き抜きたいですが、
どうにも気持ちが生死から離れません

母をしっかり見送り、先を過ごせるよう
何か教えをいただけませんでしょうか。

有り難し 23
回答 2

質問投稿日: 2014年8月10日 15:09

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お母さんの命はお母さんだけの命

お母さんの命はあなたが生まれる前からずっとまっとうされてきた命です。
この世であなたを誕生させ、今日まで見守り続けてくださいました。
恩に報いんとするに酬いがたいものがありましょう。
できる限り近くに居て差し上げてください。
孝順の心、報恩のまことをつとめましょう。
小さい頃のあなたの事、お父様のことなどいろいろ尋ねられると良いでしょう。
亡くなられてしまってはお話ししたくても直接お話しすることはできなくなります。
一休さんもお母様に平たい言葉で仏の教えを説き聞かせたと言います。
仏の教えを説き聞かせるとは、質問者様にとっては、お母様の一番の苦しみを取り除いて差し上げる事を言います。
今後自分にどう生きてもらいたいか、お母さんが亡くなられ後、どうして欲しいかを坊さんから聞いておくように言われたと、お伝えし、お母様のお心を引き出して差し上げてください。
親子だからこそ話せないこと、話しがたいことがあると思います。
どんな些細なことでも互いにうち明かして赦し合って、感謝の気持ちを捧げ合うことこそ、最上の親子関係ではないでしょうか。
あなた自身の死はあなただけのものです。
あなた自身の生はあなただけのものです。
生あるうちに生老病死の苦しみを超える、離れる、解き放たれる心の在り方を求めて、探究して、学び、得るべきです。

曹洞宗では葬儀の際に初めにこのように説きます。
「三界に流転する中で、恩と愛の心を断つこと能わず。然りと言えど、恩愛に執着する心を離れ無為(悟り・正覚)の心に入るものは、真実の報恩者である。故に(互いに)仏道を歩みなさい。」
死を、別れを、そして恩愛の心を超える、昇華する、最上のものにする、ということがあるのです。

4年2ヶ月前

諸行無常

まーくん、こんにちは。
お母様がご病気で、何ともやりきれない状態かなと拝察いたします。
ガンで死ぬのがいいと言っていた医師がいました。
それは何故か。死ぬまでの準備が出来るからだと。
人はこの世に生まれた以上、必ず死を迎えます。
誰でも死を意識すると恐いものです。
あのお釈迦さまでさえ死にたくなかったので、必死に不老不死を求めました。
まーくんは、お母様の死を見つめると同時に、自身のこれからの生き方を見つめる絶好のチャンスに居ると私は感じます。
人の命は時間で出来ています。
ならば1分1秒も無駄にせず、与えられた時間を人として精一杯生ききることが、この世で与えられた人としての役割ではないかなと私は感じます。
あせることはありません。
ゆっくり時間をかけて自分の生き方を見つめてください。

4年2ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ