hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

死が怖い

回答数回答 2
有り難し有り難し 31

初めまして。優子と申します。
私は幼い頃から『人は死んだらどうなるんだろ。死んだあと残された家族が悲しんでいる姿を見るのは怖いな…』等良く考えていたのですが、数年前に頭の手術をしてからその思いが強くなりました。
月に数回なのですが、たまたま息苦しさを感じたり頭痛感じたり些細なことで
『寝ている間に死んでしまうのでは…』
と、ほぼありえないのはわかっているのですが不安になり考え込んでしまう事があります。
家族に相談しても『考えすぎ』と言われて終わりです。

このような気持ちになったときどうやって気持ちを切り替えれば良いのか教えて頂ければ幸いです。

2016年6月8日 11:08

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教が答えを持っています。

優子さんや私がいくら考えても、考えてもわからないことですが、

手に取るようにわかったのが仏教の開祖お釈迦さまです。

南無阿弥陀仏(なむあみだぶ)と名を呼べば極楽浄土へと迎えとってくださる仏様がおられる。

ということを2500年前にお示しくださいました。

仏教は『死』ばかり言うから好かない。こうおっしゃる人もおられますが、
誰もが通る、そして誰もが恐れるこの一大問題を解決せずして、充実した『生』もありません。

自分がどこへ連れて行かれるのかわからない列車の旅ほど心細いものはありません。

窓の景色に目をやりながら気の置けない仲間や家族と缶ビール片手に駅弁がおいしいのも『目的地』がわかっているからこそです。

お互いにいつ降ろされるかわからない列車の旅ではありますが、
なんと阿弥陀さまのお迎えつきで楽(よろこび)極まりない世界(極楽浄土)に連れてってもらえるのです。
そこで縁のあった方々と再会できます。

私たちにはわかりません。
いくら考えてもわかりません。

ならば、
真理を悟った人の言葉を素直に信じてみませんか?

すると、『死』ばかりでなく、
『生』も光り輝いてきます。

たまに、お風呂でも布団の中でも、いつでもどこでも結構です。
阿弥陀さまに身も心もゆだね、
なむあみだぶ、なむあみだぶ。と
お念仏をおとなえしてみてください。

おのずから心休まってゆきます。

2016年6月8日 15:04
{{count}}
有り難し
おきもち

仏教ってすごい。 お念仏ってありがたい。 学問でない仏教、理屈じゃ...

戻ってくる方がいないので。

初めまして、文読ませていただきました。私がハッキリと言える事それは誰も戻って来ない事です。いやな場所なら必ず何らかの形で身体がある内に戻ろうとする人がいても良い筈です。
きっと柔らかな心持ちになれる場所なのでしょうね、私は病で死ぬ時は心静かにして眠るようになんて!絶対しません、藪医者もっと良い方法は無いのかとか、死にたくないとか言いながら人間らしく旅立とうと思っています。どうぞ怖がらないでください、その時が来たら素直になれば良いだけの事です。命ある限り生かされている事に感謝し大地にしっかりと足をつけて歩んでくださいね。満足した人生が恐怖を必ずや消してくれますよ。そして先に旅立った懐かしい人に会えますから、またこの世の楽しかった事など話せたら良いですね。寂しさなんてありませんから安心してくださいね。

2016年6月11日 17:19
{{count}}
有り難し
おきもち

竹前 敬史(真田 敬史)
皆様、私は僧侶としてこの時代何が出来るか絶えず自問自答しておりました。いま...

質問者からのお礼

お忙しいなかとても丁寧にわかりやすくお答え頂きありがとうございます。

誰にもわからないこと…だからなおさら考えてしまうんですね…。
恐怖にさいなまれる時、心を無にしてゆっくり南『無阿弥陀仏』と唱えてみたいと思います。

私の話をばかにすることなく聞いて下さりそして、共感してくださり本当にありがとうございました。

「死ぬのが怖い」問答一覧

#死ぬ事が怖い

小学生の頃より、ふとした瞬間に"死んだらどうなるのだろう"と考え始めた。 でも、当時は漠然とした考えで 中学生の頃も同じようにふとした瞬間に漠然と考える事はあったが、そこまでの恐怖はなかった。 高校〜大学の時に恐怖へのクオリティ?が上がり、特に両親が去ってしまうと考えた時に押し潰されるような不安に襲われ泣く事もありました。 しかし、泣いて翌日にはケロッと後に引く事はなかったが20代後半になり 1人の時や夜中にふと目が覚めて ・両親がいなくなったら孤独だ ・兄妹はいるけど順番で考えたら  私が最後か… ・結婚もせず独身、死ぬ時も孤独なのか ・どんどんと老化してきて何もできなくなって死ぬのかな、怖い。 ・日々の一瞬一瞬全てが無に戻る&無意味に思える、それが怖い。 色々な不安が頭にぶわぁーっと入り 今までと比べ物にならないぐらいの 死への恐怖の波がきます。 私自身がネガティブな状態で、それが原因なのかと思い携帯で検索してみると 同じような人がおり、安心するが 内容を読むと結婚していて子供がいてetc... いやいや、結婚もしている 子供もいる、"家族"がいる。 生きた証を未来に繋げれる地盤が あるのに…と、卑屈になってしまい 更に不安がこみ上げて泣いたり 不安で寝れなくなったりします。 両親や兄妹が去れば 私も終わりでいいかなって思うし 始まりがあれば終わりもある と理解しているけど グルグルと同じ事を考えてしまいます。 死への恐怖はどうしたら治りますか? とは伺いません…。 ただ、言葉では言い尽くせない この恐怖をどう乗り越えていくべきでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る