hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きる・死ぬとはなにでしょうか。

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

私は長く高齢者施設で働いています。施設では医療行為は行えず、死を待つだけ。
昔は床の間の畳の上で看取りをしていましたよね、施設とは云え同じように職員が看取っていくのです。
人の生きる姿を見るときは、死はまだまだ遠い先に見えるものなのです。しかし死へ向かう姿を見るときは目先に見えるものです。私たちはどのように送り出せばよいのか、心を痛める瞬間が多いです。何もできない。わずかな時間手を握ることそれだけです。それ以外の時間は業務です、体を拭いて・点滴をして・清潔な環境・シーツ交換・栄養補給…。
私は人の死に向かって生きる姿・死を前にされている方にどんな手が差し伸べられるでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

過酷な業務ですが、暖かさと潤いで入所者は安らかに旅立てますよ

曹洞宗の吉田俊英と申します。

高齢者施設で働く。非常に尊いお仕事であると同時に、非常に過酷なお仕事に励まれていることと思います。介護保険制度の中で、限られた人員で最大限の入所者の介護を行わざるを得ない現状の中で、施設職員の皆様は介護の現状に呻吟したり煩悶したりしておられることと思います。

家族親族が居られても、週に一度来所出来れば良い方でしょう。特養ホームだと、ほとんど家族が顔を見せないケースも少なくないと聞いたことが有ります。そういう意味では、入所者にとって、施設職員の皆様だけが頼みの綱と言う現状かと思います。

最近、hasunohaへ「孤独感をなくすにはどうしたらよいですか」という質問がありました。私は「独生独死 独去独来」という経典の中の言葉を引いて回答させて頂きました。
http://hasunoha.jp/questions/677

人生は諸行無常です。私の命もあなたの命も、諸行無常です。臨終に際し、テレビドラマや映画のような感動的な別れや看取りなんて、滅多に有り得ません。


私たちはどのように送り出せばよいのか、心を痛める瞬間が多いです。何もできない。わずかな時間手を握ることそれだけです。

という現状に悩んでおられますが、僭越ながら、私はこれで十分かと思います。私達は生まれた瞬間から「死出の旅路」を歩んでいるのです。但し、病院や施設に入院入所したからこそ、より深刻にそのことを感じていることもまた事実でしょう。「死にゆく人のために、何か手を差し伸べてあげたい。」という気持ちで接してあげることで、十分だと思います。シーツ交換、おむつ交換、点滴食事、着替え等、数を熟すためにはどうしても機械的に事務的になってしまうでしょう。手を握って差し上げることで、入所者はあなたの手のぬくもりを感じるでしょう。それだけでも、入所者の心は潤うと思います。

 素人考えで敢えて申し上げるなら、上記の処置をしてあげる際に、入所者に向ける「まなざし」と「言葉」の問題だと思います。機械的にならざるを得ない中で、どれだけ「眼差し」と「言葉」に暖かさを込めてあげられかということに尽きると思います。そういう暖かさが少しでも伝われば、入所者は安らぎの中で旅立っていかれると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...
このお坊さんを応援する

終末看護・終末看死へと向けて

ルカ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

高齢者施設でのお仕事、そして看取りのお役目・・本当に有り難く尊いことでございます。

本来であれば、私たち宗教者がしっかりと看取りという現場にて、安心をお与えできるようにして差し上げられるとよいのですが・・なかなかそうもいかないこと、誠に申し訳なくに存じております。

もちろん、終末看護・終末看死について取り組んでいる「ビハーラ」という活動もございますが、まだまだ世間への認知度は低くございます・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/ビハーラ

また、東日本大震災後に、東北大学が中心となって様々な心のケアに取り組むための宗教者の育成へと向けた講座を始めたことから「臨床宗教師」の養成、普及へと向けた動きもございますが、始まったばかりであり、今後の展開次第となってございます。

以前に「臨終」に際することに少しだけお答えさせて頂いております。

問い「死について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002969863.html

「・・臨終に際して、穏やかに安心して心が落ち着いた状態を保てるようにとして、看取る者たちが、優しく温かい言葉を掛けてあげること、感謝や報恩の気持ちを伝えること、後顧の憂いを無くしてあげれるようにすることなどを通じて、できるだけ安らかに逝かせてあげれることが必要となるのではないかと存じております。・・」

誠に人の死に立ちあう中で、悩み、そして、つらく、悲しいことも多々あるかと存じますが、あまりご無理はなさられずに、本当に少し手を握り、話をただ聞いて傾聴して頂くだけでも大変に有り難いことであるかと存じます。

少し難しいことになりますが、下記の拙回答も少しくご参照頂けましたら幸いです。

問い「死への恐怖がぬぐえません」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002999290.html

問い「生きること、死ぬこと、どっちが辛いのか」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002992500.html

誠にありがとうございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

遅くなりました。貴重なお時間を頂きまして、ありがとうございました。

「生きる意味」問答一覧

生きる目的がわからない

片目がほぼ見えていない。私が幼い頃の健診で指摘され、病院には連れていったが親はそのうち治るだろうと何もしなかった。見えていないことがわかった時に正しいトレーニングを受けていれば視力は改善していたはずだが手遅れだと大人になって医者に言われた。 片目がほぼ見えないことが理由で色々なものが苦手だった。平衡感覚や遠近感が掴めないため、運動も細かい作業も下手だった。段差や奥行が掴めず転ぶことが多かった。唯一視力には関係のない学校の勉強だけは、努力さえすれば結果になるので好きだった。 中学時代、自分が唯一苦手ではない勉強を伸ばしたいと塾に行かせてくれと頼んだ。ようやく三年生になった時に周りのほとんどが塾に通うようになってから行かせてもらえた。塾の講師に行きたい高校は専用の対策をしていないと受からない、受験までの時間が無いので既に手遅れだと言われた。 親はそれを間に受けた。今からでも頑張って受かるだけの勉強をすると言っても無理だった。受験料と時間が無駄になるからと諦めさせられた。 行きたい高校には行けず、大学は行きたいところへと思っていた時に父が病気になった。父はいつ死ぬかわからないと言われていた。進学は家から通える所にと限定された。通える範囲内の自分の望む方面の専門学校は親の思い込みで行かせてもらえなかった。 なんとか妥協点を見つけた大学へ片道3時間をかけて通い、就職氷河期の中で就職活動を行うも過疎が進んでいる地元には求人がなく、遠距離通勤と過労で身体を壊した。 結婚は諦めた。相手の両親が私の目が見えないことで内心反対だと思っていることを知り、それを押し切ろうとは思わなかった。トレーニングで治るものならばなぜ治っていないのか、その疑問は当然だし答えられなかった。 今現在、両親と同居し在宅で仕事をしている。 私が何の楽しみも見い出せず辛いばかりでやりたくもない仕事に耐えている中、いつ死ぬかわからないと言われていた父は20年余りたった今もそれなりに元気にわがまま三昧に、母も老いたながらもそこそこ元気に、好き勝手な言動で在宅業務の邪魔を平然と行う。通話を伴う仕事なので音は立てないでほしいと言っているにも関わらず、大音量でテレビをつけ大声で話す。 老いた両親のその姿を見て、なぜ自分が辛い思いをしながら生きているのか、老いるために生きるのか、生きる目的はなんなのかがわからなくなった。

有り難し有り難し 37
回答数回答 1

生きている理由を見つけられません

先日愛犬を亡くしました。(仏教的な表現ではないこと重々承知しておりますがご容赦ください) それ以来、なぜ生きているのか分からない毎日です。 職場の人間関係も特に悪くありませんが、仕事内容が楽しいわけでもなく苦痛で、家と職場の往復をするだけの毎日。 家に帰ってもあの子がいないと思い出すばかりです。 これは少し前からですが、今まで楽しいと思っていた趣味が全く楽しいと感じることが出来なくなりました。 このまま死んでしまってもいいけど、自分から命を絶つのは愛犬に合わせる顔がなくなるから嫌だなと思っていました。 早く自然な形で人生を終わらせられたらいいのにと考えてしまいます。 会社で受けた健康診断で再検査の項目があった時には思わず嬉しくなってしまいました。 とても不謹慎とは思いますが、病でこのまま死ねるのではないかと期待してしまっていたのです。 異常なしの通知が来た時、どこかがっかりしている自分に気がつき、どれだけ最低な奴なんだと嫌になるのと同時に死にたいと思っていることを実感しました。 こんな自分が嫌で堪りません。 ご助言をいただくのは大変申し訳なく思うのですが、 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

生き続ける意味がわからないです

私は来年フリーのクリエイターになります。 前々からクリエイターとして仕事はしてたので、そこまで非現実的な選択ではないと思っています。 そしてありがたいことに周りの人は生きていくための色んなアドバイスを教えてくださいました。 ですが正直なところ好きな事をできているしもうのたれ死んでも良いと思っています。 作品を作るのは大好きですし、作りたいものはまだあります。夢にみた仕事にまでできて端くれではありますが、クリエイターとしてしっかり生きています。 嬉しいし夢を叶えられるなんてとても幸運で恵まれています。 でも、ながく生き続けたいと思わないのです。このまま作品を作って、今まで貯めたお金がつきるまで自由に生きて、つきたらそのままのたれ死んで。 作品が未完成に終わったとしてもそれはそういった運命で良いと思うのです。 それで良いと思うのです。 皆生き続ける事を前提に話します。でも、別に生き続けなくても良いのでは? 皆の生き続けるという意識がよくわからないです。 この疑問は周りには言わず心の中にしまっていますが、ずっともやもやしたままです。 どうすれば良いかわからないです。私が変なんでしょうか。 よろしければ相談にのっていただけると嬉しいです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

人生の意味、運命

人間の人生に、意味はあると思いますか? 人生の中で起きた様々な事柄に、理由はあると思いますか? 私はかつて、決して人に言えないような、いえば確実に社会からバッシングを受けるようなことをしてしまいました。今は深く反省して、縁のあるお寺のお坊さんに全て告白して、もう二度としないと懺悔し、誓いました。それから毎週そのお寺に通い、お釈迦様と不動明王様に礼拝し懺悔を繰り返して、なるべく人や動物や虫に優しく、周りの言動に怒らないように、仏様の教えを胸に抱いて生きています。 けれど、私は自分が何故あのようなことをしてしまったのか、自分でもわからないのです。あの時の感情も記憶も朧気で、縁のあるお寺のお坊さんは「思い出さなくていい。全部忘れて、前に進みなさい」と言ってくれましたが、どうしてもわからなくて気になってしまうのです。なにか理由があれば、そうなってしまったのは仕方ない、受け入れようと思えるのですが、自分がした行為が自分でも理解できなくて、意味があると思えないのです。無意味な行動でとんでもない業を背負ってしまった罪悪感で毎日死にたいと思っています。自分の行動が世間にバレた結果家族が受けるであろう制裁を考えると、自分の存在を全て消して死にたくなります。 人生で起きる全てには意味があると、お坊さんたちはそう思えますか? 意味があったと強いて考えるなら、自分自身を見つめ直し生き方を改め、仏教に出会いお釈迦様の教えを尊び心から仏を信じることが出来たことかなと思うのですが、今の私の姿に価値があるとは到底思えません。 現状に意味があるとは思えなくて、生き方を間違えたのだと、早く死にたい、死んで仏様に会って色んなことを教わりたいと毎日考えています。 もう自分の未来に望みはありません。 地獄に落ちたとしても、当然の報いだと裁きを受けいれます。 でも、どうしてもわからないのです。自分の行動の意味と理由がわからないのです。 わからないのが怖くて、自分が気持ち悪く醜い生き物に見えてしまいます。 こんな私に生きる意味はあるのでしょうか。 拙い文章で申し訳ありません。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

生きている意味があるのでしょうか

いつもお世話になっております。 毎回たくさんのお言葉をいただいているにも関わらず、恋愛の悩みが尽きずにいます。 どれほど努力しても、まったく恋人ができません。 今までいただいたアドバイスを実行し、徐々にあるがまま、素の自分で人と接すること、自分の好きなことをして日々を充実させることができるようになってきました。 お陰様で同性の友人は増えましたし、男性から好意を寄せてもらうことも増えました。 しかし、どうしても恋人ができないのです。 好意を寄せてくれる男性は、どうしてもお付き合いを考えられない人ばかりで、無意識に傷付けるような人や、反社会的な趣味を持つ人ばかりです。 そして好きになった真面目な人たちからは好きになってもらえませんでした。 類は友を呼ぶともいいますし、自分も他人の心や人の和を大切に出来ないような人間なのかもしれないと思うとそこも辛いです。 ずっとこんな調子で、どれほど努力をして自分を磨いても、出会いを増やしても恋人ができることはありませんでした。 最近ではこのまま死ぬまで誰とも愛し合えないのでは…という不安が確信に変わりつつあります。 そうだとしたら私に生きる意味などあるのでしょうか。 自分の為だけに生きる人生に意味など見出だせず、誰のためにも生きられない、誰にも必要とされない人生に辟易としています。 ほぼすべての女性が普通に、何度も手にできる幸せを、私は一度も味わえないという意味でも辛いです。 恋愛がすべてではないとわかってるし、一生独身でも楽しく充実した人生を歩む人がいることもよく知っています。 でも私は誰かを愛し、支える人生を歩みたいのです。 与えられた役割もないような凡人で、その上最大の目標が達成できない人生なんて、意味があるのでしょうか? 誰とも心が通わない人生が本当に辛いです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺