hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

身内の病気に対して不安で仕方ないです

回答数回答 3
有り難し有り難し 54

福岡在住の男性です。

父がステージの高い癌に侵され入院中です。
私はずっと父と一緒に生活して、今まで色々な出来事を分かち合った為に父が家族以上の存在でして、父が居なくなった後の事が考えられません。

夜もロクに眠れないほど不安と悲しみで仕方ないです。
宜しければ良きアドバイスをお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

❝やどり❞の行 

質問者様は私と年も同じくらいでしょうから同年代としておこたえいたします。
何かの折に肩をもんであげてください。そして頭をなでて、マッサージをして差し上げることです。
急にやるのも照れくさいでしょうから「ガンの痛みや不安の緩和としてこれが一番イイらしい」とか「人間の手の温度くらいのマッサージが一番イイらしいよ」と言ってもんであげてください。
強くもむのはいけません。撫でる程度でよいのです。
三分くらいはやってください。
できれば定期的にやってください。
その時、感じてください。目的は肩をもむことではありません。
孝順の行であり、生前の報恩感謝の行であり、あなた自身にお父様を❝宿す❞行です。
その時、感じてください。
どのくらい肩がカタいか。
「これが私を陰ながら支えてきてくれた父の肩である」
あたまもをもんであげてください。
「これが私を育ててくれた偉大なる父の頭脳である」
耳もマッサージしてあげてください。
あとはそれが教えてくれます。
そこで何を感じるか。
これ以上は語りません。大きな気づきを得るでしょう。
そのほかにも、あなたとお父さんの距離は大きく縮むでしょう。
そしてあなたのイメージの中のお父さんではなく、本物の現実のあなたのお父さんを、あなたは、あなたの指先から、全身で体験します。
お父さんにとってはわが子から直接的にケアをしてもらえるという最高のやすらぎを得るでしょう。
そしてあなたはその感覚を二度と忘れる事はできなくなるでしょう。これは亡くなってからでは遅いです。
お父様が亡き後もその感触が一生残ります。
その感覚があなたの中のお父さんとしてあなたを一生守ってくれます。

ちなみに禅では師が弟子に法を譲る時にマチョウといって頭をなでる儀式があります。
さて、一番の目的は、可能ならばあなたも撫でてもらうことです。
「俺にも頭のマッサージをやってほしい」とお願いすると良いです。
一生の宝、いくら涙を拭っても拭い去れない❝宿り❞になりましょう。
もしご返信を頂けるようでしたら、あなたが実際にそれをやってから頂ければ幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

ワシはうらやましい。

 いくら一緒に暮らしてい居てもこんだけ尊敬される父上様はうらやましい限りです。ワシには到底真似のできないことです。父親の事を好きか嫌いかと言えば嫌いな方ですね。今では憐れみを持ってもいますが、好きにはなれません。
 これだけ愛されて人生を送ろうとしている父上様にあなたが出来ることは父上様無しでも立派に生きていけることを証明できることではないでしょうか?
 それか父上様無しで生きて行けないことを自覚することではないでしょうか?自己を学ぶことが、命の尊さを感じることにつながると思います。
 ワシにはあなたを慰める言葉はありません。何を言っても詭弁にしか聞こえないと思いますので、今後あなたがどう生きていくかを書かせて頂きました。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

30代後半男性さん、こんにちは。
大鐵師が回答された上に、お礼まで書いていらっしゃいますが、わたしにもすこしだけお話させてください。

わたしは義父を亡くしています。実父ではありませんが、実は・・・とても後悔をしています。義父の最後には何度も病院へと見舞いに行きましたが、その期間を含めなければ、両手に数えることもないほどしか会っていません。
チャンスはありました。しかし会っていませんでした。何を言っても、何にもなりません。
今思うことは、最後は毎日妻に付き添って病院に通ったことに、自分自身で救われています。

さて、わたしが申し上げたいことは、「どうか、お父様の息を引き継いてください。」ということです。
あなたがそれほどに想うならば、時間も場所も心も、一緒にいましょう。できるだけでいいです。
そうやって同じなにかを過ごすことで、あなたはお父様の息を引き継ぐことができます。そう思っています。遠くにいたとしても息を引き継ぐことができますが、触れるほどの近さの方がいいかもしれません。
どうぞ有り難いこの事実を深く見つめ、大切になさってください。あなたも体調を気をつけて。どうか。お大事になさってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

大変参考になりました。
今まで真剣に生と死を考えた事が無かったので、今回の事で自分の人生を真剣に考え直してみたいと思いました。
生と死は表裏一体という事を胸に刻み、今後は後悔しない生き方を行いたいと思います。

向井様 ご回答ありがとうございました。

父の息を引き継げるのは血を分けた息子である私しかいませんので、出来るだけ病院に顔を出して少しでも同じ時間を共有して本人を励まして、父の息や意志や存在を引き継げるように致します。

私も体調まで気を使って頂いてありがとうございます。
精神的には辛いですが、私まで病気になるのは父も本意では無いですので体調管理には気を付けます。

丹下様 良きアドバイスありがとうございました。

アドバイスはすぐに拝見いたしましたが、病院に行けるのが平日は難しいので本日病院に行きまして肩をマッサージしてきました。
本人の肩を触った感想は病気で10キロ以上体重が減っているので当然ですが父も痩せて体が細くなったのを実感し、この感覚を忘れないようにしようという思いと同時に、今までの父に対する感謝を改めて感じさせられ、父に対する感謝を生きている間忘れないようにしようとつくづく感じさせれました。

「病気と向き合う・看病」問答一覧

父が急に倒れ意識不明になりました

大学4年生の女です。一昨日、父がくも膜下出血で倒れました。 具合が悪いと言って会社から早退してきた後、自室で変ないびきをかいていることに気付き、私が救急車を呼びました。 昨日手術があり、手術自体はうまくいったのですが、非常に稀な症例のようで、このまま帰らぬ人となる可能性が60%、生きていても植物状態となる可能性が20〜30%、意識が戻り自力で動けるようになる可能性が10%程度と言われました。意識もなく、コロナの影響で原則面会も禁止なので、これから私と母は基本自宅待機になります。 父はまだ50代で、これまでに大病を患ったこともなく、ついこの間まで元気でした。あまりに突然のことで、どうしたらいいのかわからずにいます。手術後、病室で管に繋がれた父の姿を見て、涙が止まりませんでした。 気を抜くとすぐに涙が溢れてきます。家にある父の私物を見るのも辛いです。 もっと早く救急車を呼んでいれば何か違ったかもしれないとか、どうして普段からもっと素直に接してあげられなかったんだろう、感謝を伝えてこなかったんだろうと、自分を責めるようなことばかり考えています。 まだ父は生きているのに、もう二度と意識が戻らないんじゃないかと不安しかありません。 私は大学までずっと実家暮らしで、親に甘えきった生活をしてきました。なんとか就職も決まり、初任給で親に美味しいものを食べさせてあげようとか考えていた矢先のことでした。 私がメソメソしているので、母も気丈に振る舞ってはいますが、眠れていなかったり食欲がなかったりするようです。そのうち母まで心労で倒れてしまうのではないかと不安で仕方ありません。 今回の父の件では、祖父母や叔父、叔母も支えてくれていますが、私が一人っ子なこともあり、こうやって大切な人の死を今後何度も経験しなければならないのかと思うと、とても怖いです。 私は、可能性が1%でもあるなら、父が戻ってきてくれることを信じたいです。数年前、祖母が同じくくも膜下出血で倒れ、かなり重篤な状態でした。しかしその後奇跡的に回復し、今は元通りの生活を送れています。そんな奇跡がまた起こると信じたいです。希望を捨てたくないです。でもその思いとは裏腹に、最悪の事態ばかりを想像してしまいます。 こんな不安だらけの私はこれからどうやって生活していけばいいでしょうか。どうすれば前向きになれるのでしょうか。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

亡くなった人や神様に助けを求める事

こんばんは。初めて投稿させて頂きます。 私は数年前から突如発症したvisualsnowという病気、またそれに伴って併発する様々な症状に日々苦しめられています。 この病気は治療法もなく、また日本では医師の間でもほとんど認知されておらず助けを求め受診した先々の病院で「どこも悪くない」「精神的なもの。」「君程医者を困らせる異常な子はいないよ。」と嘆かれドクターにすらろくに相手にされない日々を送っております。 目に見えてわかる症状ではないため世間の人も家族すら理解してはくれません。 目も耳も不調なためストレスや恐怖を発散することも出来ず、泣き続ける毎日です。 最近になり何か救いの手を差し伸べてもらえないかと近所の神社へ行き、唯一話を聞いて頂ける神様にこの病気を治して欲しいと願いをするようになりました。 また、亡くなった祖父母に「こんな孫でごめんね」や「辛いよ…助けて」と助けを求めるようにも… ただ、インターネット上では神に個人的な事(特に病気平癒)を願ってはいけない、亡くなった人に助けを求めることはよくない、そもそも助けてはくれない。などマイナスな情報が多くあり、私はいけないことをしているのでは…と不安になりました。 神様や私をとても可愛がってくれた祖父母に助けを求めることはいけないことなのでしょうか? 宗教の違いもあるかもしれませんがご回答頂ければ幸いです…

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

病気による悲しい気持ちへの対処について

質問をご覧いただきありがとうございます。 私は現在、病気の為に仕事を退職さぜる終えなくなり、辛い気持ちを抱えています。 皆様に、この気持ちに蹴りをつけて、これからどのような心持ちで生活すれば良いのか、お聞きしたいです。 私は今、現職に就いて2年半になります。24時間勤務で夜勤のある、体力資本の仕事です。 昨年11月に、難病(膠原病)があることがわかり、その後問題なく勤めていましたが、ここ4か月で体調不良が続き、薬を飲みながら頑張っていたものの、医者から休む事を勧められました。 先日、診断書を持参し上司に相談し休職をいただきたい事、身体の調子を戻して働きたい事を相談したところ、「難病で、治るかどうか見込みのない、病気が良くなったり悪くなったりを繰り返す人を今の部署には置いておけない」と回答されました。 「休憩を取ったり、職場で工夫をしながら勤め続けたい、休職期間で身体を休めてまた頑張りたい」と自分の意思を伝えましたが、上司からは「現段階で24時間勤務ができない事と、現在の身体の調子が完治しないのであれば、勤務させられない」と回答されました。 難病なので、完治はしませんし体調不良が一旦は良くなってもまた悪化する可能性は否定できません。 体力が資本の仕事ですので、勤務させられないという上司の判断はわかりますし、私が働く事で他人に迷惑をかける可能性が高いです。 しかし、今の仕事をやりたくて苦労してこの仕事に就き、難病による体調不良で諦めなくてはいけない事が、辛く、心の整理がつきません。 今後、病気の治療法が開発されるかもしれない、休めばまた元気に働けるかもしれない、そう思うと現在の仕事を辞める事に対しても躊躇します。 自分を支えてくれた人、応援してくれてる人もいて、働けた事は感謝でいっぱいですし、申し訳ない気持ちもいっぱいです。 私のこの今の仕事に執着する気持ち、退職しなければならない悲しく辛い気持ちを乗り越え、今後どのように生活すれば良いのか、質問させていただきたいです。 稚拙な文章を、最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

親戚を殺してしまったと思っています

私は統合失調症を含む精神病を持っています。非常に読み難くてすみません。 私は22.3の頃引きこもりになり、昼間は一歩も外へ出られない生活をした事があります。人生の壁を越えられなくて、夜になったら母の車で真っ暗な海へ行き、姉がくれた願い叶う、お金持ちになれるなどと言った自己啓発の本ばっかり読んでいました。それも何一つ叶わなかったんですが、本の読み方を間違ってたんだと今は思います。 そんなある日、病気の親戚の叔父さんが危ないと電話が家に入りました。 私はそうだ、願えば叔父さんの病気良くなるかもしれない、と思い、母がTVを観てる前で一生懸命に叔父さんの病気が治るイメージをしようと祈っていました。そしてふと叔父さんが病院のベッドで酸素マスクをつけて色んな管で繋がれて横になっているイメージがぼんやり見えたのです。 その瞬間、母が「そんな訳無こうちゃー!」(そんな訳ないだろ!という意味です)と叫んで、そしたらその瞬間イメージが出来なくなり、いくら頑張っても頭の中は真っ暗で、私は泣きました。その3日後くらいに、叔父さんは亡くなりました。 そうしてまた夜中車の中で本を持って祈っていました。叔父さんの死から何日か経った後、私はもうこのままだと本当に死ぬしかなくなる、誰か助けて、と思って、誰とも、母すら会話をしてなかったので、昔姉に連れられて見てもらった霊能者の方ならテレパシーで話せるんじゃないかと思ってまた祈っていたら、何か頭の天辺に濁った緑のもやもやと姉の顔のイメージが湧いて、その後霊能者さんの姿が私に乗り移る幻覚をみました。 それから数日して霊能者さんが私から離れてくれないと妄想していたある夜、叔父さんを呼んであげようか、と言われました。私は凄く会いたかったのでお願いしたのですが、その叔父さんは私を恨んでいて、『お前が俺を殺したんだーーー!!!』と私を指差しました。私はその時発狂し、精神病院で無理矢理注射を打たれて入院しました。 もし叔父さんに本当にテレパシーが出来てたとしたらと家族に話すと、姉は貴方は殺してないよ、大丈夫。と言ってくれます。母は、それがもし本当やったら私のせいで叔父が亡くなった様なものじゃないか、と怒ります。私がもし普通に見送れていたらと思います。今もあの時の解釈が上手く出来ません。悲しくて、申し訳無い事をしたと思っています。何かお言葉を頂けませんでしょうか?

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る